2021年6月21日月曜日

バレーヒルリポート 2021年6月21日(月)

 ★★★────────────────────────────────

バレーヒルリポート Valley Hill Report
<保守派クリスチャンのための時事情報メールマガジン>
                        2021年6月21日(月)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(5件)
★(コラム)野外礼拝、そして野外訓練


───────────────────────────────────
本日のトピックス(5件)
───────────────────────────────────

■【 Facts Matter】米国の独裁国家化に対抗する保安官たち
https://www.valleyhill.report/2021/06/facts-matter.html

----------------------------------------------------------------------

■【 Facts Matter】13州の議員がアリゾナ州の票監査を視察、
多くの議員が独自の監査を目指している
https://www.valleyhill.report/2021/06/facts-matter13.html

----------------------------------------------------------------------

■米FOX記者が内部告発「ヒドロキシクロロキンの有効性や
ワクチンの副作用を報じない」
https://www.valleyhill.report/2021/06/fox_21.html

----------------------------------------------------------------------

■【パンデミック】新たな選択肢に世界が注目!
トランプ大統領夫妻を治療した抗体カクテル療法が英国で実施へ!
【及川幸久-BREAKING-】
https://www.valleyhill.report/2021/06/2021620bre.html

----------------------------------------------------------------------

■【遠見快評】「史上最高位の亡命者」の身分は?10大内部
重要な情報、在米の中国スパイのリスト明らかに?
https://www.valleyhill.report/2021/06/10.html


───────────────────────────────────
(コラム)野外礼拝、そして野外訓練
───────────────────────────────────

昨日、千葉で野外礼拝と野外訓練が行われた。

千葉での野外訓練は、おそらくもう2年以上行われているが、
私が参加するのは初めてである。一番遠くから参加された方は、
宇都宮から参加された親子であった。

あまり気が回らず、参加者の人数を数えるのを忘れてしまったが、
おそらく15名〜20名程だったと思う。何よりも私が一番驚いた
ことは、参加者の半分以上が二世だったことだ。

火おこしをして調理をするのに、フライパンも網も使わず、
木の枝に肉を乗せて焼いている二世を見て驚いた。渡米した時に、
アカデミーでいかなる状況でもサバイバルするために、さまざま
な訓練を受けてきたと言う。そのような姿を見ながら、二世から
学ぶことが多いことに気付かされた。

どの顔も幼くあどけないように見える。しかしそれはおそらく
人間的な視点だ。神様から見ればきっと違った光景に見えたに
違いない。

私たちの闘いはまだ始まったばかりだ。どちらかと言えば、一方的
に攻撃されてやっと身を守っているような有様である。しかしいつか
ヨルダン川を渡り、エリコを攻略する時が来る。
心身の鍛錬は欠かせない。

----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
メールマガジン「バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

【 Facts Matter】米国の独裁国家化に対抗する保安官たち

【 Facts Matter】13州の議員がアリゾナ州の票監査を視察、多くの議員が独自の監査を目指している

米FOX記者が内部告発「ヒドロキシクロロキンの有効性やワクチンの副作用を報じない」

2021.6.20【パンデミック】🇺🇸新たな選択肢に世界が注目!トランプ大統領夫妻を治療した抗体カクテル療法が英国🇬🇧で実施へ!及川幸久−BRE...

【遠見快評】「史上最高位の亡命者」の身分は?10大内部重要な情報、在米の中国スパイのリスト明らかに?

2021年6月20日日曜日

バレーヒルリポート 2021年6月20日(日)

 ★★★────────────────────────────────

バレーヒルリポート Valley Hill Report
<保守派クリスチャンのための時事情報メールマガジン>
                        2021年6月20日(日)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(4件)
★(コラム)地球温暖化とグリーン中央銀行
★(コラム)サタンにひざまずくクリスチャン


───────────────────────────────────
本日のトピックス(4件)
───────────────────────────────────

■2021/6/16 復元されたチョンピョン 水曜礼拝(日本語訳)
[Sanctuary Translation]
https://www.valleyhill.report/2021/06/2021616-sanctuary-translation.html

----------------------------------------------------------------------

■【パンデミック】トランプは反対!世界で始まったワクチン子供接種
健康な子供に打つべきか?【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2021/06/2021619breaking_20.html

----------------------------------------------------------------------

■【?河觀點】NATO初めて中共を深刻な脅威と位置づけ
https://www.valleyhill.report/2021/06/nato.html

----------------------------------------------------------------------

■【新聞看点】米国へ亡命したVIPは誰?ネットのデータが全削除;
亡命者と楊潔?氏がアラスカ会談で米国を非難したのは関係がある?
https://www.valleyhill.report/2021/06/vip.html


───────────────────────────────────
(コラム)地球温暖化とグリーン中央銀行
───────────────────────────────────

私はバレーヒルリポートで取り上げた動画の中で、どの動画の視聴率が良い
か、どの動画があまり関心を持たれていないか、毎日チェックしている。

昨日取り上げた”グリーン中央銀行”の話題は、サタンとの闘いとどう関連
しているか分かりにくかっただろうか?これは日本銀行が金融政策を行う
時に、”地球温暖化”の問題を政策目標に組み込むということだ。

具体的にはESC投資(社会的責任投資と同義)等を通して、日本銀行が
地球温暖化の問題に関与することになる。昨日の動画では、それにかかる
コストがどれくらいになるか解説されていた。

それはなんと消費税を50%にしないと賄えない程の金額になると言う。
地球温暖化を防ぎ、気温を数度下げるのではないかと”推察”されるだけの
政策のために、これだけの血税を費やすことは許されるだろうか?

それから読者にはよく知っておいて欲しい。現在議論されている地球温暖化
対策の枠組みは、先進国だけを規制するもので、中国などの開発途上国は規制
の対象ではない。これは先進国に足枷をし、中国に利する政策なのだ。

ここで一番問題なのは、地球温暖化対策に取り組むことは”善”とされていて、
協力しないことは”わがまま”で”自分勝手”そして”悪”とされている点だ。
このような政策は、スーパーなどのレジ袋の有料化などで、既に法律化され
ている。

今やサタンとの闘いは、米ソ冷戦時代のような国家間の闘いではない。
サタンは私たちの社会の中に根深く潜入し、政策を先導しているのだ。

そもそもよく考えて欲しい。地球温暖化が叫ばれてかなり久しい。当初は
似非科学だと考えられていたが、いつの間にか世論を味方につけるように
なった。2000年の民主党大統領候補だったアル・ゴアが有名だが、彼が
地球温暖化に関心を持ち、取り組むようになったのは、1970年代からで
ある。

つまりサタンは50年以上前から、地球温暖化を足掛かりにして政治を
奪い、人類を支配する準備をしていたのだ。しかし実際には、地球温暖化の
メカニズムは”科学的”に解明されている訳ではない。

二酸化炭素の排出が気候変動に影響を与えているというのは、さまざまな
要因の中の一つの可能性として”考えられる”だけであり、それにより人類が
気候変動を左右できるかどうかは実際には誰にも分からないのだ。

しかしこの様な政策が、人類に悪影響を与えることだけは確かである。

まず人類が生み出す付加価値の内、かなりの部分が次世代への投資ではなく、
地球温暖化防止のための費用として使われることになる。しかも効果が
あるかどうかも分からないのに・・・。これは父が稼いだお金を、長男が
勝手にゴミ箱に捨てるのと同じ行為なのだ。

このようなことを続ければ、一家はどんどん貧しくなるだろう。
中国に支配される日が来るのは、もはや時間の問題である。

私たちは”人智が神を越える日が来る”と言う似非科学者の主張を鵜呑み
にしてはならない。彼らはサタンの奴隷であり、反キリストである。


───────────────────────────────────
(コラム)サタンにひざまずくクリスチャン
───────────────────────────────────

”似非科学”が人類を支配しつつある一例として、地球温暖化とグリーン
中央銀行を挙げた。もっと差し迫った問題は、言わずも知れた
”COVID-19”と”ワクチン”の問題だ。

COVID-19は中国の武漢研究所で作られた生物兵器だった可能性が高い
と思われるが、流出から1年半以上経ち、明白になったことがある。
それは、例えばエボラ出血熱のような致死率の高いウィルスではなく、
インフルエンザよりも感染率の高い”風邪”だということだ。

そして今日、多くの学者が、私たちが既に集団免疫を獲得していると
主張している。当初からマスクの効果には疑問が呈されていたし、
人類史上初の遺伝子ワクチンに至っては、接種後どうなるか誰にも
分からないという代物だ。

しかしそのような状況にも関わらず、私たちの生活は大きく変化した。
飲食店などの特定の産業は、政治家によって一方的に規制され、多くの
人が失業した。

COVID-19は、私たちの教会にも影響を与えた。教会は日曜礼拝に
参加しないように呼び掛け、集会時にはマスクを着用するように呼び
掛けた。これは神様が喜ぶことだろうか?サタンが喜ぶことだろうか?

もし感染防止のため礼拝に来るな、という教会があれば、それはサタン
にひざまずいた教会である。集会時にマスクをせよ、という教会が
あれば、それは神ではなく”似非科学”を讃美する教会である。

創造主ではなく、被造物を讃美する教会があれば、その教会は
反キリストである。今私たちの真価が試されている。

----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
メールマガジン「バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

2021/6/16 復元されたチョンピョン 水曜礼拝(日本語訳) [Sanctuary Translation]

2021.6.19【パンデミック】🇺🇸トランプは反対!世界で始まったワクチン子供接種💉❗️😱健康な子供に打つべきか❓【及川幸久−BREAKING−】

【橫河觀點】NATO初めて中共を深刻な脅威と位置づけ

【新聞看点】米国へ亡命したVIPは誰?ネットのデータが全削除;亡命者と楊潔篪氏がアラスカ会談で米国を非難したのは関係がある?

2021年6月19日土曜日

バレーヒルリポート 2021年6月19日(土)

 ★★★────────────────────────────────

バレーヒルリポート Valley Hill Report
<保守派クリスチャンのための時事情報メールマガジン>
                        2021年6月19日(土)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(8件)
★(コラム)検閲するYouTube
★(コラム)ワクチンパスポートと監視統制社会の到来


───────────────────────────────────
本日のトピックス(8件)
───────────────────────────────────

■【公式】武田邦彦の「ホントの話。」第89回 2021年6月18日放送
https://www.valleyhill.report/2021/06/892021618.html

----------------------------------------------------------------------

■松田学のニュース解説 米中で”言論弾圧”加速化?トランプFB2年
凍結&天安門から32年
https://www.valleyhill.report/2021/06/fb.html

----------------------------------------------------------------------

■【新聞看点】ザッカーバーグ氏が武漢ウイルス研究所に資金提供
していた;ウイルスはどこから来たのか? ウォーレス氏を驚かせた
ポンペオ氏。石正麗氏の「怒り」を手配した北京 無駄な努力であった。
https://www.valleyhill.report/2021/06/blog-post_27.html

----------------------------------------------------------------------

■【新聞看點】武漢ウイルス研究所に削除された論文が発見された。
科学者はコウモリに噛まれたと言った。
https://www.valleyhill.report/2021/06/blog-post_97.html

----------------------------------------------------------------------

■〈吹替版〉マイクロソフト 1989年「戦車男」の画像を検閲か
https://www.valleyhill.report/2021/06/1989_19.html

----------------------------------------------------------------------

■カナダ在外ビザ申請センター 北京市公安局所有の企業が請け負う
カナダ外相「懸念していない」
https://www.valleyhill.report/2021/06/blog-post_82.html

----------------------------------------------------------------------

■日本ウイグル協会、声明文
https://www.valleyhill.report/2021/06/blog-post_19.html

----------------------------------------------------------------------

■【Vlog】グリーン中央銀行の幻想
https://www.valleyhill.report/2021/06/vlog.html


───────────────────────────────────
(コラム)検閲するYouTube
───────────────────────────────────

昨夜、YouTubeから大量の動画が削除された。一部の動画は復活した
模様だが、バレーヒルリポートで取り上げた動画の中でも、以下の動画
の削除が確認できた。

削除の意図は推測するしかないが、自由な言論が封殺されているという
事実はよく理解しておく必要がある。

これまでもテレビ・新聞などの大手メディアでは、これらの話題が取り
上げられることはなかったが、インターネットでの情報発信も検閲される
となると、もはや自由な情報発信はかなり困難になってくるだろう。


<削除された動画のタイトル>

●〈吹替版〉G7サミット 台湾問題で沈黙を破る

●2021.05.15 【米国】パンデミックの真相続出!ワクチン接種でDNA操作
し人間ハイブリッド誕生?!ファウチの武漢での研究に資金提供していたの...

●『ランセット』Covid 19委員会と中共との密接な関係性【禁聞】

●西側SNSに新疆賛美の動画が大量に投稿 「中国では使用できないはず
なのに」【禁聞】

●ニューヨークの学校が「ママ・パパ」を使用しないよう生徒に要求

●「難民申請を拒否されても再申請可能」南部国境に移民殺到


───────────────────────────────────
(コラム)ワクチンパスポートと監視統制社会の到来
───────────────────────────────────

政府は7月を目途に、ワクチンパスポートを導入する方針を固めた。
海外渡航者向けに書面を発行する形式となる見込みだ。

現在、海外渡航の最大の障壁は、隔離期間の存在だ。隔離期間が設けら
れると、時間的余裕のある人しか渡航できないからだ。

ワクチンパスポートの導入は、海外への円滑な渡航を再開させることが
目的だが、現実には安全性が疑問視されるワクチン政策を実質的に強制
するものであると同時に、ワクチンを接種しない人に対しては隔離期間を
残すことにより、実質的なペナルティを与える措置となる。

このような人権侵害が懸念される政策が、何の議論もないまま、わずか
1ヶ月後には導入されることに大きな問題がある。

今私たちが生きている社会は、かつての社会と同じではない。
もう既に監視統制社会は到来しているのだ。

----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
メールマガジン「バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

【公式】武田邦彦の「ホントの話。」第89回 2021年6月18日放送

松田学のニュース解説 米中で”言論弾圧”加速化?トランプFB2年凍結&天安門から32年

【新聞看点】ザッカーバーグ氏が武漢ウイルス研究所に資金提供していた;ウイルスはどこから来たのか? ウォーレス氏を驚かせたポンペオ氏。石正麗氏の「...

Rod of Iron Freedom Festival 2020