2022年1月29日土曜日

日刊バレーヒルリポート 2022年1月29日(土)

 ★★★────────────────────────────────

現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
<保守派クリスチャンのための時事評論メールマガジン>
                        2022年1月29日(土)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(3件)
★(コラム)天一国憲法を守る闘い


───────────────────────────────────
本日のトピックス(3件)
───────────────────────────────────

■2022/01/26 水曜礼拝 (日本語訳) [Sanctuary Translation]
https://www.valleyhill.report/2022/01/20220126-sanctuary-translation.html

----------------------------------------------------------------------

■【ウクライナ】ランド・ポール上院議員とFOXタッカー・カールソンの
視点:アメリカは関わるべきではない【及川幸久−Breaking】
https://www.valleyhill.report/2022/01/2022129fox-breaking.html

----------------------------------------------------------------------

■北朝鮮の極超音速ミサイル。日本に落ちたらどうなる?日本の国防は
大丈夫?(釈量子)【言論チャンネル】
https://www.valleyhill.report/2022/01/blog-post_68.html


───────────────────────────────────
(コラム)天一国憲法を守る闘い
───────────────────────────────────

私たちの人権と信仰は今、サタンによって脅かされている。
その闘いの核心は何か?それは天一国憲法を遵守するか否かである。

ほとんどの食口は、既に天一国憲法の全文を何度も読んでいるだろう。
しかし今、聖殿内の反キリストによって、天一国憲法は大きな挑戦を受けて
いる。それは価値観を巡る闘いであり、中央集権的全体主義と信仰の自由と
の闘いと言い換えることもできる。

聖殿内の背教者が、天一国憲法の価値観に挑戦するとは驚きだろうか?
決してそうではあるまい。何十年もキリストに従い歩んできた信仰者が、
キリストを裏切り、反逆するのを私たちは目撃してきたばかりだ。これは
決してユダだけの話ではない。現代のユダが聖殿内にもいる。

天一国憲法にはこう書かれている。
権利1:連邦議会は、国教を定めまたは自由な宗教活動を禁止する法律、
言論または出版の自由を制限する法律、ならびに国民が平穏に集会する権利
および苦痛の救済を求めて政府に請願する権利を制限する法律は、これを
制定してはならない。

私たちは国教を制定しない。だから私たちは「成約時代の摂理的同時性」
の書籍が発刊された時に、明確な反対の意思を表明したのだ。それは書籍
の中身がどうこう以前に、教会の名前でこのような書籍が発刊されること
自体が、教義や摂理観に対して大きな影響を与え、自由な信仰を奪うもの
であることが明らかだったからだ。

実際に過去、家庭連合時代も含めて、「成約摂理を解明した」、「成約
聖徒に神が与えた真理の賜物」などと自称するような、傲慢な書籍はただ
これ1冊だけである。天一国の歴史に大きな汚点を残した書籍である。

このような見解は何も私独自のものではない。当時、この件について
永田先生と何度もやり取りをする機会があったが、彼の見解もほぼ同様で
あった。
参照)お父様の原則とサンクチュアリ混乱回避
https://www.valleyhill.report/2021/08/2021821.html

これに対して菅井氏の「真の父母様本体論」はどうだろうか?
これは教会が発刊した書籍ではない。菅井氏が自分で書籍化したものだ。
彼がいかなる神学的見解を発表しようと、それをどのような形で発表しよう
と、それは彼の信仰の自由のはずである。なぜならば天一国憲法がその権利
を保障しているからだ。

私たちは、誰かが「資本論」を発刊しても、「コーラン」を発刊しても、
「我が闘争」を発刊しても反対しない。なぜならばそれは天一国憲法に
よって保障された権利だからである。

また神様から啓示を受けたと自称することは罪ではない。そもそも神様が
いつ誰にどのような啓示を与えるかは、神様ご自身が決められることであり、
他の誰かが干渉できることではない。

今、私たちは望まずして、多くの闘いに巻き込まれている。私たちは今、
ワクチンを強制され、従わなければ仕事を失いかねない瀬戸際にいる。
抗議の声を上げるための言論のプラットフォームすら奪われている。憲法
改正の議論は、ますます国の権限を大きくし、国民の権利を制約しようと
している。

今、同じことが聖殿内でも起きている。この全体主義の根、言論統制の根は
どこから来ているのか?それはサタンである。

私たちはキリストへの信仰の下に、もっと声を上げなければならない。
私たち一人一人がキリストと繋がり、自由な信仰を持つことが重要である。
サタンは私たちの信仰に浸食し、天一国憲法を封殺しようとしている。

今、天一国憲法を遵守するか否か、私たちの信仰が試されているのだ。

----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

2022/01/26 水曜礼拝 (日本語訳) [Sanctuary Translation]

2022.1.29【ウクライナ】ランド・ポール上院議員とFOXタッカー・カールソンの視点:アメリカは関わるべきではない【及川幸久-Breaking】

北朝鮮の極超音速ミサイル。日本に落ちたらどうなる?日本の国防は大丈夫?(釈量子)【言論チャンネル】

2022年1月28日金曜日

日刊バレーヒルリポート 2022年1月28日(金)

 ★★★────────────────────────────────

現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
<保守派クリスチャンのための時事評論メールマガジン>
                        2022年1月28日(金)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(2件)
★(二代王様み言葉)御国が来ますように


───────────────────────────────────
本日のトピックス(2件)
───────────────────────────────────

■【ウラでここまでやっていた!】柏市の請願成功者に直接インタビュー
https://www.valleyhill.report/2022/01/blog-post_28.html

----------------------------------------------------------------------

■【米国】支持率低迷のバイデン政権の起死回生策【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2022/01/2022127breaking.html


───────────────────────────────────
(二代王様み言葉)御国が来ますように
───────────────────────────────────

私たちはあまりに宗教的になり過ぎました。実際、イエス様が手を焼いた
のも宗教人でした。罪人をその懐に抱きそして許されましたが他でもない
宗教人たちを厳しく糾弾しました。「白く塗った墓のようだ」と叱りつけ
たりもしました。外はきれいにしているが内に偽りがあるというのです。
聴衆、友人、会衆から尊敬を受けはしますが偽りものだというのです。
真の関係性をもっていません。

王国は宗教と異なるのです。宗教は教会員、信徒で構成されます。王国は
市民で構成されるのです。
宗教には神々を鎮める信者がいますが、王国には王と共に働く市民がいます。
市民は王国の一部でありそこで権利を保持します。
原理では神様ですらご自分が設定された原理に従わざるを得ないと言います。
なぜなら神様の法は神様の本性の延長線上にあるものだからです。原理を
否定することは神様の本性の否定につながります。人を殺すな、盗むなと
命じられたのも神様の本性が善であり愛であり義であるからです。原理に
背く行動をされない理由は本性に背かないからなのです。
王国でも同じことが言えます。王国の法は国王の信念や文化の延長として
出てくるのです、過去の王国を見ても出てくる法は全体主義的でした。
それは国王自身が全体主義的であることの帰結です。王の本性の延長として
法があるのです。
ここで質問です。もしイエス様が王国を築いていたならそれはこの世に
あらわれた過去の全体主義的な王国になったでしょうか。間違いなく違って
いたでしょう。こういうことを考えておくことは重要です。なぜなら王国は
宗教教派でもなく宗教的体験でもありません。それは具体的な地上の特定の
場所だというのです。

自由と責任の観点から王国について考える時、エデンの園で神様が与えら
れた法はただ一つでした。一つの法でアメリカが運営されることを想像
できますか。アメリカには相当な数の法律があるでしょう。かつて成長期
で勢いのあるアメリカ、道徳的で信仰的だったころのアメリカにはもっと
法律は少なかったのです。そして隣人への奉仕、生徒や患者や顧客などに
真心をもって仕えることが重んじられていました。そのような基盤の上に
アメリカは築かれていたのです。

自由と責任の王国。善と正義と名誉の王国です。責任と勤勉、退廃主義を
拒絶し政府による給付金などを当てにしない自由な共同体。自由意志と
契約を守る誠実さをもち隣人を愛し仕え、兄弟を守り、額に汗して収穫を
得る人々。これらすべての聖書的原理を神の国は兼ね備えていなければ
なりません。
それは誰もが暮らしたいと思う王国です。過去、アメリカがその王国に
最も近い国でした。皆がこの王国、機会に溢れる国、アメリカを夢見て
やって来ました。
天一国憲法では、はっきり天一国合衆国の名を謳っています。そこに様々
な国が自由と責任を中心として集まり一つになるのです。政府は支配する
ことも課税することもないのです。
自由ではあるけれども責任ある世界です。その権利と自由をもたらしたの
は創造主であることを知る世界です。

全体主義と個人の権利自由と責任を尊重する思想。このどちらにイエス様
は降臨されると思いますか。
イエス様は決して無償で食料を供与するような政府はつくらないでしょう。
イエス様はキリスト者一人一人に慈しみ深くあれとおっしゃいました。
個人個人が助けの手を差し伸べる責任を持っているのです。共産主義的な
やり方ではなく一人一人の責任と愛によって隣人、兄弟を支えるのです。
私たちがどちら側にいるのかが問題です。羊が王とともに立つのです。
私たちは弱いかもしれません、弱く見えるかもしれません。踏みつぶす
のは容易いと見えるかもしれません。しかし真なる人々が集い一つとなる
時、勝利しかないのです。神様が私たちの側におられるからです。

※(御国が来ますように 2016年3月20日)「三代王権 亨進様国進様の
み言葉(一)」P66〜P77より抜粋して引用しました。

----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

【ウラでここまでやっていた!】柏市の請願成功者に直接インタビュー

2022.1.27【米国】支持率低迷のバイデン政権の起死回生策【及川幸久−BREAKING−】

2022年1月27日木曜日

日刊バレーヒルリポート 2022年1月27日(木)

 ★★★────────────────────────────────

現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
<保守派クリスチャンのための時事評論メールマガジン>
                        2022年1月27日(木)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(1件)
★(二代王様み言葉)市民は権利を所有する


───────────────────────────────────
本日のトピックス(1件)
───────────────────────────────────

■【米国】2024大統領選にヒラリー?意外に米国民はヒラリーを拒否、
2024はバイデンvsトランプの再選か?【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2022/01/202212620242024vsbrea.html


───────────────────────────────────
(二代王様み言葉)市民は権利を所有する
※タイトルは編集部で付けました
───────────────────────────────────

この純粋にお金のためだけに残っている者たち。この者たちは日本の
メンバーのように献金などほとんどしません。献金要請が彼らまで上がって
きて初めて驚いて「これは駄目だ。良くない。何とかしなければ」と言い
出すのです。
完全に全体主義下の寄生階級だというのです。だから最後の三分の一は
寄生階級として、彼らの言う「カイン圏」を搾取しながら残っている層です。

宗教と関係を築くことには大きな違いがあります。
家庭詐欺連合は完全に「宗教」になっています。
(組織の)上に何も言えないのです。高位の幹部を批判することが許され
ません。なぜなら彼らは「存在論上」偉大な存在ということになっている
からです。
イエス様が強烈に攻撃したのはそのような人達でした。罪人よりも宗教人に
イエス様は悩まされました。大勢の罪人を招き入れる一方で、多くの宗教人
から絶え間なく攻撃されていました。

(神の国の)市民は権利を所有します。宗教団体の信徒には権利などあり
ません。その権利は王であっても侵すことができません。神様もご自分が
立てられた原理に従わなければならいと原理講論にもありました。同様に
王国でも王は自ら市民に与えた権利を侵すことはできないのです。

最初のアダムに神の国は与えられました。しかしサタンの誘惑にアダムと
エバが引っかかることによってそれは失われてしまいました。アダムとエバ
が統治し、地上に主権を打ち立てるべき王国が失われたのです。それ以降、
この失われた王国を取り戻すことがすべてでした。

またイエス様はどう祈れとおっしゃいましたか。
「天にまします我らの父よ。
ねがわくは御名(みな)をあがめさせたまえ。
御国(みくに)を来たらせたまえ。
みこころの天になるごとく、
地にもなさせたまえ」。主の祈り
キリスト教は霊界の天国に行くためにあれこれ成しなさいと教えています。
聖歌にもそういう歌詞のものがあります。もちろん私はキリストを愛する
キリスト教を馬鹿にする気はありません。キリストを中心に愛することは
完璧に正しいことです。しかし聖書でははっきりと神の国の福音を述べて
おられるのです。
御国(みくに)を来たらせたまえ。
みこころの天になるごとく、
地にもなさせたまえ。

イエス様ご自身がこう祈りなさいと教えられましたね。これは天上の神の国
ではなく、地上の神の国のことをいっているのです。地上天国の到来のこと
が福音だというのです。

※(神の国 2016年3月13日)「三代王権 亨進様国進様のみ言葉(一)」
P40〜P50より抜粋して引用しました。

----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

2022.1.26【米国】2024大統領選にヒラリー❓意外に米国民はヒラリーを拒否、2024はバイデンvsトランプの再選か❓【及川幸久−BREA...

2022年1月26日水曜日

日刊バレーヒルリポート 2022年1月26日(水)

 ★★★────────────────────────────────

現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
<保守派クリスチャンのための時事評論メールマガジン>
                        2022年1月26日(水)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(2件)
★(二代王様み言葉)偽りの平穏が全体主義を生む


───────────────────────────────────
本日のトピックス(2件)
───────────────────────────────────

■日曜礼拝 「天上にいる悪の霊」 2022/01/23 (日本語訳)
[Sanctuary Translation]
https://www.valleyhill.report/2022/01/20220123-sanctuary-translation.html

----------------------------------------------------------------------

■海外在住の中国人1万人を強制帰国 影響力を拡張
https://www.valleyhill.report/2022/01/blog-post_26.html


───────────────────────────────────
(二代王様み言葉)偽りの平穏が全体主義を生む
※タイトルは編集部で付けました
───────────────────────────────────

神様の完全なみ旨を果たすために不完全な人間が集まっていることを
思わなければなりません。世界のサンクチュアリの中に不足な人がいる
と大騒ぎすべきでしょうか。
神様は不足な人間を集めて完全なみ旨を成そうとしておられるのです。
世界中でサンクチュアリの中でも争いやいさかいもあるでしょう。
家庭連合のように「平和」「平和」「争いはサタンだ!」といって事実
を取り繕いません。家庭連合ではこういうことを強力にいいますね。
特に日本ではそうでしょう。「争いがあってはならない」と。
しかしこれは偽りです。人にはいさかいがつきものだからです。そして
争いがあるのに「ない」と強弁する人がいるとすれば、それは嘘つきでは
ないですか。争いで煮立っているのに「平穏」をよそおう。それがいかに
ゆがんだ偽りに満ちたものであることがわかりますか。全体主義を生み
出します。

まず、自由社会のなかでの争いは必ず悪いものばかりではないという
ことを理解しなければなりません。悪くないのです。
聖書にパウロ書簡というものがあります。パウロがテサロニケ、コリント、
エペソ、ガラテアなどの教会に書き送った手紙です。そこでパウロは
各教会の様々な問題について書き綴っています。あるものは性的堕落の
問題、金銭問題、異端教義問題などを各教会は抱えていました。パウロを
非難する教会もありました。
こうした問題についてパウロが答えていたのです。重要なことは、原始教会
はこれらの書簡を隠さなかった。反対者や敵がキリスト教会も問題を抱えて
いるということを知られるからといって隠さなかったということです。
私たちは外部から内部問題を隠そうとする傾向があります。外に対して、
ここに天の王権がありすべて理想的にうまくいっていると見せたいのです。
それは真実ではありません。
私たちはイメージを作り、幻想を作るために集まったのではありません。
天国を築くために集まりました。

考えてみて下さい。私はここで「いいですか皆さん。反対者に内輪揉め
しているではないかと嘲笑されるので、この問題を外に漏らしたくあり
ません」と言うこともできます。まあ家庭連合も絶え間ない内部抗争を
抱えてはいますが。
しかし私たちはそれとは異なります。真実を隠し、偽りを装いたくありま
せん。成熟した大人として話をします。信仰によって集まった私たちです。

ですからこの問題には真剣に聖書的に対処しなければなりません。「私たち
の間ではいさかいなどありません」と偽りの顔を外に見せることなどしたく
ありません。

サタン世界ではどうですか。問題が生じたとき「ことを大きくしないで
穏便に」などといって曖昧にするでしょう。それでどうやって悪と対決する
というのですか。悪事に沈黙するというのですか。
自由社会、真の自由な千年王国は個々人が悪を片付ける社会です。聖書の
教えに従って悪に対処します。何か不正を見たり公的な人に不満を抱けば
直接、解決していくのです。

※(亨進様説教 2016年3月6日)「三代王権 亨進様国進様のみ言葉(一)」
P31〜P36より抜粋して引用しました。

----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

日曜礼拝 「天上にいる悪の霊」 2022/01/23 (日本語訳) [Sanctuary Translation]

海外在住の中国人1万人を強制帰国 影響力を拡張

2022年1月25日火曜日

日刊バレーヒルリポート 2022年1月25日(火)

 ★★★────────────────────────────────

現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
<保守派クリスチャンのための時事評論メールマガジン>
                        2022年1月25日(火)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(3件)
★(コラム)テネシー清平、今こそ祈りと悔い改めのとき


───────────────────────────────────
本日のトピックス(3件)
───────────────────────────────────

■祈祷、精誠、訓練でアメリカを助け、日本を生かそう!
https://www.valleyhill.report/2022/01/blog-post_25.html

----------------------------------------------------------------------

■【Facts matter】務報告書が公開 パンデミックから利益
https://www.valleyhill.report/2022/01/facts-matter_25.html

----------------------------------------------------------------------

■【米国】バイデンの選挙改革法案が上院で可決できない!身内の民主党
シネマ議員が反対「大統領の意向で上院のルールを変えるなんて歴史上
ありえない!」【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2022/01/2022125.html


───────────────────────────────────
(コラム)テネシー清平、今こそ祈りと悔い改めのとき
───────────────────────────────────

今日のトピックスでは、及川氏の米国の選挙改革法案についての動画を
取り上げた。及川氏の見解はいつも良識的であり、本ブログでも度々紹介
している。しかし私は及川氏の見解はいつも”甘すぎる”と思っている。

共和党優勢と言うのはグッドニュースであるし、喜ばしいことである。
しかしこれだけでは朗報とは言えない。なぜなら今私たちは見える敵と
だけ闘っているのではないからだ。私たちは今サタンと闘っているのだ。

そもそもトランプ vs バイデンの時も、トランプは優勢であった。この高齢
の男性(バイデン)は、テレビ討論会でまともに議論することすらできず、
まともな選挙キャンペーンも行わず、パンデミックを理由にずっと自宅に
引き籠っていた。しかし不正選挙によって大統領職を簒奪したのだ。

今年の米国の中間選挙における一番の脅威は何か?それは選挙前のテロで
ある。昨年1月にワシントンDCで米国議会議事堂襲撃を口実に、多くの無実
の市民が逮捕された記憶が、まだ私の頭に鮮明に残っている。

同じようにサタンは、テロが起きた時、それを口実に、トランプ支持者、
反ワクチン派、クリスチャンなどを弾圧しようとするだろう。そして選挙を
奪おうとするだろう。だから私たちはその結果を見るまでは、一瞬たりとも
安堵できないのだ。

たった一つの出来事が、たった一つの事件が、世界を大きく変える。
それはCOVID-19を見れば明らかだ。私たちはワクチンを接種するか否かを
自分で判断する権利を奪われつつある。自由な営業も外出も許されない。
今日、問題を起こしている原因はCOVID-19にあるのではない。問題なのは
政府の方なのだ。

今聖殿のLINEで、憲法改正や非常事態条項に関する議論が、しばしば
行われているのを目にする。このような議論は決して悪いことではない。
しかし政府が私たちに銃口を向けている時に、その敵に対し武器を渡す
ような改正は絶対に許されない。

天一国憲法にはこう書かれている。
権利2:規律ある市民軍は、自由国家の安全保障にとって必要なものである
ので、国民(個人)が武器を保有し、携行する権利はこれを侵してはならない。

政府が大きな力を持つ時、私たちもそれに対抗するための力を持たなければ
ならないのだ。もし私たち自身が何の力もないのに、大きな政府を認めて
しまったら、私たちの人権をサタンに差し出すことになってしまうのだ。

もう一つ付け加える。今LINEを見ていると、菅井氏の著作に対する批判が
繰り広げられている。このような議論は決して悪いことではない。しかし
私はこのような議論を冷ややかな目で見ている。私たちは天一国憲法を
もっとよく学ぶべきなのだ。そこにはこう書かれている。

権利1:連邦議会は、国教を定めまたは自由な宗教活動を禁止する法律、
言論または出版の自由を制限する法律、ならびに国民が平穏に集会する権利
および苦痛の救済を求めて政府に請願する権利を制限する法律は、これを
制定してはならない。

菅井氏がご自身の著作でいかなる見解を述べられようと、いかなる主張を
されようと、それは菅井氏の自由と責任の範囲内のことである。これは
天一国憲法によって認められた権利であり、全ての人に与えられた権利で
ある。

私たちが天一国憲法の精神を忘れる時、それはマクロでも展開される。
何が正しいのか、何が間違っているのかを決める権利は、それぞれの人が
持っているのであり、政府が持っているのでも、他の誰かが持っている
のでもないのだ。

先日ある食口の方が、私に素晴らしいみ言葉を教えて下さった。
長文になるが、以下にそのまま紹介させて頂きたい。

「共産主義者のコロナ・ウィルスが世界中に広がり、人々には恐怖を、
国々には共産主義を感染させているように、サタン圏と世界への進出は
癌のように成長し、広がっています。この戦いは、肉体での戦いではなく、
主(神)と力と、世の闇と高所にいる霊的な邪悪の者との戦いです。
この戦いは、神と神の子に対するサタンの憎しみという霊的な領域が
根底にあるため、体では勝てません。

したがって、真のお父様はテネシー州のスモーキーの地に”復帰された
清平”を速やかに確立し、収穫するように私たちに呼びかけておられます。
・・・・・・”復帰された清平”で按手し、祈り、断食をし、霊的訓練が始まると、
真のお父様とイエス様が完全に一体となって勝利、癒し、油を注ぎ、奇跡、
涙と悔い改めで満ちあふれる人々、そして暗闇とサタンの堕天使と戦う
王国の戦士たちを築く場が注がれます。”復帰された清平”で訓練が始まる
ならば、堕落した清平は崩壊し、マクロレベルでの悪魔の領域を繁栄した、
破壊と醜悪の渦となるのです・・・」
−2021年9月10日、基元節一般教書2021年−

----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

祈祷、精誠、訓練でアメリカを助け、日本を生かそう!

【Facts matter】務報告書が公開 パンデミックから利益

Rod of Iron Freedom Festival 2020