2022年1月24日月曜日

日刊バレーヒルリポート 2022年1月24日(月)

 ★★★────────────────────────────────

現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
<保守派クリスチャンのための時事評論メールマガジン>
                        2022年1月24日(月)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(5件)
★(二代王様み言葉)アベル型革命とカイン型革命


───────────────────────────────────
本日のトピックス(5件)
───────────────────────────────────

■Brussels, Belgium Sunday demonstration January 23nd 2022
23.01.2022 - Aerial Video - Oracle Films
https://www.valleyhill.report/2022/01/brussels-belgium-sunday-demonstration.html

----------------------------------------------------------------------

■政権支える主流派閥、多くが親中!?自民党の権力争いと親中政策を
問う【ザ・ファクト】
https://www.valleyhill.report/2022/01/blog-post_29.html

----------------------------------------------------------------------

■【米国】バスケチームオーナーのウイグル蔑視発言に全米激怒!
「ウイグルなんて誰も関心ない【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2022/01/2022123breaking.html

----------------------------------------------------------------------

■【遠見快評】プーチンまたも中共に平手打ち
https://www.valleyhill.report/2022/01/blog-post_60.html

----------------------------------------------------------------------

■〈吹替版〉ファウチ氏 中国への投資が明るみに
https://www.valleyhill.report/2022/01/blog-post_24.html


───────────────────────────────────
(二代王様み言葉)アベル型革命とカイン型革命
───────────────────────────────────

アベル型の革命を起こすには億万長者でなければならないのです。善悪に
分立されたエリートでなければなりませんでした。何もないところからは
できません。何もないところから革命を起こすなら、それは必ずマルクス
主義になり、社会主義になり、寡頭政治になります。自由主義になった例
は歴史上一つもありません。アメリカの革命はエリートの分立でした。
ジョージ・ワシントンは億万長者でした。トーマス・ジェファーソンは
ヨーロッパのエリートでした。彼らは分裂して「人々を自由と主権へと
導こう」と言ったのです。ですから頂点で分立する必要があります。
そこでドナルド・トランプです。彼もそれが必要でした。
(「王国は近い」2016/11/27)

カイン・アベル(国進様と亨進様)が直接政府のエリートに指導した内容
を聞いて韓国がそれを実践していたら・・・(どうだったでしょうか)。
もちろん、霊的にはエリートをアベル型とカイン型に分けようとしていま
した。なぜならアベル型の革命を起こすためにはエリートを分立する必要
があるからです。そして善なるエリートが基台を作るのに協力しなければ
なりません。そして、その階級の中で起こる戦いを支援するのです。
(「備える王国」2017/9/3)

※「王国のみ言 天一国創建のために」(P84〜85)より引用しました。
----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

Brussels, Belgium Sunday demonstration January 23nd 2022 23.01.2022 - Ae...

政権支える主流派閥、多くが親中!?自民党の権力争いと親中政策を問う【ザ・ファクト】

2022.1.23【米国】バスケチームオーナーのウイグル蔑視発言に全米激怒❗️「ウイグルなんて誰も関心ない【及川幸久−BREAKING−】

【遠見快評】プーチンまたも中共に平手打ち

〈吹替版〉ファウチ氏 中国への投資が明るみに

2022年1月23日日曜日

日刊バレーヒルリポート 2022年1月23日(日)

 ★★★────────────────────────────────

現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
<保守派クリスチャンのための時事評論メールマガジン>
                        2022年1月23日(日)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(4件)
★(二代王様み言葉)エリートをアベルとカインに分立する


───────────────────────────────────
本日のトピックス(4件)
───────────────────────────────────

■松田学のニュース解説 新型コロナ最新情報〜オミクロンの正体5<本編>
https://www.valleyhill.report/2022/01/blog-post_23.html

----------------------------------------------------------------------

■尖閣諸島は既に中国のものになりつつある!?〜国防最前線!石垣島パネル
トークVol.1〜(ロバート・エルドリッヂ氏出演)【言論チャンネル】
https://www.valleyhill.report/2022/01/vol1.html

----------------------------------------------------------------------

■【Facts matter】2020年2月ファウチ博士が看過した重大な事実
https://www.valleyhill.report/2022/01/facts-matter20202.html


----------------------------------------------------------------------

■【ウクライナ問題】バイデン失言!! ロシア侵攻を予測し露とのドル取引停止
を警告 一方プーチンは侵攻計画を否定【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2022/01/2022122-br.html


───────────────────────────────────
(二代王様み言葉)エリートをアベルとカインに分立する
───────────────────────────────────

(支配層は)国民が愚かであることを願い、歴史を学ばせず、自らの意思を
もつことを願いません。ただ既存の権力に従い、周囲の圧力にすぐに屈し、
巨大な建造物に息を飲むような国民を願っているのです。(権力層は)人類
を支配することを願う、ただただ傲慢で邪悪な存在なのです。それゆえに
神の王国が来なければならないのです。なぜなら、人類はあまりにも長きに
わたって卑しむべきエリートたちから抑圧と支配を受けてきたのです。
つまりは本物のサタン主義者、カルト主義者、悪魔崇拝者です。全員では
ないにしても。(「移る王国」2017/2/26)

※「王国のみ言 天一国創建のために」(P84)より引用しました。
----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

松田学のニュース解説 新型コロナ最新情報~オミクロンの正体5<本編>

尖閣諸島は既に中国のものになりつつある!?~国防最前線!石垣島パネルトークVol.1~(ロバート・エルドリッヂ氏出演)【言論チャンネル】

【Facts matter】2020年2月ファウチ博士が看過した重大な事実

2022.1.22【ウクライナ問題】バイデン失言‼︎ロシア侵攻を予測し露とのドル取引停止を警告 一方プーチンは侵攻計画を否定 ️【及川幸久−BR...

2022年1月22日土曜日

日刊バレーヒルリポート 2022年1月22日(土)

 ★★★────────────────────────────────

現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
<保守派クリスチャンのための時事評論メールマガジン>
                        2022年1月22日(土)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(3件)
★(二代王様み言葉)奴隷思考を捨てる


───────────────────────────────────
本日のトピックス(3件)
───────────────────────────────────

■2022/01/19 水曜礼拝(日本語訳) [Sanctuary Translation]
https://www.valleyhill.report/2022/01/20220119-sanctuary-translation.html

----------------------------------------------------------------------

■岸田総理vs高市政調会長!経済政策で自民党が異例の分裂状態
【ザ・ファクト】
https://www.valleyhill.report/2022/01/vs.html

----------------------------------------------------------------------

■【遠見快評】オミクロンの北京入り 国際郵便から感染?2大疑問、
西安の肩首の痛みの健康講座の背後に隠された目的とは?孫力軍氏の
テレビでの罪認めの背後に張られた伏線
https://www.valleyhill.report/2022/01/2.html


───────────────────────────────────
(二代王様み言葉)奴隷思考を捨てる
───────────────────────────────────

なぜお父様がそのように駆り立てられているのかを理解することが非常に
重要です。その日、お父様の霊が私に注がれるのを感じることができました。
人々は王冠の意義を理解できないからです。皆さんはそれをすべて聞いて
きっと理解して祈っているのでしょうが、自分のアイデンティティの端っこ
にもありません。未だに奴隷思考のままです。それに気づき認識しながら、
自分たちは特に地上の王国に対する支配権を持つものとしての、そのような
考え方が持てないことを認めています。そのような考え方を持てないのです。
それでもちろん、私は愛をもって皆さんを厳しく非難するのです。そして
それが実は私ではなくお父様だということが分かるのです。お父様の霊と力
を感じることができます。

自分達のアイデンティティを理解するために、それを見て確信しなければ
なりません。誰かが先駆者となって出て行って矢を受け、あらゆる嘲りを
受け、それでもただそれを実行して「何の価値もない。自分たちでもできる」
と言われるまでやり抜くのです。しかし、そのようなアイデンティティを
理解することが今非常に重要なことです。まったく関係のない、2番目 3番目
のアイデンティティではなく、先頭に来るべきアイデンティティです。
なぜなら主管性の戦いが起こるからです。(「王国の王冠」2017/9/17)

※「王国のみ言 天一国創建のために」(P80〜81)より引用しました。
----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

2022/01/19 水曜礼拝(日本語訳) [Sanctuary Translation]

岸田総理vs高市政調会長!経済政策で自民党が異例の分裂状態【ザ・ファクト】

【遠見快評】オミクロンの北京入り 国際郵便から感染?2大疑問、西安の肩首の痛みの健康講座の背後に隠された目的とは?孫力軍氏のテレビでの罪認めの背...

2022年1月21日金曜日

日刊バレーヒルリポート 2022年1月21日(金)

 ★★★────────────────────────────────

現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
<保守派クリスチャンのための時事評論メールマガジン>
                        2022年1月21日(金)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(4件)
★(コラム)社会を汚染する全体主義の思想


───────────────────────────────────
本日のトピックス(4件)
───────────────────────────────────

■日曜礼拝 2022/01/16 (日本語訳) [Sanctuary Translation]
https://www.valleyhill.report/2022/01/20220116-sanctuary-translation_21.html

----------------------------------------------------------------------

■【米国思想リーダー】欧米は中国式全体主義を導入?
https://www.valleyhill.report/2022/01/blog-post_35.html

----------------------------------------------------------------------

■【弱毒のオミが招いた】政府、まさかの法令違反?【ラジオ】#258
https://www.valleyhill.report/2022/01/258.html

----------------------------------------------------------------------

■台湾当局「シャオミのスマホに検閲機能」
https://www.valleyhill.report/2022/01/blog-post_96.html


───────────────────────────────────
(コラム)社会を汚染する全体主義の思想
───────────────────────────────────

今日のトピックスでは、「米国思想リーダー」(元国務省次官補のロバート・
デストロ氏のインタビュー)を取り上げた。インタビューの前編は1月2日に
取り上げたので、もし関心のある方がいればそちらもご参照頂きたい。
https://www.valleyhill.report/2022/01/i.html

このインタビューでは、欧米の民主主義国家が、今では中国共産党のような
全体主義の思想に汚染されているという見解が示されている。私はこれは
今日の世界情勢を見る時に、とても重要な視点だと思う。

今、私たちは単に中国共産党と闘っているのではない。このような全体主義
の思想は、今では民主主義国家の内側にも入り込み、私たちの人権と生活を
浸食しているのだ。

中国共産党の悪を暴露し、抗議の声を上げ、ノックアウトさせることは重要
である。しかしそれだけでは問題は解決しない。なぜならば敵は、私たちの
内側にもいるからだ。今、敵はCOVID-19を利用して、私たちにワクチンを
強制し、”緊急事態”の名目の下に人権を奪おうとしている。否、それはもう
既に始まっている。

このような思想は、実は聖殿の内部にもある。それが神側の中央集権という
反キリスト思想だ。私たちは今、サタンとの闘いの最中にある。

今では、多くの民主主義国家で言論の検閲が行われ、政府が正しいことと
間違ったことを決定しようとしている。このような全体主義による社会の
汚染は、ミクロの問題がマクロに展開されたものと見ることもできる。

このような時代だからこそ今、私たちにとってテネシー清平が重要であり、
また私たちの悔い改めと深い祈りが、何よりも必要なのだ。

イエス様が福音の説教をこのように始められたことを、どうか思い出して
頂きたい。
この時から、イエスは宣教を開始して、言われた。「悔い改めなさい。
天の御国が近づいたから。」(マタイ 4/17)

今ほど、このみ言葉が何よりも重く感じられる時はない。

----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

日曜礼拝 2022/01/16 (日本語訳) [Sanctuary Translation]

【米国思想リーダー】欧米は中国式全体主義を導入?

【弱毒のオミが招いた】政府、まさかの法令違反?【ラジオ】#258

台湾当局「シャオミのスマホに検閲機能」

2022年1月20日木曜日

日刊バレーヒルリポート 2022年1月20日(木)

 ★★★────────────────────────────────

現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
<保守派クリスチャンのための時事評論メールマガジン>
                        2022年1月20日(木)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(1件)
★(二代王様み言葉)鉄の杖で邪悪な者を処罰する


───────────────────────────────────
本日のトピックス(1件)
───────────────────────────────────

■【及川幸久池袋街宣】人権問題を見てみぬふりをし続ける日本政府よ、
忖度を止めて北京五輪をボイコットせよ!! 私たちが今ウイグルのために
できること【お願い】【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2022/01/2022119_20.html


───────────────────────────────────
(二代王様み言葉)鉄の杖で邪悪な者を処罰する
───────────────────────────────────

イエス様が再臨されると力の限界が変化します。鉄の杖が善良な人々に与え
られます。邪悪な人は、その地方の人によって直ちに処断されます。政府は
土地を所有しません。人々が土地を相続します。彼らが主権者であり所有者
です。しかし、まだ悪は残ります。自由意志があるので潜在的な悪があります。
自由意志がある限り、神様を愛する人々と神様を憎む人々がいます。神様に
従わないことを選択する人々が常に存在します。悪を行うことを選択する人々
もいます。しかし、力のバランスは完全に変化しています。力のバランスは
人々の手に委ねられています。悪で邪悪な者、犯罪者、狂気の者達は、善良な
人々によって極めて迅速に、そしてきわめて厳しく処罰されます。
(鉄の杖の王国10 2018/3/25)

※「鉄の杖の王国 天一国創建のために」(P204〜205)より引用しました。
----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

2022.1.19【及川幸久池袋街宣】人権問題を見てみぬふりをし続ける日本政府よ、忖度を止めて北京五輪をボイコットせよ‼️私たちが今ウイグルのた...

2022年1月19日水曜日

日刊バレーヒルリポート 2022年1月19日(水)

 ★★★────────────────────────────────

現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
<保守派クリスチャンのための時事評論メールマガジン>
                        2022年1月19日(水)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(4件)
★(コラム)ワクチン未接種者へのスティグマを許すな!


───────────────────────────────────
本日のトピックス(4件)
───────────────────────────────────

■「王冠をかぶろうとする者、その重さに耐えよ」 日曜礼拝 2022/01/16
(日本語訳) [Sanctuary Translation]
https://www.valleyhill.report/2022/01/20220116-sanctuary-translation.html

----------------------------------------------------------------------

■【北京五輪】諦めずにボイコットを訴える米プロバスケットのスター選手、
人権団体【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2022/01/2022118breaking.html

----------------------------------------------------------------------

■【井上正康先生】令和4年2月19日・井上正康先生講演会のご案内
【★視聴者特典のお知らせがあります!】
https://www.valleyhill.report/2022/01/4219.html

----------------------------------------------------------------------

■【あ〜あ】登場人物全員アレでした。【ラジオ】#255
https://www.valleyhill.report/2022/01/255.html


───────────────────────────────────
(コラム)ワクチン未接種者へのスティグマを許すな!
───────────────────────────────────

私たちは今、政府のワクチン政策に対する要望書の準備を進めている。
その準備の過程で、有名な医学雑誌であるランセットの記事を見つけたので、
ここではその記事を共有したい。以下にその機械訳を記す。

COVID-19:ワクチン未接種者へのスティグマは正当化されない
https://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(21)02243-1/fulltext

アメリカとドイツでは、政府高官がワクチン未接種者のパンデミックという
言葉を使い、COVID-19の疫学上、ワクチンを接種した人は関係ないことを
示唆しています。関係者がこの言葉を使うことで、ある科学者は「COVID-19
ではワクチンを受けた人をワクチンを受けていない人が脅かしている」と
主張したかもしれません。
しかし、この見方はあまりにも単純すぎます。ワクチンを接種した人が引き
続き感染に関連する役割を担っているという証拠が増えています。
米国マサチューセッツ州では、2021年7月の様々なイベントで合計469件の
COVID-19の新規症例が検出され、そのうち346件(74%)が完全または
部分的にワクチンを接種した人で、そのうち274件(79%)が症状を呈して
いました。サイクルの閾値は、完全にワクチンを接種した人(中央値22-8)
と、ワクチンを接種していない人、完全にワクチンを接種していない人、
接種状況が不明な人(中央値21-5)とで同様に低く、完全にワクチンを接種
した人でもウイルス量が多いことを示していました。
米国では、2021年4月30日までにワクチンを接種した人でCOVID-19の症例
が合計10262件報告され、そのうち2725人(26-6%)が無症状、995人
(9-7%)が入院、160人(1-6%)が死亡しました。
ドイツでは、60歳以上の患者におけるCOVID-19の症状のある症例の55〜4%
が完全にワクチンを接種した人であった。
この割合は週ごとに増加しています。ドイツのミュンスターでは、完全に
ワクチンを接種した人、またはCOVID-19から回復した人でナイトクラブに
通っていた380人のうち、少なくとも85人(22%)にCOVID-19の新規症
例が発生しました。
ワクチンを接種している人は、重症化するリスクは低いですが、パンデミック
に関連する部分であることに変わりはありません。したがって、ワクチンを
受けていない人たちのパンデミックを語るのは間違いであり、危険です。
歴史的に見ても、アメリカとドイツは、肌の色や宗教を理由に国民の一部に
汚名を着せることで、否定的な経験を生み出してきました。私は、政府高官や
科学者に、私たちの患者、同僚、その他の市民を含むワクチン未接種者に
対する不適切なスティグマをやめ、社会を一つにまとめるために一層の努力を
することを求めます。

以下に少し注釈を加える。スティグマとは偏見や差別を意味するが、もともと
は犯罪者に対する烙印を意味する。ご承知の通り、人間に対する烙印は主に
刑罰として用いられたものであるが、もともとは家畜の所有者を明確にする
ための印であった。

政府によるワクチン強制政策とワクチンパスポートは、人々をワクチン接種
の有無で区別し、烙印を押す政策である。これは人間を家畜として扱う政策
に他ならない。そのような意味を込めて、本稿ではそのままスティグマと
翻訳させて頂いた。

----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

「王冠をかぶろうとする者、その重さに耐えよ」 日曜礼拝 2022/01/16 (日本語訳) [Sanctuary Translation]

2022.1.18【北京五輪】諦めずにボイコットを訴える米プロバスケットのスター選手、人権団体【及川幸久−BREAKING−】

【井上正康先生】令和4年2月19日・井上正康先生講演会のご案内【★視聴者特典のお知らせがあります!】

【あ~あ】登場人物全員アレでした。【ラジオ】#255

2022年1月18日火曜日

日刊バレーヒルリポート 2022年1月18日(火)

 ★★★────────────────────────────────

現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
<保守派クリスチャンのための時事評論メールマガジン>
                        2022年1月18日(火)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(0件)
★(二代王様み言葉)訓練された市民の歩兵が悪を支配する


───────────────────────────────────
本日のトピックス(0件)
───────────────────────────────────

なし

───────────────────────────────────
(二代王様み言葉)訓練された市民の歩兵が悪を支配する
───────────────────────────────────

結婚を破壊して家庭を破壊し、皆さんを滅亡にさせるために銃器をすべて
奪って「本当に強い人にそんな武器は必要がない」と、このような嘘を
植えつけます。また、映画の中では主人公がとんでもない銃を持って全てに
勝つようなことが沢山登場するではないですか。まったくの詐欺です。
市民が強くならなければいけません。韓国や日本、すべての国が天一国憲法
の中に入って来た時、お父様の王権と3代王 4代王 5代王と一緒にAR-15の
訓練をすれば、皆さんの後孫と市民で構成される歩兵が強くなってサタン
主義のイスラム過激派や中央組織は身動きも出来なくなります。
(鉄の杖の王国17 2018/5/30)

※「鉄の杖の王国 天一国創建のために」(P234)より引用しました。
----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

2022年1月17日月曜日

日刊バレーヒルリポート 2022年1月17日(月)

 ★★★────────────────────────────────

現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
<保守派クリスチャンのための時事評論メールマガジン>
                        2022年1月17日(月)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(3件)
★(二代王様み言葉)右派は自由な競争を求める


───────────────────────────────────
本日のトピックス(3件)
───────────────────────────────────

■コロナ防疫の名の下に虐げられる中国国民
https://www.valleyhill.report/2022/01/blog-post_1.html

----------------------------------------------------------------------

■〈吹替版〉中国 ロックダウン措置が工場を直撃
https://www.valleyhill.report/2022/01/blog-post_17.html

----------------------------------------------------------------------

■【Facts matter】FDA要求が却下 ワクチン情報公開に投じられた一石
https://www.valleyhill.report/2022/01/facts-matterfda.html


───────────────────────────────────
(二代王様み言葉)右派は自由な競争を求める
───────────────────────────────────

イスラム教過激派のことや英王室のこと、教皇について暴露すれば、
ヘイトスピーチだと言って法的に処理されます。
保守派の人達は何と言っていますか?インターネットを検閲せず、人々
に言いたいことを言わせ、誰が良い理論やアイデアを持っていて良く
ディベートしているか、その競争を通じて自分で判断したいと言って
います。自分が嫌いな方を検閲するのをやめるように言っています。
もちろん、保守が検閲するのではなく、左派が検閲しています。
(鉄の杖の王国17 2018/5/30)

※「鉄の杖の王国 天一国創建のために」(P270)より引用しました。
----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

コロナ防疫の名の下に虐げられる中国国民

〈吹替版〉中国 ロックダウン措置が工場を直撃

【Facts matter】FDA要求が却下 ワクチン情報公開に投じられた一石

2022年1月16日日曜日

日刊バレーヒルリポート 2022年1月16日(日)

 ★★★────────────────────────────────

現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
<保守派クリスチャンのための時事評論メールマガジン>
                        2022年1月16日(日)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(7件)
★(コラム)日本史に見る鉄の杖思想の源流、鎌倉幕府


───────────────────────────────────
本日のトピックス(7件)
───────────────────────────────────

■2022/01/12 水曜礼拝 (日本語訳) [Sanctuary Translation]
https://www.valleyhill.report/2022/01/20220112-sanctuary-translation.html

----------------------------------------------------------------------

■【米国】バイデンの接種義務命令を最高裁が却下!! 但し、医療従事者
1000万人に対しては接種義務!【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2022/01/20221161000breaking.html

----------------------------------------------------------------------

■韓国で「ワクチンパス」反対集会
https://www.valleyhill.report/2022/01/blog-post_16.html

----------------------------------------------------------------------

■コロナが北京入り 中共が恐怖する最悪の筋書
https://www.valleyhill.report/2022/01/blog-post_73.html

----------------------------------------------------------------------

■【Facts matter】米国の子供の感染者数増加の真相
https://www.valleyhill.report/2022/01/facts-matter_16.html

----------------------------------------------------------------------

■【ライブ配信】北京五輪ボイコット 東京・デモ行進 1/15(土)
https://www.valleyhill.report/2022/01/115.html

----------------------------------------------------------------------

■【ライブ配信】北京五輪ボイコット 東京・街頭演説 1/15(土)
https://www.valleyhill.report/2022/01/115_16.html


───────────────────────────────────
(コラム)日本史に見る鉄の杖思想の源流、鎌倉幕府
───────────────────────────────────

今日のコラムは大河ドラマの話だ。私はテレビを見ないので全く存じ上げ
なかったが、今年の大河ドラマは「鎌倉殿の13人」だそうである。

大河ドラマと神の摂理との間には、何の関係もないことは承知しているが、
それでも、もし仮に大河ドラマが何らかの世相を表しているとするならば、
それは何を表していると言えるのだろうか?

鎌倉時代は、朝廷以外の権力が政治を行った初めての時代である。
平安時代末期、律令制度が崩壊する中で、朝廷から派遣された国司による
横暴に対抗し、自らの土地と家族を守るために立ち上がった人たちがいた。
彼らこそが東国武士団である。これが鎌倉幕府の源流なのだ。

そもそも律令制度とは、農民と土地は天皇のものという、私有財産制度を
否定した共産主義制度であった。それは強力な官僚機構と中央集権的な
国家体制を特色としていた。これに対して、自らが汗を流して開墾した
土地は自分たちのものであるとして、武士団を結成し、自らの土地と財産
を守ろうとしたのである。

つまり日本史における”鉄の杖思想”の源流は、武士団と幕府なのである。
彼らは、自らが武装することで中央集権的な政治を打ち破り、自分たちの
政府を作ることを目標にしていたのだ。

昨年末の鉄の杖フェスティバルの勝利の後、日本でこのような大河ドラマ
の放送が始まったことは、時宜にかなったことである。

日本人はいつも”御上”の言うことに対して、頭を下げて従ってきたのでは
なかった。私たちの先祖が腰に刀を差していた時、彼らは常に命懸けの
闘いをしていたのだ。

----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

2022/01/12 水曜礼拝 (日本語訳) [Sanctuary Translation]

2022.1.16【米国】バイデンの接種義務命令を最高裁が却下‼️但し、医療従事者1000万人に対しては接種義務❗️【及川幸久−BREAKING−】

韓国で「ワクチンパス」反対集会

コロナが北京入り 中共が恐怖する最悪の筋書

【Facts matter】米国の子供の感染者数増加の真相

【ライブ配信】北京五輪ボイコット 東京・デモ行進 1/15(土)

【ライブ配信】北京五輪ボイコット 東京・街頭演説 1/15(土)

2022年1月15日土曜日

日刊バレーヒルリポート 2022年1月15日(土)

 ★★★────────────────────────────────

現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
<保守派クリスチャンのための時事評論メールマガジン>
                        2022年1月15日(土)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(3件)
★(コラム)選択の自由は神が与えた権利である


───────────────────────────────────
本日のトピックス(3件)
───────────────────────────────────

■【遠見快評】感染は天津へ五輪開催に赤信号?
https://www.valleyhill.report/2022/01/blog-post_15.html

----------------------------------------------------------------------

■【ロート製薬会長】言ってくれました!!【ラジオ】#250
https://www.valleyhill.report/2022/01/250.html

----------------------------------------------------------------------

■【Vlog】コロナは5類になるか
https://www.valleyhill.report/2022/01/vlog5.html


───────────────────────────────────
(コラム)選択の自由は神が与えた権利である
───────────────────────────────────

北京オリンピックが迫る中、北京近郊の天津市でオミクロンの感染が
急拡大している。天津は北京のお膝元であり、多くの市民が北京に通勤
している。

中国では西安市でオミクロンのために大規模なロックダウンが行われた
ばかりだ。ニュースをご覧になった方ならご存じだろうが、集合住宅で
感染者が出ると同じ建物の住人が全員連れ去られるなど、人間らしい生活
を一切無視した鬼畜の政策であった。

私たちはこれを中国共産党の馬鹿げた政策だと笑うことはできない。
なぜなら日本でも、COVID-19対策として夜間は飲食店は営業するな、
とか、県外への移動を自粛しろ、などと言ってきたのだから。

海外ではワクチン接種証明書がなければ、外出できない、スーパーで
買い物ができない、レストランや映画館にも入れない、というような国すら
あるではないか!私たちが合理的で理性的な政策を行っていると、どうして
言えるだろうか?

よく知られるようにオミクロンは感染力は強いが、重症化・死亡の
リスクは低く、もはや人類にとっての脅威とは言えない。むしろ脅威
なのは、COVID-19対策を名目にした政府の政策の方である。

1日に何人オミクロンに感染しようが、何の症状もなく、普通に生活でき
る状態であるなら何の問題もない。そのようなことを理由にマスクの着用
を強要されたり、ワクチンを強制されたりする理由はないのだ。

私たちクリスチャンはハッキリと目覚めなければならない。
これは単なる政治的イシューなのではない。これは信仰をかけた闘い
なのだ。自らの生き様を、自分自身で決定する権利を持つことは、私たち
の信仰に基づいた核心なのであり、政府がこれを抑圧することを決して
許してはいけないのだ。

聖書にはこう書いてある。
見よ。私は、きょう、あなたがたの前に、祝福とのろいを置く。
もし、私が、きょう、あなたがたに命じる、あなたがたの神、主の命令に
聞き従うなら、祝福を、もし、あなたがたの神、主の命令に聞き従わず、
私が、きょう、あなたがたに命じる道から離れ、あなたがたの知らなかった
ほかの神々に従って行くなら、のろいを与える。
(申命記 11/26〜28)

見よ。私は、確かにきょう、あなたの前にいのちと幸い、死とわざわい
を置く。私が、きょう、あなたに、あなたの神、主を愛し、主の道に歩み、
主の命令とおきてと定めとを守るように命じるからである。確かに、あなた
は生きて、その数はふえる。あなたの神、主は、あなたが、入って行って、
所有しようとしている地で、あなたを祝福される。
しかし、もし、あなたが心をそむけて、聞き従わず、誘惑されて、ほかの
神々を拝み、これに仕えるなら、きょう、私は、あなたがたに宣言する。
あなたがたは、必ず滅びうせる。あなたがたは、あなたが、ヨルダンを渡り、
入って行って、所有しようとしている地で、長く生きることはできない。
私は、きょう、あなたがたに対して天と地とを、証人に立てる。私は、
いのちと死、祝福とのろいを、あなたの前に置く。あなたはいのちを
選びなさい。あなたもあなたの子孫も生き、あなたの神、主を愛し、
御声に聞き従い、主にすがるためだ。確かに主はあなたのいのちであり、
あなたは主が、あなたの先祖、アブラハム、イサク、ヤコブに与えると
誓われた地で、長く生きて住む。
(申命記 30/15〜20)

もしも主に仕えることがあなたがたの気に入らないなら、川の向こうに
いたあなたがたの先祖たちが仕えた神々でも、今あなたがたが住んでいる
地のエモリ人の神々でも、あなたがたが仕えようと思うものを、どれでも、
きょう選ぶがよい。私と私の家とは、主に仕える。」
(ヨシュア 24/15)

私たちが唯一の神を信仰するのは、私たち自身の選択である。私たちが
キリストに従うのも私たち自身の選択である。神は私たちに選択の自由を
与えている。神が与えた権利を侵すことを許してはならないのだ。

----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

【遠見快評】感染は天津へ五輪開催に赤信号?

【ロート製薬会長】言ってくれました!!【ラジオ】#250

【Vlog】コロナは5類になるか

2022年1月14日金曜日

日刊バレーヒルリポート 2022年1月14日(金)

 ★★★────────────────────────────────

現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
<保守派クリスチャンのための時事評論メールマガジン>
                        2022年1月14日(金)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(4件)
★(コラム)恐ろしいのはウィルスではなく人間だ


───────────────────────────────────
本日のトピックス(4件)
───────────────────────────────────

■【拍案驚奇】西安市民の悲劇 コロナ以外は無視
https://www.valleyhill.report/2022/01/blog-post_14.html

----------------------------------------------------------------------

■【全議員、全国民が知るべき】国会ができた理由がカオスだった
【ラジオ】#248
https://www.valleyhill.report/2022/01/248.html

----------------------------------------------------------------------

■【挑戦】「理解ある議員リスト」をつくりたい
https://www.valleyhill.report/2022/01/blog-post_61.html

----------------------------------------------------------------------

■【挑戦から24時間】こんなことになりました。【ラジオ】#249
https://www.valleyhill.report/2022/01/24249.html


───────────────────────────────────
(コラム)恐ろしいのはウィルスではなく人間だ
───────────────────────────────────

本日のトピックスでは、中国の西安市のロックダウンの動画を取り上げた。
私たちはこれを中国共産党のバカげた政策だと笑うことはできない。

なぜなら同じような悲劇は、西側諸国でも行われているからだ。
アメリカのバイデン大統領は、ワクチン未接種者をコロナの流行収束を
妨げているとして何度も非難している。イギリスのジョンソン首相も、
ワクチン未接種者を非難している。

フランスのマクロン大統領などは、ワクチン未接種者に対して規制により
「社会生活における活動へのアクセスを可能な限り制限」し、「うんざり
させてやる」とまで発言している。

ここにあるのは一切の科学的な議論を排除した、政治的な議論のみである。
例えばCOVID-19に感染して回復した人などは、既に免疫を持っていると
考えられるが、ここではそういった科学的な議論は一切考慮されていない。

またワクチン接種を受けた人もウィルスに感染することが知られているが、
そういった事実も考慮されていない。ワクチンを接種しても感染するならば、
何のためのワクチン接種なのか?なぜそれを強制しなければならないのか?
そのような問いに対して、科学的に回答できる人は誰もいない。

今、私たちクリスチャンは、何と闘っているのだろうか?
私たちはもはやウィルスと闘っているのではない。ウィルスを口実にして、
人々の生活をを抑圧し、管理しようとする「政府」と闘っているのだ。

私たちは自分と家族の健康のためにどうすべきかを、自分たち自身で決定
する権利を持っている。マスクが必要だと判断すれば、マスクをするし、
薬が必要だと考えれば薬を飲む。ワクチンが必要だと判断すれば、ワクチン
を接種するだろう。

しかしそれは私たち自身の判断によらなければならないのだ。決して誰か
他の人の判断を押し付けられてはならない。なぜならば「選択の自由は、
神から与えられた権利」だからである。

聖書にはこう書いてある。
もしも主に仕えることがあなたがたの気に入らないなら、川の向こうに
いたあなたがたの先祖たちが仕えた神々でも、今あなたがたが住んでいる
地のエモリ人の神々でも、あなたがたが仕えようと思うものを、どれでも、
きょう選ぶがよい。私と私の家とは、主に仕える。」
(ヨシュア 24/15)

私たちが唯一の神を選択するのは、私たちの権利である。私たちが
キリストに仕えるのも私たちの権利である。私たちは常に、正しい道を
模索し、選択する権利を持っているのだ。

----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

【拍案驚奇】西安市民の悲劇 コロナ以外は無視

【全議員、全国民が知るべき】国会ができた理由がカオスだった【ラジオ】#248

【挑戦】「理解ある議員リスト」をつくりたい

【挑戦から24時間】こんなことになりました。【ラジオ】#249

2022年1月13日木曜日

日刊バレーヒルリポート 2022年1月13日(木)

 ★★★────────────────────────────────

現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
<保守派クリスチャンのための時事評論メールマガジン>
                        2022年1月13日(木)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(1件)
★(二代王様み言葉)心を支配されてはいけない


───────────────────────────────────
本日のトピックス(1件)
───────────────────────────────────

■新春対談!井上正康先生登場、新型コロナ最新情報!
https://www.valleyhill.report/2022/01/blog-post_13.html


───────────────────────────────────
(二代王様み言葉)心を支配されてはいけない
───────────────────────────────────

心を支配されたら主権はあり得ません。ある動画でリサが言っていましたが、
プランテーション(先住民や移民の安い労働力を使って綿花・タバコ・ゴム・
コーヒー・紅茶などの商品作物を栽培する大規模農園)はガンフリーゾーン
(銃持ち込み禁止区域)です。ガンフリーゾーンはプランテーションなの
です。
鉄の杖は地上の神様の王国で絶対的に不可欠な装備です。というのも、神様
は地上に王国を作ることを意図されていたからです。それが神様の意図です。
ですから「御国が来ますように。御心が天で行われる通り地でも行われます
ように」と祈るようになっています。
クリスチャンなら、預言を学んでいれば、誰もが終わりの日には神様の天の
王国が実体的な地上の王国になると知っています。それは天上の王国には
ならないと。最初の復活の後、聖人が生き返ってキリストと共に王国で生き
ます。それは実体的にということです。これが標準的なキリスト教の神学
です。(鉄の杖の王国7 2018/3/4)

※「鉄の杖の王国 天一国創建のために」(P262)より引用しました。
----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

新春対談!井上正康先生登場、新型コロナ最新情報!

2022年1月12日水曜日

日刊バレーヒルリポート 2022年1月12日(水)

 ★★★────────────────────────────────

現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
<保守派クリスチャンのための時事評論メールマガジン>
                        2022年1月12日(水)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(4件)
★(二代王様み言葉)王と王妃の祝福式から空気が変わった


───────────────────────────────────
本日のトピックス(4件)
───────────────────────────────────

■日曜礼拝 2022/1/09 (日本語訳) [Sanctuary Translation]
https://www.valleyhill.report/2022/01/2022109-sanctuary-translation.html

----------------------------------------------------------------------

■【無印良品】中国市場に超意欲的「新疆綿」とはっきり表示!中国から
称賛の嵐!! 無印はノーコメント、そして日本の輸入衣料品のほとんどが
新疆綿という現実【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2022/01/2022111_12.html

----------------------------------------------------------------------

■Vlog7 “メリークリスマス“がなくなったアメリカ
https://www.valleyhill.report/2022/01/vlog7.html

----------------------------------------------------------------------

■入国拒否のジョコビッチ選手 豪裁判所が即時解放命令
https://www.valleyhill.report/2022/01/blog-post_12.html


───────────────────────────────────
(二代王様み言葉)王と王妃の祝福式から空気が変わった
───────────────────────────────────

また、全国ではなく全世界で、鉄の杖のことが話題になっていることを
理解すれば、人々の意識が変わりつつあるということです。2/28以降、
空気が変わったのです。人々が問いかけています。「待てよ、我々市民
にも武器を保持し携帯する権利を持てるのだろうか」と。神様という観点
から、それは自己防衛のための人権です。プレデターと悪人、狼、サイコ
パスから自分を守るのです。
また、キリストの共同相続人と共に、王権の装備品を持って立つことが
出来るようになります。それは主権の王冠と、すべての神の王国の市民
の防衛手段としての鉄の杖です。神様を愛し、隣人を愛し、私達自身が
防衛部隊となり、兄弟の保護者となり、兄弟を助け、悪や狼に立ち向かう
のです。そして王国で神様と共に立ちます。天で行われる通り、地でも
行われるのです。(鉄の杖の王国11 2018/4/1)

※「鉄の杖の王国 天一国創建のために」(P257)より引用しました。
----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

日曜礼拝 2022/1/09 (日本語訳) [Sanctuary Translation]

2022.1.11【無印良品】中国市場に超意欲的「新疆綿」とはっきり表示❗️中国から称賛の嵐‼︎👎無印はノーコメント😩そして日本の輸入衣料品のほ...

Vlog7 “メリークリスマス“がなくなったアメリカ

入国拒否のジョコビッチ選手 豪裁判所が即時解放命令

2022年1月11日火曜日

日刊バレーヒルリポート 2022年1月11日(火)

 ★★★────────────────────────────────

現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
<保守派クリスチャンのための時事評論メールマガジン>
                        2022年1月11日(火)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(1件)
★(二代王様み言葉)結果に責任を負わない人が社会主義を作る


───────────────────────────────────
本日のトピックス(1件)
───────────────────────────────────

■【ユニクロ】柳井CEO、米を批判し中国批判は一切なしで中国から大絶賛
そしてウイグル関与にひたすらノーコメント!【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2022/01/2022110ceo.html


───────────────────────────────────
(二代王様み言葉)結果に責任を負わない人が社会主義を作る
───────────────────────────────────

結果に責任を負わない人が社会主義を作ります。結果に責任を持たない
国は社会主義になります。無茶苦茶になって潰れます。地上地獄になり
ます。結果に責任を持つ男女のいる国。悪い決定をすれば責任を負って
死を受けなければならない国。極端ですが、最終的に死まで受けねば
ならない国では人々は考えて保守的な人に投票します。簡単な科学や
数学です。(鉄の杖の王国19 2018/6/27)

※「鉄の杖の王国 天一国創建のために」(P79)より引用しました。
----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

2022.1.10【ユニクロ】柳井CEO、米🇺🇸を批判し中国批判は一切なしで中国から大絶賛👏👎😩そしてウイグル関与にひたすらノーコメント❗️😩😩...

2022年1月10日月曜日

日刊バレーヒルリポート 2022年1月10日(月)

 ★★★────────────────────────────────

現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
<保守派クリスチャンのための時事評論メールマガジン>
                        2022年1月10日(月)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(5件)
★(二代王様み言葉)神様が下さった権利による王国


───────────────────────────────────
本日のトピックス(5件)
───────────────────────────────────

■松田学のニュース解説 新型コロナ最新情報 オミクロンの正体4
<本編>
https://www.valleyhill.report/2022/01/blog-post_21.html

----------------------------------------------------------------------

■【遠見快評】米中3大疫病現象は密かにリンクしている
https://www.valleyhill.report/2022/01/3.html

----------------------------------------------------------------------

■【焦點速遞】突然のウイルスが、世界の流れを変えた。 終わった
ばかりの2021年を総括すると、世界は徐々に予測不可能なモードへと
移行していることがわかる。
https://www.valleyhill.report/2022/01/2021.html

----------------------------------------------------------------------

■北京五輪まで1か月切る 人権・感染・環境 消えぬ懸念の声
https://www.valleyhill.report/2022/01/blog-post_10.html

----------------------------------------------------------------------

■【中国】台湾を支援するリトアニアに中国が報復!そのリトアニアを
救いに来たのがEUフランス!日本は何をしているのか?
【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2022/01/202219eu.html


───────────────────────────────────
(二代王様み言葉)神様が下さった権利による王国
───────────────────────────────────

人々がそれ(神が与えた権利)を理解してその所有権を持つとき、自分の
位置に立って政治的な悪魔崇拝に立ち向かうようになり、サタンの実際の
働きに立ち向かうようになります。そして文字通り、そのような略奪者に
対する武器となり、世界を平和にするための活発な要素となるのです。
そして自由と責任、主権と領土に基づいて本当の統一を成すのです。また
隣人を愛し自分の先人を称えるのです。本当の文化、本当の文明、本当の
道徳律に基づいて。それが本当の王国です。(「不死の王国)2017/4/23)

※「王国のみ言 天一国創建のために」(P18)より引用しました。
----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

松田学のニュース解説 新型コロナ最新情報 オミクロンの正体4<本編>

【遠見快評】米中3大疫病現象は密かにリンクしている

【焦點速遞】突然のウイルスが、世界の流れを変えた。 終わったばかりの2021年を総括すると、世界は徐々に予測不可能なモードへと移行していることが...

北京五輪まで1か月切る 人権・感染・環境 消えぬ懸念の声

2022.1.9【中国】台湾を支援するリトアニアに中国が報復❗️そのリトアニアを救いに来たのがEUフランス❗️日本は何をしているのか❓【及川幸久...

2022年1月9日日曜日

日刊バレーヒルリポート 2022年1月9日(日)

 ★★★────────────────────────────────

現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
<保守派クリスチャンのための時事評論メールマガジン>
                        2022年1月9日(日)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(2件)
★(二代王様み言葉)キリストの共同相続者による王国


───────────────────────────────────
本日のトピックス(2件)
───────────────────────────────────

■2022/1/5 水曜礼拝(日本語訳) [Sanctuary Translation]
https://www.valleyhill.report/2022/01/202215-sanctuary-translation.html

----------------------------------------------------------------------

■【ドイツ】ドイツエネルギー政策は破綻!! 大停電の危機!インフレ!
電力6割値上げ!太陽光と風力発電は?日本は独から教訓を学べ!
【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2022/01/202218_9.html


───────────────────────────────────
(二代王様み言葉)キリストの共同相続者による王国
───────────────────────────────────

天一国憲法はユダヤ・キリスト教文化を受け継いでいます。神中心文化であり、
文鮮明師を再臨主として受け入れています。この再臨主こそが王権を樹立し、
空前絶後の逆転の王国を創立されたのでした。そこでは神様が国民と誓約を
かわし国民一人一人が(キリストの)共同相続者であり「王」としての権利を
持ちます。そして僕(政府)は王(国民)を支配することは許されません。
天使長(政府)は鎖でつながれているのです。(「王国の花婿)2016/5/29)

※「王国のみ言 天一国創建のために」(P19〜20)より引用しました。
----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

2022/1/5 水曜礼拝(日本語訳) [Sanctuary Translation]

2022.1.8【ドイツ】ドイツエネルギー政策は破綻‼️大停電の危機❗️インフレ❗️電力6割値上げ❗️太陽光と風力発電は❓日本は独から教訓を学べ...

2022年1月8日土曜日

日刊バレーヒルリポート 2022年1月8日(土)

 ★★★────────────────────────────────

現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
<保守派クリスチャンのための時事評論メールマガジン>
                        2022年1月8日(土)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(2件)
★(二代王様み言葉)心に十戒を刻み付ける自由と責任


───────────────────────────────────
本日のトピックス(2件)
───────────────────────────────────

■「うんざりさせる措置を」仏マクロン氏の下品な言葉が物議
https://www.valleyhill.report/2022/01/blog-post_8.html

----------------------------------------------------------------------

■米議会で法輪功保護法案の審議開始
https://www.valleyhill.report/2022/01/blog-post_72.html


───────────────────────────────────
(二代王様み言葉)心に十戒を刻み付ける自由と責任
───────────────────────────────────

人々を支配し、コントロールしようとするのはサタンがやることです。
神様からの贈り物は自由と責任です。人々を自由と責任の状態に置いたとき、
間違えば彼らは自分で責任を取らなければなりません。人々は、キリスト教
徒でもなく、ユダヤ人でもなくても、最終的に十戒を守るようになるのです。
自由なる市場において成功するには、人々を欺けないからです。成功するに
は人々を欺けないのです。お客様を大切に扱わなければなりません。他の
競争相手以上の事をやらなければならないのです。(「王国の扉」2016/10/9)

※「王国のみ言 天一国創建のために」(P25)より引用しました。
----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

「うんざりさせる措置を」仏マクロン氏の下品な言葉が物議

米議会で法輪功保護法案の審議開始

2022年1月7日金曜日

日刊バレーヒルリポート 2022年1月7日(金)

 ★★★────────────────────────────────

現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
<保守派クリスチャンのための時事評論メールマガジン>
                        2022年1月7日(金)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(2件)
★(二代王様み言葉)神様とサタンの違いは「自由と責任」か「独裁」か


───────────────────────────────────
本日のトピックス(2件)
───────────────────────────────────

■「人の魂が試される時」 日曜礼拝 2022/1/02 (日本語訳)
[Sanctuary Translation]
https://www.valleyhill.report/2022/01/2022102-sanctuary-translation.html

----------------------------------------------------------------------

■【米国】共和党の大逆襲!! 2022米中間選挙後に起きるのはバイデン弾劾
とファウチ裁判か!?【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2022/01/2022162022breaking.html


───────────────────────────────────
(二代王様み言葉)神様とサタンの違いは「自由と責任」か「独裁」か
───────────────────────────────────

ここにキリスト教の基本的な問題があります。あまりに霊的関心を持ち過ぎた
結果、イエス様の「御国を来たらせたまえ。みこころの天になるごとく、地に
もなさせたまえ」というみ言と相対しないのです。私たちは何が御国であり、
何が御国でないかを知らなければなりません。その本質的区別は自由と責任、
独裁の区別です。(「待ち望む王国」2016/12/18)

※「王国のみ言 天一国創建のために」(P22)より引用しました。
----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

「人の魂が試される時」 日曜礼拝 2022/1/02 (日本語訳) [Sanctuary Translation]

2022.1.6【米国】共和党の大逆襲‼️👊🇺🇸2022米中間選挙後に起きるのはバイデン弾劾とファウチ裁判か⁉️👏👍【及川幸久−BREAKING−】

2022年1月6日木曜日

日刊バレーヒルリポート 2022年1月6日(木)

 ★★★────────────────────────────────

現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
<保守派クリスチャンのための時事評論メールマガジン>
                        2022年1月6日(木)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(1件)
★(コラム)マルタの信仰とマリヤの信仰


───────────────────────────────────
本日のトピックス(1件)
───────────────────────────────────

■【北京五輪】IOCが中国から得た報酬は13億ドル以上!! IOCと中国、
人権を無視した深すぎる利権関係!【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2022/01/202215ioc13iocbrea.html


───────────────────────────────────
(コラム)マルタの信仰とマリヤの信仰
───────────────────────────────────

聖書には、マルタとマリヤの姉妹の話が書いてあります。

さて、彼らが旅を続けているうち、イエスがある村にはいられると、マルタ
という女が喜んで家にお迎えした。
彼女にマリヤという妹がいたが、主の足もとにすわって、みことばに聞き
入っていた。
ところが、マルタは、いろいろともてなしのために気が落ち着かず、みもと
に来て言った。「主よ。妹が私だけにおもてなしをさせているのを、何とも
お思いにならないのでしょうか。私の手伝いをするように、妹におっしゃって
ください。」
主は答えて言われた。「マルタ、マルタ。あなたは、いろいろなことを心配
して、気を使っています。
しかし、どうしても必要なことはわずかです。いや、一つだけです。マリヤは
その良いほうを選んだのです。彼女からそれを取り上げてはいけません。」
(ルカ 10/38〜42)

姉のマルタが、イエス様をもてなすために食事の準備をしている時に、
どうして妹のマリヤはそれを手伝わなかったのでしょうか?マリヤはずっと
イエス様の足もとにすわってみ言葉を聞いていました。食事の準備をする
時間だと分からなかったのでしょうか?しかしイエス様はこう答えています。
曰く「マリヤはその良いほうを選んだのです。」

ここに今日の私たちへの教訓があります。私たちは日々の生活の中で、
やらなければならない活動に集中するあまり、キリストとの関係を忘れて
しまうことがたくさんあるのです。

家庭連合の時代、私たちは活動をたくさんしましたが、その結果、多くの人
が神様との関係も、キリストとの関係も失ってしまったのです。しかし
マリヤは違いました。イエス様の抱えていらっしゃる悲しみに相対し、
いつまでもその場所を離れることができなかったのです。

私たちも同じです。み旨の道を歩む時、もし私たちがキリストの悲しみを
忘れてしまったら、マルタと同じなのです。

----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

2022.1.5【北京五輪】IOCが中国から得た報酬は13億ドル以上😱‼️IOCと中国、人権を無視した深すぎる利権関係❗️👎【及川幸久−BREA...

2022年1月5日水曜日

日刊バレーヒルリポート 2022年1月5日(水)

 ★★★────────────────────────────────

現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
<保守派クリスチャンのための時事評論メールマガジン>
                        2022年1月5日(水)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(2件)
★(コラム)キリストを讃美せよ


───────────────────────────────────
本日のトピックス(2件)
───────────────────────────────────

■【米国】2022年3月、トランプの新ソーシャルメディア<TRUTH Social>
が遂に動き出す!! ランブルが動画プラットフォームインフラを提供
【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2022/01/2022142022truth-social.html

----------------------------------------------------------------------

■専門家が指摘する習近平総書記年頭挨拶の不可解な点
https://www.valleyhill.report/2022/01/blog-post_5.html


───────────────────────────────────
(コラム)キリストを讃美せよ
───────────────────────────────────

イエス様がエルサレムに入城された時、多くの人が神を讃美しました。
聖書にはこう書いてあります。

すると、群衆のうち大ぜいの者が、自分たちの上着を道に敷き、また、
ほかの人々は、木の枝を切って来て、道に敷いた。そして、群衆は、
イエスの前を行く者も、あとに従う者も、こう言って叫んでいた。
「ダビデの子にホサナ。
祝福あれ。主の御名によって来られる方に。
ホサナ。いと高き所に。」
(マタイ 21/8〜9)

イエスが進んで行かれると、人々は道に自分たちの上着を敷いた。
イエスがすでにオリーブ山のふもとに近づかれたとき、弟子たちの群れ
はみな、自分たちの見たすべての力あるわざのことで、喜んで大声に
神を賛美し始め、こう言った。
「祝福あれ。主の御名によって来られる王に。
天には平和。栄光は、いと高き所に。」
(ルカ 19/36〜38)

私たちはこの世の君主に仕える者ではありません。私たちはキリストに
仕える者であり、生けるキリストの後継者に仕える者です。これは歴史上
のどの時代の人が望んでも成し遂げられなかったような奇跡です。

だから私たちは今こそ、讃美の声をあげなければならないのです。
最後に音楽をお贈りします。
「Gloria in excelsis Deo」ヴィヴァルディ、グローリアより
https://youtu.be/wXx_1pZV8tE

----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

2022.1.4【米国】🇺🇸2022年3月、トランプの新ソーシャルメディア<TRUTH Social>が遂に動き出す‼︎ランブルが動画プラット...

専門家が指摘する習近平総書記年頭挨拶の不可解な点

2022年1月4日火曜日

日刊バレーヒルリポート 2022年1月4日(火)

 ★★★────────────────────────────────

現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
<保守派クリスチャンのための時事評論メールマガジン>
                        2022年1月4日(火)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(3件)
★(コラム)圧倒的な勝利者となる


───────────────────────────────────
本日のトピックス(3件)
───────────────────────────────────

■【米国】2024年大統領選トランプvsヒラリー再び決戦か?ヒラリー復活
と支持率低下が止まらな来民主党の焦り【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2022/01/2021132024vsbre.html

----------------------------------------------------------------------

■【横河観点】そもそも不可能、西安コロナ政策の失敗
https://www.valleyhill.report/2022/01/blog-post_31.html

----------------------------------------------------------------------

■【拍案驚奇】消えゆく香港の自由デニス・ホー氏逮捕
https://www.valleyhill.report/2022/01/blog-post_4.html


───────────────────────────────────
(コラム)圧倒的な勝利者となる
───────────────────────────────────

私の妻はフィリピン人であるが、今日本に来るための手続きを進めようと
している。妻はフィリピンの公務員なので、ワクチン接種が義務付けられて
おり、来日はそれを避けるための方策でもある。

しかし今ではフィリピンの役所はワクチン接種者しか入館できず、したがって
ワクチンを接種しなければ、そもそも退職手続きすらできない可能性がある。
さまざまな事項が予断を許さない状況だ。

しかし日本も他国を笑っていられる状況にはない。オミクロンは感染しても
そのほとんどが無症状であり、死亡などのリスクは低いことが知られている。
しかし政府はオミクロン対策のために国境を封鎖し、海外からの入国を制限
している。また3回目のワクチン接種を推進する動機付けにもなっている。

現在の政府の政策は、冷静な科学的議論とはほど遠い状況なのだ。既に幾つか
の国ではワクチンパスポートが導入されている。日本でも、民間のイベントの
参加条件で、ワクチン接種かPCR検査陰性を提示する必要があるケースが出て
来た。

今年の参議院選挙で、ワクチン反対の議員を参議院に送り出すことができるか
否かが重要なポイントだ。例え少数であっても、私たちの声を国会に届けて
くれる人がいることが重要なのだ。

聖書にはこう書いてある。
そのとき、主はギデオンに仰せられた。「あなたといっしょにいる民は多すぎ
るから、わたしはミデヤン人を彼らの手に渡さない。イスラエルが、『自分の
手で自分を救った』と言って、わたしに向かって誇るといけないから。
(士師記 7/2)

今後の摂理は、筋書きのないドラマと同じだ。何がどうなるのか誰にも分から
ない。だからあなたは、見える事項だけを頼りに物事を判断すべきではない。
なぜなら聖書にはこう書いてあるからだ。

私たちは、この望みによって救われているのです。目に見える望みは、望み
ではありません。だれでも目で見ていることを、どうしてさらに望むでしょう。
もしまだ見ていないものを望んでいるのなら、私たちは、忍耐をもって熱心に
待ちます。(ローマ 8/24〜25)

そして私たちは、この世の知恵ではなく、この世の力でもなく、キリストへの
信仰によって勝利を得るのです。

しかし、私たちは、私たちを愛してくださった方によって、これらすべての
ことの中にあっても、圧倒的な勝利者となるのです。私はこう確信しています。
死も、いのちも、御使いも、権威ある者も、今あるものも、後に来るものも、
力ある者も、高さも、深さも、そのほかのどんな被造物も、私たちの主キリスト
・イエスにある神の愛から、私たちを引き離すことはできません。
(ローマ 8/37〜39)

----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

2021.1.3【米国】🇺🇸2024年大統領選トランプvsヒラリー再び決戦か?ヒラリー復活と支持率低下が止まらな来民主党の焦り【及川幸久−BRE...

【横河観点】そもそも不可能、西安コロナ政策の失敗

【拍案驚奇】消えゆく香港の自由デニス・ホー氏逮捕

2022年1月3日月曜日

日刊バレーヒルリポート 2022年1月3日(月)

 ★★★────────────────────────────────

現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
<保守派クリスチャンのための時事評論メールマガジン>
                        2022年1月3日(月)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(2件)
★(コラム)クリスチャンよ、真実の声をあげよ!


───────────────────────────────────
本日のトピックス(2件)
───────────────────────────────────

■松田学ニュース解説 新型コロナ最新情報<本編>
https://www.valleyhill.report/2022/01/blog-post_3.html

----------------------------------------------------------------------

■【及川幸久品川駅街宣】日本の政界から親中派を一掃!
【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2022/01/202112breaking.html


───────────────────────────────────
(コラム)クリスチャンよ、真実の声をあげよ!
───────────────────────────────────

キリストは既に勝利をされていらっしゃいます。
聖書にはこう書いてあるからです。

わたしがこれらのことをあなたがたに話したのは、あなたがたがわたしに
あって平安を持つためです。あなたがたは、世にあっては患難があります。
しかし、勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです。」
(ヨハネ 16/33)

今は終末の時代です。善と悪が交差し、従来の価値観が混沌とする中で、
罪悪世界は滅び、聖書に予言された神の国が必ず到来するのです。

私は毎日、トピックスで多くの動画を取り上げています。しかしその
ほとんどはノンクリスチャンの方が作成した動画です。これについて
私たちクリスチャンは多くの反省をしなければいけないと思います。

もし私たちが沈黙を続けるなら、神は異邦人を用いてでも、真実を語らせ
ようとされるのです。

聖書には、イエス様がエルサレムに入城された時の状況について、こう
書いてあります。

イエスがすでにオリーブ山のふもとに近づかれたとき、弟子たちの群れ
はみな、自分たちの見たすべての力あるわざのことで、喜んで大声に
神を賛美し始め、こう言った。「祝福あれ。主の御名によって来られる
王に。天には平和。栄光は、いと高き所に。」(ルカ 19/37〜38)

するとパリサイ人のうちのある者たちが、群衆の中から、イエスに
向かって、「先生。お弟子たちをしかってください。」と言った。
イエスは答えて言われた。「わたしは、あなたがたに言います。もし
この人たちが黙れば、石が叫びます。」(ルカ 19/39〜40)

今こそが私たちが声をあげるべき時なのです。もしあなたが叫ばなけ
れば、石が叫ぶのです。

----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

松田学ニュース解説 新型コロナ最新情報<本編>

2021.1.2【及川幸久品川駅街宣】日本の政界から親中派を一掃!【及川幸久−BREAKING−】

2022年1月2日日曜日

日刊バレーヒルリポート 2022年1月2日(日)

 ★★★────────────────────────────────

現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
<保守派クリスチャンのための時事評論メールマガジン>
                        2022年1月2日(日)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(4件)
★(コラム)十字架を負ってキリストに従え!


───────────────────────────────────
本日のトピックス(4件)
───────────────────────────────────

■2021/12/29 水曜礼拝 (日本語訳) [Sanctuary Translation]
https://www.valleyhill.report/2022/01/20211229-sanctuary-translation.html

----------------------------------------------------------------------

■【Facts matter】情報公開法で暴露 米政府がロックダウン反対論潰し
https://www.valleyhill.report/2022/01/facts-matter.html

----------------------------------------------------------------------

■【米国思想リーダー】中共指導者たちは「臓器販売業者だ」 =元国務省
次官補のロバート・ デストロ氏へのインタビュー(パートI)
https://www.valleyhill.report/2022/01/i.html

----------------------------------------------------------------------

■【米国】バイデン政権による悪いインフレ、バイデンフレーションが
止まらない!! ハイパーインフレへ?! やってはけけないのは増税と国債&
貨幣増刷!【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2022/01/202111.html


───────────────────────────────────
(コラム)十字架を負ってキリストに従え!
───────────────────────────────────

終末の時代に、私たちクリスチャンはどのように歩むべきだろうか?
聖書を読むならば、この答えはイエス様が何度も語られているのである。
聖書にはこう書いてある。

自分の十字架を負ってわたしについて来ない者は、わたしにふさわしい者
ではありません。(マタイ 10/38)

それから、イエスは弟子たちに言われた。「だれでもわたしについて来たい
と思うなら、自分を捨て、自分の十字架を負い、そしてわたしについて
来なさい。(マタイ16/24)

それから、イエスは群衆を弟子たちといっしょに呼び寄せて、彼らに言われた。
「だれでもわたしについて来たいと思うなら、自分を捨て、自分の十字架を
負い、そしてわたしについて来なさい。(マルコ 8/34)

イエスは、みなの者に言われた。「だれでもわたしについて来たいと思うなら、
自分を捨て、日々自分の十字架を負い、そしてわたしについて来なさい。
(ルカ 9/23)

自分の十字架を負ってわたしについて来ない者は、わたしの弟子になることは
できません。(ルカ 14/27)

----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

2021/12/29 水曜礼拝 (日本語訳) [Sanctuary Translation]

【Facts matter】情報公開法で暴露 米政府がロックダウン反対論潰し

【米国思想リーダー】中共指導者たちは「臓器販売業者だ」 =元国務省次官補のロバート・ デストロ氏へのインタビュー(パートI)

2021.1.1【米国】🇺🇸バイデン政権による悪いインフレ、バイデンフレーションがが止まらない‼️ハイパーインフレへ⁈😱やってはけけないのは増税...

2022年1月1日土曜日

日刊バレーヒルリポート 2022年1月1日(土)

 ★★★────────────────────────────────

現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
<保守派クリスチャンのための時事評論メールマガジン>
                        2022年1月1日(土)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(3件)
★(コラム)眠っている人よ、目をさませ!


───────────────────────────────────
本日のトピックス(3件)
───────────────────────────────────

■日曜礼拝 2021/12/26 (日本語訳) [Sanctuary Translation]
https://www.valleyhill.report/2022/01/20211226-sanctuary-translation.html

----------------------------------------------------------------------

■【ウイグル】英国民間独立法廷が「新疆文書」公表!ウイグルジェノ
サイドの決定的証拠!! 一方中国では米ウイグル強制労働防止法に怒りの
報復展開!【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2022/01/20211231.html

----------------------------------------------------------------------

■【拍案驚奇】官製メディアは習近平氏に触れず、「党中央」と叫ぶ
だけ、中共高層の異様な風景
https://www.valleyhill.report/2022/01/blog-post.html


───────────────────────────────────
(コラム)眠っている人よ、目をさませ!
───────────────────────────────────

2022年になった。このコラムで何度も触れたように、今年は選挙イヤー
である。日本では参議院選挙があり、韓国では大統領選挙、アメリカでは
中間選挙がある。選挙に向けた闘いは、もう既に始まっている。

私たちは否応なしに、既にこの闘いに巻き込まれている。私たちは多かれ
少なかれこの闘いに関わっている。しかし私たちは、見える闘いばかりに
気を取られてはならない。なぜなら見えない闘いの方が本質だからだ。
それはすなわち霊的な闘いである。

また多くの人々の関心を引こうとして、自分を見失ってはいけない。
私たちはこの世の価値観のために闘っているのではない。私たちは神と
キリストの栄光のために闘っているのだ。聖書にはこう書いてある。

そのとき、主はギデオンに仰せられた。「あなたといっしょにいる民は
多すぎるから、わたしはミデヤン人を彼らの手に渡さない。イスラエル
が、『自分の手で自分を救った』と言って、わたしに向かって誇ると
いけないから。(士師記 7/2)

結局、問題になるのは、いつも私たち自身の信仰なのだ。だから私たちは
いつも”悔い改め”から出発しなければならないのだ。だからバプテスマの
ヨハネは、初臨の時こう叫んだのだ。
「悔い改めなさい。天の御国が近づいたから。」 (マタイ 3/2)

では再臨の時代に、私たちはどのような姿勢を示すべきだろうか?
聖書にはこう書いてある。

実を結ばない暗やみのわざに仲間入りしないで、むしろ、それを明るみ
に出しなさい。なぜなら、彼らがひそかに行なっていることは、口に
するのも恥ずかしいことだからです。けれども、明るみに引き出される
ものは、みな、光によって明らかにされます。明らかにされたものは
みな、光だからです。それで、こう言われています。
「眠っている人よ。目をさませ。死者の中から起き上がれ。そうすれば、
キリストが、あなたを照らされる。」(エペソ 5/11〜14)

----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

日曜礼拝 2021/12/26 (日本語訳) [Sanctuary Translation]

2021.12.31【ウイグル】英国民間独立法廷が「新疆文書」公表❗️ ウイグルジェノサイドの決定的証拠‼️👊一方中国では米ウイグル強制労働防止...

【拍案驚奇】官製メディアは習近平氏に触れず、「党中央」と叫ぶだけ、中共高層の異様な風景

Rod of Iron Freedom Festival 2020