2022年4月27日水曜日

日刊バレーヒルリポート 2022年4月27日(水)

 ★★★────────────────────────────────

現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
<保守派クリスチャンのための時事評論メールマガジン>
                        2022年4月27日(水)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(3件)
★(二代王様み言葉)天一国では国民が王の権利を持つ


───────────────────────────────────
本日のトピックス(3件)
───────────────────────────────────

■【フランス大統領選】敗れたルペンの価値ある躍進!消えた○○○万
???【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2022/04/2022426breaking.html

----------------------------------------------------------------------

■【講演フル】大阪市立大学 井上正康 名誉教授 2022.3.27
https://www.valleyhill.report/2022/04/2022327.html

----------------------------------------------------------------------

■【FactsMatter】コウモリコロナウイルス 機能獲得研究の資金は
米NIHからだった
https://www.valleyhill.report/2022/04/factsmatter-nih.html


───────────────────────────────────
(二代王様み言葉)天一国では国民が王の権利を持つ
※タイトルは編集部で付けました
───────────────────────────────────

私たちが王国について詳しくいま学んでいることも偶然ではありません。
聖書のなかで「御国の便りが全世界に及ぶとき、終わりが来る」とイエス
様もいっています。王国がまず語られなければならないのです。それから
終わりが来るのです。国進兄さんも何度もいっています。神様の審判を
通過すると世界はこれまで私たちが暮らしていた世界と全く変わって
しまいます。戦争がエスカレートして核戦争にまで及ぶとするなら、
私たちがこれまで学校で学んだ世界地図の線引きも全く変わってしまうと
いうことです。世界が変えられるというのです。それは確実です。サタン
の支配は終わりますが、彼らも徹底的に抵抗するでしょう。

現実にはいわゆる知識層と呼ばれる人々は、中央による計画経済、経済政策
を市場経済に導入することに大きな関心を持っているのです。市場は野放図
で無秩序、放っておくと独占が起きるなどと考えているのです。問題はその
ような計画経済、経済政策の行きつくところは彼ら自身が「独占者」になる
ということです。彼らが「独占者」となって市民活動のすべてに規制の網を
張りめぐらせて市民を窒息させるのです。

それらの計画経済、経済政策、規制は結局、王国を破壊することになるの
です。「何もしない王こそ、最高の治世をほどこす王である」これは老子
道徳経にあることばです。そこでは無為の王こそ最善の王だというのです。
国民の生活に介入しない王が良いというのです。それが最良の治世を
ほどこすことになるというのです。4000年前の文書です。

天国は王、つまりキリストの共同相続人たちのものです。キリストと共に
治めるのです。サタン世界では王様のみが持つことを許された主権をそこ
ではすべての国民がもつことになります。税を課されない権利、自衛権、
武器を所持する権利、これらは王の特権であって市民の権利ではなかった
のです。天一国ではこれが逆転します。国民が王の権利をすべて持つの
です。王の王はメシアに連なる者であり、そこで天一国憲法が生まれま
した。そこが権利の始点になります。そこに実質的につながることが権利の
源泉になります。王の王は王権のラインですが国民を支配する軍隊、
マフィアのように国民を痛めつける中央警察などをもつものではありません。
王国の原則に従わなければならないのです。そして国民を天につなげる位置
に立っているのです。

※(自然の王国 2016年5月22日)「三代王権 文亨進様のみ言葉(二)」
P106〜111より抜粋して引用しました。

----------------------------------------------------------------------

本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

2022.4.26【フランス大統領選】敗れたルペンの価値ある躍進!消えた○○○万???【及川幸久−BREAKING−】

【講演フル】大阪市立大学 井上正康 名誉教授 2022.3.27

【FactsMatter】コウモリコロナウイルス 機能獲得研究の資金は米NIHからだった

2022年4月25日月曜日

日刊バレーヒルリポート 2022年4月25日(月)

 ★★★────────────────────────────────

現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
<保守派クリスチャンのための時事評論メールマガジン>
                        2022年4月25日(月)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(4件)
★(コラム)われわれは家畜ではない、聖殿よ聖書の教えに立ち返れ!


───────────────────────────────────
本日のトピックス(4件)
───────────────────────────────────

■【米国】バイデンの対露制裁はプーチンに効果なし!NYタイムズ異例
の社説【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2022/04/2022424nybreaking.html

----------------------------------------------------------------------

■【拍案驚奇】体験者は語る上海隔離施設の13日間、「まるで家畜の扱い」
https://www.valleyhill.report/2022/04/13.html

----------------------------------------------------------------------

■【Facts Matter】ファイザー最新報告書、自然免疫の有効性は、
認知されていた?
https://www.valleyhill.report/2022/04/facts-matter_25.html

----------------------------------------------------------------------

■【令和4年3月】参議院議員会館にて
https://www.valleyhill.report/2022/04/43.html


───────────────────────────────────
(コラム)われわれは家畜ではない、聖殿よ聖書の教えに立ち返れ!
───────────────────────────────────

今回のトピックスでは、少し毛色の変わった動画を取り上げてみた。
それは上海のロックダウンの動画であり、内容はタイトルそのままであ
る。曰く”体験者は語る上海隔離施設の13日間、「まるで家畜の扱い」”

私はここで「それ見たことか!共産主義国家は人を人として扱わない、
非人道的国家なのだ!」と言いたい訳ではない。もちろんそう捉えても
構わないし、間違っているとは思わないが、私が一番強く言いたいことは、
このような上海のロックダウンは、決して中国共産党固有の政策ではなく、
現在世界中の政府が行っている政策の、一つの極端な事例に過ぎないと
言うことなのである。

同じような政策が、アメリカでも日本でも、ヨーロッパでもオースト
ラリアでも行われているからである。私たちは今、日本で生活する上で、
マスクをするか否かといった簡単なことですら、もはや自分の意思で
決めることができないのである。

そしてこれはマスクだけの問題ではないのだ。この先には、ワクチン
パスポート導入と、憲法改正が迫っているからである。そして自民党の
改憲案の要旨は「国民から主権を奪う」ことなのだ。

2022 憲法改正という自公政権による共産主義革命
https://www.valleyhill.report/2022/04/2022416.html

聖殿よ、国民の生命と権利を脅かすサタン政権と闘え!
https://www.valleyhill.report/2022/04/2022417.html

しかし聖書には、こう書いてあるのである。
神は仰せられた。「さあ人を造ろう。われわれのかたちとして、われわれ
に似せて。彼らが、海の魚、空の鳥、家畜、地のすべてのもの、地を
はうすべてのものを支配するように。」
神は人をご自身のかたちとして創造された。神のかたちとして彼を創造し、
男と女とに彼らを創造された。
(創世記1/26〜27)

このような政府の人権の否定・無視・剥奪の政策を、単に政治の問題で
あるとか、政党の問題として捉えるのは適切ではない。なぜならこの本質は、
サタンの闘いだからである。

だからこの問題は、神が自らの子女としてアダムとエバを創造されたという
聖書の教えに立ち返らない限り、絶対に解決することはできないのである。
中国共産党の批判は重要である。しかし私たちが日本で起こっている問題と
闘わなければ、結局はサタンを利することになってしまうのである。
だから今、私たちは聖書の教えに立ち返らなければならないのだ。

※クリスチャンの視点から見た日米の保守の違い
https://www.valleyhill.report/2021/07/2021711.html

※自民党総裁選を前に「日米の保守の違い」を考える
https://www.valleyhill.report/2021/09/2021914.html

※日本を蝕むカイン型保守思想
https://www.valleyhill.report/2021/12/20211214.html

※小さな政府 vs 大きな政府
https://www.valleyhill.report/2021/12/20211216.html

※摂理観のないイスラエルは滅びる
https://www.valleyhill.report/2021/12/20211217.html

※暴走する岸田内閣と統制社会
https://www.valleyhill.report/2021/12/20211221_21.html

----------------------------------------------------------------------

本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

2022.4.24【米国】バイデンの対露制裁はプーチンに効果なし!NYタイムズ異例の社説【及川幸久−BREAKING−】

【拍案驚奇】体験者は語る上海隔離施設の13日間、「まるで家畜の扱い」

【Facts Matter】ファイザー最新報告書、自然免疫の有効性は、認知されていた?

【令和4年3月】参議院議員会館にて

2022年4月23日土曜日

日刊バレーヒルリポート 2022年4月23日(土)

 ★★★────────────────────────────────

現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
<保守派クリスチャンのための時事評論メールマガジン>
                        2022年4月23日(土)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(3件)
★編集後記


───────────────────────────────────
本日のトピックス(3件)
───────────────────────────────────

■止まらない円安と物価高騰。真犯人はいったい誰なのか?米国では
「バイデンフレーション」。日本では「自民フレーション」「自公インフレ」?
(釈量子)【言論チャンネル】
https://www.valleyhill.report/2022/04/blog-post_23.html

----------------------------------------------------------------------

■【フランス大統領選】マクロンに対してルペンに勝機はあるか?
【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2022/04/2022422breaking.html

----------------------------------------------------------------------

■見えてきたワクチン後遺症の実態?政府の「若者の接種率は高い」という
根拠は?【大石が深掘り解説】
https://www.valleyhill.report/2022/04/220422-2240.html


───────────────────────────────────
編集後記
───────────────────────────────────

いつも読んで頂き、ありがとうございます。今日は二代王様み言葉も、
コラムもお休みさせて頂きます。お互いに今日一日、信仰に則って
最善を尽くして参りましょう。

----------------------------------------------------------------------

本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

止まらない円安と物価高騰。真犯人はいったい誰なのか?米国では「バイデンフレーション」。日本では「自民フレーション」「自公インフレ」?(釈量子)【...

2022.4.22【フランス大統領選】マクロンに対してルペンに勝機はあるか?【及川幸久−BREAKING−】

見えてきたワクチン後遺症の実態?政府の「若者の接種率は高い」という根拠は?【大石が深掘り解説】 (22/04/22 22:40)

2022年4月22日金曜日

日刊バレーヒルリポート 2022年4月22日(金)

 ★★★────────────────────────────────

現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
<保守派クリスチャンのための時事評論メールマガジン>
                        2022年4月22日(金)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(1件)
★(コラム)戦争を煽るサタンとグローバリスト


───────────────────────────────────
本日のトピックス(1件)
───────────────────────────────────

■ウクライナ侵攻による経済危機に乗じて「給付金バラマキ合戦」が開戦?
参院選目当ての合法的買収!?【ザ・ファクト】
https://www.valleyhill.report/2022/04/blog-post_22.html


───────────────────────────────────
(コラム)戦争を煽るサタンとグローバリスト
───────────────────────────────────

ちょうど今日のメルマガで取り上げる二代王様のみ言葉を探していて、
偶然このみ言葉を見つけた。

『私たちはいま深刻で苛烈な時代を暮らしています。これは世界のどこ
を見てもいうことができます。ヨーロッパも(移民問題で)たいへんな
ことになっています。アメリカの大統領選挙も激しい選挙戦になるで
しょう。先週、NATO(北大西洋条約機構)の長官を務めた経験のある人
が「2017年にロシアと西側諸国の間で核戦争が十分起こりうる」と発言
しました。その理由としてシリア、ウクライナをめぐる確執が上げ
られます。』

※「自然の王国 2016年5月22日」三代王権 文亨進様のみ言葉(二)
P103より

6年前に二代王様が、既にこのようなみ言葉を語っておられたのを知る時、
二代王様がどれだけ真剣に世界のために祈り、情報を察知し、分析し、
私たちに語っておられるのかを垣間見ることができるのである。

ウクライナ問題の背後には、戦争で利益を上げるグローバリスト勢力が
おり、この戦争を煽っている。また真偽不明の情報が出回り、まさに
情報戦の様相を呈している。

世界が今、「核戦争」の危機にあることを真剣に考えるならば、私たち
が行うべきことは、ロシアを非難することでも、ウクライナを支援する
ことでもない。核戦争を防止し、平和の道を切り拓くためには、どんなに
難しくても、対話と交渉の道を模索するしかないはずだ。

だから戦争を煽り、火に油を注いでいるバイデンとジョンソン、それに
追随する岸田などは、摂理に逆行する戦犯なのである。またこれは私たち
にとっての教訓でもある。決して間違った政治家を信じてはいけない。
自分で正しい目を養わなければならない。

そして最も重要なことは、私たち信仰者にとって、今は祈りの時であると
いうことである。今、混乱の中から、神は必ず道を与えられる。その時の
備えをいつも二代王様は語っておられる。準備をしたものと、怠ったもの
の差は、天地の差ほどに大きいのだ。

聖書にはこう書いてある。
ところが、夜中になって、『そら、花婿だ。迎えに出よ。』と叫ぶ声が
した。
娘たちは、みな起きて、自分のともしびを整えた。
ところが愚かな娘たちは、賢い娘たちに言った。『油を少し私たちに
分けてください。私たちのともしびは消えそうです。』
しかし、賢い娘たちは答えて言った。『いいえ、あなたがたに分けて
あげるにはとうてい足りません。それよりも店に行って、自分のを
お買いなさい。』
そこで、買いに行くと、その間に花婿が来た。用意のできていた娘たち
は、彼といっしょに婚礼の祝宴に行き、戸がしめられた。
(マタイ 25/6〜10)

----------------------------------------------------------------------

本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

ウクライナ侵攻による経済危機に乗じて「給付金バラマキ合戦」が開戦?参院選目当ての合法的買収!?【ザ・ファクト】

2022年4月21日木曜日

日刊バレーヒルリポート 2022年4月21日(木)

 ★★★────────────────────────────────

現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
<保守派クリスチャンのための時事評論メールマガジン>
                        2022年4月21日(木)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(3件)
★(二代王様み言葉)犠牲の祭壇にのぼる覚悟が必要


───────────────────────────────────
本日のトピックス(3件)
───────────────────────────────────

■第3回全国100人のママさんzoom勉強会 ダイジェスト版
https://www.valleyhill.report/2022/04/100zoom_81.html

----------------------------------------------------------------------

■第3回全国100人のママさんzoom勉強会 フルバージョン
https://www.valleyhill.report/2022/04/100zoom_21.html

----------------------------------------------------------------------

■【米ネオコン】バイデンが米軍需産業にばらまく利益
【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2022/04/2022420breaking.html


───────────────────────────────────
(二代王様み言葉)犠牲の祭壇にのぼる覚悟が必要
※タイトルは編集部で付けました
───────────────────────────────────

私は何度もいいましたが。皆さん、これから悪くなることはあっても良く
なることなどありません。去年から私がいっていることが実際に起こって
いることが分かります。経済は崩壊するといいましたね。神のみ言の書で
それらはすでに予言されているのです。迫害と戦争、疫病に自然災害など
が起こる。それらが途切れることなく起こります。特にキリストを信じる
者に起きるのです。

私たちはイサクの世代に立たされています。犠牲の祭壇、神の祭壇にのぼる
覚悟が必要です。

誰が生き残り誰が犠牲になるのか分かりません。それは神様だけがご存じ
です。ただ私たちにわかっていることは審判が永遠に続かないということ
です。迫害と困難には終わりがあります。しかしそうなるまでは状況は悪化
の一途を辿るでしょう。こういう話をすることはつらいのです。なぜなら
気分のいいことではないからです。

だから人々は現実離れした、たとえ嘘でも耳ざわりのいい話を聞きたがるの
です。

これはもはや狂気の世界です。嘘と政治宣伝に満ちた世界に暮らしています。

※(自然の王国 2016年5月22日)「三代王権 文亨進様のみ言葉(二)」
P106より抜粋して引用しました。

----------------------------------------------------------------------

本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

第3回全国100人のママさんzoom勉強会 ダイジェスト版

第3回全国100人のママさんzoom勉強会 フルバージョン

2022.4.20【米ネオコン】バイデンが米軍需産業にばらまく利益【及川幸久−BREAKING−】

2022年4月20日水曜日

日刊バレーヒルリポート 2022年4月20日(水)

 ★★★────────────────────────────────

現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
<保守派クリスチャンのための時事評論メールマガジン>
                        2022年4月20日(水)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(2件)
★(二代王様み言葉)中央集権国家は家庭を弱体化する


───────────────────────────────────
本日のトピックス(2件)
───────────────────────────────────

■【若林純一】テレビの印象だけでなく、この動画も見て判断してください。
【臼杵市議会議員選挙】
https://www.valleyhill.report/2022/04/blog-post_20.html

----------------------------------------------------------------------

■【ウクライナ】FOXニュースがゼレンスキー独占インタビューで削除した
話とは?【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2022/04/2022418foxbreaking.html


───────────────────────────────────
(二代王様み言葉)中央集権国家は家庭を弱体化する
※タイトルは編集部で付けました
───────────────────────────────────

ギリシャの哲学者)プラトンは大きな妄想に基づいて国家、政治について
哲学した人ですが彼は基本的に全体主義者です。「国家が子供を預かる
べきだ」と言っているのです。そうすることで親子の絆は弱くなり情に
惑わされることなく国のため戦をすることができると。完璧なまで全体
主義です。弟子のアリストテレスはそれに反対します。個人を守るべきだ
と彼は言います。

家庭が弱体化することで中央集権化された国家に対する忠誠心を集めよう
とします。このように共産主義を始めとするすべての全体主義国家では
家族の絆を弱めようとするのです。現代のアメリカのような福祉国家でも
同じことが言えます。シングルマザーへの援助を手厚くすることで離婚の
敷居を低くしているのです。夫など必要ない(政府が取って代わる)。
私はスーパーウーマンだ。そういう文化を醸成しているのです。

全体主義では例外なく家庭を弱体化し、その分国家組織に対する依存度を
強めさせます。その結果、子供は家庭で健全に育ちにくくなり、競争を
避けるようになります。そして結果の平等を求めるようになるのです。
そして社会主義システムが必然となるのです。

※(王国の文化変容 2016年5月15日)「三代王権 文亨進様のみ言葉(二)」
P97より抜粋して引用しました。

----------------------------------------------------------------------

本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

【若林純一】テレビの印象だけでなく、この動画も見て判断してください。【臼杵市議会議員選挙】

2022.4.18【ウクライナ】FOXニュースがゼレンスキー独占インタビューで削除した話とは?【及川幸久−BREAKING−】

2022年4月18日月曜日

日刊バレーヒルリポート 2022年4月18日(月)

 ★★★────────────────────────────────

現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
<保守派クリスチャンのための時事評論メールマガジン>
                        2022年4月18日(月)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(3件)
★(二代王様み言葉)氏族メシアは王国の王


───────────────────────────────────
本日のトピックス(3件)
───────────────────────────────────

■テネシー日曜礼拝 2022/04/10 (日本語訳) [Sanctuary Translation]
https://www.valleyhill.report/2022/04/20220410-sanctuary-translation.html

----------------------------------------------------------------------

■テネシー日曜礼拝 2022/04/03 (日本語訳) [Sanctuary Translation]
https://www.valleyhill.report/2022/04/20220403-sanctuary-translation.html

----------------------------------------------------------------------

■テネシーチョンピョン 水曜礼拝 2022/04/13 (日本語訳)
[Sanctuary Translation]
https://www.valleyhill.report/2022/04/20220413-sanctuary-translation.html


───────────────────────────────────
(二代王様み言葉)氏族メシアは王国の王
※タイトルは編集部で付けました
───────────────────────────────────

天一国は王権であり王の王の血統を継ぐものですが、ではその国の「王」は
誰ですか。「キリストの共同相続人」である国民です。これまでのサタン
世界で王様だけが占有してきたすべての権力を国民が持つのです。そこでは
領地についての権利、意に反する税を課されない権利、自分の領地を自分で
守る権利も所有します。誰かがやって来て「出ていけ」と言われてしぶしぶ
出ていく姿が王といえますか。天一国憲法の人権条項第2条は「武器所有の
権利」を規定しています。王国ですから守る権利があります。

真のお父様は「氏族メシア」は「王国の王だ」とはっきり述べておられます。
氏族メシアになることは氏族の王になることです。

※(王国の文化変容 2016年5月15日)「三代王権 文亨進様のみ言葉(二)」
P96より抜粋して引用しました。

----------------------------------------------------------------------

本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

テネシー日曜礼拝 2022/04/10 (日本語訳) [Sanctuary Translation]

テネシー日曜礼拝 2022/04/03 (日本語訳) [Sanctuary Translation]

テネシーチョンピョン 水曜礼拝 2022/04/13 (日本語訳) [Sanctuary Translation]

2022年4月17日日曜日

日刊バレーヒルリポート 2022年4月17日(日)

 ★★★────────────────────────────────

現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
<保守派クリスチャンのための時事評論メールマガジン>
                        2022年4月17日(日)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(3件)
★(コラム)聖殿よ、国民の生命と権利を脅かすサタン政権と闘え!


───────────────────────────────────
本日のトピックス(3件)
───────────────────────────────────

■非接種者が支払う“罰金”制度?「ワクワクイベント」見送り。国民の命と
健康をもてあそぶ政権の闇。(釈量子)【言論チャンネル】
https://www.valleyhill.report/2022/04/blog-post_17.html

----------------------------------------------------------------------

■松田学のニュース解説 新型コロナ最新情報 オミクロンの正体16
<本編>
https://www.valleyhill.report/2022/04/blog-post_35.html

----------------------------------------------------------------------

■【ウクライナ】東部の鉄道駅へのミサイル砲撃の真相とは
【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2022/04/2022416breaking.html


───────────────────────────────────
(コラム)聖殿よ、国民の生命と権利を脅かすサタン政権と闘え!
───────────────────────────────────

昨日は西村さんのオピニオン記事「2022 憲法改正という自公政権による
共産主義革命」を掲載させて頂いた。もしまだ読まれていない方は、ぜひ
ご一読をお勧めしたい。
https://www.valleyhill.report/2022/04/2022416.html

最初拝見した時、私は「過激なタイトルだな」と感じたのであるが、実際に
読んでみると、現在、日本で実際に「共産主義革命」が進行中なのだという
ことが、よく理解できるのである。

従来の見方をすれば、自民党政権は保守の政権であり、個人の自由と人権を
尊び、伝統的価値観と文化を尊ぶ政権だと思っている方が多いはずだ。

しかし実際に自民党の改憲案を見るならば、それは善悪が逆転した倒錯した
価値観に基づいた思想、国民主権を転覆させるクーデター政権、保守の皮を
被った共産主義者であり、全体主義者であり、伝統的価値観の破壊者である
ことがよく理解できるのである。

このことを理解するためには、まず共産主義革命の本質を理解する必要が
ある。では共産主義革命の本質とは何だろうか?それは「僕である天使長が、
アダムから王位を簒奪した」と言うことなのである。つまり堕落を別の観点
から見るならば、それはエデンの園で行われた「人類史上初の共産主義革命」
だと言えるのである。

だからイエス様の初臨の時には、サタンは王の王として来られたイエス様の
命を奪い、王権の簒奪を図ったのである。再臨の時にも、サタンは韓オモニ
を通して、二代王様から王権を簒奪しようとして追放してしまわれたので
ある。

アメリカの大統領選挙で大規模な選挙不正が行われたのも、同じことなので
ある。サタンは世界で最も権力のある大統領職を簒奪してしまったのである。
どうしてこのような大規模な選挙不正に対して、世界が沈黙し、メディアも
沈黙し、国民は騙されたままなのだろうか?こんな不正が許されて良いので
あろうか?

その根本的な原因は、エデンの園での王位の簒奪にあるのである。現代は
終末なので、それが世界的に再現しているのである。

サタンに政権を奪われたのはアメリカだけではない。日本はバイデン政権
以上に腐敗したグローバリスト政権だと言えるのである。自民党の改憲案の
要旨は「国民から主権を奪う」ことである。そもそも近代国家における
憲法の役割は、政府を規制し、国民の権利を守ることにある。

ところが自民党の改憲案では「国民の責務」と言う規定で、逆に国民の側を
規制し、政府のいいなりになることを要求しているのである。これは天使長
によるアダムの逆主管であり、主管性転倒であり、エデンの園で「天使長が
アダムの王位の簒奪した行為」の再現に他ならないのである。

ご承知の通り、今年は参議院選挙を控え、今各人が選挙に向けて大きな闘い
をされていらっしゃると思うのである。多くの方は共産主義から日本を守る
ために自民党を応援してきたのである。しかし今日、自民党は保守政党で
はなく、防共の砦ではないのである。

だから私はここで、特に日米韓協議会の関係者に対して強く言いたいので
ある。今日の私たちの政治姿勢は、”反中国共産党”を訴えるだけではダメ
なのだ。今や敵は国内にいるからである。私たちが中国の悪魔の政権と
闘わなければならないことは確かである。しかし私たちが、遠くにいる
敵に気を取られている隙に、今や日本が奪われつつあるのである。だから
私たちは今、ジャパンファーストでなければならないのだ。

今や日本は課題が山積みなのである。政府のコロナ対策によって中小企業
は体力を奪われ、健全な経済活動が阻害されているのである。それなのに
与党も野党もバラマキ政策に終始し、国民による自立した経済活動への
意欲を破壊しようとしているのである。これは正に、共産主義経済への
第一歩なのである。

また科学的根拠のないワクチン政策が、今や国民の生命と健康を脅かして
いるのである。もし私たちがこういった問題に対して目をつぶり、ウイグル
の問題を訴えるならば、それは目の前にいる大きな敵を見過ごすことに
なってしまうのである。

今私たちは「目の前の敵」と闘わなければならない。そうでなければ、
結局は誰も救うことはできないのである。今、二代王様はワクチンと闘って
おられる。摂理には”天の時”があり、その時を逃してしまえば、全てが
奪われてしまうのである。

絶対に「二代王様はそう言っておられるが・・・」とか「日本は〇〇の
事情があるので、ちょっと別の道を・・・」などと言ってはならないの
である。

国防を考えるならば、現憲法下で防衛費を増やせば良いのである。もし
国民の人権を奪った上で軍備を増強するならば、それは日本の人民解放軍
となってしまうのである。

二代王様の鉄の杖の思想は、アダムとエバが鉄の杖を持つことを意味して
いるのである。天使長に大きな鉄の杖を与えることを意味しているので
はないのである。

現在は終末なので、エデンの園が再現する時代である。エバが天使長に
騙されて堕落したので、私達は二代王様のみ言葉に従って闘う必要がある
のだ。今、二代王様はワクチンとそれを推し進める政府と闘っておられる。
二代王様が闘っている相手が、私たちが闘う相手なのだ。

もし私たちが、二代王様のみ言葉に従わず、別の道を進むならば、それは
造反であり、エデンの園の過ちの再現となるのである。今あなたがどの道
を進むのか、その選択が迫られているのである。

----------------------------------------------------------------------

本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

非接種者が支払う“罰金”制度?「ワクワクイベント」見送り。国民の命と健康をもてあそぶ政権の闇。(釈量子)【言論チャンネル】

松田学のニュース解説 新型コロナ最新情報 オミクロンの正体16<本編>

2022.4.16【ウクライナ】東部の鉄道駅へのミサイル砲撃の真相とは【及川幸久−BREAKING−】

2022年4月16日土曜日

日刊バレーヒルリポート 2022年4月16日(土)

 ★★★────────────────────────────────

現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
<保守派クリスチャンのための時事評論メールマガジン>
                        2022年4月16日(土)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(2件)
★(オピニオン)2022 憲法改正という自公政権による共産主義革命


───────────────────────────────────
本日のトピックス(2件)
───────────────────────────────────

■40代の男性がワクチン接種後に下半身不随に。同じようなリスクはある
のか?【大石が深掘り解説】
https://www.valleyhill.report/2022/04/40-220415-2141.html

----------------------------------------------------------------------

■【デマはどっちだ!?】参政党街頭演説
https://www.valleyhill.report/2022/04/blog-post_16.html


───────────────────────────────────
(オピニオン)2022 憲法改正という自公政権による共産主義革命
※西村 克也 様よりご寄稿頂きました
───────────────────────────────────

現憲法と自民党憲法改正草案を比較し、読解していくなかで解ったことが
あります。もしこの改正草案が施行されれば、日本は共産主義の国になると
いう事実です。

「そんなことはないでしょう!?」「いくらなんでも!」と思われるかも
しれません。「知らなかった」では済まされない深刻な問題なのです。

「自由と責任」「選択の自由」が奪われてしまいます。その内容が端的に
現れている改正箇所があります。比べてみてください。驚かれることで
しょう。

自民党憲法改正草案
(国民の責務)
第十二条 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力に
より、保持されなければならない。国民はこれを濫用してはならず、自由
及び権利には責任及び義務が伴うことを自覚し、常に公益及び公の秩序に
反してはならない。

この改正箇所を読まれてどう感じられましたか?

現行憲法では(国民の責務)という文言はありません。
憲法とは国家権力(中央政府)を縛るものであり、国民を縛るものではあり
ません。しかし、この改正案は堂々と国民を縛る内容となっています。

「自由及び権利には責任及び義務が伴うことを自覚し、常に公益及び公の
秩序に反してはならない。」この改正案では公益及び公の秩序に反した自由
はない。自由は政府から与えられた範囲内でしか行使してはならない。そして
不断の努力により公益と公の秩序を守りなさい、という内容なのです。

現行憲法ではどうなっているのでしょうか?

第十二条
この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によって、
これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならない
のであって、常に公共の福祉のためにこれを利用する権利を負ふ。

このようになっています。細かく指摘すれば色々とあるのですが、現行憲法
と改正案の一番の違いは「公共の福祉」と「公益及び公の秩序」の違いでは
ないでしょうか?

その事について自民党憲法改正草案Q&AのQ15に「公共の福祉」を「公益
及び公の秩序」に変えたのは、なぜですか?というタイトルで書かれて
います。その中に(国際人権規約における人権制約の考え方)というサブ
タイトルにて

『我が国も推進している国際人権規約でも、「国の安全、公の秩序又は公衆
の健康若しくは道徳の保証」といった人権制約原理が明示されているところ
です。また、諸外国の憲法にも、公益の利益や公の秩序の観点から人権が
制約され得ることを定めたものが見れます。』

国際人権規約に人権制約原理があるからこれを採用したのだ、他の国でも
人権制約原理があるのだから何が悪い。このように言いたいようです。

国際人権規約は国連で作られたものであり、戦勝国がつくった人権の規約
です。国際人権規約は世界人権宣言の理念を実現化するため1996年国連で
採択された人権に関する規約となっています。

国際人権規約の基になっている国際人権宣言に、この人権制約原理が書いて
あるという事になります。国際人権宣言は1条から30条まであります。
その中の29条にありました。

29条
1. すべての人は、その人格の自由かつ完全な発展がその中にあってのみ
可能でる社会に対して義務を負う。
2. すべての人は、自己の権利及び自由を行使するに当たっては、他人の
権利及び自由の正当な承認及び尊重を保障すること並びに民主的社会に
おける道徳、公の秩序及び一般の福祉の正当な要求を満たすことをもっぱら
目的として法律に定められた制限にのみ服する。
3. これらの権利及び自由は、いかなる場合にも、国際連合の目的及び原則
に反して行使してはならない。

自由と権利は国際連合からくるとハッキリと書いています。国連の目的及び
原則に反した自由はないと書かれています。

天一国合衆国憲法の前文において

「・・・天国、天一国の国民はすべて、全能なる神、また肉身を持って来られ、
計り知れない恩恵により、我々を神の生命、神の愛、神の血統へ接木して
下さったキリストの、主権を有する子女である。これにより、天国の全ての
人々に、彼らの創造主神様ご自身から、キリストが真の父、文鮮明として再臨
し、実体的に確立したキリストの王権を通して、不変にして奪うことのでき
ない権利が与えられる。」

とあるように神の創造の頂点にたつ人間は、創造主から、奪うことのできない
人権が付与されているのです。

現行憲法においての人権はどのようになっているのでしょうか?第十章より
引用します。

第十章 最高法規
第九十七条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年に
わたる自由獲得の努力の成果であって、これらの権利は、過去幾多の試錬に
堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として
信託されたものである。

では改正草案ではどうなっているのでしょうか?
最高法規から削除されています。

そして現行憲法では十章九十九条において
「天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法
を尊重し擁護する義務を負ふ。」
とし義務を国家権力者に縛りを設けています。

しかし、改正草案では(憲法尊重擁護義務)と見出しを新たに付けて第百二条
において
「全て国民は、この憲法を尊重しなければならない。
と国民に対して縛りを設けているのです。これは憲法の本質から逸脱して
います。

全ての国民はこの憲法を尊重しなければならない。
【自由及び権利には責任及び義務が伴うことを自覚し、常に公益及び公の秩序
に反してはならない。】公益及び公の秩序はその時の中央政府が決定します。
その事に対する基準はありません。

それでは
改正草案の国民に課されている憲法尊重擁護義務を見てみましょう。

第十三条 全ての国民は、人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に
対する国民の権利については、公益及び公の秩序に反しない限り、立法
その他の国政の上で、最大限に尊重されなければならない。

第二十一条 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は保障する。
2前項の規定にかかわらず、公益及び公の秩序を害することを目的とした活動
を行い、並びにそれを目的として結社をすることは、認められない。

第二十四条 家族は、社会の自然かつ基礎的な単位として、尊重される。
家族は、互いに助け合わなければならない。

第九十二条2 住民は、その属する地方自治体及の役務の提供を等しく受ける
権利を有し、その負担を公平に分担する義務を負う。

第九十九条3 緊急事態の宣言が発せられた場合には、何人も、法律の定める
ところにより、当該宣言に係る事態において国民の生命、身体及び財産を守る
ために行われる措置に関して発せられる国その他公の機関の指示にしたがわな
ければならない。この場合においても、第十四条 第十八条 第十九条 
第二十一条その他の基本的人権に関する規定は、最大限に尊重されなければ
ならない。

改正草案の表現は一貫して国民に対する命令口調です。そしてその権威は政府
から来ている内容になっています。

家族は助け合わなければならない。憲法が規定する内容ではありません。


●政府権威からきている自由と権利の改正箇所
余りにも多すぎるので一つだけ記載します。

まず現行憲法から
第二十九条 財産権は、これを侵してはならない。(2)財産権の内容は、公共
の福祉に適合するやうに、法律でこれを定める。

改正草案では
第二十九条 財産権は保証する。2財産権の内容は、公益及び公の秩序に適合
するように、法律で定める。この場合において、知的財産権については、国民
の知的創造力の向上に資するように配慮しなければならない。

現行憲法の【財産権は、これを侵してはならない。】から【財産権は保障
する】と真逆の内容です。

お気づきのように政府組織、中央政府は本来、天使長の位置が本然の位置で
す。しかし、この改正草案においては、政府が主人の位置に来ているのです。
政府が主人になる。そう これは共産主義革命なのです。これが自民党憲法
改正草案の本質です。

上記に挙げた改正箇所はまだ、この改正草案の本質を書いていません。何故、
これが共産主義革命なのかこれからご説明しようと思います。

この草案が施行されてだれが一番得をするのか。それは官僚です。そして官僚
が上級国民としてこの国を支配するように確実になります。


●官僚支配による共産主義国日本となる自民党憲法改正草案の改正箇所

これから指摘するキーワードは支配です。無意識世界のキーワードも支配
(統治)です。神様の支配は真の愛に絶対服従していきたい。そのような支配
の仕方です。サタンの支配は我に従えです。共産主義はサタニズムであると
二代王様は語られています。それで支配というキーワードにて改正草案を見つ
めてみたいと思います。

苫米地英人著「憲法改正に仕掛けられた4っのワナ!」より引用抜粋加筆して
説明いたします。

改正草案 前文より
「日本国は、長い歴史と国有の文化を持ち、国民統合の象徴である天皇を戴く
国家であって、国民主権の下、立法、行政及び司法の三権分立に基づいて統治
される。・・・」

立法、行政及び司法の三権分立に基づいて“統治”してしまったら、国民主権に
ならないから問題なのです。主権を“行使する”ときに3つ(三権分立)に分割
しましょう、と言っているだけにすぎないのですが、この文章では、国民主権
を3つに割って国を統治すると、言っているから危険なのです。

これがなぜ危険なのかといえば、単純な話、立法を握っているのは政治家で
国民の代表ですが、ほかの二つは官僚が握っているからです。

行政を握っているのはもちろん官僚たちです。司法を握っているのは裁判官
ですが、彼らは司法官僚という名の官僚です。 つまり、三権分立での“統治”
だと、2対1で常に私たちは官僚に負けることになるのです。
官僚たちの狙いは、実質的に主権を国民から奪うことだったのです。これは
クーデターと言ってもいいほどの行為です。

仮にですが、この草案が運用された場合のことを想定してみましょう。三権
分立ですから、現在の官僚たちの立場は一変します。いまは政治家のアシス
タントという立場ですが、草案でいう三権分立となったら、国会と各官庁は
同列になります。選挙で選ばれた国民の代表が、試験の成績が良かっただけの
人々と肩を並べるのです。

少なくとも国会議員は国民の前に立ち、その審判を受けています。しかし、
官僚たちの選出や人事には私たちはまったく関わっていません。
であるのに、それが国民の代表と同等の地位を得るのは、民主主義と議会政治
を根底から破壊するものです。しかも、それを憲法が保障してしまうのです。
これを問題と言わずして、なにを問題と言えばいいのでしょうか?  
(引用終わり)

改正草案 前文の驚くべき改正箇所に気づかれた方はおられるでしょうか?
「三権分立で統治する」この箇所に違和感を持たれた方は、殆どおられない
のではないでしょうか。私もこの本と出会い驚愕いたしました。
苫米地さんが指摘されているようにこれは巧妙にそして練りに練られた改正
草案なのです。
現行憲法での統治(支配)はどのようになっているのでしょうか?

現行憲法 前文より
「日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、
われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土
にわたって自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によって再び戦争の惨禍
が起こることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存すること
を宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託による
ものであって、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表がこれを行使
し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この
憲法はかかる原理に基くものである。われらは、これに、反する一切の憲法、
法令及び詔勅を排除する。」

いかがでしょうか?

正当に選挙された国会における代表者のことを、憲法では公務員といいます。
民意により選ばれた公務員が国会議員となります。これが民意を反映する仕組
です。

しかし、驚くべきことに自民党憲法改正草案では選挙で選ばれない公務員が
誕生するのです。その箇所を見ていきましょう。

改正草案より
第十五条の3 『公務員の選定を選挙により行う場合は、日本国籍を有する
成年者による普通選挙の方法による』

憲法による公務員は国民が選挙により選んだ国会議員のことをいいます。
この改正案をみると選挙により選ばれた公務員(国会議員)と選挙によらない
公務員(官僚)の二つがあると解釈できるのです。

現行憲法上では公務ができるのは国民が選挙で選んだ公務員(国会議員)だけ
です。しかし、上記のわずかな改定によって、選挙でえらばれないで公務を
おこなえる人間が存在すると規定されてしまうのです。

国民からの信任を受けていない官僚が国会を通さずに国民を統治できることに
なってしまうのです。


●現行憲法内にあったすべての“官吏”の文字が“国の公務員”に変わっている

憲法における官吏は官僚のことをいいます。しかしこの官吏が全て国の公務員
になっています。改正草案と現行法を比較してみていきましょう。

『国務大臣及び法律の定めるその他の官吏の任免並びに全権委任状及び公使
の委任状を認証すること』(現行憲法第七条の五) 
「国務大臣及び法律の定めるその他の国の公務員の任免を認証すること」
(改正草案)

「法律の定める基準に従ひ、官吏に関する事務を掌理すること」
(現行憲法第七十三条の四)
「法律の定める基準に従い、国の公務員に関する実務をつかさどること」
(改正草案)
*国の公務員。つまり、地方公務員では決してない、国家公務員だと明ら
かな意思をもって変えています。

もし自民党憲法改正草案が施行されたら官僚による国民支配体制が確立し、
自由・人権・言論・所有権(個人の体)までも全て管理される社会となり
ます。特権階級による国民が支配される国が完成することになります。これ
をもって共産主義革命というのです。


●着々と進む共産主義化政策

これまで自公政権は何をしてきたのでしょうか? 2016年 農地法改正 
2017年 種子法廃止 2018年 水道法改正 2019年国有林野管理経営法
改正 2020年 種苗法改正 2022年移民計画RCEP発行 農地が種が水が
森林が健康が仕事が奪われてきました。

そして憲法改正により人権が奪われようとしています。これから政府は
マスコミとグルになり、戦争の危機を煽り、国防軍の創設、第九条に自衛権
の明記を掲げて憲法改正に拍車をかけて来ることは目に見えています。

現政権は国防のことなど一切考えていません。最前線の現場にたつ自衛官に
コロナワクチンを接種させています。一万人以上の自衛隊員に打たせました。
接種したくなくて自殺した自衛官もいるのです。事務職 幹部自衛官は接種
していません。

海上保安庁でも警察でも接種させています。政治家たちはコロナワクチンの
恐ろしさを確実に知っています。何故なら、「政治家や公務員はワクチンを
しなくてよい法律」をすでに施行させているからです。

ワクチン接種が始まる前の令和2年12月9日に「予防接種法および検疫法の
改正」をしていたのです。この中に「予防接種の有効性及び安全性に関する
情報、その他の情報を踏まえ、政令で、当該規定ごとに対象者を指定して
適用しないこととすることができるものとすること」と書かれています。

なんという用意周到な姑息な人達でしょうか。これまでワクチン接種により
亡くなられている方はどれほどいるのでしょうか。統計上私が知る限り
昨年末の段階で60万人は人口が減っています。恐らく統計上の操作をしての
数ですから実数はこれ以上でしょう。これは政府による殺人です。

これは現行憲法に違反するのです。

憲法第13条:すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福
追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法
その他の国政の上で、最大限の尊重を必要とする。 

憲法第25条:すべての国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を
有する。国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生
の向上及びに増進に努めなければならない。

安全性が認められないワクチン接種を進めること自体が国家による犯罪なの
です。つまり、殺人組織なのです。この組織が目指す安全保障に関する自衛権
の本質は何なのでしょうか?


●殺人組織が目指す自衛権とは

改正草案 第九条2 前項の規定は、自衛権の発動を妨げるものではない。

この自衛権に対して自民党憲法改正草案Q&Aにて

『この「自衛権」には、国連憲章が認めている個別的自衛権や集団的自衛権
が含まれていることは、言うまでもありません。』

とこのように書かれています。

憲法改正の真の目的は集団的自衛権の拡大に真の目的があります。もし、改正
草案が施行されれば国防軍となった自衛隊は自国の防衛とはことなり、世界
最強のアメリカ軍の駒となりウクライナに派兵されることになるでしょう。
これが軍産複合体の真の狙いです。これは自然権から逸脱してしまいます。

現行憲法において核武装も出来ますし、原子力潜水艦も作れるのです。日銀は
通貨発行権を持っているのですぐにでも資金は調達できます。国債が担保なの
で何ら問題はありません。本気でやろうとすれば直ぐにでもそれは可能です。

日本政府は世界の国がこれは実用には向かないとして見向きもしない防衛装備
を高額で買っています。おかしなことです。そして戦争に向かい舵取りをして
いるのです。

個別的自衛権こそ本来の防衛の概念です。集団的自衛権の拡大は間違って
います。

ここで天一国合衆国憲法の概念を見てみましょう。

権利2 規律ある市民軍は、自由国家の安全保障にとって必要なものである
ので、国民(個人)が武器を保有し、携行する権利はこれを侵してはならない。

武器を保持する権利は自然権であり憲法立案者が述べたように、人権です。
すべての人間は専制政治に対するセルフディフェンスの権利を持つべきです。
と二代王様は語られています。

政府にたいするセルフディフェンスの概念が今問われています。この概念と
集団的自衛権はまったく正反対の方向です。それは政府組織 つまり僕の軍隊
の強化に他ならないからです。

もっと現実的に表現すれば特権階級、上級国民が管理する軍隊の強化になり
ます。中国共産党の軍隊、人民解放軍と何ら変わりありません。戦争をして
お金を儲ける軍産複合体の為の軍隊と言った方がもっと的確です。
戦争をする。しない。という選択の自由が僕の手の中にあるのです。

政府が侵す犯罪をどう憲法にて抑止するのか、次元の高い憲法改正でなければ
ならないと思うのです。戦争という犯罪を生み出さないセルフディフェンスが
必要です。

現日本政府はウクライナに軍事支援を行い、この戦争に国民を巻き込んで
います。ロシアに日本を敵国として認識させています。これは政府による犯罪
です。

九条の問題は国の根幹を考えるにおいてとてもキーポイントになると思って
おります。

今回の自民党憲法改正草案は廃案にしなければなりません。

もっと発展させた国防を考えるなら市民軍・市民警察の思想を憲法に盛り込む
べきです。それは、政府犯罪組織に対するセルフディフェンスの思想を取り
入れるべきだと考えるからです。

世界的詐欺の内容をとうして世界政府が確実に存在し、その出先機関が日本
では中央政府となっている現実に直面した時、圧倒的な威圧感、絶望感を
感じるとともに、不義なるこの世界に対して義憤も心の奥から湧いてくるのを
感じるのです。

この政府が私達の人権を本気で奪ってきています。それは『憲法改正』と
いう内容です。もっと的確な表現をすれば、私達を本気で殺しにかかって
来ています。

この度の憲法改正草案が施行されれば、『公益と公の秩序』という改正の
一文にて、コロナワクチン接種は強制となることでしょう。この2年でコロナ
ワクチンは効果がないどころか、健康を害するという事が解ってきました。
ワクチンの回数を重ねると健康被害は増大するでしょう。

社会的、経済的な殺人も行う事でしょう。否!もう既に行っています。
歴史を学べば戦争による犠牲者よりも政府が自国民を虐殺した数が圧倒的に
多いという事実が浮かびあがります。

それで、憲法改正反対のチラシも作成しました。ご関心の方は、ぜひ活用して
頂きたいです。チラシを作成にさいして整理する為に資料を作りました。
この資料にて全てを解説することはできませんが、ご参考にされ、これからの
救国の方向性の一助としていただければ幸いです。


●自由と平和と統一と幸福の世界が破壊されようとしている!!

改正箇所の詳細の説明 と 改正後の問題の具体例
憲法はこう変わる?

前文 
現行憲法・・・そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであって、その
権威は国民に由来し、その権力は国民の代表がこれを行使し、その福利は国民
がこれを享受する。
改正案・・・立法、行政及び司法の三権分立で統治される。

問題点・・・国民の信託を受けない、行政官僚・司法官僚が信託をうけた国会
議員(公務員)と同じ立場になる。

前文 どうかわるの?
国政が国民主権による統治から、官僚主権の統治に変わります。 

第1条
現行憲法・・・天皇は象徴である
改正案・・・天皇は元首であり、象徴である

問題点・・・元首とは国の首長で、現行憲法では明文規定はありません。

第1条 どうかわるの?
前文では象徴 第一条では元首 統一されていない。 

第9条
現行憲法・・・陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。
改正案・・・国防軍を保持する。

問題点・・・集団的自衛権の拡大により、自衛権の本質から逸脱

第9条 どうかわるの?
集団的自衛権の拡大により、世界最強の米軍の戦争に組み込まれてしまう。
自衛権の本質から逸脱                   

第12条
現行法・・・国民は公益の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。
改正案・・・国民は自由及び権利には責任及び義務が伴うことを自覚し、
常に公益及び公の秩序に反してはならない。

問題点・・・政府を縛る憲法から国民を縛る憲法に変えられている。

第12条 どうかわるの? 政府が認めた範囲でのみの自由と権利が保障され
義務が生じます。「公益及び公の秩序」の要請があれば、国民の基本的人権
を制約することも許されることになる。政府(政権与党の自民党)の利益や
秩序に反する権利行使は制限され得る
                                  
第18条
現行法・・・何人の、いかなる奴隷的拘束も受けない。
改正案・・・社会的又は経済的関係において身体を拘束されない。

問題点・・・社会的 経済的関係においてと条件を付けた目的は何故なのか? 
政治的関係 軍事的関係では奴隷的拘束がありえるのでしょうか?

第18条 どうかわるの? 意に反する苦役の容認の解釈が、他の改正箇所を
通して可能となり、徴兵制も可能になります。                  

第20条
現行法・・・いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を
行使してはならない。
改正案・・・いかなる宗教団体に対しても、特権をあたえてはならない。

問題点・・・宗教団体による政治上の権力の行使が可能に
1)信教の自由が果たして保障されるのか、という視点と、
2)政教分離が約束されるのかという視点です。
改正案と現行憲法の比較ですが、両者1)2)が改正案では、保障されません。

第20条 どうかわるの? 時の政府が、社会的儀礼・習俗的行為と認めた宗教
教育 宗教活動はできる。
                                   
第21条
現行法・・・集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障
する。
改正案・・・公益及び公の秩序を害することを目的とした結社は認められない。

問題点・・・公益と公共の秩序は誰が判断するのか?主語が政府となりえる。

第21条 どうかわるの? 時の政府が定めた公益及び公の秩序に反する集会、
結社及び出版その他一切の表現の自由は認められません。
                                    
第36条
現行法・・・公務員による拷問及び残虐な刑罰は絶対にこれを禁ずる。
改正案・・・公務員による拷問及び残虐な刑罰は、禁止する

第36条 どうかわるの? 公務員による拷問及び残虐な刑罰が例外的にできる
解釈が成立します。                      

第66条
現行法・・・内閣総理大臣その他の国務大臣は、文民でなければならない。
改正案・・・内閣総理大臣及び全ての国務大臣は、現役の軍人であってはなら
ない。

第66条 どうかわるの? 文民統制の原則がなくなり、退役軍人が内閣を
構成することが可能になります。
                              
第98条
新設・・・内閣総理大臣は我が国に対する外部からの武力攻撃、内乱等による
社会秩序の混乱、地震等による大規模な自然災害その他の法律で定める緊急
事態において、特に必要があると認めるときは、法律の定めるところにより、
閣議にかけて、緊急事態の宣言を発することができる。

問題的・・・内乱等 社会秩序の混乱 地震等と曖昧な表現であり、その他の
法律で定める緊急事態としており、法律を縛る憲法が法律により縛られて
いる。法律に定めたら何でも緊急事態となる。

新設第九章 どうなるの? 戦争やクーデター以外、大規模災害、その他
の法律で定める緊急事態などにより、総理大臣がたった一人で法律をつくり、
予算案を作って、ゴーサインを出し、行政に指示できるようになります。
この条文によって日本にもエグゼクティブ・オーダー(大統領令)が現実化
されます。全ての権力が内閣総理大臣に与えられ国民から主権が奪われ、
国会が潰されてしまいます。
                       
第97条
現行法・・・この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる
自由獲得の努力であって、これらの権利は、過去幾多の試練に堪へ、現在及び
将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたもので
ある。
改正案・・・全面削除

問題点・・・最高法規ある97条を削除してしまうと人権が破壊されてしまう。

現行法第97条が削除されるとどうなるの? この章は最高法規であり、
この中の基本的人権が削除されてしまいます。つまり、一個人が生命と自由を
確保し、それぞれの幸福を追求する権利が奪われるということです。
                                
第99条
現行法・・・天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、
この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。
改正案・・・全ての国民は、この憲法を尊重しなければならない。

問題的・・・政府を縛る憲法が国民を縛る憲法になっている。政府に主権が
あることになります。

第99条 どうかわるの? 憲法により国家権力を縛ることができなくなり
ます。憲法の矛先を国民に向けることにより、国家権力を制限するものが
ほぼない状態になります。
                         
第15条
現行法・・・公務員の選挙については、成年者による普通選挙を保障する
改正案・・・公務員の選定を選挙により行う場合は、日本国籍を有する成年者
による普通選挙の方法による

問題点・・・選挙で選ばれない公務員が存在することになる。憲法による公務員
とは選挙で選ばれた国会議員のことであり、国民の信託をうけない公務員が
存在することになる。

第15条 どうかわるの? 憲法による公務員とは選挙で選ばれた国会議員の
ことをいうのですが、選挙で選ばれない公務員が存在することになります。
つまり国民の信託をうけない公務員が存在することになるのです。
                                   
第83条
新設・・・財政の健全性は、法律の定めるところにより、確保されなければ
ならない。

問題点・・・『財政の健全性』の定義は財務省が自分達の都合で決め、メディア
を使ってそれを既成事実にします。いくら財政政策を検討したところで、
この条文があるかぎり確実に国民は貧しくなります。

第83条 どうかわるの? どんな経済状況であっても、どれだけ多くの国民
が死のうとも、国が衰退することがわかっていても、必要な量の財政出動が
できなくなります。

第92条
新設・・・住民は、その属する地方自治体の役務の提供を等しく受ける権利を
有し、その負担を公平に分担する義務を負う。

第92条が新設されるとどうなるの? 負担の公平さを追求することにより、
衣食住足りていない人まで負担を強いることになり、生死にかかわる事態に
陥る人が多く発生します。当然治安も悪化します。また、何が公平か、
不公平かで住民間の対立が起きます。
                             
第93条
新設・・・国及び地方自治体は、法律の定める役割分担を踏まえ、協力しな
ければならない。地方自治体は、相互に協力しなければならない。

問題点・・・政府は常に国民、市民のために動いているのでしょうか。住民が
選挙で選んだ首長は域内の住民に選ばれてその地位に就いた人です。域内の
住民のために、地方自治体が政府の要請に対し拒否する権利を実質的に
封じることになります。こんな条文を設けなくても、住民の意思や福祉に
反しない範囲で協力しているはずです。国が自治体に理不尽な要求を
のませるためにわざわざこんな条文を追加しているのではないでしょうか。

第98条及び99条
問題点・・・事実上の独裁が可能になります。だれが総理大臣になっても、
内閣がどんな勢力の影響を強く受けようとも、権力が暴走し国家の存続発展
及び国民の利益が棄損しないようにタガをはめるのが憲法の役割のはずです。
この条文はその役割を反故にするものです。


●最後に
昨年の今頃はコロナワクチン反対のチラシを配りまくっていました。
これは殺人だと思い力の限り配布しておりました。そんな中、「コロナ問題
を考える会というラインがあるよ」と、このサイトで紹介されておりました
ので、そのラインに参加し、その後リアルな交流をさせていただく中に憲法
問題を知ることになりました。まさか、憲法を勉強するとは思っても
いませんでした。

そして勉強をする中において憲法が改正されてしまったら、日本は終わりだ。
共産主義国家になってしまうと心の底から感じました。それで、ラインにも
投稿を始めたのです。そして感じたことが、皆、自民党憲法改正草案を
読んでいないという事実でした。お父様のみ言に日本における最後の救国活動
の障害は右翼であると語られたことを聞いていました。

まさに、今、右翼の方が憲法改正を積極的に応援し同参されています。
私達は長成期完成級を越えるにあたり、天一国合衆国憲法を戴いております。
この概念をとうして憲法改正の是非を問わなければ大きな間違いを起こして
しまう可能性があると感じております。

この度、聖霊大学にて天一国合衆国憲法を学ぶ場を与えていただき、実体的な
天国の国の在り方の一端を学ばせて戴いております。多くの方がこの天一国
合衆国憲法を基準として現実世界に展開している事象を判断できるものと
思います。今までの価値観では難しいのではないでしょうか。

現行憲法にも多くの問題があることも事実です。改憲する必要もあります。
しかし、自民党憲法改正草案は廃案しかありません。

この度、西田さんのご厚意によりこのように発信できる場を用意して頂いた
ことに感謝いたします。また長文を読んでいただき感謝いたします。
ありがとうございました。                

----------------------------------------------------------------------

本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

40代の男性がワクチン接種後に下半身不随に。同じようなリスクはあるのか?【大石が深掘り解説】 (22/04/15 21:41)

【デマはどっちだ!?】参政党街頭演説

2022年4月15日金曜日

日刊バレーヒルリポート 2022年4月15日(金)

 ★★★────────────────────────────────

現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
<保守派クリスチャンのための時事評論メールマガジン>
                        2022年4月15日(金)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(2件)
★(二代王様み言葉)天一国憲法を護る第一人者になる


───────────────────────────────────
本日のトピックス(2件)
───────────────────────────────────

■なぜ「ワクチン」「ワクチン」の大合唱なのか?
https://www.valleyhill.report/2022/04/blog-post_40.html

----------------------------------------------------------------------

■ウクライナのネオナチ「アゾフ大隊」。ロシアの軍事作戦「非ナチ化」に
正当性はあるのか?(釈量子)【言論チャンネル】
https://www.valleyhill.report/2022/04/blog-post_15.html


───────────────────────────────────
(二代王様み言葉)天一国憲法を護る第一人者になる
※タイトルは編集部で付けました
───────────────────────────────────

だから王になろうとするなら僕になりなさい。自分を見失ってはいけない。
天一国憲法を護ることにかけては第一人者になりなさい。独裁者になっては
いけない。憲法の僕となり命を懸けて守りなさい。

私たちはイサクの世代になります。韓オモニがお父様を讃えてお父様の神の
血統の前にかしずいていたならば、サタンが神の伝統の前に屈服したという
先例を作ることができたでしょう。対象の位置を離れることなく、主体の
位置を簒奪することなく直系の神の血統であるメシアの息子に屈服すること
ができていたならば破滅を自ら招くことにはならなかったのです。しかし
オモニは最後に鳩を裂くことができませんでした。

その失敗のせいで摂理は三代にわたって延長されることになり、今、この
世代はイサクの世代になりました。祭壇に登らなければなりません。私たち
は自分の栄光の為に迫害と嘲りを受けているのではありません。私たちの
子孫と未来の世代、未来の神の国の命運をかけて戦っているのです。

人類の未来と神の国の未来、未来の自由と繁栄のためにここで闘っている
のです。「人の子がきたのも、仕えられるためではなく、仕えるためであり、
また多くの人のあがないとして、自分の命を与えるためであるのと、
ちょうど同じである」

(この世の)エリートたちにとって私たちは絶望的であり問題児であり
反人間的にすら見えるかもしれません。そうではなく私たちは反サタン主義
なのです。私たちに失うものはありません。得る物しかないというのです。
私たちはイサク世代です。子供と子孫、そして彼らが暮らす国のためにこそ
犠牲になるのです。

※(王国の力学 2016年5月8日)「三代王権 文亨進様のみ言葉(二)」
P94より抜粋して引用しました。

----------------------------------------------------------------------

本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★問い合わせ:mag2@oxmail.jp
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

なぜ「ワクチン」「ワクチン」の大合唱なのか?

ウクライナのネオナチ「アゾフ大隊」。ロシアの軍事作戦「非ナチ化」に正当性はあるのか?(釈量子)【言論チャンネル】

2022年4月14日木曜日

日刊バレーヒルリポート 2022年4月14日(木)

 ★★★────────────────────────────────

現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
<保守派クリスチャンのための時事評論メールマガジン>
                        2022年4月14日(木)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(4件)
★編集後記


───────────────────────────────────
本日のトピックス(4件)
───────────────────────────────────

■【日防隊】EU各国首相が相次ぎゼレンスキ─と会談。いよいよウクライナを
餌に欧州を巻き込んだ全面戦争になってしまうのか?ウクライナのEU加盟が
決定打となり誰も止められない大戦へ。その時日本の運命...
https://www.valleyhill.report/2022/04/eueu.html

----------------------------------------------------------------------

■【フランス大統領選】もしルペン大統領ならフランスと欧州は歴史的な変革
へ!【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2022/04/2022413breaking.html

----------------------------------------------------------------------

■「子どもへのワクチン接種を慎重に考える会」キックオフセミナーvol.1
https://www.valleyhill.report/2022/04/vol1.html

----------------------------------------------------------------------

■「子どもへのワクチン接種を慎重に考える会」キックオフセミナーvol.2
https://www.valleyhill.report/2022/04/vol2.html


───────────────────────────────────
編集後記
───────────────────────────────────

いつも読んで頂き、ありがとうございます。今日は二代王様み言葉も、
コラムもお休みさせて頂きます。お互いに今日一日、信仰に則って
最善を尽くして参りましょう。

----------------------------------------------------------------------

本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

【日防隊】EU各国首相が相次ぎゼレンスキ―と会談。いよいよウクライナを餌に欧州を巻き込んだ全面戦争になってしまうのか?ウクライナのEU加盟が決定...

2022.4.13【フランス大統領選】もしルペン大統領ならフランスと欧州は歴史的な変革へ!【及川幸久−BREAKING−】

「子どもへのワクチン接種を慎重に考える会」キックオフセミナーvol.1

「子どもへのワクチン接種を慎重に考える会」キックオフセミナーvol.2

2022年4月12日火曜日

日刊バレーヒルリポート 2022年4月12日(火)

 ★★★────────────────────────────────

現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
<保守派クリスチャンのための時事評論メールマガジン>
                        2022年4月12日(火)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(2件)
★(二代王様み言葉)キリストから離れれば、ファシズムに陥る


───────────────────────────────────
本日のトピックス(2件)
───────────────────────────────────

■真の父母の日 04/01/2022 フンサンニム達の証
https://www.valleyhill.report/2022/04/04012022.html

----------------------------------------------------------------------

■【フランス大統領選】マクロンvsルペン!反グローバリストの逆襲
【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2022/04/2022411vsbreaking.html


───────────────────────────────────
(二代王様み言葉)キリストから離れれば、ファシズムに陥る
※タイトルは編集部で付けました
───────────────────────────────────

主体から離れたら、別な主体に仕えるのです。誰がその別な主体だと思いま
すか?サタンです。正しい主体から離れたら、間違った主体を得るのです。

誰が主体ですか?とても明確です。3日儀式の主体はお父様です。アダムで
あり再臨のキリストです。真のアダムです。全ての位置がはっきりしていま
す。あいまいな点がありません。女性はキリストの花嫁になり男性はキリスト
の体になります。神の息子の体、神の種の体です。そして神の種が堕落して
いた女性の胎内に入り、原罪のない祝福の子女が産まれてくるのです。

愚かな者たちは、特にアメリカにおいて、分からない。主体を離れたらどう
なるか。アメリカはキリスト教の国。主体はイエス。組織を超え、個人個人
のキリストとの絆によってこの国は創られました。全ての繁栄はそのモデル
から来ているのです。地方統治、神様との直接の絆によって。他のどんな
宗教からくるのでもありません。宗教の歴史を調べてください。私たちが
讃える自由は、分散された社会で宗教改革によってもたらされたキリストと
の直接の絆によってもたらされたのです。

何度も言いますが、政府に全ての規制をさせると、政府が全てをコント
ロールするようになるのです。それが全体主義、パワーです。オーヂガー
キー、ファシズムです。お父様がハッキリ警告しておられます。このような
行為と、運動が、人間の権利と尊厳性と破壊する行為です。はっきりして
います。

主体を離れ、お父様の伝統から離れていくとき、神の主体性の話ですが、
自由を失い、責任を失います。相対的な思想に陥るならば、共産主義、
ファシズムに陥るのは明らかです。必ずそうなります。

※(キリストとの同盟 2016年2月7日)「三代王権 文亨進様のみ言葉
(二)」P81〜86より抜粋して引用しました。

----------------------------------------------------------------------

本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

真の父母の日 04/01/2022 フンサンニム達の証

2022.4.11【フランス大統領選】マクロンvsルペン!反グローバリストの逆襲【及川幸久−BREAKING−】

2022年4月11日月曜日

日刊バレーヒルリポート 2022年4月11日(月)

 ★★★────────────────────────────────

現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
<保守派クリスチャンのための時事評論メールマガジン>
                        2022年4月11日(月)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(2件)
★(コラム)小さな違いが大きな差を生む


───────────────────────────────────
本日のトピックス(2件)
───────────────────────────────────

■松田学のニュース解説 新型コロナ最新情報 オミクロンの正体15<本編>
https://www.valleyhill.report/2022/04/15.html

----------------------------------------------------------------------

■【EU】バイデンの大誤算!欧州は米国に従わない!対露経済制裁は破綻!
【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2022/04/2022411eubreaking.html


───────────────────────────────────
(コラム)小さな違いが大きな差を生む
───────────────────────────────────

今年は選挙イヤーだ。韓国の大統領選挙は終わったが、日本ではこれから
参議院選挙があるし、アメリカでは中間選挙があるからだ。

私は今年の参議院選挙は、ワクチンに反対する”まともな声”を国会に届ける
ことができるか否かが重要であると感じている。ワクチンによる死亡疑いが
1400件を超える中で、そういった情報を一切公表せず、子供へのワクチン接種
を一方的に推し進める、今の政府の政策を批判しなければ、一体あなたは、
いつ、誰にして批判の声を上げることができると言うのか!?

今最も大切なことは、アダムとエバの命を守ることなのである。そしてそれ
は、あなたの家族・友人・隣人を守ることなのだ。

しかしある方から”反ワクチン”よりも、”反中国共産党”の方が、重要な
選択の”軸”だとのご指摘を頂いた。もちろん私は、この方の主張が分から
ない訳ではない。しかし私は、現時点でこのような主張をすることは、サタン
の声であると断じざるを得ないのだ。

現実を見て欲しい。日本でワクチンに対して反対の声を上げている政治団体
はとても少ない。このブログでよく取り上げている”参政党”はその筆頭で
ある。それから”幸福実現党”もワクチンパスポートへの反対を表明している。
ワクチンそのものに対する対応はまだ不明であるが、今後態度をはっきり
させてくるだろう。また”日防隊”もワクチン反対を鮮明にしている。

これからは全て保守系の団体であり、同時に”反中国共産党”の団体である。
つまりワクチン反対を鮮明にしている団体は、保守であり、伝統的価値観を
重んじ、国を愛し、地域を愛し、中国共産党のような一党独裁の政権を許さ
ないと言う、揺るぎない信念と価値観を持った団体なのだ。

では”反ワクチン”よりも、”反中国共産党”の方が重要だと言った場合、
具体的には、彼はどこを支持しようとしているのだろうか?そもそも反中国
共産党でありながら、ワクチンに対してニュートラルな団体など存在するの
だろうか?厳密に言えば、そんな団体は存在しないのである。強いて言う
ならば、それは自民党である。

しかし自民党はワクチン推進の戦犯である。また自民党は”反中国共産党”では
ない。岸田内閣はその顔ぶれを見れば分かる通り、”親中国共産党”なのであ
る。もちろん自民党の中には、反中国共産党の方もおられるだろう。しかし
それは大勢ではないのである。また私達はそもそも、善悪が混在したものを
供え物にしてはならないのだ。

結局、”反ワクチン”よりも、”反中国共産党”の方が重要という主張は、
現行の政権を支持し、現状を追認する”サタンの言葉”なのである。また
自民党が企んでいる憲法改悪は、二代王様のみ言葉にも反する。二代王様は
天一国を守るのは、アダムとエバの責任であると語っておられる。天一国を
守るために天使長の権限を強化せよ、などとは一度も語られていない。

聖殿の一部に見られる、憲法改悪に同調する意見は、原理に対する無理解と
摂理に対する無知からくる間違った判断である。本メルマガとブログで何度も
語っているように、現代は終末であり、エデンの園が再現する時代である。

エバが天使長に騙されて堕落してしまったので、私達はキリストとキリスト
の後継者のみ言葉に従い、サタンと闘っていく必要があるのだ。ミクロに
おいても、マクロにおいても、天使長には注意をしなければならない。
天使長は最初、とても小さな嘘を付くからである。しかしその小さな嘘が、
結局は大きな差を生むのである。

----------------------------------------------------------------------

本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

松田学のニュース解説 新型コロナ最新情報 オミクロンの正体15<本編>

2022.4.11【EU】バイデンの大誤算!欧州は米国に従わない!対露経済制裁は破綻!【及川幸久−BREAKING−】

2022年4月10日日曜日

日刊バレーヒルリポート 2022年4月10日(日)

 ★★★────────────────────────────────

現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
<保守派クリスチャンのための時事評論メールマガジン>
                        2022年4月10日(日)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(5件)
★編集後記


───────────────────────────────────
本日のトピックス(5件)
───────────────────────────────────

■テネシーチョンピョン韓国水曜礼拝 2022/04/06 (日本語訳)
[Sanctuary Translation]
https://www.valleyhill.report/2022/04/20220406-sanctuary-translation.html

----------------------------------------------------------------------

■【井上正康】与野党議員参加 4.5超党派国会議員勉強会
https://www.valleyhill.report/2022/04/45.html

----------------------------------------------------------------------

■ワクチン接種後の副反応に苦しむ人に朗報、愛知県が医療費用の
半額を補助!【大石が深掘り解説】
https://www.valleyhill.report/2022/04/220408-2158.html

----------------------------------------------------------------------

■ワクチン接種後に異変。毎日点滴が必要…身体中に発疹も。京都大学
名誉教授の医師は「徹底的に原因を調べるべき」「“評価不能”は不誠実」
と指摘。【大石が聞く】
https://www.valleyhill.report/2022/04/blog-post_10.html

----------------------------------------------------------------------

■【ウクライナ】ブチャについてPart2【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2022/04/202248-part2breaking.html


───────────────────────────────────
編集後記
───────────────────────────────────

いつも読んで頂き、ありがとうございます。今日は二代王様み言葉も、
コラムもお休みさせて頂きます。お互いに今日一日、信仰に則って
最善を尽くして参りましょう。

----------------------------------------------------------------------

本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

テネシーチョンピョン韓国水曜礼拝 2022/04/06 (日本語訳) [Sanctuary Translation]

【井上正康】与野党議員参加 4.5超党派国会議員勉強会

ワクチン接種後の副反応に苦しむ人に朗報、愛知県が医療費用の半額を補助!【大石が深掘り解説】 (22/04/08 21:58)

ワクチン接種後に異変。毎日点滴が必要…身体中に発疹も。京都大学名誉教授の医師は「徹底的に原因を調べるべき」「“評価不能”は不誠実」と指摘。【大石...

2022.4.8 【ウクライナ】ブチャについてPart2【及川幸久−BREAKING−】

2022年4月8日金曜日

日刊バレーヒルリポート 2022年4月8日(金)

 ★★★────────────────────────────────

現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
<保守派クリスチャンのための時事評論メールマガジン>
                        2022年4月8日(金)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(2件)
★お知らせ


───────────────────────────────────
本日のトピックス(2件)
───────────────────────────────────

■【井上正康】及川幸久 THE WISDOM CHANNEL
https://www.valleyhill.report/2022/04/blog-post_8.html

----------------------------------------------------------------------

■【カリスマ達の競演!】これが本当のワクワクイベントだ!【4月16日千葉県】
https://www.valleyhill.report/2022/04/416.html


───────────────────────────────────
お知らせ
───────────────────────────────────

明日4月9日(土)は、ブログの更新及びメルマガの配信をお休みさせて
頂きます。明後日4月10日(日)にまとめてお届けいたします。

----------------------------------------------------------------------

本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

【井上正康】及川幸久 THE WISDOM CHANNEL

【カリスマ達の競演!】これが本当のワクワクイベントだ!【4月16日千葉県】

2022年4月7日木曜日

日刊バレーヒルリポート 2022年4月7日(木)

 ★★★────────────────────────────────

現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
<保守派クリスチャンのための時事評論メールマガジン>
                        2022年4月7日(木)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(6件)
★(二代王様み言葉)神様を愛するならば、悪や罪を憎まなければいけない


───────────────────────────────────
本日のトピックス(6件)
───────────────────────────────────

■【再び議員会館へ!】出席国会議員人数に変化が!
https://www.valleyhill.report/2022/04/blog-post_45.html

----------------------------------------------------------------------

■【講演終了後】井上先生!もうワクチン打ってしまったんですけど!?
https://www.valleyhill.report/2022/04/blog-post_57.html

----------------------------------------------------------------------

■冷戦の中のカナリアたち/ドキュメンタリー。20年以上、中国共産党の
危険性は警告されてきた…
https://www.valleyhill.report/2022/04/20.html

----------------------------------------------------------------------

■英独立民衆法廷 中国臓器狩りへの裁定
https://www.valleyhill.report/2022/04/blog-post_85.html

----------------------------------------------------------------------

■「パワハラ防止法」全面始動で中小企業も対象に。管理社会が映し出す
日本の未来。(釈量子)【言論チャンネル】
https://www.valleyhill.report/2022/04/blog-post_7.html

----------------------------------------------------------------------

■【ウクライナ】ブチャについて【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2022/04/202246breaking.html


───────────────────────────────────
(二代王様み言葉)神様を愛するならば、悪や罪を憎まなければいけない
※タイトルは編集部で付けました
───────────────────────────────────

例えば、二週間程前にとても良い姉妹が訪問しました。いろいろな所に招待
したいと言いました。そして、全てが愛に基づいた素晴らしいキリストの
認識が有ると言いました。愛することを学ばないといけないと言いました。

しかし私が言ったのは、愛するならば、憎まなければいけない、です。
そして一つの例を上げました。私が妻を愛するならば、不倫を憎まなければ
いけない。他には出来ない。わかりますか?妻を愛して、不倫を愛すること
はできません。相対性価値観の問題が分かりますか?もし子供達を愛する
ならば、誘拐、レイプ、殺人等を憎まなければならない。ここで神様との
関係で重要な事は神様を愛するならば、悪や罪を憎まなければいけない。
このように毎日の神様との関係を形成する事で、新しく新生し、罪から
のがれて行くと言う事です。わかりますか?重要な事は、聖書においては、
善と悪は非常に異なっているという事です。

では誰がこの相違を曖昧にしたいのでしょうか?神様ですか、サタンです
か?(サタンです。)そのとおりです。もしどこかの哲学が善悪を曖昧に
しようとするならば、そして愛と言うと全てを愛すると唱えるならば、
これはこの人は相対性価値観を教えているという、間近で危険な赤信号
です。

そして、その教えの根本も分かります。神様ですか、サタンですか?
サタンです。なぜならサタンが善悪の相違を曖昧にしているので、人々は
悪を選択するからです。

※(キリストとの同盟 2016年2月7日)「三代王権 文亨進様のみ言葉
(二)」P79〜80より抜粋して引用しました。

----------------------------------------------------------------------

本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

【再び議員会館へ!】出席国会議員人数に変化が!

【講演終了後】井上先生!もうワクチン打ってしまったんですけど!?

冷戦の中のカナリアたち/ドキュメンタリー。20年以上、中国共産党の危険性は警告されてきた…

英独立民衆法廷 中国臓器狩りへの裁定

「パワハラ防止法」全面始動で中小企業も対象に。管理社会が映し出す日本の未来。(釈量子)【言論チャンネル】

2022.4.6【ウクライナ】ブチャについて【及川幸久−BREAKING−】

2022年4月5日火曜日

日刊バレーヒルリポート 2022年4月5日(火)

 ★★★────────────────────────────────

現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
<保守派クリスチャンのための時事評論メールマガジン>
                        2022年4月5日(火)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(5件)
★(二代王様み言葉)天一国を守るのは市民の責任


───────────────────────────────────
本日のトピックス(5件)
───────────────────────────────────

■第2回全国100人のママさんzoom勉強会
https://www.valleyhill.report/2022/04/100zoom.html

----------------------------------------------------------------------

■小児ワクチン接種をめぐる現状:世界的な研究者の観点から
小島勢二医師と読む各国からの報告
https://www.valleyhill.report/2022/04/42.html

----------------------------------------------------------------------

■最新研究からわかる海洋汚染の実態、脱炭素の嘘。プラスチックは
“燃やす”が正解。悪法?「プラスチック新法」始まる。(釈量子)
【言論チャンネル】
https://www.valleyhill.report/2022/04/blog-post_99.html

----------------------------------------------------------------------

■【ウクライナ】ウクライナ に侵入したスペイン人ジャーナリストの
勇気ある現地報道【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2022/04/202244-breaking.html

----------------------------------------------------------------------

■【薇羽が世間を看る】「トランプ氏が反撃ロシアゲートの張本人らを
起訴」どうですか?
https://www.valleyhill.report/2022/04/blog-post_5.html


───────────────────────────────────
(二代王様み言葉)天一国を守るのは市民の責任
※タイトルは編集部で付けました
───────────────────────────────────

天一国は平和警察と平和軍が守ります。天一国を守るのは市民です。
国家機構でも中央政府でもありません。外から雇ってくる者でもありま
せん。市民自身で守るのです。私たち自身で、兄弟、隣人を守るのです。
隣人が襲われたなら私が行って救い出すのです。

この仕組みは天一国の重要な構成要素です。この世のサタンを恐れない
自由と責任を持つ強い市民がいる。こういう文化が重要です。だから
お父様は訓練を続けよとおっしゃるのです。将来は子供たちがまた教え
なければならない。

お父様が三代目の王として選ばれた信俊もこれを教えなければならず、
それが生活の一部にならなければならないのです。彼も戦士にならなけ
ればならないのです。王であるとともに戦士でなければなりません。

これが千年王国、天一国を守る鍵なのです。

み言に向かうことを忘れないでください。なぜ神様こんなことが起こる
のですかとつぶやき続けても否定的になっていくばかりです。そのよう
な時こそ、み言を求めるのです。

すべての世代の中心にキリストはいなければなりません。キリストとの
関係、その絆を強めるのです。

※(世代を貫く戦士の精神 2016年1月31日)「三代王権 文亨進様のみ言葉
(二)」P74より抜粋して引用しました。

----------------------------------------------------------------------

本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

第2回全国100人のママさんzoom勉強会

小児ワクチン接種をめぐる現状:世界的な研究者の観点から 小島勢二医師と読む各国からの報告(4月2日に掲載した動画を一部修正して再掲載しています)

最新研究からわかる海洋汚染の実態、脱炭素の嘘。プラスチックは“燃やす”が正解。悪法?「プラスチック新法」始まる。(釈量子)【言論チャンネル】

2022.4.4【ウクライナ】ウクライナ に侵入したスペイン人ジャーナリストの勇気ある現地報道【及川幸久−BREAKING−】

【薇羽が世間を看る】「トランプ氏が反撃ロシアゲートの張本人らを起訴」どうですか?

2022年4月3日日曜日

日刊バレーヒルリポート 2022年4月3日(日)

 ★★★────────────────────────────────

現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
<保守派クリスチャンのための時事評論メールマガジン>
                        2022年4月3日(日)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(2件)
★(二代王様み言葉)サタンが牛耳る中央集権思想


───────────────────────────────────
本日のトピックス(2件)
───────────────────────────────────

■松田学のニュース解説 新型コロナ最新情報 オミクロンの正体14<本編>
https://www.valleyhill.report/2022/04/4.html

----------------------------------------------------------------------

■バイデン父子と中国・ウクライナの「黒い関係」。メディアの隠蔽工作は
いかに行われたか?(釈量子)【言論チャンネル】
https://www.valleyhill.report/2022/04/blog-post.html


───────────────────────────────────
(二代王様み言葉)サタンが牛耳る中央集権思想
※タイトルは編集部で付けました
───────────────────────────────────

今の相対主義全盛の時代、哲学的相対主義は「絶対的主張などない」と
言います。しかしそこに矛盾を含んでいます。つまり彼らが「絶対的
主張はない」というとき、そのことこそまさに絶対的主張であるから
です。

2013年偽りの紀元節に韓オモニは女帝宣言をしました。当時はまだ
誰も知りませんでした。私たちも内部的にお母さまを取り巻く全体主義
の罠、そしてお母さま自身の中にある誤った願望から取り戻そうと努力
していましたから。時が経つにつれてどんどんそれは表に出てきました。

その結果、お父様から王位を剥奪し、エバを主体の位置、アダムを対象
の位置に置く堕落した四位基台を作り出し、神学まで変えてしまいま
した。

レズビアン神学を所有する結果として家庭連合の社会学的立ち位置は
次のようにならざるを得ません。

中絶は女性の権利(胎児の人権無視)、銃規制賛成、急進的フェミニ
ズム、中央集中権力構造、中央集権政府、教育の中央統一化、気候変動
=エリート階級の贅沢を支えるため徴税、神学的レズビアン、福音
キリスト教派を憎み、イスラムには沈黙(相対主義支持)(ここで
ヨーロッパに大量に流入するイスラム難民に関する現実のレポート映像
を視聴)ヨーロッパで起きている現実を見ました。

ヨーロッパに奴隷貿易を持ち込んだのは、宗教改革者マルティン・
ルターが「私の良心は神の言葉の中にとらわれている」と名言を吐いて
反旗を翻した神聖ローマ帝国皇帝カール5世でした。カール5世は
プロテスタントですか?神様と直接つながろうとする福音派ですか?
いいえ段階権力構造で支配するカトリックです。どうしてプロテスタント
が憎しみを買うのか。それは彼らが真の自由の闘士、独裁者にとっては
反抗者だからです。段階権力構造のカトリックが数々の異端的教義を
生み出しました。

その一つの例が罪なき聖母マリア思想です。神聖ローマ帝国が
カトリックを乗っ取り、奴隷貿易を始めたということです。
福音派は反対しました。

父なる神様を愛するのか。天の父を愛するのか。それとも天の父を憎み、
その主体性を憎むのか。それはサタン主義に他なりません。サタンは常に
自分を神様の上に置こうとします。悪なるアダムを神様の上に置こうと
するのです。そして相対化し、主体の位置を狂わせます。善なる男性を
排除すれば、悪なる男性がその位置を埋めるでしょう。

※(真理を果たす十字軍 2016年1月17日)「三代王権 文亨進様のみ言葉
(二)」P61〜68より抜粋して引用しました。

----------------------------------------------------------------------

本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

松田学のニュース解説 新型コロナ最新情報 オミクロンの正体14<本編>

バイデン父子と中国・ウクライナの「黒い関係」。メディアの隠蔽工作はいかに行われたか?(釈量子)【言論チャンネル】

2022年4月2日土曜日

日刊バレーヒルリポート 2022年4月2日(土)

 ★★★────────────────────────────────

現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
<保守派クリスチャンのための時事評論メールマガジン>
                        2022年4月2日(土)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(3件)
★(二代王様み言葉)背を向けられた真のアダム


───────────────────────────────────
本日のトピックス(3件)
───────────────────────────────────

■テネシーチョンピョン 水曜礼拝 2022/03/30 (日本語訳)
[Sanctuary Translation]
https://www.valleyhill.report/2022/04/20220330-sanctuary-translation.html

----------------------------------------------------------------------

■違反者は50万円以下の罰金?天下の悪法「プラスチック新法」始まる。
脱炭素全体主義で変わる私たちの生活。ホテルの無料アメニティも有料化か。
(釈量子)【言論チャンネル】
https://www.valleyhill.report/2022/04/50.html

----------------------------------------------------------------------

■“ワクチン後遺症”について、ついに国も動いた!国会でも岸田総理が言及
【大石が深掘り解説】
https://www.valleyhill.report/2022/04/220402.html


───────────────────────────────────
(二代王様み言葉)背を向けられた真のアダム
※タイトルは編集部で付けました
───────────────────────────────────

どれほど多く真のお父様は女性の食口に聞いたのでしょう。「お前は私と、
お前の夫、だれをより愛するのか?」と。同じ質問を統一家の女性食口
たちに、限りなく聞かれたでしょう。あなたはだれが「真のアダム」かを、
よく知っています。あなたはこの世の中で、その誰よりも愛してくれる者
が誰なのか、わかっているはずです。

そしてひょっとすると、真のお父様に対し、解くことのできない恨みを、
持っているかもしれません。そしてその恨みのしこりで、苦痛に思って
いるかもしれません。そして、なぜそのような険しい路程を行かなければ
ならなかったのか、理解できないかもしれません。この映像を見ながら、
もし私の話す言葉があなたの心に届いたのなら、今、この瞬間、聖霊が
あなたの心に入っていくことを感じてみて下さい。

そして胸の奥深いところから聖霊の火があがり、だれがあなたの初恋かを
思い起こしてください。誰にあなたの生涯を、初めてささげたのかを。
そしてその愛を、もう一度その方に捧げて下さい。あなたの生涯をまた、
キリストの主に捧げてください。この世の知恵では、あなたが今体験して
いる全てのことを、理解できないでしょう。

いま教会でもっとも背を向けられているのは、ほかでもない、真のお父様
である事実を、誰よりよく知ってるではないですか。私たちといつも共に
おられるはずのお方、しかし徹底して背を向けられ、無視されておられる
方、(なのに)皆が天使長の命令に耳を傾けている。これは気違い沙汰で
なくてなんでしょう。

天のお父様、今日あなたの子女たちに臨んでくださることを、お祈り申し
上げます。彼らがこれ以上天使長の支配圏の下にいないようにして下さい。
「(神の)息子があなたたちを自由にすれば、あなたたちが真に自由に
なる」という御言葉のように。

この祈りに賛同するこれらの心の中に、小さな恨みの種でもあったなら、
この場にいた、インターネットで共にこの祈りをしていても、あなたが
臨まれ、彼らにあなたの聖霊の役事をお見せください。その恨みのしこり
も皆洗い流してください。

※(不思議な道のり 2015年2月15日)「三代王権 文亨進様のみ言葉
(二)」P57〜59より抜粋して引用しました。

----------------------------------------------------------------------

本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

テネシーチョンピョン 水曜礼拝 2022/03/30 (日本語訳) [Sanctuary Translation]

違反者は50万円以下の罰金?天下の悪法「プラスチック新法」始まる。脱炭素全体主義で変わる私たちの生活。ホテルの無料アメニティも有料化か。(釈量子...

“ワクチン後遺症”について、ついに国も動いた!国会でも岸田総理が言及【大石が深掘り解説】 (22/04/02)

2022年4月1日金曜日

日刊バレーヒルリポート 2022年4月1日(金)

 ★★★────────────────────────────────

現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
<保守派クリスチャンのための時事評論メールマガジン>
                        2022年4月1日(金)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(3件)
★(李妍雅様み言葉)祝福は真の御父様との成約


───────────────────────────────────
本日のトピックス(3件)
───────────────────────────────────

■テネシー日曜礼拝 2022/03/27 (日本語訳) [Sanctuary Translation]
https://www.valleyhill.report/2022/04/20220327-sanctuary-translation.html

----------------------------------------------------------------------

■テネシー日曜礼拝 2022/03/20 (日本語訳) [Sanctuary Translation]
https://www.valleyhill.report/2022/04/20220320-sanctuary-translation.html

----------------------------------------------------------------------

■【 Facts Matter】ハンター・バイデン事件でメディアやビックテックは
何をしたのか
https://www.valleyhill.report/2022/04/facts-matter.html


───────────────────────────────────
(李妍雅様み言葉)祝福は真の御父様との成約
※タイトルは編集部で付けました
───────────────────────────────────

ある日、一人の女性の食口が訪ねて来られ、私と夫に相談を請われました。
ですから、私達はそれを承諾して、小さな部屋に移って、丸いテーブルに
座りました。私たちが座るやいなや、その女性の食口が自身の統一教会の
祝福の指輪を抜いて、テーブルの上に置きました。そうしながら、「この
祝福結婚は私に多くの苦痛を抱かせました」「これ以上本当にできません、
ですから、この指輪を預かってください」「この祝福をこれ以上維持する
ことができません、夫と暮らすのは、苦痛そのものです」と言うのです。

もちろん、ご主人はそこにいらっしゃいませんでした。事実、何ヶ月前から
結婚問題で相談に来ようとしていたところでした。夫が浮気しており、祝福
結婚を守るためには、苦しい状況が悪化していました。自分が置かれた状況
をちゃんと理解されておられました。

しかしこの状況ですすり泣いているその方に、私は何とお話すればいいのか、
わかりませんでした。手をとって、慰めてあげるだけで精一杯でした。
しかし次の瞬間、亨進様がその静けさを破り、本当に驚くべきお話をされた
のです。

申し訳ないけれども、この祝福の指輪は預かることができません。なにより
も、この指輪は私のものではありません。あなたがこの指輪をはめ、祝福の
式場に入って祝福をうけた時、実際には、あなたはご主人と祝福を受けたの
ではありません。成婚問答でやった誓いは、真の御父様とした成約なのです。
真の御父様があなたの真のアダムであられるからです、と亨進様はその方に
話されました。

皆さん方は祝福行事の中で「3日行事」をご存じのことと思います。今日
亨進ニムも本当に美しく説明して下さいました。祝福式を通して、堕落した
エバの立場の女性は、天の王妃の立場に復帰され、堕落した天使長の立場に
いた男性は、神の息子の立場に復帰されました。これが正に全ての一世たち
が、「3日行事」をしなければならない理由でした。全てのことを、
真の御父様の決定に委ね、従った理由です。真の御父様の御言葉に絶対服従
で、お答えしなければなりません。

私たちは皆、祝福式でもっとも中心になられる方はだれか、明確に知って
います。ゆえに亨進様はその女性に、「そんな話をする前に、まず、
真の御父様にすがってお祈りをするべきです。」「なぜなら、それは私の
ものではないからです。」「これはあなたが祝福式場に入っていった瞬間、
真の御父様と作られた成約だからです。」

※(不思議な道のり 2015年2月15日)「三代王権 文亨進様のみ言葉
(二)」P55より抜粋して引用しました。

----------------------------------------------------------------------

本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

Rod of Iron Freedom Festival 2020