2021年10月25日月曜日

バレーヒルリポート 2021年10月25日(月)

 ★★★────────────────────────────────

バレーヒルリポート Valley Hill Report
<保守派クリスチャンのための時事情報メールマガジン>
                        2021年10月25日(月)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(1件)
★(二代王様み言葉)僕に修正出来ない天一国憲法


───────────────────────────────────
本日のトピックス(1件)
───────────────────────────────────

■〈吹替版〉米保守派シンクタンク報告書「米国の軍事力は弱体化している」
https://www.valleyhill.report/2021/10/blog-post_25.html


───────────────────────────────────
(二代王様み言葉)僕に修正出来ない天一国憲法
───────────────────────────────────

天一国では公僕が僕です。公僕は憲法を変えることはできません。修正
条項を認めません。全体主義者の皆さん残念でした。この王国を壊す
ことはできません。だからキリストの王権、千年王国と呼ばれるのです。
完成級の王国です。中央集権の悪しき仕組みで崩壊などしません。社会
主義、共産主義、寡頭政治、全体主義など、もうその正体は暴かれて
います。背後の悪魔が見えるのです。その動きも戦術も知っているの
です。神が花婿として地上に降り立ちました。神の血と種で王権が打ち
建てられました。王国は建てられすぐにやってくるでしょう。
(「王国の花婿)2016/5/29)

※「王国のみ言 天一国創建のために」(P110)より引用しました。
----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
メールマガジン「バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

〈吹替版〉米保守派シンクタンク報告書「米国の軍事力は弱体化している」

2021年10月24日日曜日

バレーヒルリポート 2021年10月24日(日)

 ★★★────────────────────────────────

バレーヒルリポート Valley Hill Report
<保守派クリスチャンのための時事情報メールマガジン>
                        2021年10月24日(日)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(5件)
★(二代王様み言葉)全体主義者に膝を屈するな


───────────────────────────────────
本日のトピックス(5件)
───────────────────────────────────

■2021/10/20 水曜礼拝 (日本語訳) [Sanctuary Translation]
https://www.valleyhill.report/2021/10/20211020-sanctuary-translation.html

----------------------------------------------------------------------

■【Facts Matter】ファイザー社がmRNA研究開発で隠したかった事
https://www.valleyhill.report/2021/10/facts-mattermrna.html

----------------------------------------------------------------------

■米外交官・CIAを襲う謎の脳損傷 “ハバナ症候群”。中国の関与濃厚。
(釈量子)【言論チャンネル】
https://www.valleyhill.report/2021/10/cia.html

----------------------------------------------------------------------

■【脱炭素】脱炭素の世界的流れにサウジアラビがが抵抗開始!!
【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2021/10/20211023breaking.html

----------------------------------------------------------------------

■〈吹替版〉中国のハッカー iPhone13Proを秒殺でハッキング
https://www.valleyhill.report/2021/10/iphone13pro.html


───────────────────────────────────
(二代王様み言葉)全体主義者に膝を屈するな
───────────────────────────────────

試練が全世界に臨むというのです。権力や欲望、お金や地位を選びます
か、それとも神様を選びますか。主権と自由を選びますか、そのために
喜んで死ぬ覚悟で立ち上がりますか、それとも「いい人であれ、抵抗
するな、そうすれば事は丸く収まる」という、全体主義者の考えにひざ
を屈しますか。事が収まることは決してなく逆に悪化するだけです。
「レイプされそうになったら抵抗するな」と。FBIが護身のクラスで
そう教えているのです。レイプされそうになったら小便を漏らせ、
後は抵抗するなと。「反撃するな」と教えられてきました。レイプされ
ても、抑圧されても、「反抗するな」と。大人しく、人種差別をせず
に・・・あの人たちは戦地を逃れてきたのだ、レイプしたいだけなの
だ、何が悪い、何をこだわっているのか。キリスト教徒なんかになる
な・・・。このように言う人々は気違いです。狂っています。皆さん
を破たん、絶望させ、心をいたぶりたいから、どんな扱いを受けても
黙って耐えろと言うのです。それに従う人々、そのように生きている
国民は、独裁者に立ち向かう可能性はゼロです。まったくありません。
ましてや銃器をもつことなど考えもしない、心をかすめることもない
というのです。とんでもない状況だということです。
(「王国の王冠)2017/10/8)

※「王国のみ言 天一国創建のために」(P178)より引用しました。
----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
メールマガジン「バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★問い合わせ:mag2@oxmail.jp
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

2021/10/20 水曜礼拝 (日本語訳) [Sanctuary Translation]

【Facts Matter】ファイザー社がmRNA研究開発で隠したかった事

米外交官・CIAを襲う謎の脳損傷 “ハバナ症候群”。中国の関与濃厚。(釈量子)【言論チャンネル】

2021.10.23【脱炭素】脱炭素の世界的流れに🇸🇦サウジアラビがが抵抗開始‼️【及川幸久−BREAKING−】

〈吹替版〉中国のハッカー iPhone13Proを秒殺でハッキング

2021年10月23日土曜日

バレーヒルリポート 2021年10月23日(土)

 ★★★────────────────────────────────

バレーヒルリポート Valley Hill Report
<保守派クリスチャンのための時事情報メールマガジン>
                        2021年10月23日(土)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(3件)
★(二代王様み言葉)最低賃金を決めさせない


───────────────────────────────────
本日のトピックス(3件)
───────────────────────────────────

■【 ニュース・インサイト】どうする バイデン 台湾F-16V早期納品
を要請
https://www.valleyhill.report/2021/10/f-16v.html

----------------------------------------------------------------------

■【紀元播報 】米国債が激増 バイデン ドル大量印刷
https://www.valleyhill.report/2021/10/blog-post_70.html

----------------------------------------------------------------------

■バイデン指名の候補者 マルクス論文を提出せず
https://www.valleyhill.report/2021/10/blog-post_51.html


───────────────────────────────────
(二代王様み言葉)最低賃金を決めさせない
───────────────────────────────────

天一国憲法では政府が最低賃金を決めることを禁じています。サタン的
でリベラルな大手メディアによって洗脳された若者たちが「最低時給
2000円は必要だ」などといいかねません。カリフォルニアでも「生活
するために時給1500円は必要だ」などと叫んでいたでしょう。最低賃金
を推進している企業がどこであるか知っていますか。ウォルマートなどの
大企業なのです。最低賃金を引き上げるために何億もつぎ込んでいます。
その動機は何かというと最低賃金を引き上げることで市場競争を優位に
進めることができるからです。小さな会社は多大な人件費を支払うこと
ができないのです。ですから政府と結託してそれら大企業が最低賃金の
引き上げを画策しているのです。(「王国の力学」2016/5/8)

※「王国のみ言 天一国創建のために」(P126)より引用しました。
----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
メールマガジン「バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

【 ニュース・インサイト】どうする バイデン 台湾F-16V早期納品を要請

【 紀元播報 】米国債が激増 バイデン ドル大量印刷

バイデン指名の候補者 マルクス論文を提出せず

2021年10月22日金曜日

バレーヒルリポート 2021年10月22日(金)

 ★★★────────────────────────────────

バレーヒルリポート Valley Hill Report
<保守派クリスチャンのための時事情報メールマガジン>
                        2021年10月22日(金)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(1件)
★(二代王様み言葉)アダムを受け容れられなかった天使長


───────────────────────────────────
本日のトピックス(1件)
───────────────────────────────────

■中露軍艦 津軽海峡を同時通過
https://www.valleyhill.report/2021/10/blog-post_22.html


───────────────────────────────────
(二代王様み言葉)アダムを受け容れられなかった天使長
───────────────────────────────────

天使たちは、神様と共にすべてのものを創造するために働きました。
あらゆるもの、数学と方程式といったすべてのもの、宇宙を作りま
した。神様は自分の姿に似せた存在を創造しようと言われ、彼らが
成長して素晴らしい存在になって王国を支配し、君たちも支配する
のだと天使長に語りました。すると彼は、それがあまり気に入ら
ない、いい考えではないと言ったのです。神様が人間を創造すると、
「この愚か者たちが我々を支配する?そんな馬鹿な。あの馬鹿は湖
で飛び跳ねてカエルを捕まえているのに。彼らは我々を支配できな
い。我々は空を飛べるし、あれもこれもできるし、翼をはためかせて
交響楽を奏でさせることもできる。あの男は能無しだ。彼は汚れて
木の周りで遊んでいる。彼は狩りや釣りに忙しい」と言ったのです。
「いやいや、待ちなさい。あれは私の子供だ。彼は支配するし、
立派にやるだろう」(神様の言葉)天使長の立場から考えてみて
ください。「神様は狂っている!我々は彼のために宇宙を支配しな
ければならない。我々は哀れみ深く賢いので神様のためにそうしな
ければならない」(「適正な秩序の王国」2017/7/16)

※「王国のみ言 天一国創建のために」(P54)より引用しました。
----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
メールマガジン「バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

中露軍艦 津軽海峡を同時通過

2021年10月21日木曜日

バレーヒルリポート 2021年10月21日(木)

 ★★★────────────────────────────────

バレーヒルリポート Valley Hill Report
<保守派クリスチャンのための時事情報メールマガジン>
                        2021年10月21日(木)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(4件)
★(コラム)衆議院選挙は戦いだ


───────────────────────────────────
本日のトピックス(4件)
───────────────────────────────────

■日曜礼拝 2021/10/17 (日本語訳) [Sanctuary Translation]
https://www.valleyhill.report/2021/10/20211017-sanctuary-translation.html

----------------------------------------------------------------------

■2021/10/14 訓読会でのみ言葉 (日本語訳) [Sanctuary Translation]
https://www.valleyhill.report/2021/10/20211014-sanctuary-translation.html

----------------------------------------------------------------------

■【衆議院議員総選挙】これを見た10人に1人が行動すれば・・
【ラジオ】#168
https://www.valleyhill.report/2021/10/168.html

----------------------------------------------------------------------

■敵基地攻撃の議論は古めかしい!?親中政党と縁切りできない自民党の
国防意識を問う〜尖閣防衛の要の大臣は歴代親中、ミサイルに囲まれた
日本だけが核なき世界を訴える?ほか〜【ザ・ファクト】
https://www.valleyhill.report/2021/10/blog-post_21.html


───────────────────────────────────
(コラム)衆議院選挙は戦いだ
───────────────────────────────────

今日のトピックスでは、二代王様のみ言葉のほかに、また藤江さんの
ラジオを取り上げた。藤江さんとはまだ一度しかお会いしたことはない
が、もともと国会議員の秘書をされていただけあって、提案の内容が
とても現実的であり、私たちが行動できるレベルにまで落とし込んで
下さっている点が素晴らしい。

今回の衆議院選挙では、与党も野党もばら撒き政策、大きな政府を
指向する左翼政策ばかりである。また与党も野党もワクチン推進・
ワクチンパスポート推進であり、私たちにはもはや何も対抗手段も
ないように見えるかもしれない。

おそらくその見立ては正しくて、私たちは負け戦を戦っているのだ。
トランプがワシントンDCを去ってから、否その前から、私たちは
ずっと負け戦を戦っているのだ。

しかしだからと言って、私たちは決して白旗を上げてはいけない。
私たちは決して、政策に対して何の注文も付けずに「○○党をお願い
します」などと言ってはいけない。日米韓協議会は悔い改めよ!

私たちは政策に対して注文を付けなければいけない。言うべきことは
言わなければいけない。それは聖徒の使命である。私たちはもはや奴隷
ではない。祝福を受けた王と王妃である。自らの立場を死守し、歩む
べき模範を示す時である。

聖書にはこう書いてある。
見よ。サタンの会衆に属する者、すなわち、ユダヤ人だと自称しながら
実はそうでなくて、うそを言っている者たちに、わたしはこうする。
見よ。彼らをあなたの足もとに来てひれ伏させ、わたしがあなたを
愛していることを知らせる。 (黙示 3/9)

わたしは、すぐに来る。あなたの冠をだれにも奪われないように、
あなたの持っているものをしっかりと持っていなさい。 (黙示 3/11)

----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
メールマガジン「バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

日曜礼拝 2021/10/17 (日本語訳) [Sanctuary Translation]

2021/10/14 訓読会でのみ言葉 (日本語訳) [Sanctuary Translation]

【衆議院議員総選挙】これを見た10人に1人が行動すれば・・【ラジオ】#168

敵基地攻撃の議論は古めかしい!?親中政党と縁切りできない自民党の国防意識を問う~尖閣防衛の要の大臣は歴代親中、ミサイルに囲まれた日本だけが核なき...

2021年10月20日水曜日

バレーヒルリポート 2021年10月20日(水)

 ★★★────────────────────────────────

バレーヒルリポート Valley Hill Report
<保守派クリスチャンのための時事情報メールマガジン>
                        2021年10月20日(水)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(2件)
★(二代王様み言葉)国民みずから国を守る


───────────────────────────────────
本日のトピックス(2件)
───────────────────────────────────

■【日本】速報!中国・ロシア海軍艦艇が津軽海峡を通過!!
中露、日本海で合同軍事演習!緊張高まる日本周辺海域!
https://www.valleyhill.report/2021/10/20211019_20.html

----------------------------------------------------------------------

■中国を狙った日本のミサイル防衛システム【チャイナ・アンセンサード】
https://www.valleyhill.report/2021/10/blog-post_20.html


───────────────────────────────────
(二代王様み言葉)国民みずから国を守る
───────────────────────────────────

「平和軍」「平和警察」とはなんでしょう。天上地上天国をご父母様が
語られる時、なぜ繰り返し語られたのでしょう。私が思うに、現存する
もので、最も理想に近いのはスイスの制度でしょう。そこでは、成人す
れば必要時には軍務に着くのです。もちろん職業のかたわらとして。
個々人が家庭に機関銃などの兵器を保持し、必要とあらば国を守るため
軍務に着くのです。「平和警察」はその国内警察版です。アメリカは
建国当時に仕組みを創っていたのです。最初の200年間、警察業務は
ボランティアで行っていたのです。それが事実です。そして私たちは
それを失いました。(「自由社会」2012/7/12)

聖書の記述に、天国に行くと「天使のようになる」とあります。天使は
力を持つとともに天国では仕える者です。「平和警察」「平和軍」を
想起して下さい。それはすべての市民・国民が為に生きる精神の発露
として隣人を守る役割を「平和軍」「平和警察」を通して果たすという
ことです。そこには連邦警察も連邦軍も存在しないのです。
(「天国の種をまく人」2016/4/17)

※「王国のみ言 天一国創建のために」(P36〜37)より引用しました。
----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
メールマガジン「バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

2021.10.19【日本】速報❗️中国・ロシア海軍艦艇が津軽海峡を通過‼️😨中露、日本海で合同軍事演習!緊張高まる日本周辺海域!

中国を狙った日本のミサイル防衛システム【チャイナ・アンセンサード】

2021年10月19日火曜日

バレーヒルリポート 2021年10月19日(火)

 ★★★────────────────────────────────

バレーヒルリポート Valley Hill Report
<保守派クリスチャンのための時事情報メールマガジン>
                        2021年10月19日(火)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(4件)
★(国進様み言葉)自分が築いたものを自分で守る自由


───────────────────────────────────
本日のトピックス(4件)
───────────────────────────────────

■【衆議院議員総選挙始まる!】未接種者の選挙における影響力と
行動について考える【ラジオ】#167
https://www.valleyhill.report/2021/10/167.html

----------------------------------------------------------------------

■【衆院選2021】給付金バラマキ合戦と「神なき民主主義」の
総選挙 【ザ・ファクト】
https://www.valleyhill.report/2021/10/2021.html

----------------------------------------------------------------------

■【台湾情勢】米中戦争の兆し! バイデンは台湾のために対中戦争
はせず、習近平中国から見返りをもらう?アジア危機迫る!!
https://www.valleyhill.report/2021/10/20211018_19.html

----------------------------------------------------------------------

■〈吹替版〉気候変動に関する論議の検閲に懸念
https://www.valleyhill.report/2021/10/blog-post_41.html


───────────────────────────────────
(国進様み言葉)自分が築いたものを自分で守る自由
───────────────────────────────────

自由意志と、言論の自由と、信教の自由から出発しました。それらの
自由をもっているなら、そして「主権者」だというのなら、「自由」は
自発的に次に必要なものを。自由があるというなら、あまたの家も富
など自分が築いたものは、むざむざと他のものに奪われてはなりません。
それが自分を守る自由だというのです。だからすべて繋がっているの
です。何世紀も人類が見つめてきたその本来の権利、神様の贈り物と
言ってもいい − それは聞くに心地よいから、あるいは銃をただ所有
したいから、誰かが作り出したものではありません。それらは
ひとまとまりの権利です。他のどの権利が欠けても基本的な良心の
権利を維持することができません。(「国進様質疑応答」2017/5/27)

※「王国のみ言 天一国創建のために」(P44)より引用しました。
----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
メールマガジン「バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

【衆議院議員総選挙始まる!】未接種者の選挙における影響力と行動について考える【ラジオ】#167

【衆院選2021】給付金バラマキ合戦と「神なき民主主義」の総選挙 【ザ・ファクト】

2021.10.18【台湾情勢】米中戦争の兆し!バイデン🇺🇸は台湾のために対中戦争はせず、習近平中国から見返りをもらう❓アジア危機迫る‼️

〈吹替版〉気候変動に関する論議の検閲に懸念

2021年10月18日月曜日

バレーヒルリポート 2021年10月18日(月)

 ★★★────────────────────────────────

バレーヒルリポート Valley Hill Report
<保守派クリスチャンのための時事情報メールマガジン>
                        2021年10月18日(月)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(7件)
★(コラム)新陳代謝がなければ組織は活性化しない


───────────────────────────────────
本日のトピックス(7件)
───────────────────────────────────

■シンポジウム「新政権に対し新型コロナ対策のモードチェンジを
求める!」(1)
https://www.valleyhill.report/2021/10/blog-post_18.html

----------------------------------------------------------------------

■シンポジウム「新政権に対し新型コロナ対策のモードチェンジを
求める!」(2)
https://www.valleyhill.report/2021/10/blog-post_55.html

----------------------------------------------------------------------

■シンポジウム「新政権に対し新型コロナ対策のモードチェンジを
求める!」(3)
https://www.valleyhill.report/2021/10/blog-post_28.html

----------------------------------------------------------------------

■シンポジウム「新政権に対し新型コロナ対策のモードチェンジを
求める!」(4)
https://www.valleyhill.report/2021/10/blog-post_96.html

----------------------------------------------------------------------

■シンポジウム「新政権に対し新型コロナ対策のモードチェンジを
求める!」(5)
https://www.valleyhill.report/2021/10/blog-post_19.html

----------------------------------------------------------------------

■シンポジウム「新政権に対し新型コロナ対策のモードチェンジを
求める!」(6)
https://www.valleyhill.report/2021/10/blog-post_24.html

----------------------------------------------------------------------

■【誰でもわかる!】<後編>脱炭素はEUと中国の策略!!
https://www.valleyhill.report/2021/10/20211017eu.html


───────────────────────────────────
(コラム)新陳代謝がなければ組織は活性化しない
───────────────────────────────────

私が千葉で、ワクチンパスポートに反対する市民運動に参加している
ことは、このメルマガで何度か書いた。もともとはある政治団体が
呼びかけたものであったが、そこの方針に疑問を持つ多くの人々が
離脱し、新しい市民団体を立ち上げた。

昨夜、新団体になって初めてのZOOM幹事会が行われたが、今後の方針
や方向性に関して3時間半以上のミーティングとなった。初顔合わせの
メンバーもいたので、長時間になったのは仕方ないことだと思う。

できたばかりの組織は大抵は実力社会だ。仕切る力がなければ、すぐに
見切られるし、幹事が指示待ちでは組織が前進しない。人は、会って
すぐには分からないことも多いが、会ってすぐに分かることもある。
人間の上下関係というのは、大概の場合、会ってすぐに決まるものなの
である。これは人間にとって野生の感覚のようなものである。

若い実力者が出てくれば、古い人はポジションを失う場合がある。
しかし組織が活性化できるのならば、それは決して悪いことではない。

数週間前だったと思うが、私は日米韓協議会の活動方針はどうやって
決まってるの?との疑問をLINEのグループチャットに書き込んだことが
ある。ある人は電話で教えてくれ、また別の人とは電話で議論になった。

名前を出すのは差し控えるが、ある方がおっしゃったのは「もし会の
方針についてアンケートを取ったり、ZOOM会議を開いたりすれば、
話がまとまらずに会が分裂してしまう」「だからそんなことは出来ない」
「私だって本当は言いたいことはいっぱいあるんだよ」・・・。

でもね、議論を避けて、限られたメンバーだけで運営していたら、もう
その組織はオワコン(*)ですよ。そもそも日米韓協議会は、キリストの
み言葉から始まった組織ではなく、誰かの思い付きで始まった組織に
すぎない。

しかも始まって半年以上も経つのに、会員向けに何の方針の説明も
しないのならば、会員にとって、こんな組織はもはや必要ないのでは
ないか、と感じてしまうのだ。

注釈)*
オワコン:終わったコンテンツ、時代に合わなくなった無用の長物
----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
メールマガジン「バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

シンポジウム「新政権に対し新型コロナ対策のモードチェンジを求める!」①

シンポジウム「新政権に対し新型コロナ対策のモードチェンジを求める!」②

シンポジウム「新政権に対し新型コロナ対策のモードチェンジを求める!」③

シンポジウム「新政権に対し新型コロナ対策のモードチェンジを求める!」④

シンポジウム「新政権に対し新型コロナ対策のモードチェンジを求める!」⑤

シンポジウム「新政権に対し新型コロナ対策のモードチェンジを求める!」⑥

2021.10.17【誰でもわかる!】<後編>♦︎脱炭素はEUと中国の策略‼️

2021年10月17日日曜日

バレーヒルリポート 2021年10月17日(日)

 ★★★────────────────────────────────

バレーヒルリポート Valley Hill Report
<保守派クリスチャンのための時事情報メールマガジン>
                        2021年10月17日(日)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(3件)
★(コラム)サタンが放つ二の矢三の矢


───────────────────────────────────
本日のトピックス(3件)
───────────────────────────────────

■【誰でもわかる!】<前編>脱炭素とは?日本製造業の危機!
https://www.valleyhill.report/2021/10/20211016_17.html

----------------------------------------------------------------------

■「天下大混乱」、ホワイトハウスの綱引き
https://www.valleyhill.report/2021/10/blog-post_17.html

----------------------------------------------------------------------

■〈吹替版〉Facebookの内部告発者 二人目が声を上げる
https://www.valleyhill.report/2021/10/facebook.html


───────────────────────────────────
(コラム)サタンが放つ二の矢三の矢
───────────────────────────────────

今日のトピックスでは、脱炭素の動画を取り上げた。

動画の中でも解説されているが、脱炭素社会の行き着く先には、日本の
工業の破壊と、そして日本社会の破壊が待ち構えている。

地球温暖化、脱酸素、炭素税、カーボンニュートラル・・・これらの
キーワードは、サタンが推進する”経済統制社会”の仕掛けそのもので
あり、その推進者は言わずと知れた菅前首相と小泉前環境相であった。

自民党の総裁選で最後まで争った河野太郎は原発反対派であったので、
私たちはいつの間にか、日本社会の破壊を推進するグループに取り
囲まれていた、と言うことになる。

私たちは今、とても危険な現実に直面している。もうすぐ衆議院選挙
だが、与党もワクチン推進派、野党もワクチン推進派であり、そうする
と私たちは今、自分たちの意思を国会に届けてくれる代表を選ぶ手段すら、
もはや持っていないことになる。

米大統領選挙、COVID-19、地球温暖化とカーボンニュートラル、これらは
決して個別に起きている事象ではない。これらはサタンが仕掛けた戦いの
二の矢三の矢である。そしてこのサタンの攻撃はまだまだ続くのだ。

人類を統制しようとするサタンの試みは今、急に始まったのではない。
私たちがこの戦いに勝つことのできる唯一の道は、キリストに従うこと
だけだ。ただキリストによってのみ、私たちは前進することができる
のだ。

----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
メールマガジン「バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

2021.10.16【誰でもわかる!】<前編>♦︎脱炭素とは?♦︎日本製造業の危機❗

「天下大混乱」、ホワイトハウスの綱引き

〈吹替版〉Facebookの内部告発者 二人目が声を上げる

2021年10月16日土曜日

バレーヒルリポート 2021年10月16日(土)

 ★★★────────────────────────────────

バレーヒルリポート Valley Hill Report
<保守派クリスチャンのための時事情報メールマガジン>
                        2021年10月16日(土)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(2件)
★(コラム)神様が用いられた”試金石”


───────────────────────────────────
本日のトピックス(2件)
───────────────────────────────────

■【遠見快評】 習近平がメディア業から民間資本締め出す目的は
https://www.valleyhill.report/2021/10/blog-post_95.html

----------------------------------------------------------------------

■中共は台湾侵攻を繰り上げるか 福建省の内部文書が流出
https://www.valleyhill.report/2021/10/blog-post_16.html


───────────────────────────────────
(コラム)神様が用いられた”試金石”
───────────────────────────────────

昨年の米大統領選挙以降、世界はすっかり変わってしまった。
今、サタンが世界を跋扈している。

かつて私は、トランプさえ勝てば、全ての問題が解決し、世界は救わ
れるのだと思っていた。もしかしたらそんな道もあったのかもしれない。
しかしトランプは去ってしまった。

私は今、自らの信仰を全うするためには、自らが立ち上がらないといけ
ないのだと悟ったのだ。誰かに頼っていたのではダメだ。自分の信仰、
自分の生命、自分の財産は、自分で守らないといけないのだ。

あなたが神側につくのか、サタン側につくのか、それが全てを決める
分岐点となるのだ。そんな時代に、誰かの顔色を見て、誰の味方をする
か決めよう!?何をバカなことをやっている!

誰が神側であり、誰がサタン側なのか、そんなことは自らの信仰で
決めたまえ!それがあなたの生死を決める決断になるのだから!

神様は既に私たちに、試金石を与えて下さっている。
一つ目の試金石は、二代王様が沈黙を破って、ペンシルベニアで教会
活動を始められた時、それに同参したかどうかである。

今まで教会の公文書で全てを決めていた信仰の奴隷が、自らの意思で
神様の前に出ていくと決断することができたかのか、その決断を神様
はご覧になっていたはずである。

もっと直近の例だと、トランプを支援したかどうか、という試金石が
ある。アメリカでは保守的なクリスチャンを中心に、トランプ支援は
大きなMAGA運動となった。

しかし日本ではどうだったか?日本に共和党は存在しない。
日本に、唯一の神様を信仰し、キリストを信仰する政党は存在しない。
ではトランプ支援をする群れはどこにいたのか?

それがサンクチュアリ教会ではなかったか!法輪功ではなかったか!
幸福の科学ではなかったか!これらはいずれも日本の保守からは見向き
もされないような存在である。

しかしだからと言って、それが何だと言うのか!?誰も進むことを
選ばないような道を、自らの信仰を守るために歩み抜いた者こそが
本物なのではないか!

法輪功も、幸福の科学も、私たちクリスチャンから見れば、異邦人で
ある。しかし聖書にはこう書いてあるのだ。

そして、彼に、「ペテロ。さあ、ほふって食べなさい。」という声が
聞こえた。
しかしペテロは言った。「主よ。それはできません。私はまだ一度も、
きよくない物や汚れた物を食べたことがありません。」
すると、再び声があって、彼にこう言った。「神がきよめた物を、
きよくないと言ってはならない。」
(使徒 10/13-15)

そして今、私たちには、また新たな試金石が与えられている。
それがワクチンと、ワクチンパスポートだ。

大手製薬会社が巨額の資金をばら撒き、各国の政府が推進し、大手
メディアもそれを支援し、インターネットでもファクトチェックという
名前の情報統制が行われている。

そのような中で、それでも自ら疑問を持ち、声を上げる人たちが大勢
いる。彼らは神様に選ばれた者たちである。今、神様が示された召命の
役事を信じよう。そして私たちも、正しい道を歩み続けることを決断
しよう。

いずれにしても、あなたが神側なのか、サタン側なのか、それが全て
を決める分岐点となる。あなたが今後も正しい道を歩み続けるためには、
神とキリストへの祈りが必要だ。

----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
メールマガジン「バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

【遠見快評】 習近平がメディア業から民間資本締め出す目的は

中共は台湾侵攻を繰り上げるか 福建省の内部文書が流出

2021年10月15日金曜日

バレーヒルリポート 2021年10月15日(金)

 ★★★────────────────────────────────

バレーヒルリポート Valley Hill Report
<保守派クリスチャンのための時事情報メールマガジン>
                        2021年10月15日(金)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(3件)
★(コラム)決意が試される”日本の保守”


───────────────────────────────────
本日のトピックス(3件)
───────────────────────────────────

■鉄の杖祝祭2日目朝の亨進二代王様のみ言葉(2021 10 10)
https://www.valleyhill.report/2021/10/2021-10-10.html

----------------------------------------------------------------------

■【ニュース・インサイト】台湾問題が米中の焦点に武力衝突は
時間の問題?
https://www.valleyhill.report/2021/10/blog-post_15.html

----------------------------------------------------------------------

■【地球温暖化】グレタの功績!? エネルギー危機で炭素ガス増加!!
再生可能エネルギーでは世界のエネルギーは全く賄えないことが判明!
【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2021/10/20211014_15.html


───────────────────────────────────
(コラム)決意が試される”日本の保守”
───────────────────────────────────

今、アメリカが、日本が、そして世界が危機に陥っている。
そのような中で、正しい声を上げることができるのか、私たちの決意
が試されている。

日本では保守の要件として、日本の伝統文化の尊重、皇室の尊重、
天皇制に関しては男系支持、と言うのが、絶対に不可欠だと考えられて
いる。

彼らが言う”日本の伝統文化”と言うのは、神道や皇室と不可分に結び
ついているので、結局は皇室への崇敬と支持こそが、日本の保守の
本質だと考えられている。

また世界一長い歴史を持つ皇統こそが、皇室の価値であり、ひいては
日本の価値だと主張する向きもあるので、歴史に無知な人が同調する
のも分からない訳ではない。しかしこれらは保守の本質的な価値とは
全く関係がない議論だ。

そもそも歴史的に見れば、天皇中心の政治の中で取り入れられた”律令
制度”と”公地公民制”は、”土地と農民は天皇のもの”という制度であり、
古代における共産主義制度である。

この律令体制が崩壊する中で、自分の土地と家族を守るための武士団を
取りまとめ、腐敗した政府に対抗するための新しい政府(幕府)を作った
のが源頼朝であり、以後江戸時代まで続く日本の武家政治の礎を築いた。

この自分たちの土地と権利を守り、政府が腐敗した時には、立ち上がって
新しい政府(幕府)を作るという思想こそが、後に成熟して”武士道”の
精神を形成したのであり、これこそが世界に誇ることができる日本の
保守思想であり、鉄の杖の思想なのである。

よく考えて頂きたい。もしかすると現代の知識人の中には、歴代の
天皇が詠んだ”和歌”の愛好者もいるかもしれない。しかしおそらく
そのような人は少数であろう。

しかし宮本武蔵が書いた”五輪書”は、英訳もされ、世界に影響を与えて
いる。つまり”武士道”の精神こそが、日本が誇る保守思想の本流なので
あり、決して天皇制ではないのだ。しかし明治維新とその後の近代化が、
日本人の価値観を大きく混乱させてしまった。

昨年の米大統領選挙がサタンに簒奪された時、一体誰がこれに対して
抗議の声を上げたのか?竹田恒泰は?青山繁晴は?水島総は声を上げた
だろうか?ケント・ギルバートに至っては、途中から、不正など存在
しないと変節してしまった。彼らは全員ニセモノである。

声を上げたのはサンクチュアリ教会であり、法輪功であり、幸福の科学
ではなかったか?私たちも彼らも、日本の保守からは見向きもされない
ような存在であった。しかし世界がサタンに侵されようとしている時に、
それに対して沈黙する輩がどうして本物であり得ようか?

今私たちにワクチンパスポートが襲い掛かろうとしている。
今、自由民主党を支持すれば、パイプができて、今後の展開に役立つ
かも?バカも休み休み言いなさい。権力者の顔色を見て迎合する輩は
本物の保守ではない。本物の保守は、自らと家族の生命と財産を守る
ために命を捨てる覚悟を持っているのだ。

あなたが武士道の精神の後継者なのか、鉄の杖の思想の持ち主なのか、
今この瞬間、それが問われているのだ!

----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
メールマガジン「バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

鉄の杖祝祭2日目朝の亨進二代王様のみ言葉(2021 10 10)

【ニュース・インサイト】台湾問題が米中の焦点に武力衝突は時間の問題?

2021.10.14【地球温暖化】グレタの功績⁉️エネルギー危機で炭素ガス増加‼️😲再生可能エネルギーでは世界のエネルギーは全く賄えないことが判...

2021年10月14日木曜日

バレーヒルリポート 2021年10月14日(木)

 ★★★────────────────────────────────

バレーヒルリポート Valley Hill Report
<保守派クリスチャンのための時事情報メールマガジン>
                        2021年10月14日(木)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(1件)
★(国進様み言葉)自分が汗して稼いだものは自分が所有する


───────────────────────────────────
本日のトピックス(1件)
───────────────────────────────────

■【米国】ワクチン義務化「我々の自由と権利を蹂躙するな」奪われる
選択の自由!! 子供たちの未来のために自由を守るパイロットたちの戦い!
【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2021/10/20211013_14.html


───────────────────────────────────
(国進様み言葉)自分が汗して稼いだものは自分が所有する
───────────────────────────────────

国に守りを委ねると、国に自分の所有を引き渡さなければなりません。
そして信仰の自由も言論の自由も良心の自由も失います。自分の持物も
失うのです。ひとたび、国が守ってくれるようになれば、自分の物を
守る手段を失います。国がやって来て、所有物を求めるからです。
その時、国になんといいますか。何も言い返すことができません。
自分を守る術をもたないからです。

これは革命的原理です。それは聖書的経済学と呼べるものです。
イエス・キリストの経済学です。再臨主の経済学です。その経済原理は
すなわち「自分が汗して稼いだものは自分が所有する」という原理です。
自分が苦労して得たものは、自分が保管する、ということ。

ここで問題が生じます。自分がとても生産的で、沢山稼ぎ、沢山蓄えた
とします。他の誰よりも豊かになったとすると、怠け者のぐうたらたち
がやって来て、「あなたは沢山持っているが、我々は持っていない」と
いう。そのとき、銃を持っていなければ、その者たちはやすやすと
奪っていくでしょう。

聖書的原理・・・労働の自由、労働で得たものを自分の物にする自由、
そしてそれを守る自由は聖書的原理です。そして人を殺す聖書的権利を
持っているということです。私が勝手に言い出したことではありません。
すべて関連しあっているのです。これが難しいのです。生涯かけて成功
を収め、資産を蓄えたとしても・・・それは霊的資産でも物的資産でも
構いません。これを次世代に引き渡すことに失敗すると、あなたの遺業
は消えてなくなります。

お父様をご覧なさい。多くの霊的富をもっておられます。統一運動の
歴史を通して、お父様を愛して、ついてきたすべての人々。お父様の
資産は外的なものだけではありません。人々のお父様への愛と、名声
があります。政府の公職についていた人は大勢、そのような富をもって
います。政治家は、知名度をもっています。だからその子供が選挙に
出やすいのです。つまり親の政治的遺産を持っているのです。
(「国進様質疑応答」2017/5/27)

※「王国のみ言 天一国創建のために」(P44〜45)より引用しました。
----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
メールマガジン「バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

2021.10.13【米国】ワクチン義務化「我々の自由と権利を蹂躙するな」奪われる選択の自由‼️子供たちの未来のために自由を守るパイロットたちの...

2021年10月13日水曜日

バレーヒルリポート 2021年10月13日(水)

 ★★★────────────────────────────────

バレーヒルリポート Valley Hill Report
<保守派クリスチャンのための時事情報メールマガジン>
                        2021年10月13日(水)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(5件)
★(コラム)日本における”鉄の杖思想”の源流


───────────────────────────────────
本日のトピックス(5件)
───────────────────────────────────

■【台湾vs中国】緊張高まる台湾情勢、ヤマアラシ戦略とは!? バイデン
アメリカは当てにせず台湾は自力で軍事防衛!! 日本は台湾を助けるのか?
【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2021/10/20211012vs.html

----------------------------------------------------------------------

■【ニュース・インサイト】台湾に米軍が駐留していた戦狼も微妙な反応
https://www.valleyhill.report/2021/10/blog-post_50.html

----------------------------------------------------------------------

■【横河觀點】虚しく死ぬ兵士たち 死屍累々の中共の戦争
https://www.valleyhill.report/2021/10/blog-post_13.html

----------------------------------------------------------------------

■〈吹替版〉中国戦争プロパガンダ映画「記録的な興行収入」
https://www.valleyhill.report/2021/10/blog-post_29.html

----------------------------------------------------------------------

■【ゲスト登場】ワクパス反対活動の同志・矢吹さん【ラジオ】#161
https://www.valleyhill.report/2021/10/161.html


───────────────────────────────────
(コラム)日本における”鉄の杖思想”の源流
───────────────────────────────────

『故右大将軍(頼朝)が朝敵を征伐し、鎌倉に幕府を創って以来、
官位といい、俸禄といい、その恩は山よりも高く、海よりも深い
もの。感謝の気持ちは浅くないはず。

しかしながら、反逆者が事実でない事を訴え、道理からはずれた
院宣が発せられた。

名声を大切にしようと思う者は、足利(藤原)秀康・三浦胤義を
討ち取り、源氏三代の将軍(頼朝・頼家・実朝)が遺したものを
最後まで守りなさい。ただし、後鳥羽上皇のもとに参ろうと思う
者は、今すぐ申し出なさい』

これは「吾妻鑑」に書かれた北条政子の言葉である。
承久の乱が起きた当時、朝敵とされたもので、朝廷軍に勝った
ものは誰もいなかった。

鎌倉幕府の成立と、承久の乱の勝利こそが、日本史において
「武士道」に基づいた政治への道を開いた原点であり、この
武士道こそが、日本版「鉄の杖思想」の源流なのである。

今日、日本の保守思想と言えば「天皇制」しか思い浮かばない
かもしれない。しかしそれは歴史的には事実ではない。

律令制度が崩壊する中で、朝廷から派遣された国司による横暴に
対抗し、自らの土地と家族を守るために立ち上がった武士道の
精神こそが、日本の保守思想のもう一つの潮流である。

武士道の精神とは、私有財産を基礎とし、武器を所持し、自分
の家族と地域を守る思想である。そして政府が腐敗した時には、
立ち上がって新しい政府(幕府)を作る勇気と気概を持った思想
である。

私たちが自らを保守と定義する時、日本のエセ保守に決して迎合
してはならない。彼らは創造主ではなく被造物に仕える輩だ。
現代版の公地公民制を敷き、中央集権国家を作ろうとする輩だ。

私たちが保守を名乗る時、私たちは幕府を作った武士道の精神の
後継者であることを自覚しなければならない。これこそが日本を
救う「鉄の杖思想」の源流なのだ。

参照)
【鎌倉時代】99 承久の乱【日本史】
https://youtu.be/-zk6G8fQMVM

承久の乱で鎌倉方(幕府)はなぜ勝てたのか
http://www.tamagawa.ac.jp/SISETU/kyouken/kamakura/joukyu/index.html

----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
メールマガジン「バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

2021.10.12【台湾vs中国】緊張高まる台湾情勢😨ヤマアラシ戦略とは⁉️バイデンアメリカは当てにせず台湾は自力で軍事防衛‼️日本は台湾を助...

【ニュース・インサイト】台湾に米軍が駐留していた戦狼も微妙な反応

【 橫河觀點】虚しく死ぬ兵士たち 死屍累々の中共の戦争

〈吹替版〉中国戦争プロパガンダ映画「記録的な興行収入」

【ゲスト登場】ワクパス反対活動の同志・矢吹さん【ラジオ】#161

2021年10月12日火曜日

バレーヒルリポート 2021年10月12日(火)

 ★★★────────────────────────────────

バレーヒルリポート Valley Hill Report
<保守派クリスチャンのための時事情報メールマガジン>
                        2021年10月12日(火)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(3件)
★(二代王様み言葉)我々はイエス以外の王を認めない


───────────────────────────────────
本日のトピックス(3件)
───────────────────────────────────

■【米国】バイデン政権ワクチン義務化でパイロットらがストライキ!
空港大混乱!!【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2021/10/20211011breaking.html

----------------------------------------------------------------------

■〈吹替版〉「自然免疫はワクチンより優れている」ファイザー社の
科学者を覆面取材
https://www.valleyhill.report/2021/10/blog-post_12.html

----------------------------------------------------------------------

■グレタ教で「失われた30年」が「失われた60年」に延長?太陽光
パネルの乱開発で進む国土破壊と経済崩壊(釈量子)【言論チャンネル】
https://www.valleyhill.report/2021/10/3060.html


───────────────────────────────────
(二代王様み言葉)我々はイエス以外の王を認めない
───────────────────────────────────

政治的な文脈では、キリスト教の信仰が現実の、あるいは潜在的な暴君
に与える影響は、アメリカの独立戦争の間にはっきりと明らかになりま
した。イギリス人に任命されたある知事が述べています。「アメリカ人
に自分の主人は誰かと尋ねたら、誰もいないと答えるでしょう。彼は
誰もいない、イエス・キリスト以外の知事はいないと答えるだろう」。
同じように、イギリスのビトケアン少佐が民兵の連隊に向かって、
「悪党どもよ、退散せよ、イングランドを統治するジョージ王の名の
下に武器を捨てよ」と叫んだとき、ジョナス・クラーク牧師は、
「我々は神以外の主権者は認めないし、イエス以外の王も認めない!」
と答えたのです。

アメリカのキリスト教徒は、自分たちは柔和で、怒るのが遅くあるべき
だと教えている聖句をよく知っていました。しかし、聖書の教えに違反
する政府の行動に直面したり、「神から与えられた」自由を妨害しよう
としたりすると、多くのアメリカのクリスチャンは、武器を取ることが
自分たちのキリスト教徒としての責任であえると考えました。ジョン・
ピーター・ミュレンバーグ牧師は、バージニア州ウッドストックの
集会での説教の最後に、聖職者の服を脱ぎ捨てて軍服姿を披露し、
「祈るべき時と戦うべき時があり、その(戦う)時が今来たのだ」と
宣言しました。ミレンバーグはチャールストン、ブランディワイン、
ストーニーポイント、ヨークタウンでの戦闘に参加したほか、冬の
バレーフォージでの戦闘にも参加しました。

1775年のレキシントン・グリーンとコンコードで民兵が勝利した後、
イギリスは植民地の武器を押収して破棄することで報復しました。
バージニア州では、ウィリアムズバーグの公共の弾倉から火薬の
20バレルを押収し、銃の発射機構を取り除いて撃てないように
しました。1777年までには、植民地開拓者の人々は敗北する可能性が
高いと思われました。植民地次官のウィリアム・ノックスは、これ以上
の反乱を防ぐために、「全国民の銃器を取り上げるべきだ」と命令し、
武器製造業者をアメリカに入れないようにしたのです。

※「見捨てられた我らの父」(P230〜P231)より引用しました。
----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
メールマガジン「バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

2021.10.11【米国】🇺🇸バイデン政権ワクチン義務化でパイロットらがストライキ❗️空港大混乱‼️【及川幸久−BREAKING−】

〈吹替版〉「自然免疫はワクチンより優れている」ファイザー社の科学者を覆面取材

〈吹替版〉「自然免疫はワクチンより優れている」ファイザー社の科学者を覆面取材

潜入取材のジャーナリストが接触したファイザー社の科学者は、ワクチンより自然免疫の方が優れている可能性が高いと述べています。

また、内部告発者が暴露したファイザー上層部のメールから、中絶された胎児の組織がワクチン開発に使われていることを一般に知られたくないという彼らの意図が明らかになりました。

※動画はリンク先にてご欄ください。

グレタ教で「失われた30年」が「失われた60年」に延長?太陽光パネルの乱開発で進む国土破壊と経済崩壊(釈量子)【言論チャンネル】

2021年10月11日月曜日

バレーヒルリポート 2021年10月11日(月)

 ★★★────────────────────────────────

バレーヒルリポート Valley Hill Report
<保守派クリスチャンのための時事情報メールマガジン>
                        2021年10月11日(月)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(5件)
★(二代王様み言葉)切実な心情で福音を伝える


───────────────────────────────────
本日のトピックス(5件)
───────────────────────────────────

■【ニュース・インサイト】強硬路線に転換か「一線を画した」茂木発言
https://www.valleyhill.report/2021/10/blog-post_11.html

----------------------------------------------------------------------

■【台湾】WSJがスクープ!米軍が極秘に台湾軍を訓練?! だがバイデン
政権がどう出るかは不明。緊張と混乱の台湾情勢
【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2021/10/20211010wsj.html

----------------------------------------------------------------------

■米紙 「米軍特殊部隊 1年以上前から密かに台湾駐留」
https://www.valleyhill.report/2021/10/1.html

----------------------------------------------------------------------

■【 Facts matter】ファイザー社ワクチン 5か月後に効果が47%に
https://www.valleyhill.report/2021/10/facts-matter-547.html

----------------------------------------------------------------------

■【Facts matter】新型コロナウイルスの起源について
https://www.valleyhill.report/2021/10/facts-matter_11.html


───────────────────────────────────
(二代王様み言葉)切実な心情で福音を伝える
───────────────────────────────────

ですから、私達は神様の心情を持って人に話をしたいと思います。
福音を伝えたいと思います。「地獄の王国に行くことはありません。
共に立ち上がって天国に行きましょう。政治サタン主義の共産主義の
地獄に行くことはありません。彼らは世界をそこに追いやろうとして
います。共に対抗して神様の王国に向かって行きましょう」と。
そのような心情が非常に重要です。神様の愛のために私達は強く動か
され、駆り立てられます。神様のみ言が私達の心情を貫きます。
骨の髄にまで貫かれるのです。どんな剣よりも鋭く貫きます。鍼治療
の針よりも深く。

ですからキリストは、死人はもう死んでいるのだと言います。今は
多くの生きた死人にみ言を説かなければならないのだと。今日滅んで
しまうのかも知れないのです。神様から離れてしまうかもしれません。
それで私達は人に話をします。それが福音主義、信仰の証し、魂の
獲得であり、人に話すということです。良い知らせを伝えようと
試みることです。良い知らせ。福音。キリスト自身が神様の王国と
して定めている神様の王国についての良い知らせです。
(鉄の杖の王国20 2018/7/8)

※「鉄の杖の王国 天一国創建のために」(P122)より引用しました。
----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
メールマガジン「バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

【ニュース・インサイト】強硬路線に転換か「一線を画した」茂木発言

2021.10.10【台湾】WSJがスクープ!米軍が極秘に台湾軍を訓練⁈だがバイデン政権がどう出るかは不明。緊張と混乱の台湾情勢🇹🇼【及川幸久−...

米紙 「米軍特殊部隊 1年以上前から密かに台湾駐留」

【 Facts matter】ファイザー社ワクチン 5か月後に効果が47%に

【Facts matter】新型コロナウイルスの起源について

2021年10月10日日曜日

バレーヒルリポート 2021年10月10日(日)

 ★★★────────────────────────────────

バレーヒルリポート Valley Hill Report
<保守派クリスチャンのための時事情報メールマガジン>
                        2021年10月10日(日)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(2件)
★(コラム)キリストに反逆する”政治的判断”


───────────────────────────────────
本日のトピックス(2件)
───────────────────────────────────

■2021/10/06 水曜礼拝(日本語訳) [Sanctuary Translation]
https://www.valleyhill.report/2021/10/20211006-sanctuary-translation.html

----------------------------------------------------------------------

■【十字路口】緊張高める中共軍台湾海峡で戦争は起こるか
https://www.valleyhill.report/2021/10/blog-post_10.html


───────────────────────────────────
(コラム)キリストに反逆する”政治的判断”
───────────────────────────────────

今日は二代王様が2015年に語られた「沈黙を破って」のみ言葉を
振り返りながら筆を執りたい。長くなるが一部を引用する。

『お父様の聖和後に、さらに深刻な問題に直面することになりま
した。その時、彼らの真実の姿を見ることになりました。

これはお父様が聖和された直後のバスの中で起きたことです。ある
指導者が話す内容を聞きました。その方は「お父様がみことばの
一文字も変えてはならなと命令された」と言いました。そして、
「教会の伝統も変えるなとお父様が仰った」とも発言しました。
「しかし、問題点がいくつかあるので、内容を編纂する委員会に
加わることに合意しました」と言うのです。

私はその場面を録音しておくべきでした。「お父様はするなと
言われた」といった直後に「私はする」と言ったのですから。
それを聞きながら、心いたく思わないのであれば、その人はどの
ような人でしょうか。私には理解できません。

その人は政治的に物事を処理したに過ぎないのです。彼らは金儲け
の事しか考えていないのです。お父様が聖和されてから、彼らは
更に権力を手に入れ、金儲けを進めようと考えているとしか、
私には思えませんでした。』
※三代王権 亨進様国進様のみ言(一)P4〜P5

ここでこの反逆者は「問題点がいくつかあるので」とキリストの
み言葉に反逆する言い訳をしている。このような言い訳は幾ら
でも考えられる。例えば、

日本は〇〇だから・・・
確かにみ言葉ではそうだが、現実には・・・

そんな言い訳が出そうになった時、どうかこの「沈黙を破って」
のみ言葉を思い出して欲しい。あなたの”政治的判断”が、進むべき
道を誤らせていないか、冷静に考えることが必要だ。

----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
メールマガジン「バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

2021/10/06 水曜礼拝(日本語訳) [Sanctuary Translation]

【十字路口】緊張高める中共軍台湾海峡で戦争は起こるか

2021年10月9日土曜日

バレーヒルリポート 2021年10月9日(土)

 ★★★────────────────────────────────

バレーヒルリポート Valley Hill Report
<保守派クリスチャンのための時事情報メールマガジン>
                        2021年10月9日(土)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(5件)
★(二代王様み言葉)左派を合理的に批判してはいけない


───────────────────────────────────
本日のトピックス(5件)
───────────────────────────────────

■日曜礼拝 2021/10/03 (日本語訳) [Sanctuary Translation]
https://www.valleyhill.report/2021/10/20211003-sanctuary-translation.html

----------------------------------------------------------------------

■【Facts Matter】自然免疫とワクチン義務化どちらが有効か
https://www.valleyhill.report/2021/10/facts-matter.html

----------------------------------------------------------------------

■新型コロナウイルス対策の科学的基準再設定について
【政党DIY→参政党 神谷宗幣×松田学】
https://www.valleyhill.report/2021/10/diy-109.html

----------------------------------------------------------------------

■武漢ウイルス研究所流出説に新事実。遺伝子操作で人間への感染力
を強める実験をしていた。トランプ、ポンペオの現在の見解?
(釈量子)【言論チャンネル】
https://www.valleyhill.report/2021/10/blog-post_61.html

----------------------------------------------------------------------

■金に操られる主流メディア─あなたの思考を操作する数十億ドル
の契約
https://www.valleyhill.report/2021/10/blog-post_90.html


───────────────────────────────────
(二代王様み言葉)左派を合理的に批判してはいけない
───────────────────────────────────

「お前達はなんて悪辣で非人道的な泥棒なのか!お前達はなんてひどい
強姦者なのか!お前達の哲学的な出発点は強姦だ!だからお前達が国を
作る度に大虐殺するではないか!」このようにしなければいけません。
「お前達が国を作れば、お前達だけが銃を所持して人々を殺し、言論の
自由も信教の自由もすべて禁止するだろう」こうでなければいけません。

どうしてですか?合理的な批判であれば、「お前達はあの国で失敗
しただろう、ベネズエラ、アルゼンチン、キューバ、ロシア、ドイツ
で失敗したじゃないか!」このように言っても、左派は決まって
「それは彼らが理想的な左派ではなかったからだ」と言います。
「彼らは理想的な共産主義ではなかったが、我々がやれば理想的な
共産主義になるはずだ」と言います。しかし左派と社会主義が根本的
にどれほど悪辣で非人道的な思想や哲学なのか、一番邪悪な哲学で
ある事実を暴露しなければなりません。「お前が左派になるなら、
お前は本当に悪い奴だ」と言わなければいけません。
(鉄の杖の王国8 2018/3/14)

左派の奴らは右派に対していつもそのようにします。「お前達は
悪い奴らだ。大学の学費を出したくないから貧しい人のことも
考えない」と。「お前達には心があるのか、良心もない冷たい奴
だ。貧しい子供達に奨学金を出そうともしない悪いモンスターだ」
と。いつもこのようになります。感情的に大騒ぎして資産だけを
集めようとする強欲な資本家というレッテルを貼ります。そして
そのような映画や漫画を作ると、愚かな若者達はそれに傾倒して
いきます。若い人は馬鹿で、学校で洗脳されているので、自分でも
知らずに傾倒していきます。

ですから、私達が左派を攻撃する時も、「君が左派を信じるなら、
君も本当に悪辣で非人道的な悪者だ。君はとても悪い人だ。君は
強盗のような性暴君者と同じ悪い人だ」と言わなければいけません。
そうすれば、奴らは自身の哲学の根本的な出発点を指摘されて
「私は道義的に良い人だ」と大っぴらに言えなくなります。
(鉄の杖の王国8 2018/3/14)

※「鉄の杖の王国 天一国創建のために」(P285〜P286)より
引用しました。
----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
メールマガジン「バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

日曜礼拝 2021/10/03 (日本語訳) [Sanctuary Translation]

【Facts Matter】自然免疫とワクチン義務化どちらが有効か

新型コロナウイルス対策の科学的基準再設定について【政党DIY→参政党 神谷宗幣×松田学】#109

武漢ウイルス研究所流出説に新事実。遺伝子操作で人間への感染力を強める実験をしていた。トランプ、ポンペオの現在の見解?(釈量子)【言論チャンネル】

金に操られる主流メディア―あなたの思考を操作する数十億ドルの契約

2021年10月8日金曜日

バレーヒルリポート 2021年10月8日(金)

 ★★★────────────────────────────────

バレーヒルリポート Valley Hill Report
<保守派クリスチャンのための時事情報メールマガジン>
                        2021年10月8日(金)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(2件)
★(コラム)論争ではなく祈りによって克服する


───────────────────────────────────
本日のトピックス(2件)
───────────────────────────────────

■【米国】アメリカでF***Joe Biden! コールが大流行!!
<急進左派vs中道派>民主党の内紛がますます深刻に。
【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2021/10/2021107fjoe-bidenvs.html

----------------------------------------------------------------------

■【遠見快評】史上最高収益あげた愛国映画に隠された嘘
https://www.valleyhill.report/2021/10/blog-post_8.html


───────────────────────────────────
(コラム)論争ではなく祈りによって克服する
───────────────────────────────────

思い返してみれば、私はこのメルマガを始めたのは、米大統領選挙が
きっかけである。当時の私は、トランプが勝利すればさまざまな問題
が解決するのだと勝手に思い込んでいた。

しかし目の前で、民主主義が踏み躙られ、米大統領職がサタンに簒奪
されるのを目にした時、誰かに頼っていたのではダメだと悟ったのだ。
キリストが私に命じられることを、そのまま実行しよう。例えドン・
キホーテのように愚かな振る舞いに見えるようなことであっても。

現在、本メルマガの読者は12名である。少ない人数で恥ずかしいと
思ったことは一度もない。毎日このような駄文に付き合って頂き、
とても感謝している。

今年もいろいろなことがあった。摂理的同時性に関しては、本ブログ
では、堂々と反対の論陣を張った。彼らは今どうしているだろうか?
目に見える成果を上げることができたのだろうか?キリストに頼らず、
人の知恵に溺れる輩は、いつか滅び去るのだと私は信じている。

では中央集権を叫んでいた輩はどうなったのだろうか?残念ながら
彼らはまだ健在である。しかしこの件に関しては、私は論争を挑まない。
私はこのような輩に対しては、祈りと憐みの心情を持って、克服する
しかないのだと強く信じている。

彼らは「どうして私は最初に創造されたのに、愛されないのだ」と
叫ぶサタンと同じなのだ。満たされない心を、他人を支配することで
満たそうとしている。

彼らはなぜ日曜礼拝から二代王様のみ言葉や説教を排除するのか?
自分の言葉にキリストのみ言葉以上の価値があるとでも思っている
のだろうか?

私は今日も、「天一国のための祈祷会」グループチャット(招待制)
のメンバー募集を呼び掛けたいと思う。このライングループは
「日曜礼拝では二代王様の説教を視聴する」メンバーだけを招待
したいと思っている。

中央集権的な奴隷制度の確立を目指す、聖殿内の反キリストの
グループとは一線を画し、二代王様のみ言葉に基づいた天一国の
信仰生活を目指したいと願っている。

本グループの要旨は以下の通りである。
(1) 天一国のために祈祷を奉げよう
(2) ニ代王様と三代王権のために祈祷を奉げよう
(3) 日曜礼拝では、二代王様の説教を視聴しよう
(4) 相互の恩恵を交換しよう

グループの主な活動は「祈祷会」の名前の通り、「祈り」を基本と
する。その上で、日々の実践活動による証しなど、恩恵交換をして
いきたいと願っている。

現在、ワクチンという名の悪魔が世界を跋扈している。私も微力な
がら千葉で反ワクチンの市民運動に参加している。しかし、暗黒の
時代を切り拓き、世界を救うことができるのは、キリストの力だけだ。
決して人の知恵ではない。

聖書にはこう書いてある。
キリストが私をお遣わしになったのは、バプテスマを授けさせる
ためではなく、福音を宣べ伝えさせるためです。それも、キリスト
の十字架がむなしくならないために、ことばの知恵によっては
ならないのです。(コリントI 1/17)

今こそ、聖殿のクリスチャンの熱い祈りが必要な時である。
いつも日本のどこかで聖殿の誰かが神様に祈っている。その小さな
祈りが、日本を救い、世界を救う第一歩となることを強く願っている。

※参加を希望される方は、お手数ですが、本メールに返信して頂くか、
下記メールアドレスまでご連絡頂けますようにお願い申し上げます。
valleyhill[at]oxmail.jp(西田)
※[at]は@に置き換えて下さい。

----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
メールマガジン「バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

2021.10.7【米国】🇺🇸アメリカでF***Joe Biden!コールが大流行‼️<急進左派vs中道派>民主党の内紛がますます深刻に。【及川...

【遠見快評】史上最高収益あげた愛国映画に隠された嘘

2021年10月7日木曜日

バレーヒルリポート 2021年10月7日(木)

 ★★★────────────────────────────────

バレーヒルリポート Valley Hill Report
<保守派クリスチャンのための時事情報メールマガジン>
                        2021年10月7日(木)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(6件)
★(コラム)「天一国のための祈祷会」グループチャットのお知らせ


───────────────────────────────────
本日のトピックス(6件)
───────────────────────────────────

■〈吹替版〉米NY市で教職員らがワクチン義務化に抗議
https://www.valleyhill.report/2021/10/ny.html

----------------------------------------------------------------------

■【米国経済】米国がハイパーインフレ!! ウォール街が恐る最悪の
シナリオ! もはや最大のリスクはパンデミックよりインフレの加速!!
【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2021/10/2021106_7.html

----------------------------------------------------------------------

■【十字路口】激化する党内対立 失敗した習近平暗殺計画
https://www.valleyhill.report/2021/10/blog-post_7.html

----------------------------------------------------------------------

■【ニュース・インサイト】失政のツケはいつも国民に厳しさ増す
電力事情
https://www.valleyhill.report/2021/10/blog-post_92.html

----------------------------------------------------------------------

■中国の深刻な電力不足 ロシアからの電力供給で解決か?
https://www.valleyhill.report/2021/10/blog-post_38.html

----------------------------------------------------------------------

■仏報告書 法輪功迫害の専門機関「610弁公室」の実態を暴露
https://www.valleyhill.report/2021/10/610.html


───────────────────────────────────
(コラム)「天一国のための祈祷会」グループチャットのお知らせ
───────────────────────────────────

今日から鉄の杖フェスティバルのために、多くの食口が渡米する。
私は渡米できないため、今回も日本から応援することになった。
大変申し訳ない気持ちでいっぱいである。

アメリカと世界が危機的な状況にある中で、私にとって唯一つの
希望はキリストである。私はこのメルマガで何度も、日曜礼拝では
二代王様の礼拝を視聴しよう、と訴えてきた。

必ずしも多くの賛同を得られた訳ではないことは、とても残念で
ある。しかしこれは今でも変わらない私の信仰的な確信でもある。
日曜礼拝から、二代王様のみ言葉を排除することは、亡国の道で
あり、信仰の危機である。

そこで私は今日、「天一国のための祈祷会」グループチャット
(招待制)のメンバー募集を呼び掛けたいと思う。

このライングループは、二代王様のみ言葉を中心にした信仰
グループである。また中央集権的な奴隷制度の確立を目指す
反キリストのグループとは一線を画し、二代王様のみ言葉に
基づいた天一国の信仰生活を目指すものである。

グループの主な活動は「祈祷会」の名前の通り、「祈り」を
基本とする。その上で、日々の実践活動による証しがあれば、
ぜひ恩恵交換をしていきたいと願っている。

本グループの要旨は以下の通りである。
(1) 天一国のために祈祷を奉げよう
(2) ニ代王様と三代王権のために祈祷を奉げよう
(3) 日曜礼拝では、二代王様の説教を視聴しよう
(4) 相互の恩恵を交換しよう

このような暗黒の時代だからこそ、聖殿のクリスチャンの熱い祈り
が必要である。いつも日本のどこかで聖殿の誰かが神様に祈っている。
その小さな祈りが、日本を救い、世界を救う第一歩となることを
強く願っている。

※参加を希望される方は、お手数ですが、本メールに返信して頂くか、
下記メールアドレスまでご連絡頂けますようにお願い申し上げます。
valleyhill[at]oxmail.jp(西田)
※[at]は@に置き換えて下さい。

----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
メールマガジン「バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

〈吹替版〉米NY市で教職員らがワクチン義務化に抗議

2021.10.6【米国経済】🇺🇸米国がハイパーインフレ‼️💰ウォール街が恐る最悪のシナリオ❗️もはや最大のリスクはパンデミックよりインフレの加...

【十字路口】激化する党内対立 失敗した習近平暗殺計画

【ニュース・インサイト】失政のツケはいつも国民に厳しさ増す電力事情

中国の深刻な電力不足 ロシアからの電力供給で解決か?

仏報告書 法輪功迫害の専門機関「610弁公室」の実態を暴露

2021年10月6日水曜日

バレーヒルリポート 2021年10月6日(水)

 ★★★────────────────────────────────

バレーヒルリポート Valley Hill Report
<保守派クリスチャンのための時事情報メールマガジン>
                        2021年10月6日(水)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(3件)
★(二代王様み言葉)人を助けるのは私達一人ひとりの役割


───────────────────────────────────
本日のトピックス(3件)
───────────────────────────────────

■【Facts Matter】米大手航空がワクチン不接種で593人解雇
https://www.valleyhill.report/2021/10/facts-matter593.html

----------------------------------------------------------------------

■【拍案驚奇】ミリー氏の中共への秘密通話は背信だったのか
https://www.valleyhill.report/2021/10/blog-post_6.html

----------------------------------------------------------------------

■【台湾】速報「中国が攻めてくる!」台湾外相、豪でTV出演!!
中国の台湾武力侵攻危機を訴える!【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2021/10/2021105tvbreaki.html


───────────────────────────────────
(二代王様み言葉)人を助けるのは私達一人ひとりの役割
───────────────────────────────────

イエス様は「中央集権の政府に行って政治家に投票させなさい」と言った
でしょうか。「お金を盗んでいながら良い事をしているふりをもっとする
ように」と言ったでしょうか。違います。「あなたも行って同じように
しなさい」と言われました。憐れみを委ねることを止め、代わりにやって
やろうと勧める政治家にそれを与えるのを止めなさいということです。
あなたがやりなさいという事です。善行を行う責任は私達自身にあります。
私達が隣人を愛します。政府には委ねません。自分達で隣人を助けに行き
ます。進んで隣人のために戦います。個人の責任です。政府によるもの
ではなくあなたによるものです。

テレビやインターネットを見てビデオゲームをやって何もしていないのに、
自分が支持して投票した政府が代わりにやるので、自分は人助けをして
いると良い気分になってはいけません。それは偽物です。人を助けに行く
のはあなたです。キリストの心情を持って行くのはあなたの役割です。

戦場の第一線で戦わなければならない人達のことを考えてみて下さい。
この人達は戦争で戦い、手当をして子供達を救わなければなりません。
店に置いていて、私も携帯している止血帯があります。RATS止血帯は
足や腕を吹き飛ばされた子供達を助けるために作られたのです。子供の
小さな手足を止血するためのものです。狂った石油戦争で吹き飛ばされ
た人を、特に小さな子供を救うために作られたものです。
(鉄の杖の王国21 2018/7/22)

※「鉄の杖の王国 天一国創建のために」(P194)より引用しました。
----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
メールマガジン「バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

【Facts Matter】米大手航空がワクチン不接種で593人解雇

【拍案驚奇】ミリー氏の中共への秘密通話は背信だったのか

2021.10.5【台湾】速報⚡️「中国が攻めてくる!」台湾外相、豪でTV出演‼️中国の台湾武力侵攻危機を訴える❗️🇹🇼【及川幸久−BREAKI...

2021年10月5日火曜日

バレーヒルリポート 2021年10月5日(火)

 ★★★────────────────────────────────

バレーヒルリポート Valley Hill Report
<保守派クリスチャンのための時事情報メールマガジン>
                        2021年10月5日(火)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(1件)
★(二代王様み言葉)信教の自由がある王国


───────────────────────────────────
本日のトピックス(1件)
───────────────────────────────────

■【米国思想リーダー】なぜ南米は貧困化したのか活動家
=アントネラ・マーティ氏へのインタビュー
https://www.valleyhill.report/2021/10/blog-post_82.html


───────────────────────────────────
(二代王様み言葉)信教の自由がある王国
───────────────────────────────────

神様は私達に信じることを強制しません。道が敷かれていて、そこで
神様を探しに行くようなものです。神様は信教の自由を認めています。
様々な宗教を探求しても良いのです。しかし、最終的にはその道を
通ってご自身にたどり着いて欲しいと願っています。キリスト教の王国
では信じることを強制されません。(鉄の杖の王国13 2018/4/22)

※「鉄の杖の王国 天一国創建のために」(P195-196)より引用しま
した。
----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
メールマガジン「バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

【米国思想リーダー】なぜ南米は貧困化したのか活動家 =アントネラ・マーティ氏へのインタビュー

2021年10月4日月曜日

バレーヒルリポート 2021年10月4日(月)

 ★★★────────────────────────────────

バレーヒルリポート Valley Hill Report
<保守派クリスチャンのための時事情報メールマガジン>
                        2021年10月4日(月)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(5件)
★(二代王様み言葉)王冠を奪われてはいけない


───────────────────────────────────
本日のトピックス(5件)
───────────────────────────────────

■【Facts Matter】NY州ワクチン不摂取で教師7800人が解雇
https://www.valleyhill.report/2021/10/facts-matterny7800.html

----------------------------------------------------------------------

■【拍案驚奇】フランスの報告書(四)世界を恐喝する中共の目的と
最終目標
https://www.valleyhill.report/2021/10/blog-post_4.html

----------------------------------------------------------------------

■【冗談じゃない】バイデン氏は、米中が冷戦ではないと述べたが、
実際にはこの衝突は冷戦よりも「熱い」もので、米軍は中共との直接
の軍事衝突を避けないからだ。
https://www.valleyhill.report/2021/10/blog-post_75.html

----------------------------------------------------------------------

■【米国経済】米国で異常なインフレ!!国内外への影響に懸念。
世界的エネルギー危機も、なぜ連銀はインフレを放置したのか?
《解説》【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2021/10/2021103_4.html

----------------------------------------------------------------------

■ノルウェー政府は今後、Covid-19の全ての予防措置を解除し、
インフルエンザと同様に扱うと示した
https://www.valleyhill.report/2021/10/covid-19.html


───────────────────────────────────
(二代王様み言葉)王冠を奪われてはいけない
───────────────────────────────────

私達は左派が主張するように、武装して政府と戦うように要求して
いるのではありません。私達はテロリストではありません。私達は
米国憲法に記された権利章典を100%支持しています。私達はアメリカ
合衆国の市民として、憲法上の権利を行使しています。それは聖書にも
あるように、私達が祈り、神様が私達に下さった主権の装具に感謝して
いるということです。黙示録3:11にあるように、誰にも王冠を奪われ
ないでください。クリスチャンでさ「なぜ王冠をかぶっているのですか?
イルミナティが王冠をかぶっています」と言います。誰にも奪われない
ために私達は王冠をかぶっています。

聖書は王冠を被りなさいと言っています。ですから私に続いて王冠を
かぶりなさい。私に文句を言わないで下さい。私はキリストから王冠を
授けられました。知っていますね?ですから、あなたをいじめて「なぜ
王冠をかぶっているのですか?カルトですか?」と言うクリスチャンに
立ち向かわねばなりません。「私はクリスチャンです」と。聖書はあなた
も含めて「冠を誰にも奪われないように」と言っています。分かります
か?神様が下さった主権と相続を、皆さんはキリストに従う王と王妃と
して、神様の王と王妃として手放してはいけません。
(鉄の杖の王国5 2018/2/18)

※「鉄の杖の王国 天一国創建のために」(P41)より引用しました。
----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
メールマガジン「バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

【Facts Matter】NY州ワクチン不摂取で教師7800人が解雇

【拍案驚奇】フランスの報告書(四)世界を恐喝する中共の目的と最終目標

【冗談じゃない】バイデン氏は、米中が冷戦ではないと述べたが、実際にはこの衝突は冷戦よりも「熱い」もので、米軍は中共との直接の軍事衝突を避けないからだ。

2021.10.3【米国経済】🇺🇸米国で異常なインフレ‼︎国内外への影響に懸念。世界的エネルギー危機も😱なぜ連銀はインフレを放置したのか?《解説...

ノルウェー政府は今後、Covid-19の全ての予防措置を解除し、インフルエンザと同様に扱うと示した

2021年10月3日日曜日

バレーヒルリポート 2021年10月3日(日)

 ★★★────────────────────────────────

バレーヒルリポート Valley Hill Report
<保守派クリスチャンのための時事情報メールマガジン>
                        2021年10月3日(日)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(5件)
★(二代王様み言葉)相応しいから相続するのではない


───────────────────────────────────
本日のトピックス(5件)
───────────────────────────────────

■2021/09/29 水曜礼拝(日本語訳) [Sanctuary Translation]
https://www.valleyhill.report/2021/10/20210929-sanctuary-translation.html

----------------------------------------------------------------------

■【米国】10月19日米国経済の壊滅!? バイデン政権資金ショートで
デフォルト(債務不履行)の可能性!! 民主党は内紛状態
【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2021/10/20211021019.html

----------------------------------------------------------------------

■【 ニュース・インサイト】ウォール街大物 北京訪問で何を話したのか
https://www.valleyhill.report/2021/10/blog-post_3.html

----------------------------------------------------------------------

■【遠見快評】岸田新体制で日中関係はどうなるか
https://www.valleyhill.report/2021/10/blog-post_23.html

----------------------------------------------------------------------

■【軍事】豪州が購入したバージニア級原潜の実力
https://www.valleyhill.report/2021/10/blog-post_47.html


───────────────────────────────────
(二代王様み言葉)相応しいから相続するのではない
───────────────────────────────────

皆さんは私の歩みをずっと見てきました。王座に座ることに大きな抵抗
を感じたりもしたのです。私は一番末の息子です。そこにいる若い人達
も分かるでしょう。そんなことはしたくないのです。私は他にも色々な
スキルを持ち、あらゆる格闘技を学んできた男です。それを人前では
見せませんでした。見せびらかすことが嫌だったのです。

しかしそうしなければなりませんでした。もしお父様の後継者、相続者
として席に着かなければ、お父様、神様の選びに応えなければ、その席に
サタンが座ります。だから私に選択の余地はありません。それが相続の
難しい所です。善人は往々にして謙遜です。謙遜だからいつも自分は
相応しくないという思いを持ちます。しかし、神様にはあなたが相応しい
かどうかは関係ありません。神様の判断基準にはならないのです。神様は
もっと他の基準で判断されるでしょう。我々が相応しいかどうか、そんな
ことが問題ではありません。もしそうなら、山ほどのサタンが「自分こそ
相応しい」と名乗りを上げるでしょう。むしろ、自分などとんでもないと
思うのを神様が取られるのかもしれません。「じゃあ、もう少しお前を
信じてみよう」となるのです。(鉄の杖の王国3 2018/1/14)

※「鉄の杖の王国 天一国創建のために」(P40)より引用しました。
----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
メールマガジン「バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

2021/09/29 水曜礼拝(日本語訳) [Sanctuary Translation]

2021.10.2【米国】10月19日米国経済の壊滅⁉️ 😱バイデン政権資金ショートでデフォルト(債務不履行)の可能性‼️民主党は内紛状態【及川...

【 ニュース・インサイト】ウォール街大物 北京訪問で何を話したのか

【 遠見快評】岸田新体制で日中関係はどうなるか

【軍事】豪州が購入したバージニア級原潜の実力

2021年10月2日土曜日

バレーヒルリポート 2021年10月2日(土)

 ★★★────────────────────────────────

バレーヒルリポート Valley Hill Report
<保守派クリスチャンのための時事情報メールマガジン>
                        2021年10月2日(土)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(4件)
★(二代王様み言葉)王は人々を守るために戦えなければいけない


───────────────────────────────────
本日のトピックス(4件)
───────────────────────────────────

■【文昭談古論今】米中両参謀長の密通一部始終 孟晩舟事件の影響
https://www.valleyhill.report/2021/10/blog-post_88.html

----------------------------------------------------------------------

■〈吹替版〉欧州のエネルギー危機 化石燃料を再検討
https://www.valleyhill.report/2021/10/blog-post_2.html

----------------------------------------------------------------------

■仏軍事学校報告書で中国の世界浸透手段が明るみに
https://www.valleyhill.report/2021/10/blog-post_5.html

----------------------------------------------------------------------

■【拍案驚奇】フランスの報告書(三)、中共がひた隠してきた
法輪功迫害情報が暴露
https://www.valleyhill.report/2021/10/blog-post_86.html


───────────────────────────────────
(二代王様み言葉)王は人々を守るために戦えなければいけない
───────────────────────────────────

皆さん、私達が考えている王と王妃は戦わないが、聖書に出てくる王と
王妃は戦います。戦争に出て戦うのです。ダビデ王は何をしましたか?
戦いました。サウル王は何をしましたか?戦いました。聖書では王は
武士なのです。そうではないですか?

王はただ座ってブドウを食べる人ですか?武士です。武士。アブラハム
もモーセも戦う戦闘者です。私達が考えている王のコンセプトは間違って
いるのです。神の国の王と王妃は将軍です。戦うことが出来ます。なぜ
でしょうか?平和軍・平和警察がなぜ戦わなければいけないかと言えば、
人々を保護いなければならないからです。戦えてこそ、保護出来るの
です。(鉄の杖の王国19 2018/6/27)

※「鉄の杖の王国 天一国創建のために」(P39)より引用しました。
----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
メールマガジン「バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

【文昭談古論今】米中両参謀長の密通一部始終 孟晩舟事件の影響

〈吹替版〉欧州のエネルギー危機 化石燃料を再検討

仏軍事学校報告書で中国の世界浸透手段が明るみに

【拍案驚奇】フランスの報告書(三)、中共がひた隠してきた法輪功迫害情報が暴露

2021年10月1日金曜日

バレーヒルリポート 2021年10月1日(金)

★★★────────────────────────────────

バレーヒルリポート Valley Hill Report
<保守派クリスチャンのための時事情報メールマガジン>
                        2021年10月1日(金)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(6件)
★(二代王様み言葉)天一国憲法だけが示すキリストの統治


───────────────────────────────────
本日のトピックス(6件)
───────────────────────────────────

■日曜礼拝 2021/09/26 (日本語訳) [Sanctuary Translation]
https://www.valleyhill.report/2021/10/20210926-sanctuary-translation.html

----------------------------------------------------------------------

■【米国思想リーダー】飢餓と抑圧が蔓延する北朝鮮
脱北者パク・ヨンミ氏へのインタビュー
https://www.valleyhill.report/2021/10/blog-post_1.html

----------------------------------------------------------------------

■【米国】次々と暴かれる大統領選の実態止まらないバイデン政権の
失策増大し続けるトランプの影響力!民主党筆頭に反トランプ勢力は
《トランプ復活》に備えよ!【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2021/10/2021930.html

----------------------------------------------------------------------

■【遠見快評】仏国防省が暴露 海外まで及んだ法輪功迫害
https://www.valleyhill.report/2021/10/blog-post_58.html

----------------------------------------------------------------------

■【拍案驚奇】世界中で展開される中共の世論工作の実態
https://www.valleyhill.report/2021/10/blog-post.html

----------------------------------------------------------------------

■独 セキュリティリスクで中国スマホ大手小米を調査 リトアニア
国防省の警告受け
https://www.valleyhill.report/2021/10/blog-post_84.html


───────────────────────────────────
(二代王様み言葉)天一国憲法だけが示すキリストの統治
───────────────────────────────────

天一国憲法だけがキリストの統治法を示しています。そこでは信仰者は
キリストと共に共同相続人です。王国では人々が裁き主に任命されるの
です。王国は鉄の杖で支配されますが、そこには主権と自由と責任が
あります。自由市場も言論の自由も結社の自由もある。天一国憲法だけ
が統治法を明らかにしているのです。これを理解して説教する聖職者は
世界に1人としていません。個人の武器所有の権利を定めた憲法修正
第2条を説教で話す人はいます。アメリカがなぜこのような憲法を
持っているのか、武器を所有すべきだと。これは1つの議論です。
しかしここでは神の王国について語っています。アメリカ市民として
あれやこれや話しているのではありません。神の王国の話をしている
のです。ただの1人もこの説教をしません。全世界を見渡しても誰も
いません。(鉄の杖の王国1 2017/12/31)

キリスト教のテレビ番組をご覧なさい。その世界に慣れないと奇妙なの
です。(テレビ牧師が)「神がこうしなさいと言いました」「神様が
啓示を下さいました」などと言います。それを見慣れていない人は唖然
とします。特にカトリック系の人は言葉を失くすでしょう。カトリック
では頂点の教皇から順番に階層がありますから。だから奇妙な感じが
します。しかしこれが今のキリスト教文化なのです。

それで、私が「神様が鉄の杖について啓示を与えて下さった」と言っても
おかしくないのです。奇妙じゃない。キリスト教文化に馴染みのない人に
は奇妙に聞こえるでしょう。キリスト教文化を知る者にはそうではあり
ません。まったくおかしく聞こえない。

神様は我々に鉄の杖の真実を啓示されたのです。天一国憲法を通して。
天一国憲法の中で輝いています。(鉄の杖の王国1 2017/12/31)

※「鉄の杖の王国 天一国創建のために」(P24〜25)より引用しました。
----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
メールマガジン「バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

Rod of Iron Freedom Festival 2020