2021年8月31日火曜日

バレーヒルリポート 2021年8月31日(火)

 ★★★────────────────────────────────

バレーヒルリポート Valley Hill Report
<保守派クリスチャンのための時事情報メールマガジン>
                        2021年8月31日(火)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(6件)
★(コラム)亡霊がヨーロッパを徘徊している、共産主義の亡霊が


───────────────────────────────────
本日のトピックス(6件)
───────────────────────────────────

■パリ・「衛生パス」反対デモ 7週連続での開催(8月28日)
https://www.valleyhill.report/2021/08/7828.html

----------------------------------------------------------------------

■パリ「衛生パス」反対デモ(2) 7週連続での開催(8月28日)
https://www.valleyhill.report/2021/08/2-7828.html

----------------------------------------------------------------------

■【焦点速達】8月15日のアフガン政府崩壊は、バイデン政権にとって
災難だった。それにより、中国共産党(中共)、ロシア、インドによる
新たな中央アジア地域のライバル関係が浮き彫りになった
https://www.valleyhill.report/2021/08/815.html

----------------------------------------------------------------------

■【新聞看点】カブール空港自爆テロ、バイデンに厳しい洗礼
https://www.valleyhill.report/2021/08/blog-post_31.html

----------------------------------------------------------------------

■【アフガニスタン】8.31脱出できない外国人がでたら、バイデン
アメリカの国際的信用は奈落の底へ・・・!!【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2021/08/2021830831breaking.html

----------------------------------------------------------------------

■〈吹替版〉3000人以上の医療従事者がバイデン政権を訴える
https://www.valleyhill.report/2021/08/3000.html


───────────────────────────────────
(コラム)亡霊がヨーロッパを徘徊している、共産主義の亡霊が
───────────────────────────────────

今日のコラムのタイトルは、1848年にマルクスとエンゲルスによって
書かれた「共産党宣言」の冒頭の一節だ。共産主義の亡霊は、今や
ヨーロッパだけでなく、世界中を闊歩している。

トピックスでは、パリのワクチンパスポート反対デモを取り上げた。
これと同じように私たちは今、間違っていると感じたことに対しては、
「それは間違っている!」と声を上げて叫ばなければならない。沈黙する
ことは、サタンへの協助と同じなのである。

このサタンは今や、アメリカでも、ヨーロッパでも、アジアでも暗躍
している。そしてサタンは聖殿にも侵入し、鉄の杖フェスティバル前の
聖徒の信仰を攪乱しようとしている。そのサタンの名とは「成約時代の
摂理的同時性」である。

著者の中村氏は、家庭連合時代に、赤い天聖経を作った張本人である。
本来であれば罪を犯したのと同じ期間、謹慎して沈黙を貫くべきだった。
しかし今や、サンクチュアリ教会内で、家庭連合で犯したのと同じ罪を
繰り返している。

「成約時代の摂理的同時性」を積極的に推進している主な教会は、以下の
4つである。まず本部教会である。その他に、東光聖殿教会(岩手)、
群馬教会、九州有明サンクチュアリ教会(福岡)が挙げられる。

この中の複数の教会で、日曜礼拝で「成約時代の摂理的同時性」の書籍を
ベースにした説教が行われた。このような礼拝は、本部教会でも行われた
ので、動画をご覧になられた方も多いだろうと思う。
https://youtu.be/qCsOE12yX7Y

YouTubeでは、視聴者が動画の評価を行うことができるのだが、この時の
礼拝は、高評価8、低評価68という、礼拝の動画としては、異例の数字を
叩き出した。礼拝を見た人の多くが違和感を感じる内容だったのである。

またある教会長は「成約時代の摂理的同時性」の訓読を行ったと報告を
している。しかしこれはおかしなことだ。私たちはかつて、真のお父様と
その後継者のみ言葉以外に対して「訓読」と言う用語を使ったことはない。

今やこの教会長は、キリストのみ言葉と、それ以外の区別すらつかなく
なっているのである。「成約時代の摂理的同時性」の問題は、真のお父様
のみ言葉、特に八大教材教本に対して、それ以外の言葉を付け加える行為
であり「分派活動」なのだ。

私たちは沈黙する羊ではない。私たちはキリストのために立ち上がった
戦士である。私たちは不正を見て沈黙する臆病者ではない。

混乱する世界の中で、二代王様が苦労の先陣を歩まれる中、私たちは
二代王様のみ言葉に従って歩まなければならない。決してサタンの言葉に
騙されてはならないのだ。

----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
メールマガジン「バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

パリ・「衛生パス」反対デモ 7週連続での開催(8月28日)

パリ「衛生パス」反対デモ(2) 7週連続での開催(8月28日)

【焦点速達】8月15日のアフガン政府崩壊は、バイデン政権にとって災難だった。それにより、中国共産党(中共)、ロシア、インドによる新たな中央アジア...

【新聞看点】カブール空港自爆テロ、バイデンに厳しい洗礼

2021.8.30【アフガニスタン】8.31脱出できない外国人がでたら、バイデンアメリカの国際的信用は奈落の底へ…‼️【及川幸久−BREAKING−】

〈吹替版〉3000人以上の医療従事者がバイデン政権を訴える

2021年8月30日月曜日

バレーヒルリポート 2021年8月30日(月)

 ★★★────────────────────────────────

バレーヒルリポート Valley Hill Report
<保守派クリスチャンのための時事情報メールマガジン>
                        2021年8月30日(月)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(3件)
★(コラム)死に瀕した世界


───────────────────────────────────
本日のトピックス(3件)
───────────────────────────────────

■【遠見快評】タリバンにアフガンにいるアメリカ人のリストを提供 、
中国共産党の政治運動は、いつも芸能界を皮切りに
https://www.valleyhill.report/2021/08/blog-post_30.html

----------------------------------------------------------------------

■【新聞看点】実子を7万元で売った 、中国女性の怪しい売先
https://www.valleyhill.report/2021/08/7.html

----------------------------------------------------------------------

■第3章 東側での大虐殺〈共産主義幽霊が世界を支配している〉EP3
https://www.valleyhill.report/2021/08/ep_30.html


───────────────────────────────────
(コラム)死に瀕した世界
───────────────────────────────────

私たちが生きてきた世界が今、死に瀕している。
自由に外出することができた世界が、当たり前の日常が失われつつある。

アフガニスタンはタリバンに乗っ取られ、中国が接近している。
しかしアメリカ撤退の動きは変わらない。なぜならアメリカの大統領は
サタンに簒奪されていて、バイデンがその職に就いているからだ。

あまりに過酷な現状が語られ、一度にみ言葉を全て読むことができない。
気を取り直して、再度み言葉に目を通してみる。
https://h2fanclub.blogspot.com/2021/08/21825_28.html

ワクチンを打たない方がいいよ、と誰かに伝えてみる。
しかしそのメッセージに返信は来ない。

この国では政府がワクチンを推奨しており、テレビも新聞もそれを
後押ししているのだから、私たちの小さな声は届かない。

息苦しくて死にそうだ。
しかしそれでも目を開けて、前進しなければならない。
明るい未来はない。見えるのは暗黒の未来だ。

今、私の目に映る唯一つの希望はキリストだけだ。

聖書にはこう書いてある。
不正を行う者はますます不正を行い、汚れた者はますます汚れを行い
なさい。正しい者はいよいよ正しいことを行い、聖徒はいよいよ聖なる
ものとされなさい。」
「見よ。わたしはすぐに来る。わたしはそれぞれのしわざに応じて
報いるために、わたしの報いを携えて来る。
(黙示22/11-12)

----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
メールマガジン「バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

【遠見快評】タリバンにアフガンにいるアメリカ人のリストを提供 、中国共産党の政治運動は、いつも芸能界を皮切りに

【新聞看点】実子を7万元で売った 、中国女性の怪しい売先

第3章 東側での大虐殺〈共産主義幽霊が世界を支配している〉EP3

2021年8月29日日曜日

バレーヒルリポート 2021年8月29日(日)

 ★★★────────────────────────────────

バレーヒルリポート Valley Hill Report
<保守派クリスチャンのための時事情報メールマガジン>
                        2021年8月29日(日)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(4件)
★(コラム)日曜礼拝では二代王様の説教を視聴しよう


───────────────────────────────────
本日のトピックス(4件)
───────────────────────────────────

■【 Facts Matter】FDA(米国食品医薬品局)が ファイザー、バイオン
テックのワクチンを正式に承認
https://www.valleyhill.report/2021/08/facts-matterfda.html

----------------------------------------------------------------------

■タリバン 中国共産党との接近は資金目当てか
https://www.valleyhill.report/2021/08/blog-post_56.html

----------------------------------------------------------------------

■〈吹替版〉米国 ファーウェイへの自動車用チップの販売を許可
https://www.valleyhill.report/2021/08/blog-post_29.html

----------------------------------------------------------------------

■第二章 始まりはヨーロッパ〈共産主義幽霊が世界を支配している〉EP2
https://www.valleyhill.report/2021/08/ep.html


───────────────────────────────────
(コラム)日曜礼拝では二代王様の説教を視聴しよう
───────────────────────────────────

今日のコラムのテーマは、ずばり「日曜礼拝では二代王様の説教を視聴
しよう」である。

「鉄の杖フェスティバル」に向けた内的備えとは何なのか、渡米する方も
そうでない方も、そのためにどうやって精誠を奉げていけば良いのか、
その第一歩が、二代王様の説教を視聴することだと思うのである。

もちろん自宅で見るのも良いのだが、各地域の信徒が集まった礼拝の場で、
二代王様の説教を視聴するのが一番良いのではないかと思う。

ほとんどの食口の方は既にご存じだと思うが、二代王様の説教を日本語に
翻訳して下さっている「Sanctuary Translation」というチャンネルを
紹介する。
https://www.youtube.com/channel/UCWyClUuQAm8ZxnUTaTuqdjw

私は実は正確には知らないのだが、アメリカの食口の方が、日本の食口の
ために二代王様の礼拝を翻訳して下さっているようだ。ペイパルで翻訳
チームの方のために送金をすることもできる。

この他に、これもどなたが運営していらっしゃるのか存じ上げないのだが、
「Saved Monk Outdoors Channel」というチャンネルがある。
https://www.youtube.com/channel/UCktnzPxCgr3klkUnV_moWgg/featured

二代王様の語られる王国の文化がどんなものなのか、その一端を窺い知る
ことができる素晴らしいチャンネルだ。もしこれらのチャンネルについて
詳しい方は、本紙に返信して頂くか、コメント欄にて補足して頂ければ、
大変ありがたい。

----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
メールマガジン「バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

【 Facts Matter】FDA(米国食品医薬品局)が ファイザー、バイオンテックのワクチンを正式に承認

タリバン 中国共産党との接近は資金目当てか

〈吹替版〉米国 ファーウェイへの自動車用チップの販売を許可

第二章 始まりはヨーロッパ〈共産主義幽霊が世界を支配している〉EP2

2021年8月28日土曜日

バレーヒルリポート 2021年8月28日(土)

 ★★★────────────────────────────────

バレーヒルリポート Valley Hill Report
<保守派クリスチャンのための時事情報メールマガジン>
                        2021年8月28日(土)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(4件)
★(コラム)二代王様のみ言葉を中心に、鉄の杖への備えをしよう


───────────────────────────────────
本日のトピックス(4件)
───────────────────────────────────

■松田学のニュース解説 政府、緊急事態宣言拡大、さらに分科会で
個人行動制限を求める声も・・
https://www.valleyhill.report/2021/08/blog-post_28.html

----------------------------------------------------------------------

■【時事縱?】米国、ウイルス発生源の調査報告が完成、北京が猛反発。
中共のウイルス陰謀論が次々と暴露された。
https://www.valleyhill.report/2021/08/blog-post_94.html

----------------------------------------------------------------------

■国会議員連盟「中国の人権侵害に対策を」
https://www.valleyhill.report/2021/08/blog-post_92.html

----------------------------------------------------------------------

■EP1 〈共産主義幽霊が世界を支配している〉 序章
https://www.valleyhill.report/2021/08/ep1.html


───────────────────────────────────
(コラム)二代王様のみ言葉を中心に、鉄の杖への備えをしよう
───────────────────────────────────

10月の「鉄の杖フェスティバル」が近づいて来た。
渡米される方もそうでない方も、毎日の祈祷を通して、また祈祷会や
日曜礼拝を通して、精誠を奉げていらっしゃると思うのである。

その中でも、各地域の信徒が、教会に集まって奉げる「日曜礼拝」の
重要性は、どれだけ強調しても、強調しすぎることはない。

私はこのコラムで、日曜礼拝について何度か取り上げてきた。
鉄の杖フェスティバル前の重要な時期であるからこそ、改めて日曜礼拝
についてぜひ考えて頂きたいと思うのである。

私はこう考える。日曜礼拝は、真のお父様のみ言葉、二代王様のみ言葉
の訓読を中心にして行われるか、あるいは二代王様の礼拝を視聴すべき
である。

今、本部教会ではいつも誰かが、ご自身の観点から説教をされている。
つまりこれが意味することは、「二代王様の説教は、自宅で暇な時に
見て下さい」「教会での公的な場では●●さんの説教を聞いて下さい」
と言うことになる。しかしこれは主観性転倒である。

もしその他に話すべき内容があるならば、説教とは別に「報告会」や
「講話」「証し会」などで補うべきである。あくまでも説教は、み言葉
を中心にすべきなのだ。

参考のためにぜひご覧になって頂きたい。
一例ではあるが、ここで大分聖殿の礼拝を取り上げたい。阿南教会長
はいつも真のお父様のみ言葉を訓読されているからだ。私はこれはとても
素晴らしい信仰の模範であると考える。
https://www.youtube.com/channel/UCEJ4B_gcy2-x0hIewwfSNWg/videos

またもう一つの例を挙げる。悪い例として各地方教会を実名で挙げる
のは躊躇われるので、本部教会を例にさせて頂く。ご覧になって頂くと、
その差は歴然としている。これらは全て説教とは別に「報告会」「講話」
「証し会」などで行うべきものばかりである。
https://www.youtube.com/channel/UC5R22q9LqZDe9B8DfH_g_vA/videos

ここで皆さまには、ぜひ考えて頂きたいことがある。
それは「成約時代の摂理的同時性」の書籍についてである。

この書籍を積極的に推進している教会は、どこも日曜礼拝で、二代王様の
説教の視聴や訓読ではなく、各教会長が独自で説教を行っている教会ばかり
である。

まず本部教会がそうである。東光聖殿教会(岩手)もそうである。群馬教会
もそうであるし、九州有明サンクチュアリ教会(福岡)もそうである。

この中のある教会では、日曜礼拝で「成約時代の摂理的同時性」の書籍を
ベースにした説教が行われた。またある教会では「成約時代の摂理的同時性」
の訓読を行ったと教会長が報告をしている。

しかし考えてみて頂きたい。そもそも一信徒が書いた書籍に対して、
「訓読」と言う用語を使用するのは不適切である。私たちはかつて、
真のお父様とその後継者のみ言葉以外に対して「訓読」と言う用語を
使ったことはない。

またリブフォーについても書いておきたい。どうして二代王様の説教集
より先に、信徒が書いた書籍が掲載されているのだろうか?
https://livefor.thebase.in/

これを信仰の混乱と言わずして、何を信仰の混乱と言うことができる
だろうか?この書籍の本質は、真のお父様のみ言葉、特に八大教材教本
に対して、その他の言葉を付け加える行為であり「分派活動」なのだ。

もう一度、本論に戻る。日曜礼拝は、真のお父様のみ言葉、二代王様の
み言葉の訓読を中心にして行われるか、あるいは二代王様の礼拝を視聴
すべきである。

鉄の杖フェスティバルまであと数回、日曜礼拝が行われる。
ぜひ二代王様のみ言葉の訓読、あるいは二代王様の説教の視聴を通して、
鉄の杖フェスティバルへの備えをして欲しい。私は一人の信徒として、
そのことを切実に願う。

----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
メールマガジン「バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

松田学のニュース解説 政府、緊急事態宣言拡大、さらに分科会で個人行動制限を求める声も・・

【時事縱橫】米国、ウイルス発生源の調査報告が完成、北京が猛反発。中共のウイルス陰謀論が次々と暴露された。

国会議員連盟「中国の人権侵害に対策を」

EP1 〈共産主義幽霊が世界を支配している〉 序章

2021年8月27日金曜日

バレーヒルリポート 2021年8月27日(金)

 ★★★────────────────────────────────

バレーヒルリポート Valley Hill Report
<保守派クリスチャンのための時事情報メールマガジン>
                        2021年8月27日(金)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(4件)
★(コラム)王国の礎


───────────────────────────────────
本日のトピックス(4件)
───────────────────────────────────

■日曜礼拝 2021/08/22 (日本語訳) [Sanctuary Translation]
https://www.valleyhill.report/2021/08/20210822-sanctuary-translation.html

----------------------------------------------------------------------

■2021/08/18 水曜礼拝(日本語訳) [Sanctuary Translation]
https://www.valleyhill.report/2021/08/20210818-sanctuary-translation.html

----------------------------------------------------------------------

■仏「ワクチンパスポート義務化」に抗議デモ、6週目突入
「フランス人を分断している」
https://www.valleyhill.report/2021/08/6.html

----------------------------------------------------------------------

■マルクス主義を批判した米軍将校が除隊 米大物議員
「危機感を抱いている」
https://www.valleyhill.report/2021/08/blog-post_27.html


───────────────────────────────────
(コラム)王国の礎
───────────────────────────────────

昨日、鉄の杖フェスティバルへの内的な備えとして「日曜礼拝」は
どうあるべきかというテーマを取り上げた。

私の結論は、日曜礼拝では、真のお父様、あるいは二代王様のみ言葉を
訓読するか、二代王様の礼拝動画を視聴すべき、と言うものである。
これが私たちが氏族メシア活動を行う際の基本姿勢だと考える。

これは私たちが日々の信仰生活の中で、キリストに仕えること、キリスト
の後継者に仕えることを身に着けるための基本となるからである。

終わりの日には、全ての聖徒が啓示を受け、預言をするようになる。
なぜならば聖書にはこう書いてあるからだ。

『神は言われる。終わりの日に、わたしの霊をすべての人に注ぐ。
すると、あなたがたの息子や娘は預言し、青年は幻を見、老人は夢を見る。
その日、わたしのしもべにも、はしためにも、わたしの霊を注ぐ。
すると、彼らは預言する。(使徒2/17-18)

しかし私たちの使命は、受けた啓示や、悟った内容を大声で叫ぶこと
ではない。キリストが再臨した時代の、信仰者の第一の使命はラッパに
なることではない。キリストに仕えることなのだ。

私たちは氏族メシアの使命を果たし、どんな王国を築こうとしているのか?
声が大きくて宣伝力のある国だろうか?北朝鮮や中国は、大きな声で自国の
プロパガンダを宣伝しているが、それらは全て嘘である。

重要なのは声の大きさではない。重要なのは中身である。
キリストのみ言葉を守る伝統、キリストに仕える伝統、公的に尽くす伝統を
備えた時、それらは必ず周囲に伝播される。これこそが王国の拡大への
唯一の道なのではないだろうか?

今回のトピックスで取り上げた水曜礼拝でも、エルダーさんは真のお父様
のみ言葉の訓読を行っている。
https://www.valleyhill.report/2021/08/20210818-sanctuary-translation.html

それに比べると、日本の幾つかの教会は本当に傲慢である。
真のお父様のみ言葉よりも、二代王様のみ言葉よりも、自分たちの
メッセージを発信している。

まあ他人の教会のことに口を出すのは止めよう。間違った人たちの行動は
反面教師にしよう。まずは自分たちの教会で、正しい礼拝を実践しよう。
これこそが未来の王国の礎になるのだ。

----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
メールマガジン「バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

日曜礼拝 2021/08/22 (日本語訳) [Sanctuary Translation]

2021/08/18 水曜礼拝(日本語訳) [Sanctuary Translation]

仏「ワクチンパスポート義務化」に抗議デモ、6週目突入「フランス人を分断している」

マルクス主義を批判した米軍将校が除隊 米大物議員「危機感を抱いている」

2021年8月26日木曜日

バレーヒルリポート 2021年8月26日(木)

 ★★★────────────────────────────────

バレーヒルリポート Valley Hill Report
<保守派クリスチャンのための時事情報メールマガジン>
                        2021年8月26日(木)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(5件)
★(コラム)「鉄の杖フェスティバル」への内的な備え


───────────────────────────────────
本日のトピックス(5件)
───────────────────────────────────

■【アフガニスタン】日本の自衛隊2機カブール空港へ!但し空港外
での移動支援は実地せず、現地日本人は無事空港へ辿り着けるのか!?
【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2021/08/20218252.html

----------------------------------------------------------------------

■米バージニア大学、ワクチン接種義務付けに従わない238人の学生
「登録を抹消」
https://www.valleyhill.report/2021/08/238.html

----------------------------------------------------------------------

■知られざる中国企業所有の米国企業
https://www.valleyhill.report/2021/08/blog-post_77.html

----------------------------------------------------------------------

■〈吹替版〉中国で厳しい個人情報保護法可決
https://www.valleyhill.report/2021/08/blog-post_9.html

----------------------------------------------------------------------

■中共の非人道的防疫措置で船員が上陸できず【禁聞】
https://www.valleyhill.report/2021/08/blog-post_78.html


───────────────────────────────────
(コラム)「鉄の杖フェスティバル」への内的な備え
───────────────────────────────────

今日のコラムは、日曜礼拝に関して、ぜひ皆様のご意見をお伺いしたい
と思い、書くことにした。

なぜなら毎日の祈祷会や、毎週の礼拝こそが、鉄の杖フェスティバルに
向けた、内的な備えだからである。実は私にはサンクチュアリに来てから、
ずっと感じている疑問がある。それは本部礼拝が、全国の模範になって
いないのではないか?という疑問だ。

本部ではいつも誰かが、ご自身の観点から説教をされている。
つまりこれが意味することは、「二代王様の説教は、自宅で暇な時に
見て下さい」「教会での公的な場では●●さんの説教を聞いて下さい」
と言うことになる。

しかしこれは本来は逆なのではないだろうか?より重要な二代王様の
み言葉こそが、教会の礼拝で重んじられるべきで、その他に話すべき
内容がある時は、「報告会」とか「講話」とか「証し会」などで補う
べきではないだろうか?

最近、私が非常に良いと感じているのは、アメリカでエルダーさんが
礼拝を担当する時に、お父様のみ言葉の訓読をされることだ。これは
とても素晴らしい信仰のお手本だと感じる。

その逆に最近、私がとても悲しいと思ったことは、ある地方教会では、
日曜礼拝で「成約時代の摂理的同時性」をベースに説教を行ったり、
また他の地方教会では、教会長が「成約時代の摂理的同時性」を訓読した、
などと報告していることだ。

そもそも、このような場面で「訓読」と言う用語を使用するのは不適切
である。私たちはかつて、真のお父様とその後継者のみ言葉以外に対して
「訓読」と言う用語を使ったことはない。これを信仰の混乱と言わずして、
何を信仰の混乱と言うことができるだろうか?

私たちはキリストのみ言葉、特に八大教材教本を基にして信仰生活を
送っていると思うが、もしこれ以外の言葉を付け加えるならば、教会は
分裂してしまう。つまり「成約時代の摂理的同時性」の問題の本質は、
これが「分派活動」だと言うことである。

私はここで多くの食口の皆様に呼びかけたい。鉄の杖フェスティバルに
向けた内的な備えは、二代王様のみ言葉に基づいて行われるべきである。

日曜礼拝では、二代王様のみ言葉を訓読するか、礼拝動画を視聴すべき
である。これはとても簡単で実践しやすく、自宅でも実行しやすい。
私たちが氏族メシア活動を行う際にベストな礼拝だと考える。
ぜひ皆様のご意見を頂戴したい。

----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
メールマガジン「バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

2021.8.25【アフガニスタン】日本の自衛隊2機カブール空港へ❗️🇯🇵👊但し空港外での移動支援は実地せず😨現地日本人は無事空港へ辿り着けるの...

米バージニア大学、ワクチン接種義務付けに従わない238人の学生「登録を抹消」

知られざる中国企業所有の米国企業

〈吹替版〉中国で厳しい個人情報保護法可決

中共の非人道的防疫措置で船員が上陸できず【禁聞】

2021年8月25日水曜日

バレーヒルリポート 2021年8月25日(水)

 ★★★────────────────────────────────

バレーヒルリポート Valley Hill Report
<保守派クリスチャンのための時事情報メールマガジン>
                        2021年8月25日(水)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(3件)
★(コラム)ヤコブの誓いと十一献金


───────────────────────────────────
本日のトピックス(3件)
───────────────────────────────────

■【 FactsMatter】米国、ワクチン不接種で航空機搭乗禁止に?
https://www.valleyhill.report/2021/08/factsmatter.html

----------------------------------------------------------------------

■米国に関与したアフガニスタン通訳者数千人が支援を要請
https://www.valleyhill.report/2021/08/blog-post_5.html

----------------------------------------------------------------------

■【焦点速達】ファーウェイ製の無料モニターがフランスの都市に
設置された。このモニターは侵入される恐れがあり、違法性が疑わ
れる機能が多数あるという。
https://www.valleyhill.report/2021/08/blog-post_89.html


───────────────────────────────────
(コラム)ヤコブの誓いと十一献金
───────────────────────────────────

今日のコラムは昔の思い出話だ。せひ気軽に読んで欲しい。

私は2016年からサンクチュアリ教会にいる。しかし2015年当時は
まだ混沌とした中にいた。ちょうどその頃、第四イスラエル研究会と
いう分派があり、彼らの説く成約原理やそのDVDにとても興味があった
のだが、縁がなくて彼らの理論を聞く機会がなかった。

当時、私は、第四イスラエル研究会の方が書いているブログをいつも
読んでいたのだが、ある時、彼らがペンシルベニアの二代王様を訪問
した時のエピソードが書かれていた。

それによると彼らがペンシルベニアを訪問した際に、十一条を求められ
たことが書かれていた。今まで日本は散々献金で苦労をしてきたのに、
この期に及んでまだ献金を要求するのかと、サンクチュアリ教会を批判
していた。

しかし記事を読んだ私の感想は全く違っていた。なぜなら十一条は
私たちにとって数千年に及ぶ信仰の伝統だからだ。キリストの後継者が
いるならば、そこに献金を奉げるのは当たり前なのではないか?
それが私の感想だった。実にこれが私がサンクチュアリ教会に来ること
になったキッカケなのである。

聖書には、ヤコブがエソウから命を狙われて、逃亡している時に誓った
内容が書かれている。私たちはアブラハム・イサク・ヤコブから続く
信仰の伝統を軽んじるべきではない。そこにはこう書いてある。

それからヤコブは請願を立てて言った。「神が私とともにおられ、私が
行くこの旅路を守り、食べるパンと着る着物を賜り、無事に父の家に
帰らせてくださり、こうして主が私の神となられるなら、石の柱として
立てたこの石は神の家となり、すべてあなたが私に賜る十分の一を
必ずささげます。」 (創世記28/20-22)

----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
メールマガジン「バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

【 FactsMatter】米国、ワクチン不接種で航空機搭乗禁止に?

米国に関与したアフガニスタン通訳者数千人が支援を要請

【焦点速達】ファーウェイ製の無料モニターがフランスの都市に設置された。このモニターは侵入される恐れがあり、違法性が疑われる機能が多数あるという。

2021年8月24日火曜日

バレーヒルリポート 2021年8月24日(火)

 ★★★────────────────────────────────

バレーヒルリポート Valley Hill Report
<保守派クリスチャンのための時事情報メールマガジン>
                        2021年8月24日(火)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(1件)
★(コラム)イベルメクチン


───────────────────────────────────
本日のトピックス(1件)
───────────────────────────────────

■イベルメクチンについて徹底解説
https://www.valleyhill.report/2021/08/blog-post_62.html


───────────────────────────────────
(コラム)イベルメクチン
───────────────────────────────────

今日のトピックスでは「イベルメクチンについて徹底解説」を取り上げた。
イベルメクチンは抗寄生虫薬だが、COVID-19の治療に効果があると言わ
れているからだ。

現在、政府はCOVID-19にはワクチンで対抗するしかないと言っているが、
かなり以前からイベルメクチンがCOVID-19に対して効果があると言われ
ていた。この他にもマラリア治療薬のヒドロキシクロロキンなども効果が
あると言われている。

しかしこれらの治療薬に関する情報は全く報道されておらず、私たちの
治療の際の選択肢としては示されていない。これは大変残念なことだ。

薬の個人輸入をしたことがない読者のために、私が利用している個人輸入
サイトを紹介する。日本国内にある事業者であり、特商法上の表記もされ
ている。イザという時には、自分と家族を守るための知恵も必要だ。
★アイドラッグストアー:https://www.idrugstore.jp/

----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
メールマガジン「バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

2021年8月23日月曜日

バレーヒルリポート 2021年8月23日(月)

 ★★★────────────────────────────────

バレーヒルリポート Valley Hill Report
<保守派クリスチャンのための時事情報メールマガジン>
                        2021年8月23日(月)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(4件)
★(コラム)コロナ問題を考える会-その2-


───────────────────────────────────
本日のトピックス(4件)
───────────────────────────────────

■【アフガン】バイデン政権はアフガン陥落シナリオを7月に知っていた?
【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2021/08/20218227breaking.html

----------------------------------------------------------------------

■アフガニスタンで市民へ発砲3人死亡 中共がタリバンに接近?
https://www.valleyhill.report/2021/08/blog-post_23.html

----------------------------------------------------------------------

■〈吹替版〉中共がタリバンを称賛「理性的になった」
https://www.valleyhill.report/2021/08/blog-post_99.html

----------------------------------------------------------------------

■中共が国外に「非合法的監獄」を設置か【禁聞】
https://www.valleyhill.report/2021/08/blog-post_44.html


───────────────────────────────────
(コラム)コロナ問題を考える会-その2-
───────────────────────────────────

昨日「コロナ問題を考える会」の千葉ミーティングに参加してきた。

コロナやワクチンの問題について「同じ地域に住む」有志と交流すること
は、とても有意義だと感じた。どんな社会運動でも、ネットだけでの
交流では不十分だ。実際に会って、お互いに顔を合わせて、連携を深める
ことが何よりも重要だと感じる。

子供へのワクチン接種の流れはとても危険な兆候だ。また世界中で
ワクチンパスポートの問題が現実化しつつある。今声を上げなければ、
もう二度と声を上げることができない社会になってしまうのではないか、
との危機感を感じる。

9月11日(土)には47都道府県の全ての地域で全国交流会を開催する予定
で、10月2日(土)には全国10万人デモ(目標)に向けて準備中だ。

各都道府県別のグループチャットがあるので、関心のある方には、ぜひ
積極的な参加を呼び掛けたい。
https://blackriverwing.org/47都道府県別グループチャット開設/

----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
メールマガジン「バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

2021.8.22【アフガン】バイデン政権はアフガン陥落シナリオを7月に知っていた?【及川幸久−BREAKING−】

アフガニスタンで市民へ発砲3人死亡 中共がタリバンに接近?

〈吹替版〉中共がタリバンを称賛「理性的になった」

中共が国外に「非合法的監獄」を設置か【禁聞】

2021年8月22日日曜日

バレーヒルリポート 2021年8月22日(日)

 ★★★────────────────────────────────

バレーヒルリポート Valley Hill Report
<保守派クリスチャンのための時事情報メールマガジン>
                        2021年8月22日(日)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(1件)
★(コラム)コロナ問題を考える会


───────────────────────────────────
本日のトピックス(1件)
───────────────────────────────────

■【遠見快評】台湾の戦う決心は?中共は戦争への準備?偽りの
「共同富裕」、毛沢東と同じ道歩む習近平。
https://www.valleyhill.report/2021/08/blog-post_22.html


───────────────────────────────────
(コラム)コロナ問題を考える会
───────────────────────────────────

今日は「コロナ問題を考える会」を紹介したい。
ただ今、9月11日(土)の全国交流会と、10月2日(土)のデモに
向けて準備中だ。

ワクチンパスポートは、ワクチンの接種状況によって人々を分断し、
人々を「家畜」のように管理しようとする政策であり、この世の
主権を維持しようとするサタンの発悪である。

私たちは今、声を上げなければ、その権利を永遠に失うかもしれない
瀬戸際に立たされている。

各県別のグループチャットがあるので、ぜひ参加を呼び掛けたい。
https://blackriverwing.org/47都道府県別グループチャット開設/

----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
メールマガジン「バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

【遠見快評】台湾の戦う決心は?中共は戦争への準備?偽りの「共同富裕」、毛沢東と同じ道歩む習近平。

2021年8月21日土曜日

バレーヒルリポート 2021年8月21日(土)

 ★★★────────────────────────────────

バレーヒルリポート Valley Hill Report
<保守派クリスチャンのための時事情報メールマガジン>
                        2021年8月21日(土)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(4件)
★(特別寄稿)お父様の原則とサンクチュアリ混乱回避 ※永田正治先生
よりご寄稿頂きました


───────────────────────────────────
本日のトピックス(4件)
───────────────────────────────────

■【Facts Matter】言論の自由はどこへ 拡がるビックテック検閲
https://www.valleyhill.report/2021/08/facts-matter_21.html

----------------------------------------------------------------------

■【時事縦横】ドバイに存在した 悪名高き中共「黒監獄」
https://www.valleyhill.report/2021/08/blog-post_87.html

----------------------------------------------------------------------

■【新聞看点】ドバイの中共秘密監獄に中国人女性が拘束
https://www.valleyhill.report/2021/08/blog-post_98.html

----------------------------------------------------------------------

■松田学のニュース解説 保健所による管理は限界!?軽症者は自宅療養へ
https://www.valleyhill.report/2021/08/blog-post_21.html


───────────────────────────────────
(特別寄稿)お父様の原則とサンクチュアリ混乱回避 ※永田正治先生
よりご寄稿頂きました
───────────────────────────────────

日本サンクチュアリ教会発行『成約時代の摂理的同時性』の2ページ
には、「ここに〈成約時代の摂理的同時性〉を解明し、三大王権の
正統性を立証し、〈統一原理〉を中心とする摂理史観を完成させる
今日的意義があるのです」。

148ページには、「ですから、文鮮明先生のみ言と〈統一原理〉に
よって解明された〈成約時代の摂理的同時性〉は、神様が成約聖徒に
与えて下さった真理の賜物と言えます」とあります。

この本は、実質、中村仁史さんが書かれたものです。皆さんの記憶に、
統一教会本部が出版した、ある人物が書いた本で、「成約摂理を解明
した」、「成約聖徒に神が与えた真理の賜物」などと豪語した本が
あったでしょうか。

これが許されるならば、今後、サンクチュアリ食口は、「成約摂理を
解明した」、「自分の本は天が与えた賜物」と、自由に誇っていいこと
になります。これは、サンクチュアリ教会の真理基準の崩壊です。
家庭連合や三男派すらもっと慎重だと思います。

考えてみて下さい。お父様の存命時、こんな本を、日本統一教会が
出版しましたなどと捧げたら、「お前たちが摂理を解明しただと!」と、
烈火のごとく叱責されたに違いありません。
お父様に捧げられないような本を、平気で二代王様に捧げました。

食口が、成約摂理の全体を解明した、と言ったら、王様は摂理の一部
を補足するのでしょうか? そもそも、摂理は、メシア・キリストと
正統後継者だけが解明することができ、それを食口に教えるものであり、
その反対はあり得ません。「成約摂理の解明」は、私たち信者が
踏み込んではならない禁じ手です。

摂理を解明したという本は、食口は喜ぶでしょう。しかし、摂理の
主人公にとっては、違います。これは、お父様や王様という、摂理
の主人公のお立場で考えなければ分かりません。食口の好みや、
教育や伝道を理由に考えてはなりません。ですから、お父様は、
日本食口が喜んで読んでいた益村公俊さんの摂理的同時性を認めず、
王様も、江利川会長のこの本の説明に沈黙しました。お褒めの
お言葉はありませんでした。

そのような混乱を防ぐため、お父様には原則がありました。自分の
観点で摂理的に重要な問題を話すときは、必ず「自分の意見」だと
断れ、というものです。ですから、李相憲先生を中心とする教授教会
では、自分の意見とことわり、極力、謙遜、控え目に発表しました。
神の言葉と、自分の意見を峻別したのです。そうすれば信仰の混乱は
ないのです。

この、お父様の原則から見ると『成約時代の摂理的同時性』は、
全く論外です。自分が摂理を解明し、その著作を神が与えた賜物と
したのです。こんな傲慢な本があるでしょうか。李相憲先生に
見せたら門前払いです。

『成約時代の摂理的同時性』のような問題が、未来のサンクチュアリ
教会に起きないためにも、私たちは、み言と自分の主張を峻別する、
お父様の原則を守る必要があります。

----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
メールマガジン「バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

【Facts Matter】言論の自由はどこへ 拡がるビックテック検閲

【時事縦横】ドバイに存在した 悪名高き中共「黒監獄」

【新聞看点】ドバイの中共秘密監獄に中国人女性が拘束

松田学のニュース解説 保健所による管理は限界!?軽症者は自宅療養へ

2021年8月20日金曜日

バレーヒルリポート 2021年8月20日(金)

 ★★★────────────────────────────────

バレーヒルリポート Valley Hill Report
<保守派クリスチャンのための時事情報メールマガジン>
                        2021年8月20日(金)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(7件)
★(コラム)黙って話を聴くだけの子羊にはならない


───────────────────────────────────
本日のトピックス(7件)
───────────────────────────────────

■日曜礼拝 2021/08/15 (日本語訳) [Sanctuary Translation]
https://www.valleyhill.report/2021/08/20210815-sanctuary-translation.html

----------------------------------------------------------------------

■仏で衛生パス反対デモ「黙って話を聴くだけの子羊にはならない」
https://www.valleyhill.report/2021/08/blog-post_96.html

----------------------------------------------------------------------

■ワクチンのスパイクタンパク問題
https://www.valleyhill.report/2021/08/blog-post_20.html

----------------------------------------------------------------------

■特番『消費税20%で0.01度気温低下!?IPCC第6次評価報告書
と不可能なカーボンニュートラル』ゲスト:(株)アゴラ代表取締役所長
池田信夫氏
https://www.valleyhill.report/2021/08/ipcc6_20.html

----------------------------------------------------------------------

■〈吹替版〉米アップル「児童性的虐待画像検出は誤解されている」
https://www.valleyhill.report/2021/08/blog-post_25.html

----------------------------------------------------------------------

■【遠見快評】 アフガン政権崩壊、勝者は誰?
https://www.valleyhill.report/2021/08/blog-post_17.html

----------------------------------------------------------------------

■【アフガニスタン】タリバンの制圧で露わになったアメリカ戦争
ビジネスの実態!日本国民の2兆円が米軍需産業とアフガン政府、
タリバンへ流出!!【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2021/08/20218192.html


───────────────────────────────────
(コラム)黙って話を聴くだけの子羊にはならない
───────────────────────────────────

今日のトピックスでも取り上げたが、ワクチンパスポートを巡って、
フランスで大規模デモが行われているとのニュースを見て、私は大きな
慰めを得た。そして日本でも、そして世界中でも、同じような取り組み
が必要であることを強く感じるのである。

ワクチンパスポートは一見すると「健康上の問題」をテーマにしている
ように見えるかもしれない。しかし実際にはそうではない。ワクチンの
接種状況によって人々を分断し、人々を「家畜」のように管理すること
が許されるのか否かの問題なのだ。だからこれは人権の問題であり、
信仰の問題なのだ。

どうしてワクチンの問題は報道されないのか?YouTubeでもFacebook
でもTwitterでも、ファクトチェックが入るのか?どうして科学的な議論
は無視され、推進派の意見だけが正当化されてしまうのか?どうして
反対派の意見は陰謀論扱いにされてしまうのか?

それはこれが、この世の主権を維持しようとするサタンの発悪であり、
アダムとエバを堕落させ、奴隷の立場に貶めようとする反キリストの
業であるからだ。私たちは今、声を上げなければ、その権利を永遠に
失うかもしれない瀬戸際に立たされているのである。

それから今日のトピックスでは、カーボンニュートラルの話題も取り
上げた。COVID-19の問題も収まらない中であるが、サタンは攻撃の
第二弾、第三弾を準備しているのである。

日本の二酸化炭素排出量は世界のわずか3%であり、日本国内で排出を
抑えても、世界的にはほとんど影響はない。しかしその反面、カーボン
ニュートラルを実施するためには膨大なコストが掛かることが予想され
ているのである。

私たちには今、善悪を見分ける目が必要である。
世界が混沌とする中、私たちに必要なのはキリストのみ言葉である。

聖書にはこう書いてある。
私たちの格闘は血肉に対するものではなく、主権、力、この暗やみの世界
の支配者たち、また、天にいるもろもろの悪霊に対するものです。
ですから、邪悪な日に際して対抗できるように、また、いっさいを成し
遂げて、堅く立つことができるように、神のすべての武具をとりなさい。
(エペソ6/12-13)

----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
メールマガジン「バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

日曜礼拝 2021/08/15 (日本語訳) [Sanctuary Translation]

仏で衛生パス反対デモ「黙って話を聴くだけの子羊にはならない」

特番『消費税20%で0.01度気温低下!?IPCC第6次評価報告書と不可能なカーボンニュートラル』ゲスト:㈱アゴラ代表取締役所長 池田信夫氏

〈吹替版〉米アップル「児童性的虐待画像検出は誤解されている」

【 遠見快評】 アフガン政権崩壊、勝者は誰?

2021.8.19【アフガニスタン】タリバンの制圧で露わになったアメリカ戦争ビジネスの実態❗️日本国民の2兆円が米軍需産業とアフガン政府、タリバ...

2021年8月19日木曜日

バレーヒルリポート 2021年8月19日(木)

 ★★★────────────────────────────────

バレーヒルリポート Valley Hill Report
<保守派クリスチャンのための時事情報メールマガジン>
                        2021年8月19日(木)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(3件)
★(コラム)「御国の福音は必ず成就する」について


───────────────────────────────────
本日のトピックス(3件)
───────────────────────────────────

■【アフガニスタン】米政府はアフガニスタン戦争について20年間
嘘をついてきた!戦争を長引かせることで儲かる者たちがいる
【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2021/08/202181920.html

----------------------------------------------------------------------

■アフガン人戦々恐々「タリバンは以前よりひどい」
https://www.valleyhill.report/2021/08/blog-post_19.html

----------------------------------------------------------------------

■米軍機内にアフガン人600人超 脱出支援に過負荷
https://www.valleyhill.report/2021/08/600.html


───────────────────────────────────
(コラム)「御国の福音は必ず成就する」について
───────────────────────────────────

本紙では、10月の「鉄の杖自由フェスティバル」という大切な行事が
目前であることに鑑みて、ひとまず中村氏の言説への批判を中断して
きたが、今般「御国の福音は必ず成就する-成約時代の摂理的同時性II-」
が発刊されたのに伴い、本紙としての態度を明確にしたい。
https://unification-principle.com/mokusiroku-pre1/

もちろん二代王様の裁定があるので、中村氏の研究も発表も発刊も自由
であろう。しかしその評価や論評も自由である。

第一弾の書籍「成約時代の摂理的同時性」にも多くの批判があったのに、
どうして渡米前の大切な時期に、このような書籍の第二弾を刊行したのか
について大きな疑問を感じる。

以前、書籍への批判に対して「反対者」などと暴言を吐く輩が一部には
いたが、渡米前にこのような書籍を強行する方が、摂理への「反逆者」
である。今、何が一番大切なのかよくわきまえて頂きたい。

聖書にはこう書いてある。
ユダヤ人はしるしを要求し、ギリシヤ人は知恵を追求します。
しかし、私たちは十字架につけられたキリストを宣べ伝えるのです。
ユダヤ人にとってはつまずき、異邦人にとっては愚かでしょうが、
しかし、ユダヤ人であってもギリシヤ人であっても、召された者にとっては、
キリストは神の力、神の知恵なのです。
なぜなら、神の愚かさは人よりも賢く、神の弱さは人よりも強いからです。
(コリントI 1/22-25)

----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
メールマガジン「バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

2021.8.19【アフガニスタン】米政府はアフガニスタン戦争について20年間嘘をついてきた!戦争を長引かせることで儲かる者たちがいる【及川幸久...

アフガン人戦々恐々「タリバンは以前よりひどい」

米軍機内にアフガン人600人超 脱出支援に過負荷

2021年8月18日水曜日

バレーヒルリポート 2021年8月18日(水)

 ★★★────────────────────────────────

バレーヒルリポート Valley Hill Report
<保守派クリスチャンのための時事情報メールマガジン>
                        2021年8月18日(水)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(3件)
★(コラム)日本(エバ国)の恨は残されたままに


───────────────────────────────────
本日のトピックス(3件)
───────────────────────────────────

■【ウイグル】中国が海外のウイグル人を拘束する秘密の収容所を
ドバイに持っている!ウイグル人を中国に強制送還している実態
【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2021/08/2021817_18.html

----------------------------------------------------------------------

■〈吹替版〉インフルエンサーを利用してワクチン接種を推進
=ホワイトハウスとファウチ氏
https://www.valleyhill.report/2021/08/blog-post_18.html

----------------------------------------------------------------------

■ダム大国中国で今何が 専門家「7割以上のダムに安全上の懸念」
https://www.valleyhill.report/2021/08/blog-post_58.html


───────────────────────────────────
(コラム)日本(エバ国)の恨は残されたままに
───────────────────────────────────

今日のコラムの表題は、大分聖殿の記事から頂戴した。
とても素晴らしい記事だったので、阿南様の許可を得て紹介させて頂く
ことにした。ぜひご一読をお勧めしたい。
https://sanctuaryooita.jp/blog-entry-491.html

『1999年3億6千万双祝福式を日本で行えず、真のお父様を日本にお迎え
することができなかった、エバ国家としての恨は残されたままであると
思います。それをどうすれば解放することができるのかと考えれば、
それは氏族的メシヤの勝利を核として展開した天一国創建の闘いだと
思います。なぜなら、その恨は氏族的メシヤの勝利をすることができず、
真のお父様を実体としてお迎えすることが出来なかったからです。』

『特に、氏族的メシヤとして任命されたものは、自分を含めて責任重大
であり、一刻も早く勝利の基準を立てなければと思うものです。氏族的
メシヤの宿命的使命を命ある限り、その目的に向かって挑戦し勝利しな
ければ永遠の恨を残すことになってしまいます。』

今私たちの歩みの中心が、氏族メシアであることは、おそらくどなたに
も異論はないだろうと思う。どうして口先の議論に終始し、前進しない
のか?それは私たちの中の誰もが、まだ氏族メシアを勝利していない
からだ。勝ったことがない者が、何を語ろうと言うのか?

だからこそ今、私たちにはキリストのみ言葉が必要なのだ。ただキリスト
だけが、この暗い世界に光をもたらす力を持っているのである。

誰かが考えた理論で伝道したり、氏族メシアに勝利したりすることが
できるとは思えない。神により頼む信仰、キリストにより頼む信仰こそ
が真の信仰であり、作られた思想、作られた理論により頼むのは、
偶像礼拝だ。だから今、渡米の前に一番必要なものは、涙の悔い改め
であるに違いない。

聖書にはこう書いてある。
なぜなら、この世の知恵は、神の御前では愚かだからです。こう書いて
あります。「神は、知者どもを彼らの悪賢さの中で捕える。」
また、次のようにも書いてあります。「主は、知者の論議を無益だと
知っておられる。」(コリントI 3/19-20)

----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
メールマガジン「バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

2021.8.17【ウイグル】中国が海外のウイグル人を拘束する秘密の収容所をドバイに持っている❗️ウイグル人を中国に強制送還している実態【及川幸...

〈吹替版〉インフルエンサーを利用してワクチン接種を推進=ホワイトハウスとファウチ氏

ダム大国中国で今何が 専門家「7割以上のダムに安全上の懸念」

2021年8月17日火曜日

バレーヒルリポート 2021年8月17日(火)

 ★★★────────────────────────────────

バレーヒルリポート Valley Hill Report
<保守派クリスチャンのための時事情報メールマガジン>
                        2021年8月17日(火)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(1件)
★(コラム)2021年鉄の杖自由フェスティバル−その2−


───────────────────────────────────
本日のトピックス(1件)
───────────────────────────────────

■2021/08/11 水曜礼拝(日本語訳) [Sanctuary Translation]
https://www.valleyhill.report/2021/08/20210811-sanctuary-translation.html


───────────────────────────────────
(コラム)2021年鉄の杖自由フェスティバル−その2−
───────────────────────────────────

今回も「鉄の杖自由フェスティバル」を取り上げる。
https://www.rodofironfreedomfestival.org/

前回の記事はこちら。
https://www.valleyhill.report/2021/08/2021813.html

今回も引き続き、昨年のフェスティバルの動画を見ながら、振り返って
見たいと思う。ぜひお気軽にご覧ください。

■Patriots for Trump Dinner Video 2020
https://www.valleyhill.report/2020/11/patriots-for-trump-dinner-video-2020.html

■Rod of Iron Freedom Festival 2020
https://www.valleyhill.report/2020/11/rod-of-iron-freedom-festival-2020.html

■Shooting Range: ROIFF
https://www.valleyhill.report/2021/02/shooting-range-roiff.html

■Brazilian Jiu-jitsu: ROIFF
https://www.valleyhill.report/2021/02/brazilian-jiu-jitsu-roiff.html

■Lighting the Flame of Freedom!
https://www.valleyhill.report/2021/02/lighting-flame-of-freedom.html

■Food Vendors
https://www.valleyhill.report/2021/02/food-vendors.html

■Gun Auction and Pastor Sean's Famous Book Signing
https://www.valleyhill.report/2021/02/gun-auction-and-pastor-seans-famous.html

■Themanspot, Vaughn NeVille
https://www.valleyhill.report/2021/02/themanspot-vaughn-neville.html

■Alan Keyes, Former US Ambassador to the United Nations
https://www.valleyhill.report/2021/02/alan-keyes-former-us-ambassador-to.html

■American Veterans Traveling Tribute
https://www.valleyhill.report/2021/03/american-veterans-traveling-tribute.html

■Dave Bray USA Concert
https://www.valleyhill.report/2021/03/dave-bray-usa-concert.html

■Burning of the Babylon Bonfire
https://www.valleyhill.report/2021/03/burning-of-babylon-bonfire.html


----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
メールマガジン「バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

2021/08/11 水曜礼拝(日本語訳) [Sanctuary Translation]

2021年8月16日月曜日

バレーヒルリポート 2021年8月16日(月)

 ★★★────────────────────────────────

バレーヒルリポート Valley Hill Report
<保守派クリスチャンのための時事情報メールマガジン>
                        2021年8月16日(月)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(1件)
★(コラム)アメリカ人は何故銃を所持するのか?


───────────────────────────────────
本日のトピックス(1件)
───────────────────────────────────

■【武漢研究所】WHO調査団トップが真相告発!武漢研流出説を報告書
に絶対に入れないよう中国が圧力かけて【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2021/08/2021816whobreaking.html


───────────────────────────────────
(コラム)アメリカ人は何故銃を所持するのか?
───────────────────────────────────

昨年の”鉄の杖自由フェスティバル”には、アメリカ大統領選挙の取材で
有名になった我那覇真子さんが取材に来た。多くの人がその動画を見たと
思うが、今回はその動画を改めて取り上げたい。
https://www.valleyhill.report/2020/10/blog-post_18.html

テーマは、アメリカ人は何故銃を所持するのか?である。
イベント広報担当のリージス・ハンナ氏のインタビューが興味深かった。
以下にその要旨を紹介する。

アメリカのメディアは7〜8の法人に支配されている。95%以上のジャーナ
リストはリベラルか左翼だ。大学でそのような教育が行われている。

銃で亡くなった人の統計があるが、まずほとんどが自殺である。銃で自殺
しなければ、他の方法で実行するだろう。暴力団の犯罪で言えば、麻薬が
関係している。暴力団の銃犯罪で大勢が殺されているが、麻薬に起因して
いる。

一般の銃所有者の死亡はとても少ない。3.3億人の人口からすると極端に
少ない。おそらく1年間に5〜6千人だろう。交通事故で6万人が亡くなって
いるが、事故死を防ぐために車を禁止すべきだろうか?

一般の銃保有者の方が、警察や軍人よりも安全である。なぜなら自発的に
訓練をしているからだ。訓練は厳しく、高度なものだ。所持数で考えたら、
事故はほとんど起きていない。人口より銃の数の方が多い。

憲法修正第2条は、とてもユニークなものだ。人間は神によって自己を守る
権利を与えられている。人間は神の像にかたどって創造された。自己防衛
の権利が与えられており、憲法にも書かれている。

左翼は犯罪者がいるから、誰かが家に侵入した自己防衛の権利があると、
だから修正第2条が必要だと言っている。それは確かにそうだ。しかし憲法
修正第2条の本当の目的は、専制政治から身を守るため、我々の権利を奪い
かねない政府から身を守るためのものだ。

アメリカ独立革命は、専制政治と対峙していた。ジョージ英国王は植民地
であるレキシントン・コンコードに兵を送り、1776年に銃を奪おうとした。
彼らはその魂胆を見抜き、それを拒否した。銃がなければ防衛できない。
我々を支配しようとし、富を奪い課税する。しかし拒絶する力がない。
だから絶対に自己防衛ができないといけない。

例えば日本は、憲法で武力を否定している。でも今は中国がいる。日本を
強烈に威嚇しているロシアもいる。日本は強硬な国々に囲まれていて、
自己防衛が可能にならないといけない。

バイデンとハリスは銃を取り上げると言っている。彼らは例えば半自動小銃
AR-15を攻撃用銃器(アサルトウェポン)と呼ぶ。
※注釈)アサルトライフルの本来の定義は、自動射撃は可能な軍事用小銃の
ことでAR-15は該当しない。銃規制を広げるために言葉の解釈を歪めている。

これはライフル銃だ。軍や警察が使うライフルと似ているが、大きな違いが
ある。自動ではないことだ。自動小銃は引き金を引くと弾が出続ける。
半自動は引き金を毎回引かないといけない。

バイデンは、アメリカから半自動小銃を全て取り上げると言っている。
個人的な身辺警護のためのピストルしか使わせないという意味だ。これが
左翼の意見だ。トランプは修正第2条を守ると明言している。権利を断固
守ってくれている。これが選挙の大きな争点だ。

「鉄の杖」とは聖書に由来している。新約聖書のヨハネ黙示録には、
キリスト復活の時に、鉄の杖で統治すると書かれている。残念ながら現実
にはサイコパスとして生まれてくる人間がいる。何が悪か分かる人はいる
けど、なぜ良心に従うべきかと知らない人がいる。だから防衛のためには
武器が必要だ。

キリストが世界を統治しても、我々自身が悪から身を守る必要がある。
我々は銃を信仰している訳ではない。神を信仰している。銃は身支度品で
ある。皆それぞれが自分の家の王だ。財産所有の権利がある。財産を守る
権利もある。これが王の権利だ。結婚して家庭を持っている人は王である
と言える。一家の主であり、家族の柱である。

多くの人がアメリカに来たがっている。自由の国アメリカに憧れている。
多くの国の政府は保証を約束する。教育を保証したり、大学進学を保証
する。補助金を出し、多くの保証をしてくれる。これは結果保証だ。
しかしその代わりに政府が力を持ち、自由は奪われてしまう。

これは選択だ。中国等の政府は多くのことを保証してくれる。でも自由
はない。常に監視だ。社会信用スコアというものがあって、いつも監視
され、検閲もある。何かあればスコアの点数が減ってしまう。

社会信用システムは良いと言う人がいるが、どうしてウルグアイの強制
収容所に200万人もの人間がいるのか?彼らは宗教弾圧されている。
どうしてクリスチャンを迫害するのか?生きている人間から無許可に
臓器収奪までしている。臓器を奪われた人間はそのまま放置され死んでいく。
これが共産主義の正体だ。人間から自由を奪い去る。

しかしアメリカは違う。結果は保証されない。保証されているのは
”機会の均等”だ。私は40年間宣教師をしてきた。チリ、メキシコにいた。
パナマには20年間いた。ラテンアメリカ中を旅した。日本、中国、台湾にも
行った。韓国やヨーロッパの国もいくつか、そしてイスラエルにも。

世界中でアメリカが一番差別がなかった。どんな人種でも歓迎される。
だから人々はここに来ようとしている。国境を越えようとしている。
グリーンカードを欲しがっている。それはアメリカが”機会の均等”を
保証する国だからだ。

ここに来て失敗する可能性もある。破産するかもしれない。でもまた
挑戦できる。苗字が何であろうと、肌の色も、人種も関係ない。努力
すれば出世できる。世界中の人間がアメリカに来たがっている。
”機会の均等”が保証されているから。これはユニークで特別な制度だ。
神が建国を助けてくれたからです。

※我那覇さんの取材に感謝します。
----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
メールマガジン「バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

2021.8.16【武漢研究所】WHO調査団トップが真相告発!武漢研流出説を報告書に絶対に入れないよう中国が圧力かけて【及川幸久−BREAKING−】

2021年8月15日日曜日

バレーヒルリポート 2021年8月15日(日)

 ★★★────────────────────────────────

バレーヒルリポート Valley Hill Report
<保守派クリスチャンのための時事情報メールマガジン>
                        2021年8月15日(日)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(3件)
★(コラム)二世の就職を考える


───────────────────────────────────
本日のトピックス(3件)
───────────────────────────────────

■【Facts Matter】 軍が兵士にワクチンを強制接種、未接種者は
給与から50ドル控除
https://www.valleyhill.report/2021/08/facts-matter-50.html

----------------------------------------------------------------------

■〈吹替版〉 中国の健康コードに異変 緑色が突然黄色や赤色に
市民がパニック
https://www.valleyhill.report/2021/08/blog-post_38.html

----------------------------------------------------------------------

■【ワクチン】米政府、免疫強化のためにワクチン3回目接種許可!
製薬会社は売上600億ドル!!【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2021/08/2021814600breaking.html


───────────────────────────────────
(コラム)二世の就職を考える
───────────────────────────────────

今回のコラムは問題提起だけするが、結論は出さない。
結論は出さない、と言うよりは、結論を出せないと言った方が正確だ。
ぜひご自身で考えてみて頂きたい。

最近ある食口とお会いした時に、ある二世の就職について聞いた。
その二世はとても優秀な方で、とても有名な外資系のグローバル企業
に内定したとのことだった。このような有名企業に入社できるのは、
優秀なエリートだけだ。

したがって本人や家族は誇りに思っているはずだし、私も讃美したい
気持ちなのだが、とても複雑な気持ちになってしまった。なぜなら
私はその会社のことを少しだけだが知っていたからだ。

社員食堂にはレインボーカラーが掲示され、LGBT(レズビアン、ゲイ、
バイセクシュアル、トランスジェンダー)への差別をなくそう、と
呼びかけが行われている。もちろんどのような状況でも差別はダメで
ある。しかしここでの”差別”とは、何を意味するのだろうか?

聖書にはこう書いてある。
神はこのように、人をご自身の形に創造された。神のかたちに彼を創造し、
男と女とに彼らを創造された。(創世記 1/27)

聖書には「神様は、男、女、レズ、ゲイ、バイセクシャル、トランス
ジェンダーを創造された」などとは書かれていない。したがってLGBT
推進派にとって、聖書とは「差別を助長するけしからん書物だ」という
論理になるのだ。

また従業員トイレには「流し忘れにご注意ください」と大きく警告の
表示がされている。私はこれを見た時、思わず笑い出しそうになった。
「お尻の拭き忘れにご注意ください」とは注意しないのだろうか?

幸いなことに、私はトイレで大便をした後、流し忘れたことは一度も
ない。ほとんどの人がそうだと思う。それなのに日本の最高学府を卒業
した人たちが、「流し忘れにご注意ください」と注意されなければ
ならない状態に置かれているのである。

この会社では一体どれだけ多くの人がストレスに冒され、精神的に
病んでいるのだろうか?そう考えただけでも恐ろしくなる。

就職先の決定はとても難しい。今までは少しでも成績を上げて、
少しでも偏差値の高い大学を目指す、という単純な指標だけで決め
られたのに、就職になるといきなり指標が複雑になってしまう。

これからの時代は、会社によっては、ワクチンを接種していない人は
出社不可などと言うことになるかもしれない。あらゆる可能性を考え、
自分のポリシーを貫くことのできる選択肢を模索することだ。

あなたの身体は”神の宮”である。危険なワクチンを接種するべきでは
ない。また反聖書的な信条を強制されるべきでもない。
信仰を守るには、よく祈って道を模索するしかない。

----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
メールマガジン「バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

【Facts Matter】 軍が兵士にワクチンを強制接種、未接種者は給与から50ドル控除

〈吹替版〉 中国の健康コードに異変 緑色が突然黄色や赤色に 市民がパニック

2021.8.14【ワクチン】米政府、免疫強化のためにワクチン3回目接種許可❗️製薬会社は売上600億ドル‼️【及川幸久−BREAKING−】

2021年8月14日土曜日

バレーヒルリポート 2021年8月14日(土)

 ★★★────────────────────────────────

バレーヒルリポート Valley Hill Report
<保守派クリスチャンのための時事情報メールマガジン>
                        2021年8月14日(土)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(1件)
★(コラム)社会に浸透する反キリストの思想


───────────────────────────────────
本日のトピックス(1件)
───────────────────────────────────

■米で出生証明書から消える「性別」欄、物議醸す
https://www.valleyhill.report/2021/08/blog-post_14.html


───────────────────────────────────
(コラム)社会に浸透する反キリストの思想
───────────────────────────────────

アメリカ医師会(AMA)が、出生証明書の性別表記を廃止するよう
求めている。これは6月に同医師会の評議員会で採択されたもので、
公的証明書である出生証明書に出生時の性別を記録することは、
差別の可能性があるとしている。

アメリカ医師会の諮問委員会は、性別を出生証明書に記載することは、
性別が不変であるという見解を永続させ、性自任における医学分野を
認識しておらず、また性別を分けるシステムを押し付けることは、
自己表現やアイデンティティを抑圧するリスクがあると指摘した。

これはまったく恐ろしい思想である。これは性別は神様による創造では
なく、自分で選ぶもの、という狂った価値観であり、聖書の教えを
真っ向から否定するものだ。性別は神様の創造によって与えられた
ものであり、自分で選択するものではない。

聖書にはこう書いてある。
神はこのように、人をご自身の形に創造された。神のかたちに彼を
創造し、男と女とに彼らを創造された。(創世記 1/27)

しかしこのような狂った思想が、徐々に浸透している。
例えばテレビではどうか?今やテレビでは、男か女か分からない人が
大勢出ている。一例を挙げれば、マツコ・デラックスはどうか?
彼は人気タレントであるが、その実態は「変態のおじさん」である。
そもそもテレビに出るような存在ではないのだ。

また別の例を挙げれば、お茶の水女子大学がある。
ここは日本最高峰の女子大学であるが、2020年からトランスジェンダー
の学生を受け入れている。戸籍又はパスポート上は男性であっても、
本人の性自認が女性であれば受験できるのだ。
参照)https://www.ocha.ac.jp/news/20190528.html

男性と女性は、神様が作ったものであり、その区別は厳格であるべき、
という当たり前の思想が今、試練を受けている。私たちがキリストの
教えに立ち返るべき理由である。

----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
メールマガジン「バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

米で出生証明書から消える「性別」欄、物議醸す

2021年8月13日金曜日

バレーヒルリポート 2021年8月13日(金)

 ★★★────────────────────────────────

バレーヒルリポート Valley Hill Report
<保守派クリスチャンのための時事情報メールマガジン>
                        2021年8月13日(金)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(5件)
★(コラム)2021年鉄の杖自由フェスティバル


───────────────────────────────────
本日のトピックス(5件)
───────────────────────────────────

■日曜礼拝 2021/08/08 (日本語訳) [Sanctuary Translation]
https://www.valleyhill.report/2021/08/20210808-sanctuary-translation.html

----------------------------------------------------------------------

■【国連のデータ捏造発覚!】知らないのは日本人だけ?東大名誉教授
が語る“地球温暖化の嘘”
https://www.valleyhill.report/2021/08/blog-post_83.html

----------------------------------------------------------------------

■【IRカジノ】菅政権、日本カジノ立国へ!?東京五輪跡地にIR誘致!!
【誘致表明:4市府県・誘致検討:2都県】【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2021/08/2021812irirbre.html

----------------------------------------------------------------------

■専制政治を行う中共政権と国際社会の価値観が国際舞台で再び対立して
います。中国の王毅外相は、日米に対し「デマを飛ばしている」「言って
おくが、そんなことは諦めてくれ」と罵倒しました。
https://www.valleyhill.report/2021/08/blog-post_13.html

----------------------------------------------------------------------

■【遠見快評】コロナ隠蔽過程で石正麗氏がついた8回の嘘
https://www.valleyhill.report/2021/08/8.html


───────────────────────────────────
(コラム)2021年鉄の杖自由フェスティバル
───────────────────────────────────

今年の「鉄の杖自由フェスティバル」まで、あと2ヶ月となった。

そこで今回は、昨年のフェスティバルの動画を見ながら、振り返って
見たいと思う。ぜひお気軽にご覧ください。

■鉄の杖自由フェスティバル2020
https://www.valleyhill.report/2020/11/rod-of-iron-freedom-festival-2020_1.html

■オープニング・セレモニー
https://www.valleyhill.report/2020/11/opening-ceremony-full-version-rod-of.html

■フリーダム・アワーズ
https://www.valleyhill.report/2020/11/freedom-awards-full-version-rod-of-iron.html

■ガン・オークション
https://www.valleyhill.report/2020/11/gun-auction-rod-of-iron-freedom.html

■ガン・ファッション・ショー
https://www.valleyhill.report/2020/11/gun-fashion-show-rod-of-iron-freedom.html

その他の動画は、また次の機会にお送りします。
お楽しみに。

----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
メールマガジン「バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

日曜礼拝 2021/08/08 (日本語訳) [Sanctuary Translation]

【国連のデータ捏造発覚!】知らないのは日本人だけ?東大名誉教授が語る“地球温暖化の嘘”

2021.8.12【IRカジノ】菅政権、日本カジノ立国へ⁉️東京五輪跡地にIR誘致‼︎【誘致表明:4市府県・誘致検討:2都県】【及川幸久−BRE...

専制政治を行う中共政権と国際社会の価値観が国際舞台で再び対立しています。中国の王毅外相は、日米に対し「デマを飛ばしている」「言っておくが、そんな...

【遠見快評】コロナ隠蔽過程で石正麗氏がついた8回の嘘

2021年8月12日木曜日

バレーヒルリポート 2021年8月12日(木)

 ★★★────────────────────────────────

バレーヒルリポート Valley Hill Report
<保守派クリスチャンのための時事情報メールマガジン>
                        2021年8月12日(木)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(4件)
★(コラム)キリストに従う信仰


───────────────────────────────────
本日のトピックス(4件)
───────────────────────────────────

■【Fact Matters】米国内iphoneをスキャン プライバシーに懸念
https://www.valleyhill.report/2021/08/fact-mattersiphone.html

----------------------------------------------------------------------

■【東欧】台湾名称巡りリトアニアvs中国の対立勃発!焦って怒り狂う
中国CAI 中欧投資協定破棄へつながるか!?日本はRCEP破棄を!!
【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2021/08/2021811vscai-rcep.html

----------------------------------------------------------------------

■イスラエル医師「ワクチンの効果は薄れつつある」
https://www.valleyhill.report/2021/08/blog-post_93.html

----------------------------------------------------------------------

■「中国は数年後に核兵器で米国を威圧できる」専門家が警告
https://www.valleyhill.report/2021/08/blog-post_53.html


───────────────────────────────────
(コラム)キリストに従う信仰
───────────────────────────────────

今日のテーマは「キリストに従う信仰」です。
最初に聖書の引用から始めます。
神は仰せられた。「ここに近づいてはいけない。あなたの足のくつを脱げ。
あなたの立っている場所は、聖なる地である。」(出エジプト3/5)

これは神様が初めてモーセの前に現れた時に語ったみ言葉です。
神様のみ言葉には永遠の価値があります。出エジプトは、もう3千年以上も
昔の出来事ですが、このみ言葉は、今でも私たちに信仰者の姿勢について
教えてくれているのです。

また聖書にはこう書いてあります。
『神は言われる。終わりの日に、わたしの霊をすべての人に注ぐ。
すると、あなたがたの息子や娘は預言し、青年は幻を見、老人は夢を見る。
その日、わたしのしもべにも、はしためにも、わたしの霊を注ぐ。
すると、彼らは預言する。(使徒2/17-18)

今は終末です。キリストが再臨し、新しい聖徒がみ旨を歩む時、神様が
聖徒に対して何も語らないことがあるでしょうか?そうです。私たちは
公的にも私的にも、多くの啓示を受けながら歩んできたのです。
あなたもそうではないですか?誰しもがそうなのです。

しかし再臨時代の聖徒の使命は、受けた啓示や、悟った内容を大声で
叫ぶことではありません。今の私たちの使命は、キリストに従うこと
であり、キリストの後継者に従うことなのです。

受けた啓示や、悟った内容が、どれほど価値のある内容だったとしても、
キリストのみ言葉には及ばないのです。これが信仰における秩序なの
です。

また聖書にはこう書いてあります。
だから、収穫まで、両方とも育つままにしておきなさい。収穫の時期に
なったら、私は刈る人たちに、まず、毒麦を集め、焼くために束にしな
さい。麦のほうは、集めて私の倉に納めなさい、と言いましょう。』」
(マタイ13/30)

今、全ての撒かれた種が、収穫の時期を迎えています。
あなたの今までの信仰生活が、神様のみ言葉の種を育んできたもので
あったのか、毒麦の種を育んできたものであったのか、今、明確に
されようとしています。

あなたはキリストによって救われた者なのですか?
それともキリストを救おうとする者なのですか?
あなたはキリストから教えを受ける者なのですか?
それともキリストに何かを教えようとする者なのですか?
その答えは明白であり、私たちが取るべき立場も明白です。

私は過去、数回に渡り、「統一原理マスタークラブ」の中村氏の言説
を、実名を挙げて大きく批判してきました。しかし敢えて、中村氏の
活動を止める気はありません。このような言説に惑わされ、同調して
キリストに反逆する追随者が出るのも止むを得ません。

なぜなら、誰しもが撒いた種を刈り取らなければならないからです。
しかし私たちが歩むべき道は変わりません。キリストに従うこと、
キリストの後継者に従う道こそが正道であり、他の人の言葉に従う道
は邪道であり、滅びの道なのです。

----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
メールマガジン「バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

【Fact Matters】米国内iphoneをスキャン プライバシーに懸念

2021.8.11【東欧】台湾名称巡りリトアニアvs中国の対立勃発❗️焦って怒り狂う中国CAI 中欧投資協定破棄へつながるか⁉️日本はRCEP破...

イスラエル医師「ワクチンの効果は薄れつつある」

「中国は数年後に核兵器で米国を威圧できる」専門家が警告

2021年8月11日水曜日

バレーヒルリポート 2021年8月11日(水)

 ★★★────────────────────────────────

バレーヒルリポート Valley Hill Report
<保守派クリスチャンのための時事情報メールマガジン>
                        2021年8月11日(水)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(2件)
★(コラム)二つの信仰観


───────────────────────────────────
本日のトピックス(2件)
───────────────────────────────────

■2021/08/04 水曜礼拝(日本語訳) [Sanctuary Translation]
https://www.valleyhill.report/2021/08/20210804-sanctuary-translation.html

----------------------------------------------------------------------

■【ワクチンパス】「奴隷証明と同じ」各国ワクチンパスポート義務化
で進む監視・全体主義社会!日本は経団連がワクチンパスの義務化導入
を政府に要請!!【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2021/08/2021810_11.html


───────────────────────────────────
(コラム)二つの信仰観
───────────────────────────────────

今日は二つの信仰観というテーマを取り上げる。
一つはキリストに従う信仰であり、もう一つはキリストに抗う信仰で
ある。「抗う」と言うのは「争う」「抵抗する」と言う意味である。

キリストに抗う者は反キリストであり、信仰とは言えないのではない
か?と疑問を持たれるに違いない。その通りである。ではなぜこれを
信仰の一類型として取り上げるのか?

それは反キリストは、自ら反キリストと名乗ることはなく、従順な
信仰者を装って、キリストに反逆するからである。

■「キリストに従う信仰」の一例として、私はエルダー氏の行った
水曜礼拝を取り上げたいと思う。
https://www.valleyhill.report/2021/08/20210804-sanctuary-translation.html

今回の礼拝で、エルダー氏はみ言葉の訓読を行っている。これは
とても素晴らしいお手本を示されていると思う。

私たちはクリスチャンとして、キリストに従うことを誓っているが、
しかしその反面、私たちは自分なりの信仰観や、自分なりの考えも
持っているものである。別にそれが悪いと言っているのではない。

しかし礼拝の時には、自分なりの信仰観や、自分なりの考えを、
まずは一旦捨てて、キリストのみ言葉を訓読しながら、改めて
自分自身を見つめ直すことが重要なのである。これは「私の指し
示す地に行け」と言われた時に、盲目的に従ったアブラハムの信仰
の相続なのだ。

■「キリストに抗う信仰」の一例として、私は「統一原理マスター
クラブ」の中村氏の言説を取り上げたいと思う。
https://unification-principle.com/seiyakudouzisei-hokou3/

中村氏は、成約時代の摂理的同時性の補講として『兄弟のいる
文鮮明先生が無原罪である原理的理由』というテーマを取り上げて
いる。

ところで真のお父様は、ご自身がどういった霊的摂理の基台の上で、
無原罪で誕生されたのかについて語られたことがない。これは
神とキリストの領域であって、私たちが踏み込むべき領域ではない
からである。

一例であるが、科学的知見を得るために科学者は多くの研究を行う。
しかしそこには倫理的な制約が伴うものである。例えば人体実験は
許されない。人には踏み越えてはならない一線があるのだ。

中村氏の言説は、信仰者としての倫理的な一線を踏み越えている。
これはキリストの権威の絶対性を汚し、その価値を否定するもの
である。これはアダムとエバを誘惑し、王国の権威を貶めた天使長
の信仰である。

どちらの信仰の道を歩むのかは、あなたの自由と責任である。
聖書にはこう書いてある。

イエスは答えて言われた。「あなたがたが、神が遣わした者を信じる
こと、それが神のわざです。」(ヨハネ6/29)

イエスは彼に言われた。「わたしが道であり、真理であり、いのち
なのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに
来ることはありません。(ヨハネ14/6)

----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
メールマガジン「バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

2021/08/04 水曜礼拝(日本語訳) [Sanctuary Translation]

2021.8.10【ワクチンパス】「奴隷証明と同じ」各国ワクチンパスポート義務化で進む監視・全体主義社会❗️ 😱日本は経団連がワクチンパスの義務...

2021年8月10日火曜日

バレーヒルリポート 2021年8月10日(火)

 ★★★────────────────────────────────

バレーヒルリポート Valley Hill Report
<保守派クリスチャンのための時事情報メールマガジン>
                        2021年8月10日(火)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(6件)
★(コラム)中村氏の言説の誤りを正す


───────────────────────────────────
本日のトピックス(6件)
───────────────────────────────────

■【facts matter】閻麗夢博士の証拠無視したFBI
https://www.valleyhill.report/2021/08/facts-matterfbi.html

----------------------------------------------------------------------

■【米国】衝撃!!ニューヨーク市全米初のワクチンパスポートを義務化!
飲食店、劇場、公共施設などワクチン非接種者は入れない!!新しい差別
社会の幕開け【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2021/08/202189_10.html

----------------------------------------------------------------------

■「核攻撃するぞ!」と日本を脅す【チャイナ・アンセンサード】
China Threatens to NUKE Japan
https://www.valleyhill.report/2021/08/china-threatens-to-nuke-japan.html

----------------------------------------------------------------------

■驚き!中共警官の捏造画像撮影、これが仕事?これは警察が
『人民のために奉仕する』?
https://www.valleyhill.report/2021/08/blog-post_10.html

----------------------------------------------------------------------

■当局による堤防破壊で浸水 地元住民怒り
https://www.valleyhill.report/2021/08/blog-post_80.html

----------------------------------------------------------------------

■アリババ創業者、英語で洗脳教育から救われた / 1:15~馬雲氏
https://www.valleyhill.report/2021/08/115.html


───────────────────────────────────
(コラム)中村氏の言説の誤りを正す
───────────────────────────────────

今回は「統一原理マスタークラブ」を運営する中村氏の言説の誤り
を正し、食口の方に警鐘を鳴らしたいと思う。私がこの件を取り上げる
のは、中村氏の著作が、実質的に教会の推奨図書になり、その言説が
もはや看過できなくなったためである。

中村氏の言説の誤りを正すのに、多くの言葉は必要としない。
その思想の根本が間違っているからである。

中村氏は、■「成約時代の摂理的同時性」解明の趣旨の記事の中で、
『「成約時代の摂理的同時性」は、摂理的同時性の観点から成約聖徒たち
の路程を整理したもので、「統一原理」の摂理的同時性を完成する
その一助になればということで解明されたものです。』と主張されている。
https://unification-principle.com/category/genndaiseturi/seturitekidouzisei/

このような思想は、東京礼拝でも一貫して貫かれており、礼拝の説明文
には、『この7300双を立てるための内的な武器として、天が与えて
くださったのが「成約時代の摂理的同時性」です。』と書かれている。
https://youtu.be/qCsOE12yX7Y

ところでクリスチャンにとって、真理のみ言葉とは、キリストによって
もたらされるものであり、堕落人間が”解明”できるようなものではない。
このような主張は、キリストの救いの絶対性を否定し、ひいてはキリスト
の価値を否定するものなのだ。

つまり中村氏の言説は、み言葉を引用しつつ、キリストの権威を
貶めるものである。またキリストの権威を盗む、盗人の思想である。
またキリストの価値を絶対視する、二代王様のみ言葉にも、真っ向から
反逆するものなのだ。だから食口は、このような中村氏の言説に、
決して同調してはならないのだ。

このように、人間を命の道へと導いていくこの最終的な真理は、いかなる
教典や文献による総合的研究の結果からも、またいかなる人間の頭脳から
も、編みだされるものではない。それゆえ、聖書に「あなたは、もう一度、
多くの民族、国民、国語、王たちについて、預言せねばならない」
(黙一〇・11)と記されているように、この真理は、あくまでも神の啓示
をもって、我々の前に現れなければならないのである。
(原理講論・総序、P37〜)

----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
メールマガジン「バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

【facts matter】閻麗夢博士の証拠無視したFBI

2021.8.9 【米国】衝撃‼️ニューヨーク市全米初のワクチンパスポートを義務化❗️😱飲食店、劇場、公共施設などワクチン非接種者は入れない‼️...

「核攻撃するぞ!」と日本を脅す【チャイナ・アンセンサード】China Threatens to NUKE Japan

驚き!中共警官の捏造画像撮影、これが仕事?これは警察が『人民のために奉仕する』?

当局による堤防破壊で浸水 地元住民怒り

アリババ創業者、英語で洗脳教育から救われた / 1:15~馬雲氏

2021年8月9日月曜日

バレーヒルリポート 2021年8月9日(月)

 ★★★────────────────────────────────

バレーヒルリポート Valley Hill Report
<保守派クリスチャンのための時事情報メールマガジン>
                        2021年8月9日(月)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(2件)
★(コラム)二つの種


───────────────────────────────────
本日のトピックス(2件)
───────────────────────────────────

■【新聞看点】バイデン氏も辞任求める、崖っぷちのクォモ知事。
中共、国民の海外との往来を遮断。60万人の中国人が亡命。
https://www.valleyhill.report/2021/08/60.html

----------------------------------------------------------------------

■過去10年間で61万人の中国人が亡命
https://www.valleyhill.report/2021/08/1061.html


───────────────────────────────────
(コラム)二つの種
───────────────────────────────────

以前のコラムでも触れた「摂理的同時性」の書籍だが、続編は著者は
中村氏となり、引き続き、教会の”推奨図書”として伝道で用いられる
ことになるようだ。

伝道とはみ言葉を伝えることである。だから伝道用の書籍を作るので
あれば、通常であれば「み言葉をまとめた小冊子を作る」ものである。
ところがそうはならなかった。

現代摂理という禁断の地に足を踏み入れ、人の知恵で神の摂理を騙る
ような書籍を作り、これを伝道に用いることにしたのである。どうして
このようなことになってしまったのだろうか?それはサタンが侵入した
からである。

もともと統一教会は、キリスト教の背景を持った信者が少なく、
創造主ではなく、”八百万の神”を崇めるカナン文化に毒された教会で
あった。勝手にカナン文化を持ち込み、キリストに仕えるのではなく、
キリストを利用する輩が多くいたからである。

伝道でも、手相占いを用いたり、家系図を用いたり、印鑑を売ったり、
はては霊能者までもが登場したりと多種多様であった。そのような方法で、
キリストを正しく伝えられるはずはなく、大抵は間違った信仰観を持ち、
先祖崇拝に少し毛が生えたような信心であり、それに対して因縁話をして
献金摂理に貢献させるのが常であった。

今、聖殿は、かつての反省もなく、歩んで来た道を戻ろうとしている。
それは王と王妃としての信仰ではなく、”僕の僕”の信仰である。
”僕の僕”の信仰というのは”真の神様”が分からないと言う意味だ。

伝道とは”種まき”に例えることができる。神様から頂いた”み言葉”の
種をまくのが伝道である。み言葉の種は、月日の経過とともに芽を出し、
成長し、”信仰”と言う実を結ぶのである。

しかしこれからは違う。「摂理的同時性」の書籍を使って伝道する時、
二つの種がまかれる。一つは神様の種であり、もう一つはサタンの種で
ある。その二つの種は芽を出し、成長し、やがて結実する。そして
それはやがて対象者の心を蝕むことになるだろう。

ではどうしたら良いのか?私は今は、静かに祈るべきだと思う。
無知な人の無知を批判しても、愚かな人の愚かさを批判しても、何の
解決にもならない。これが神様が6千年間歩んでこられた道だった
のである。神様の悲しみは、神様を知らない人が多いことではない。
神様が愛してきた子女に裏切られたことだったのである。

今こそ私たちはイエス様に学ぼう。イエス様は十字架上で「どうして
分かってくれないんだ」と叫ばれたのではなかった。そうではなく、
「父よ、彼らをお赦しください、彼らは、何をしているのか自分で
わからないのです」と、とりなしの祈りをされたのだ。

そして二代王様に学ぼう。二代王様は日本の食口を信じて、私たちを
待っている。怒りではなく、祈りによって乗り越えよう。そして
私たちは、決してこのような、み言葉を騙る”悪書”には騙されず、
正しい道を歩み続けよう。信仰の火を心に灯し続けよう。それが今、
私たちにできることだ。

----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
メールマガジン「バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

【新聞看点】バイデン氏も辞任求める、崖っぷちのクォモ知事。中共、国民の海外との往来を遮断。60万人の中国人が亡命。

過去10年間で61万人の中国人が亡命

2021年8月8日日曜日

バレーヒルリポート 2021年8月8日(日)

 ★★★────────────────────────────────

バレーヒルリポート Valley Hill Report
<保守派クリスチャンのための時事情報メールマガジン>
                        2021年8月8日(日)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(5件)
★(コラム)相対者から学ぶこと


───────────────────────────────────
本日のトピックス(5件)
───────────────────────────────────

■【傳奇時代ドキュメンタリー】逆境の中でも光を追い求め
〜風の上を歩いて(下)〜
https://www.valleyhill.report/2021/08/blog-post_12.html

----------------------------------------------------------------------

■ニューヨーク市 米国初のワクチンパス義務化 市民らが抗議
https://www.valleyhill.report/2021/08/blog-post_68.html

----------------------------------------------------------------------

■中共 チベット僧院を強制的に閉鎖
https://www.valleyhill.report/2021/08/blog-post_8.html

----------------------------------------------------------------------

■〈吹替版〉中共 BBCの洪水報道に抗議
https://www.valleyhill.report/2021/08/bbc.html

----------------------------------------------------------------------

■【中国】インターポール(国際刑事警察機構)まで支配!その目的は
海外逃亡中国人捕獲、ウイグル亡命者の拘束だった!!
【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2021/08/202187_8.html


───────────────────────────────────
(コラム)相対者から学ぶこと
───────────────────────────────────
 
今日は「相対者から学ぶこと」というテーマで書いてみたい。
私たちは日本とフィリピンの国際祝福カップルだ。
私たちは英語で会話をする。

ある日、私は健康診断のため病院に行った。
病院ではマスクの着用が要求されるため、私は相対者にこんな
メッセージを送った。

「I'm in the hospital now.
This is a stupid hospital that demands masks.」

「私は今、病院にいます。
ここはマスクの着用を要求する愚かな病院です。」

すると相対者からはこんな返事が来た。

「Please avoid being angry easily because of wearing a mask..
we need to obey government rules in order to avoid anger..
Anger is satan's way not God」

「どうかマスクのために、すぐに怒らないようにしてください。
怒らないためには、政府のルールに従わなければなりません。
怒りは神ではなくサタンの手段です。」

「Satan now a days is attacking us by making us feel angry,
depressed,  and hatred... once we feel these emotions,
let us close our eyes and prat this....
With the power of God, i am casting all the evils and inviting
the Holy Spirit to dwell within my heart. Envelop me with
patience, love, and feeling of security... let the warmth of
Your love protect me against any evil feelings.. AMEN」

「サタンは、私たちに怒り、落ち込み、憎しみを感じさせることで
攻撃してきます...このような感情を感じたら、目を閉じて、
祈りましょう。
神の力で、私はすべての悪を投げ捨て、聖霊を私の心の中に
住まわせます。忍耐と愛と安心感で私を包んでください...
あなたの愛の温もりがどんな悪感情からも私を守ってください...
アーメン」

相対者はよく私に”祈り”を勧める。
実際フィリピン人はとても熱心にお祈りをするのだ。

私は今まで、祈って問題を解決するなど、あまり考えたことがなかった。
むしろ実践こそが全てだと思っていた。
だから今回のコラムは、私の反省でもある。

聖書には”祈り”について多く書かれている。
主は仰せられた。「わたしは、エジプトにいるわたしの民の悩みを
確かに見、追い使う者の前の彼らの叫びを聞いた。わたしは彼らの
痛みを知っている。(出エジプト 3/7)

彼らが叫ぶと、主は聞いてくださる。そして、彼らをそのすべての
苦しみから救い出される。(詩編 34/17)

あなたがたのうちに苦しんでいる人がいますか。その人は祈りなさい。
喜んでいる人がいますか。その人は賛美しなさい。(ヤコブ 5/13)

----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
メールマガジン「バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

【傳奇時代ドキュメンタリー】逆境の中でも光を追い求め  〜風の上を歩いて(下)〜

ニューヨーク市 米国初のワクチンパス義務化 市民らが抗議

中共 チベット僧院を強制的に閉鎖

〈吹替版〉中共 BBCの洪水報道に抗議

Rod of Iron Freedom Festival 2020