2022年8月15日月曜日

日刊バレーヒルリポート 2022年8月15日(月)

 ★★★────────────────────────────────

現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
<保守派クリスチャンのための時事評論メールマガジン>
                        2022年8月15日(月)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(3件)
★編集後記


───────────────────────────────────
本日のトピックス(3件)
───────────────────────────────────

■テネシーチョンピョン韓国水曜礼拝 2022/8/10 (日本語訳)
[Sanctuary Translation]
https://www.valleyhill.report/2022/08/2022810-sanctuary-translation.html

---------------------------------------------------------------------

■松田学のニュース解説 新型コロナ最新情報 オミクロンの正体29<本編>
https://www.valleyhill.report/2022/08/29.html

---------------------------------------------------------------------

■【日本の水源や森林はどうなる?】外国人によって買われる日本の土地
【参政党】【神谷宗幣】
https://www.valleyhill.report/2022/08/blog-post_15.html


───────────────────────────────────
編集後記
───────────────────────────────────

いつも読んで頂き、ありがとうございます。今日は二代王様み言葉も、
コラムもお休みさせて頂きます。お互いに今日一日、信仰に則って
最善を尽くして参りましょう。

--------------------------------------------------------------------

本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

テネシーチョンピョン韓国水曜礼拝 2022/8/10 (日本語訳) [Sanctuary Translation]

松田学のニュース解説 新型コロナ最新情報 オミクロンの正体29<本編>

【日本の水源や森林はどうなる?】外国人によって買われる日本の土地【参政党】【神谷宗幣】

2022年8月14日日曜日

日刊バレーヒルリポート 2022年8月14日(日)

 ★★★────────────────────────────────

現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
<保守派クリスチャンのための時事評論メールマガジン>
                        2022年8月14日(日)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(2件)
★(コラム)安倍元首相の暗殺を検証する−その2−


───────────────────────────────────
本日のトピックス(2件)
───────────────────────────────────

■【冗談じゃない】中南米からの多くの不法移民が民主党の州に到着
する予定だ。 欧米の極左は、現在の方向性のミスを証明するために、
乗っている船を沈めようとしている。
https://www.valleyhill.report/2022/08/blog-post_14.html

---------------------------------------------------------------------

■【米国】トランプ家宅捜索について奇妙な司法長官会見!FBIは何の
捜索か?【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2022/08/2022813fbibreaking.html


───────────────────────────────────
(コラム)安倍元首相の暗殺を検証する−その2−
───────────────────────────────────

今日のテーマは「安倍元主張の暗殺を検証する−その2−」である。何度か
取り上げた内科医の方の検証動画の続きである。前回までの動画について
は、こちらをご参照頂きたい。
*参照)攻撃される日本と世界
https://www.valleyhill.report/2022/07/2022727.html
*安倍元首相の暗殺を検証する
https://www.valleyhill.report/2022/08/2022810.html

第11回 補足 蓋然性(がいぜんせい)とリスク 山上容疑者の侵入経路
https://youtu.be/aD8vI6RTrVo
第12回 山上容疑者の侵入経路 現場検証 1発目の弾道検証に重要です。
https://youtu.be/Q9aTrzgahos
第13回 スナイパーの狙撃ポイントは3箇所しか無い。現場検証 この後
仮想空間で弾道検証から、スナイパー狙撃ポイントを説明します。
https://youtu.be/rEPaj62lMng
第14回 山上容疑者の弾丸は、どこに当たったのか?仮想空間検証
https://youtu.be/jEKOhDzCaYY
第15回 これが核心!銃創と体内弾道を医学的に説明します。心臓に
達する弾道は、〇〇からしかあり得ません。
https://youtu.be/inyGERtqiF8
第16回 スナイパーになって撃ってみた。安倍元総理銃撃事件 2箇所の
狙撃ポイントから2人のスナイパーが真上から撃った。
https://youtu.be/0qdiNXIEGd4

今回の事件では、この日本でも、アメリカ大統領の不正選挙にも劣らない
陰謀が行われていることが私を驚かせた。元首相の暗殺という国家の安全
保障に係る重大な問題であるにも関わらず、報道は家庭連合と政治の話
ばかりである。

そのような中で、この内科医の方の検証動画は、大いに参考になるもの
であった。本サイトでは、アメリカ大統領不正選挙の際に、さまざまな
動画を取り上げた結果、多くの偽情報に踊らされた苦い経験がある。

したがって当サイトでは、どんなに素晴らしい動画でも「情報発信者の
経歴が不明な動画は取り上げない」という方針をとってきた。今回その
方針を歪めて取り上げていることを告白しておきたい。読者の皆様が
この問題を考える糸口になれば幸いである。

--------------------------------------------------------------------

本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

【冗談じゃない】中南米からの多くの不法移民が民主党の州に到着する予定だ。 欧米の極左は、現在の方向性のミスを証明するために、乗っている船を沈めようとしている。

2022.8.13【米国】トランプ家宅捜索について奇妙な司法長官会見!FBIは何の捜索か?【及川幸久−BREAKING−】

2022年8月13日土曜日

日刊バレーヒルリポート 2022年8月13日(土)

 ★★★────────────────────────────────

現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
<保守派クリスチャンのための時事評論メールマガジン>
                        2022年8月13日(土)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(4件)
★(コラム)キリストに忠誠を誓う信仰


───────────────────────────────────
本日のトピックス(4件)
───────────────────────────────────

■【大石が深掘り解説】なぜ息子は死亡したのか?ワクチン接種後の状況
を両親が告白
https://www.valleyhill.report/2022/08/blog-post_13.html

---------------------------------------------------------------------

■【米国】トランプ脱税疑惑?【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2022/08/2022811breaking.html

---------------------------------------------------------------------

■【日本の給料の低さは異常】この30年間日本だけが成長できなかった、
日本の初任給はアメリカの半分以下です【神谷宗幣】【参政党】
https://www.valleyhill.report/2022/08/30.html

---------------------------------------------------------------------

■【冗談じゃない】中共を軽視してはいけない。戦争に直面しても、
まだ少しの現実的な合理性は持ち合わせているようだ。中共軍の最大の
弱点は、10年は改善されないだろう。
https://www.valleyhill.report/2022/08/blog-post_42.html


───────────────────────────────────
(コラム)キリストに忠誠を誓う信仰
───────────────────────────────────

私はこのコラムの中で「キリストとはどんな存在なのか?」というテーマを
何度も取り上げてきた。神学的な意味も重要であるが、それよりももっと
重要なことは「私たちにとって」どういう存在なのか?ということなので
ある。

もっと言えば、私たちとキリストとはどんな関係なのか?と言うことである。
信仰とは「教会に所属すること」ではない。洗礼を受けたり、祝福を受けると
言った形式的なことでもない。もちろんそれは重要なことであるが、本質では
ない。なぜなら私たちは長い信仰生活の中で、祝福を受けても、結局は離れて
いった大勢の離教者を見てきたからである。

それは今日の聖殿を見ても明らかなのだ。何年も信仰生活を歩み、教会長と
か代表とか呼ばれてはいても、その心にはキリストに対する信仰の一片も
持っていない人があまりにも多いのである。

聖書には、イエス様からの質問に対して、ペテロが信仰の告白をした場面が
書かれている。そしてこの時のこのペテロの告白こそが、今の私たちに
とってとても重要だと思うのである。

聖書にはこう書いてある。
イエスは彼らに言われた。「あなたがたは、わたしをだれだと言いますか。」
シモン・ペテロが答えて言った。「あなたは、生ける神の御子キリストで
す。」(マタイ 16/15〜16)

このことから「信仰」とは、キリストを私たちの「救い主」と認め、キリスト
を人生の価値観の中心に据えることだ、と定義することができるのである。
もし人生の価値観の中心が「被造物」であったならどうだろうか?お金、
地位、名誉、あるいは政府、教会だったらどうだろうか?

それこそが「堕落」なのである。人間は「堕落」によって、神との関係が
切れ、そしてキリストとの関係が切れてしまったからである。だから
アメリカ大統領選挙で不正が行われた時、世界中の多くの人がその不正に
気付いたが、その本質的な意味までは分からなかったのである。

また各国の政府がワクチン強制を始めた時も、多くの人はどうしてそのよう
なことが起こっているのか理解できなかったのである。また安倍元首相の
暗殺事件も同様なのだ。もちろん私たちも真相を知っている訳ではない。

しかしただクリスチャンだけが、このような出来事を通して、聖書を根拠に、
今が終末であり、キリストが来臨する時であり、悪が審判される時なのだと
気付くことができるのである。だからこそ今、私たちは悔い改めて、自らが
罪びとであることを認め、キリストを救い主として認めることが大切なので
ある。

最近、聖殿のLINEで「中心者への批判を禁ずる」という投稿を読んで
驚いた。この投稿をした人物が「中心者=キリスト」を想定していたなら、
私はこの投稿をよく理解できるのである。しかし残念なことに、彼が言い
たかったことは「教会を批判するな」であり、「教会指導者を批判するな」
である。しかしこれは完全に間違った思想なのだ。

なぜならば、教会も教会指導者も「被造物」だからである。キリストへの
忠誠と、教会への忠誠とは、似ているようではあるが、全く異質なものな
のだ。また教会指導者と言うのは「天使長」の役目をする人物だ。もし
「天使長」を価値観の中心に据えるならば、それは堕落の再現であり、
これは完全に狂った思想であると言わなければならないのだ。

だから二代王様はこう語っていらっしゃるのだ。
「この点でもサンクチュアリは家庭連合と比較して際立っています。組織
として世界のサンクチュアリを配下に置くことをしていません。

だから組織間で争ったり問題が起こったりしても基本的に介入はしません。
「本部はこういっている」といって権威を笠に着ることができません。自分
たちの自由と責任で行動して下さいということです。もしメンバーに対する
虐待が発生するときは、すぐに別のサンクチュアリをすぐそばに作るだけ
です。メンバーが選択できるようにするのです。

世界中でサンクチュアリの中でも争いやいさかいもあるでしょう。家庭
連合のように「平和」「平和」「争いはサタンだ!」といって事実を
取り繕いません。家庭連合ではこういうことを強力にいいますね。
特に日本ではそうでしょう。「争いはあってはならない」と。

しかしそれは偽りです。人にはいさかいがつきものだからです。そして
争いがあるのに「ない」と強弁する人がいるとすれば、それは嘘つきでは
ないですか。争いで煮立っているのに「平穏」をよそおう。それがいかに
ゆがんだ偽りに満ちたものであることがわかりますか。全体主義を生み
出します。」
※(亨進様説教 2016年3月6日)「三代王権 亨進様国進様のみ言葉(一)」
P30〜P31より抜粋して引用しました。

--------------------------------------------------------------------

本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

【大石が深掘り解説】なぜ息子は死亡したのか?ワクチン接種後の状況を両親が告白

2022.8.11【米国】トランプ脱税疑惑?【及川幸久−BREAKING−】

【日本の給料の低さは異常】この30年間日本だけが成長できなかった、日本の初任給はアメリカの半分以下です【神谷宗幣】【参政党】

【冗談じゃない】中共を軽視してはいけない。戦争に直面しても、まだ少しの現実的な合理性は持ち合わせているようだ。中共軍の最大の弱点は、10年は改善されないだろう。

2022年8月11日木曜日

日刊バレーヒルリポート 2022年8月11日(木)

 ★★★────────────────────────────────

現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
<保守派クリスチャンのための時事評論メールマガジン>
                        2022年8月11日(木)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(3件)
★(コラム)キリスト以外に救いはない


───────────────────────────────────
本日のトピックス(3件)
───────────────────────────────────

■【井上正康】政府は既に皆さん方を捨ててます!
https://www.valleyhill.report/2022/08/blog-post_11.html

---------------------------------------------------------------------

■【米国】なぜ今トランプ家宅捜査?反トランプメディアまでFBIに説明を
要求!【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2022/08/2022810fbibreaking.html

---------------------------------------------------------------------

■FBI トランプ支持派ペリー議員の携帯電話押収
https://www.valleyhill.report/2022/08/fbi.html


───────────────────────────────────
(コラム)キリスト以外に救いはない
───────────────────────────────────

今日、私たちは大変難しい時代を生きている、と言える。それはどういう
意味か?それは善悪・正誤の判断が難しく、真実を見極めるのが難しい
時代である、と言う意味である。

なぜそうなのか?それは現代が終末だからなのである。
終末とは、エデンの園でアダムが失ったものを、全て取り戻す時代である、
と言うことができる。エデンの園でアダムは、神の子女としての位置を
失ったのであり、妻を姦夫に奪われたのであり、そして王権を失ったので
ある。

だから終末には、私たちは神の子女としての「信仰」が問われるのであり、
祝福を通した実体的な「家庭」が問われるのであり、そして王・王妃として
の「行動」と「実績」が問われるのである。そして私たちは「神の王国」を
取り戻さなければならないのである。

今やアメリカは不正選挙により大統領職を奪われ、世界各国の政府は国民
を殺すワクチンを推進している。そして日本では元首相までもが暗殺されて
しまったのである。そしてこれらの真実は決して大手メディアでは報道され
ることなく、「陰謀論」扱いされているのである。

そして二代王様を支えるべき聖殿すらも、今や背教者どもが跋扈している
のである。彼らは聖殿に来てまで、家庭連合と同じことを繰り返している。
そしてその罪とは「キリストへの背信」なのだ。

*参照)偽りの情報を語る天使長に注意せよ!
https://www.valleyhill.report/2022/05/2022521.html
*聖殿をミスリードする本部礼拝
https://www.valleyhill.report/2022/05/2022525.html
*二代王様のみ言葉に造反した「日米韓協議会」
https://www.valleyhill.report/2022/06/2022620.html

だからこそ私たちは今、「悔い改め」から再出発しなければならないのだ。
なぜならイエス様は、福音の宣教を、悔い改めのみ言葉から始められた
からである。聖書にはこう書いてある。
この時から、イエスは宣教を開始して、言われた。「悔い改めなさい。
天の御国が近づいたから。」(マタイ 4/17)

これはいつの時代でも、普遍的な原則なのである。真の信仰は、悔い改め
から始まるのである。そして悔い改めこそが、私たちとキリストを結ぶ唯一
の”絆”なのだ。そして救いはキリストによってのみ与えられるのである。

聖書にはこう書いてある。
この方以外には、だれによっても救いはありません。天の下でこの御名の
ほかに、私たちが救われるべき名は人に与えられていないからです。」
(使徒 4/12)

--------------------------------------------------------------------

本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

【井上正康】政府は既に皆さん方を捨ててます!

2022.8.10【米国】なぜ今トランプ家宅捜査?反トランプメディアまでFBIに説明を要求!【及川幸久−BREAKING−】

FBI トランプ支持派ペリー議員の携帯電話押収

2022年8月10日水曜日

日刊バレーヒルリポート 2022年8月10日(水)

 ★★★────────────────────────────────

現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
<保守派クリスチャンのための時事評論メールマガジン>
                        2022年8月10日(水)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(2件)
★(コラム)安倍元首相の暗殺を検証する


───────────────────────────────────
本日のトピックス(2件)
───────────────────────────────────

■【米国】トランプ家宅捜査の最新情報!トランプが大統領選に出れない
ようにバイデン政権の権力悪用か?【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2022/08/2022810breaking.html

---------------------------------------------------------------------

■【米国】2024年大統領選はトランプ一強ではない!デサンティス急浮上
【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2022/08/2022892024breaking.html


───────────────────────────────────
(コラム)安倍元首相の暗殺を検証する
───────────────────────────────────

今日のテーマは「安倍元主張の暗殺を検証する」である。先日も取り上げた、
内科医の方の検証動画の続きである。前回までの動画については、こちらを
ご参照頂きたい。
*参照)攻撃される日本と世界
https://www.valleyhill.report/2022/07/2022727.html

(6)安倍元総理銃撃事件の考察 医者の目線 救命救急医と胸部外科医
と心臓血管外科医の見た銃創と、司法解剖の監察医が見た銃創、どちらが
信頼できるだろうか?
https://youtu.be/Cr4oqZdZlio
(7)何がオカシイのか? 安部元総理銃撃事件 分かりやすく説明します。
https://youtu.be/0znzPmb_wkM
(8)陰謀論だと馬鹿にされないために 安倍元総理銃撃事件を検証 キチン
と人に説明できるようになる
https://youtu.be/GDUEJaO3PKw
(9)山上容疑者の視点 安倍元総理銃撃事件 パチンコ玉はどこに飛んだ
のか? 現場検証
https://youtu.be/iE0DcNS2WEI
(10)山上容疑者は、何回挑戦すれば、あのミラクルショットを撃てる
だろうか?仮想空間で検証
https://youtu.be/nBViECopV_w

安倍元首相の暗殺事件以後、逮捕された容疑者の動機の説明も、また
現場の状況も全く納得いかないことばかりであった。同じ思いの読者の
方も多かったはずである。しかし実際には、警察の捜査や、報道に疑問を
感じている専門家は大勢いるはずなのだ。

それは少なくとも私たちにとっては、常識的に考えれば分かる程、明白
な「警察の嘘」であり、「報道の嘘」であり、「政府の嘘」だったので
ある。だから私たちは常に真実を求め続けなければならないのである。

そもそも歴史を辿れば、人類は出発点から「陰謀」に満ちているのである。
アダムとエバは王・王妃になるはずだったのに、臣下であるはずの天使長が
王権を簒奪したからである。そして誰もその真相を知らなかったのである。
ただクリスチャンだけが聖書を根拠に、将来キリストが来臨し、王権を
取り戻すことを信じてきたのである。

また今回の暗殺事件を契機に、カルト規制の名目で、宗教団体の活動を
規制しようとする動きがあることにも注視する必要がある。そもそもカルト
とは何かについて無神論者が論じること自体が笑止千万である。

なぜならば私たちは、人の知恵で神を知ることはできないからだ。だから
聖書にはこう書いてあるのである。
事実、この世が自分の知恵によって神を知ることがないのは、神の知恵に
よるのです。それゆえ、神はみこころによって、宣教のことばの愚かさを
通して、信じる者を救おうと定められたのです。
(コリントI 1/21)

だから私たちは今、洗脳されていると言われても、狂ってると言われても、
あれをするな、これをするなと言われても、一切気にしないのである。
なぜならば私たちはクリスチャンとして召命された時、創造主に従うことを
誓ったからである。

そして聖書にはこう書いてあるのだ。
ペテロをはじめ使徒たちは答えて言った。「人に従うより、神に従うべき
です。(使徒 5/29)

--------------------------------------------------------------------

本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

2022.8.10【米国】トランプ家宅捜査の最新情報!トランプが大統領選に出れないようにバイデン政権の権力悪用か?【及川幸久−BREAKING−】

2022.8.9【米国】2024年大統領選はトランプ一強ではない!デサンティス急浮上【及川幸久−BREAKING−】

2022年8月9日火曜日

日刊バレーヒルリポート 2022年8月9日(火)

 ★★★────────────────────────────────

現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
<保守派クリスチャンのための時事評論メールマガジン>
                        2022年8月9日(火)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(6件)
★(コラム)二代王様の来日勝利報告大会後に起こっていること


───────────────────────────────────
本日のトピックス(6件)
───────────────────────────────────

■テネシーチョンピョン韓国水曜礼拝 2022/8/3 (日本語訳)
[Sanctuary Translation]
https://www.valleyhill.report/2022/08/202283-sanctuary-translation.html

---------------------------------------------------------------------

■【井上正康】サル痘に懸念すること【人類史上初のパンデミックが?】
https://www.valleyhill.report/2022/08/blog-post_28.html

---------------------------------------------------------------------

■【井上正康】 医者向け教材 コロナワクチンの治療戦略
https://www.valleyhill.report/2022/08/blog-post_17.html

---------------------------------------------------------------------

■【日防隊】台湾海峡に火をつけたペロシ。日本が引きずり込まれるまでの
カウントダウンが始まった。
https://www.valleyhill.report/2022/08/blog-post_9.html

---------------------------------------------------------------------

■【台湾】ペロシ台湾訪問の真の目的は半導体?TSMCとの関係とは
【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2022/08/202287tsmcbreaking.html

---------------------------------------------------------------------

■【ウクライナ】ゼレンスキー夫妻が雑誌ヴォーグの表紙に!戦場での撮影に
非難!これ以上の支援に疑問符【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2022/08/202286breaking.html


───────────────────────────────────
(コラム)二代王様の来日勝利報告大会後に起こっていること
───────────────────────────────────

今回のコラムのテーマは、「二代王様の来日勝利報告大会後に起こっている
こと」である。本コラムで何度も書いているとおり、二代王様の韓国帰還と
日本訪問は、イエス様のエルサレム入城なのである。
*参照)神の御心を尋ねる信仰
https://www.valleyhill.report/2022/07/2022714.html

だから私たちは、韓国では韓国人全員が二代王様の帰還を知ることができる
ように、そして日本では日本人全員が二代王様の来日を知ることができる
ように、大声で神を讃美しなければならなかったのである。

なぜなら聖書にはこう書いてあるからだ。
イエスがすでにオリーブ山のふもとに近づかれたとき、弟子たちの群れは
みな、自分たちの見たすべての力あるわざのことで、喜んで大声に神を賛美
し始め、こう言った。「祝福あれ。主の御名によって来られる王に。天には
平和。栄光は、いと高き所に。」(ルカ 19/37〜38)

しかし私たちがそうしなかったので、神は私たちが思いもしないような方法
を用いて、日本人全員が二代王様のご来日を知ることができるような役事を
されたのである。それはつまりキリストの来臨を証す時が来たということ
であり、王国の到来を証すためなのである。

だから聖書にはこう書いてあるのだ。
また、あなたがたは、わたしのゆえに、総督たちや王たちの前に連れて行か
れます。それは、彼らと異邦人たちにあかしをするためです。
(マタイ 10/18)

そして聖書を読めば分かるように、イエス様にとってエルサレム入城は、
輝かしい栄光の道ではなかったのである。なぜならそれは十字架への道
だったからである。だから今、私たちはニ代王様のみ言葉を学び、
二代王様と同じ危機感を共有しなければならないのである。

聖書にはこう書いてある。
ゲツセマネという所に来て、イエスは弟子たちに言われた。「わたしが
祈る間、ここにすわっていなさい。」そして、ペテロ、ヤコブ、ヨハネを
いっしょに連れて行かれた。イエスは深く恐れもだえ始められた。
そして彼らに言われた。「わたしは悲しみのあまり死ぬほどです。ここを
離れないで、目をさましていなさい。」(マルコ 14/32〜34)

これから日本では戦後最大規模の保守政治の危機がやってくる。それは
文字通り「日本が共産化する寸前である」という意味である。森さんの
ブログにも書いてあるが、「もうすぐ岸田総理は安倍派の人間を多数更迭
するようで、親中派が日本の政治のほぼ大半を占めるようになってくる」
のである。
*参照)安倍総理が亡くなられ政治は 岸田一色になってきた!
https://morison30000.muragon.com/entry/894.html

これが二代王様の来日勝利報告大会後に突如起こった「家庭連合問題」
の本質なのだ。つまりこれはサタンによる「保守潰し」なのである。
もちろん私たちから見れば、家庭連合も、勝共連合も、もはや保守では
ないのである。なぜならば家庭連合が堕落したからである。堕落とは何か?
それは天使長が従うべきアダムとエバを裏切り、創造主を裏切ったこと
である。

そして二代王様の来日勝利報告大会後に、明白になってきたもう一つの
ことは、私たちは神の子女として、王・王妃としての使命を果たさな
ければならないと言うことなのだ。そして教会の天使長は、王・王妃を
支える本然の位置に戻らなければならない、ということなのである。

最後にこれから起こること、そして私たちが取るべき対応について書いて
おきたい。それは私たち一人一人が「キリストと一緒に十字架を負う」
と言うことなのだ。そしてこれこそが、今も残されたキリストの恨なの
である。

聖書にはこう書いてある。
ペテロが外の中庭にすわっていると、女中のひとりが来て言った。
「あなたも、ガリラヤ人イエスといっしょにいましたね。」
しかし、ペテロはみなの前でそれを打ち消して、「何を言っているのか、
私にはわからない」と言った。
(マタイ 26/69〜70)

こうしてイエス様と一緒に歩んで来た弟子までもが、キリストを裏切った
のである。そしてこれは現代もまた再現されているのだ。それが家庭連合
問題であり、今の聖殿で起こっていることなのだ。つまりキリストの一番
近くで仕えて、一番愛されて来た人が、一番の裏切者だったのである。
*参照)二代王様のみ言葉に造反した「日米韓協議会」
https://www.valleyhill.report/2022/06/2022620.html

最後に聖書を引用して本稿を締めたい。これこそが、私たちが今日、
最も意識しなかればならない点なのである。

聖書にはこう書いてある。
それから、イエスは弟子たちに言われた。「だれでもわたしについて
来たいと思うなら、自分を捨て、自分の十字架を負い、そしてわたしに
ついて来なさい。いのちを救おうと思う者はそれを失い、わたしのために
いのちを失う者は、それを見いだすのです。
(マタイ 16/24〜25)

--------------------------------------------------------------------

本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

テネシーチョンピョン韓国水曜礼拝 2022/8/3 (日本語訳) [Sanctuary Translation]

【井上正康】サル痘に懸念すること【人類史上初のパンデミックが?】

【井上正康】 医者向け教材 コロナワクチンの治療戦略

【日防隊】台湾海峡に火をつけたペロシ。日本が引きずり込まれるまでのカウントダウンが始まった。

2022.8.7【台湾】ペロシ台湾訪問の真の目的は半導体?TSMCとの関係とは【及川幸久−BREAKING−】

2022.8.6【ウクライナ】ゼレンスキー夫妻が雑誌ヴォーグの表紙に!戦場での撮影に非難!これ以上の支援に疑問符【及川幸久−BREAKING−】

2022年8月6日土曜日

日刊バレーヒルリポート 2022年8月6日(土)

 ★★★────────────────────────────────

現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
<保守派クリスチャンのための時事評論メールマガジン>
                        2022年8月6日(土)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(2件)
★(コラム)王国を見せる時代


───────────────────────────────────
本日のトピックス(2件)
───────────────────────────────────

■テネシーチョンピョン韓国水曜礼拝 2022/7/27 (日本語訳)
[Sanctuary Translation]
https://www.valleyhill.report/2022/08/2022727-sanctuary-translation.html

---------------------------------------------------------------------

■中国だけが得する驚愕の中身とは?GX(グリーン・トランスフォー
メーション)で日本壊滅。(釈量子)【言論チャンネル】
https://www.valleyhill.report/2022/08/blog-post_6.html


───────────────────────────────────
(コラム)王国を見せる時代
───────────────────────────────────

安倍元首相の暗殺事件以後、家庭連合に関する報道が止まる気配はない。
国葬の問題も絡み、このような報道は今後もまだ続くものと思われるので
ある。

正直に言って、これは良い兆候なのだろうか?悪い兆候なのだろうか?それ
すらも分からないほど、私たちは今、混迷した状況の中にいるのである。

ただ一つだけ分かることは今、「神が私たちを押し出している」ということ
である。二代王様の韓国と日本の勝利大会は、イエス様のエルサレム入城で
あると、本コラムでは何度も書いてきた。

*参照)神の御心を尋ねる信仰
https://www.valleyhill.report/2022/07/2022714.html

それはつまり「キリストの来臨を証す時が来た」ということなのである。
だからこそ神は、私たちが思いもしなかったような方法を用いて今、私たち
を押し出しているのである。それは王国の到来を証すためなのである。

聖書にはこう書いてある。
人々には用心しなさい。彼らはあなたがたを議会に引き渡し、会堂でむち
打ちますから。
また、あなたがたは、わたしのゆえに、総督たちや王たちの前に連れて行か
れます。それは、彼らと異邦人たちにあかしをするためです。
(マタイ 10/17〜18)

今、私たちが何を目指しているのか?その答えは全てここに書いてある。
それが「天一国憲法」である。
https://www.valleyhill.report/p/blog-page_95.html

しかしそれだけでは不十分なのだ。なぜなら私たちは口先だけで、み言葉を
語ってはならないのだ。これからは目に見える形で、王国を証す必要がある
からなのだ。だから今までのように「偽物の信仰者」が大きな顔をして
のさばる時代は終わったのである。本物しか生き残れない時代となったので
ある。

あなたが聖殿に来てからどんな信仰をしてきたのか?ただ天使長に言われ
るままに歩む僕(しもべ)だったのか?それとも二代王様のみ言葉に従って、
実際に王国を築いてきたのか?それが今、問われているのである。

--------------------------------------------------------------------

本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

テネシーチョンピョン韓国水曜礼拝 2022/7/27 (日本語訳) [Sanctuary Translation]

中国だけが得する驚愕の中身とは?GX(グリーン・トランスフォーメーション)で日本壊滅。(釈量子)【言論チャンネル】

2022年8月5日金曜日

日刊バレーヒルリポート 2022年8月5日(金)

 ★★★────────────────────────────────

現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
<保守派クリスチャンのための時事評論メールマガジン>
                        2022年8月5日(金)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(4件)
★(コラム)嵐への備えをし、王としての責任を果たそう!


───────────────────────────────────
本日のトピックス(4件)
───────────────────────────────────

■テネシーチョンピョン韓国水曜礼拝 2022/07/20 (日本語訳)
[Sanctuary Translation]
https://www.valleyhill.report/2022/08/20220720-sanctuary-translation.html

---------------------------------------------------------------------

■テネシーチョンピョン韓国水曜礼拝 2022/07/06 (日本語訳)
[Sanctuary Translation]
https://www.valleyhill.report/2022/08/20220706-sanctuary-translation.html

---------------------------------------------------------------------

■【薇羽が世間を看る】ペロシ訪台の影響はどこまで?
https://www.valleyhill.report/2022/08/blog-post_78.html

---------------------------------------------------------------------

■【公式】国民の努力も虚しく、感染者世界一の日本
https://www.valleyhill.report/2022/08/blog-post_5.html


───────────────────────────────────
(コラム)嵐への備えをし、王としての責任を果たそう!
───────────────────────────────────

今日のコラムのテーマは「嵐への備えをし、王としての責任を果たそう」
にした。それは今が「審判」の時代に入ったからである。

COVID-19によるパンデミック、そしてワクチン強制、不正選挙による
米大統領職の簒奪、安倍元首相の暗殺、世界戦争への懸念・・・これらが
今日、私たちの目の前で起きている現実なのである。

数年前まで私たちは、アメリカのような民主主義の大国で不正選挙が行われ
るとは思ってもみなかった。そしてそのような不正が正されることもなく、
アメリカは乗っ取られてしまったのである。そして今度は日本で、元首相が
暗殺されるという国家的脅威に晒されることになった。

銃撃された状況の不自然さが明らかであるのに、報道は政治と家庭連合の
問題に集約されている。これは一体何を意味しているのであろうか?

敵は明らかに私たちをターゲットにしているのに、私たちは敵が誰である
のかすら知らないのである。ただ聖書に預言された終末の兆候が、私たち
の目の前で現実化していることだけしか分からないのだ。

「嵐への備え」をするのに議論は必要ない。「やるか」「やらないか」の
二択だけである。このような時期に、聖殿のLINEで議論をして、自己満足
に陥ってはならない。問題点を誰かに伝えても、問題は解決せず、不安を
誰かに伝えても、不安は解決しないのである。

だから私たちは分からないこと、不安なことを、安易に口にするのでは
なく、今は沈黙して「神とキリストとの関係だけに専念すべき」なので
ある。なぜならばこれこそが私たちにとって唯一の解決の糸口であり、
私たちの唯一の導き手であるからなのだ。

今、私たちには、愚かな「口撃」に時間を費やしている暇などない。
おかしな人がいても議論などしている暇はない。あなたが今、行うべき
ことは、あなたの王国を守ることである。だから今、全ての聖徒は、
み言葉を学び、嵐の備えをすべき時なのだ。

「備え」の重要性について、聖書にはこう書いてある。
ところが、夜中になって、『そら、花婿だ。迎えに出よ。』と叫ぶ声が
した。
娘たちは、みな起きて、自分のともしびを整えた。
ところが愚かな娘たちは、賢い娘たちに言った。『油を少し私たちに
分けてください。私たちのともしびは消えそうです。』
しかし、賢い娘たちは答えて言った。『いいえ、あなたがたに分けて
あげるにはとうてい足りません。それよりも店に行って、自分のを
お買いなさい。』
そこで、買いに行くと、その間に花婿が来た。用意のできていた娘たち
は、彼といっしょに婚礼の祝宴に行き、戸がしめられた。
(マタイ 25/6〜10)

--------------------------------------------------------------------

本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

テネシーチョンピョン韓国水曜礼拝 2022/07/20 (日本語訳) [Sanctuary Translation]

テネシーチョンピョン韓国水曜礼拝 2022/07/06 (日本語訳) [Sanctuary Translation]

【薇羽が世間を看る】ペロシ訪台の影響はどこまで?

【公式】国民の努力も虚しく、感染者世界一の日本

2022年8月1日月曜日

日刊バレーヒルリポート 2022年8月1日(月)

 ★★★────────────────────────────────

現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
<保守派クリスチャンのための時事評論メールマガジン>
                        2022年8月1日(月)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(3件)
★(コラム)神の召命から始まる信仰


───────────────────────────────────
本日のトピックス(3件)
───────────────────────────────────

■自民党が進める安易な憲法改正は危険です【神谷宗幣】【参政党】
https://www.valleyhill.report/2022/08/blog-post.html

---------------------------------------------------------------------

■【米国】トランプの恐怖の予言!景気後退ではなく、もっと大きな恐慌
が来る!【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2022/08/2022730breaking.html

---------------------------------------------------------------------

■オランダの声を聞け!全体主義グローバリズムにNO オランダ国会議員
ぺピン・フォン・ハーリンゲン氏神演説!【日本語字幕付き】
https://www.valleyhill.report/2022/08/no.html


───────────────────────────────────
(コラム)神の召命から始まる信仰
───────────────────────────────────

安倍元首相暗殺事件以降、テレビでは連日のように家庭連合に対する批判
キャンペーンが展開されている。もはや「暗殺の真相などどうでも良い」と
でも言わんばかりである。

これについて家庭連合に対し「お前たちの自業自得だ」と言うことは簡単な
ことだ。しかしこれが無神論者のキャンペーンであることを知る時に、私たち
も反論すべき点は反論しなければならないのである。

テレビなどで元信者の方や二世の方を見た時に、私の胸中に流れる一番の
心情は「怒り」ではなく「悲しみ」である。それは神の心情を伝えてあげる
ことができなかったことへの後悔でもある。

テレビのインタビューに応じている方々には申し訳ないが、私にはあなた
がたが信仰を失ったのでも、信仰を離れたのでもなく、もともと信仰が
始まっていなかったように感じるのだ。いくら教会に所属していても、
いくらみ言葉を学んでいても、信仰は始まらない。

信仰と言うのは「神の召命」から始まるのだ。聖書にはこう書いてある。
主はアブラムに仰せられた。「あなたは、あなたの生まれ故郷、あなたの
父の家を出て、わたしが示す地へ行きなさい。(創世記 12/1)

これは神がアブラハムを召命する時に語った言葉だ。神はアブラハムに
対して、どこに行って、何をするのか、については語っておられない。
ただ「わたしが示す地に行け」と言っただけであり、アブラハムは何も
分からないまま、神の召命に応じたのである。

それは私たちも同じなのだ。何も分からないまま、ある日突然、伝道された
のである。しかしそれは信仰のキッカケにすぎず、そこから信仰が始まる
訳でもないのだ。私たちが自らの意思で神の召命に応えた時、その日から
信仰は始まるのである。

だからみ言葉を学び、何年も教会生活を歩んできた人でも、「神と出会わ
なければ、信仰は始まっていない」のである。そしてそれは二世でも同じ
なのだ。

---------------------------------------------------------------------

本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

自民党が進める安易な憲法改正は危険です【神谷宗幣】【参政党】

2022.7.30【米国】トランプの恐怖の予言!景気後退ではなく、もっと大きな恐慌が来る!【及川幸久−BREAKING−】

オランダの声を聞け!全体主義グローバリズムにNO オランダ国会議員ぺピン・フォン・ハーリンゲン氏神演説!【日本語字幕付き】

Rod of Iron Freedom Festival 2020