2021年11月20日土曜日

バレーヒルリポート 2021年11月20日(土)

 ★★★────────────────────────────────

バレーヒルリポート Valley Hill Report
<保守派クリスチャンのための時事情報メールマガジン>
                        2021年11月20日(土)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(なし)
★(二代王様み言葉)王国の運営は組織運営ではない


───────────────────────────────────
本日のトピックス(なし)
───────────────────────────────────



───────────────────────────────────
(二代王様み言葉)王国の運営は組織運営ではない
───────────────────────────────────

フランスのリーダーのモシャブベが、12月29日にペンシルベニアの
サンクチュアリ教会に来ることになっています。私たちは彼を
フランスの国家リーダーと呼んでいますが、私たちは中央集権の
組織を持っているわけではないのです。私はそういった人々の役目を
何も管理していません。彼らはそれぞれの別の役目を負っていますが、
お父様の権威の下にいるので一つになっているのです。そして彼らは、
お父様が私に神学的なことについて権威を授けたことを理解して
いますので、私の意見を取り入れるのです。なぜなら、お父様が私を
相続者、後継者として任命されたからなのです。
私たちはそのようにして信仰によって、お父様とのつながりによって
一つになるのであり、それは組織によってではありません。彼らは
経済的にも自分たちでやろうとすることができます。やろうとする
ことを合法的に行うことができます。私たちはあれこれ指示しません。
あるグループが訓読会をやりたいと言えばやって良いのです。
抗議活動をしたいと思えばやったら良いのです。皆さんは自由と責任
を持つ人々です。皆さんは神様の前に責任があり真実を持っています。
お父様が皆さんにみ言を与えましたので、皆さんは相続者に繋がって
自分の良心に従って行動しなければならないのです。何を言って良い
のか悪いのか、何をして良いのか悪いのか指示はしません。
(「待ち望む王国」2016/12/18)

誰かが主体の位置に立って、「あなたはこうしなさい」というように
強制はしません。なぜなら、ここにいる人々は皆自覚と正義を持って
お父様を守るために立ち上がっているからです。中には風変わりで
おかしな人もいることでしょうが、それがどうしたというのでしょう
か。王国に歓迎します。私たちには、私達を一つにつないでおいて
くれるもっと大きな慈悲と正義があります。そして私たちは、本当の
神様の戒めのためにそれらを超越しています。
(「識別する王国」2017/3/19)

※「王国のみ言 天一国創建のために」(P158)より引用しました。
----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
メールマガジン「バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

0 件のコメント:

コメントを投稿

Rod of Iron Freedom Festival 2020