2022年1月2日日曜日

日刊バレーヒルリポート 2022年1月2日(日)

 ★★★────────────────────────────────

現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
<保守派クリスチャンのための時事評論メールマガジン>
                        2022年1月2日(日)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(4件)
★(コラム)十字架を負ってキリストに従え!


───────────────────────────────────
本日のトピックス(4件)
───────────────────────────────────

■2021/12/29 水曜礼拝 (日本語訳) [Sanctuary Translation]
https://www.valleyhill.report/2022/01/20211229-sanctuary-translation.html

----------------------------------------------------------------------

■【Facts matter】情報公開法で暴露 米政府がロックダウン反対論潰し
https://www.valleyhill.report/2022/01/facts-matter.html

----------------------------------------------------------------------

■【米国思想リーダー】中共指導者たちは「臓器販売業者だ」 =元国務省
次官補のロバート・ デストロ氏へのインタビュー(パートI)
https://www.valleyhill.report/2022/01/i.html

----------------------------------------------------------------------

■【米国】バイデン政権による悪いインフレ、バイデンフレーションが
止まらない!! ハイパーインフレへ?! やってはけけないのは増税と国債&
貨幣増刷!【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2022/01/202111.html


───────────────────────────────────
(コラム)十字架を負ってキリストに従え!
───────────────────────────────────

終末の時代に、私たちクリスチャンはどのように歩むべきだろうか?
聖書を読むならば、この答えはイエス様が何度も語られているのである。
聖書にはこう書いてある。

自分の十字架を負ってわたしについて来ない者は、わたしにふさわしい者
ではありません。(マタイ 10/38)

それから、イエスは弟子たちに言われた。「だれでもわたしについて来たい
と思うなら、自分を捨て、自分の十字架を負い、そしてわたしについて
来なさい。(マタイ16/24)

それから、イエスは群衆を弟子たちといっしょに呼び寄せて、彼らに言われた。
「だれでもわたしについて来たいと思うなら、自分を捨て、自分の十字架を
負い、そしてわたしについて来なさい。(マルコ 8/34)

イエスは、みなの者に言われた。「だれでもわたしについて来たいと思うなら、
自分を捨て、日々自分の十字架を負い、そしてわたしについて来なさい。
(ルカ 9/23)

自分の十字架を負ってわたしについて来ない者は、わたしの弟子になることは
できません。(ルカ 14/27)

----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
現代摂理を展望する「日刊バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

0 件のコメント:

コメントを投稿

Rod of Iron Freedom Festival 2020