2021年7月20日火曜日

バレーヒルリポート 2021年7月20日(火)

 ★★★────────────────────────────────

バレーヒルリポート Valley Hill Report
<保守派クリスチャンのための時事情報メールマガジン>
                        2021年7月20日(火)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(4件)
★(コラム)神のことばにつけ足しをしてはならない


───────────────────────────────────
本日のトピックス(4件)
───────────────────────────────────

■【Facts Matter】米共和党議員FBIテロ調査を問題視
https://www.valleyhill.report/2021/07/facts-matterfbi.html

----------------------------------------------------------------------

■米国VAERSの報告、「Covid-19ワクチン接種による死亡者数」が
「感染による死亡数」を上回る=言論統制も厳しくなる見通し
https://www.valleyhill.report/2021/07/vaerscovid-19.html

----------------------------------------------------------------------

■迫害から22年 地方議員「現代のジェノサイド」
https://www.valleyhill.report/2021/07/22.html

----------------------------------------------------------------------

■【新聞看点】レッドラインはどこに?米国軍用機またも訪台
https://www.valleyhill.report/2021/07/blog-post_20.html


───────────────────────────────────
(コラム)神のことばにつけ足しをしてはならない
───────────────────────────────────

過去3回に渡って、摂理的同時性に関する著作への批判を行ってきた。
今回が最終回である。そしてこれが私の最も言いたいことでもある。
それは本部礼拝に関してである。

私たちが家庭連合にいた時の礼拝もそうであったし、サンクチュアリ教会に
来てからもそうであるが、説教者が前に立ち、自分なりの視点で話をする
ことが正しい礼拝だと考えられているようだ。
しかし本当にそうだろうか?

神様を賛美すべき礼拝の場で、神様のみ言葉ではなく、自分なりの信仰、
自分なりの精誠で、自分の言葉を語ることは許されるのだろうか?

そもそもN氏の摂理史観は、本部礼拝の中でも披露されたことがある。
バレーヒルリポートでも取り上げたし、正直に申し上げて、このような
視点を披露されたN氏には感服したものだ。
https://www.valleyhill.report/2021/03/40_18.html

またS氏の夜の神様の話も、本部礼拝の中で披露されている。私自身は、
残念ながら直接拝見できなかったが、多くの人が感銘を受けたものと
理解している。
https://www.youtube.com/watch?v=fC4Nkc0XK8s
https://www.youtube.com/watch?v=IvNSKEiBHTc

ともに素晴らしい説教ではあったが、私は両方とも礼拝には相応しくない
と考えている。なぜなら礼拝はみ言葉を中心に行われるべきだからだ。
これは私にとって絶対に譲ることのできない信仰的確信である。

礼拝は自らが受けた啓示を披露する場所ではない。ましてや私的研究の
成果を発表する場所でもない。神様を賛美するのが礼拝なのだ。
このような観点から見た時に、本部礼拝は、礼拝としては全く失格である。

み言葉以上に、誰かの啓示や、誰かの理論を重視するならば、それは
もはや創造主への信仰とは言えない。それは偶像礼拝である。

今月の韓国語礼拝でエルダー氏は、良い模範を示されたと思う。
それは礼拝でみ言葉の訓読をされたからである。
https://www.valleyhill.report/2021/07/2021707-sanctuary-translation.html

私たちは礼拝で、み言葉の訓読をするべきである。
”前菜”のように説教の前に少しだけ読むのではない。
それはみ言葉を軽く扱う行為だ。

み言葉の訓読こそが礼拝の”メインディッシュ”である。これこそが信仰者に
とって当たり前の姿ではないか!

聖書にはこう書いてある。

神のことばにつけ足しをしてはならない。神が、あなたを責めないように、
あなたがまやかし者とされないように。(箴言30/6)

私は、この書の預言のことばを聞くすべての者にあかしする。もし、これに
つけ加える者があれば、神はこの書に書いてある災害をその人に加えられる。
(黙示22/18)

----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
メールマガジン「バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

0 件のコメント:

コメントを投稿

Rod of Iron Freedom Festival 2020