2021年8月26日木曜日

バレーヒルリポート 2021年8月26日(木)

 ★★★────────────────────────────────

バレーヒルリポート Valley Hill Report
<保守派クリスチャンのための時事情報メールマガジン>
                        2021年8月26日(木)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(5件)
★(コラム)「鉄の杖フェスティバル」への内的な備え


───────────────────────────────────
本日のトピックス(5件)
───────────────────────────────────

■【アフガニスタン】日本の自衛隊2機カブール空港へ!但し空港外
での移動支援は実地せず、現地日本人は無事空港へ辿り着けるのか!?
【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2021/08/20218252.html

----------------------------------------------------------------------

■米バージニア大学、ワクチン接種義務付けに従わない238人の学生
「登録を抹消」
https://www.valleyhill.report/2021/08/238.html

----------------------------------------------------------------------

■知られざる中国企業所有の米国企業
https://www.valleyhill.report/2021/08/blog-post_77.html

----------------------------------------------------------------------

■〈吹替版〉中国で厳しい個人情報保護法可決
https://www.valleyhill.report/2021/08/blog-post_9.html

----------------------------------------------------------------------

■中共の非人道的防疫措置で船員が上陸できず【禁聞】
https://www.valleyhill.report/2021/08/blog-post_78.html


───────────────────────────────────
(コラム)「鉄の杖フェスティバル」への内的な備え
───────────────────────────────────

今日のコラムは、日曜礼拝に関して、ぜひ皆様のご意見をお伺いしたい
と思い、書くことにした。

なぜなら毎日の祈祷会や、毎週の礼拝こそが、鉄の杖フェスティバルに
向けた、内的な備えだからである。実は私にはサンクチュアリに来てから、
ずっと感じている疑問がある。それは本部礼拝が、全国の模範になって
いないのではないか?という疑問だ。

本部ではいつも誰かが、ご自身の観点から説教をされている。
つまりこれが意味することは、「二代王様の説教は、自宅で暇な時に
見て下さい」「教会での公的な場では●●さんの説教を聞いて下さい」
と言うことになる。

しかしこれは本来は逆なのではないだろうか?より重要な二代王様の
み言葉こそが、教会の礼拝で重んじられるべきで、その他に話すべき
内容がある時は、「報告会」とか「講話」とか「証し会」などで補う
べきではないだろうか?

最近、私が非常に良いと感じているのは、アメリカでエルダーさんが
礼拝を担当する時に、お父様のみ言葉の訓読をされることだ。これは
とても素晴らしい信仰のお手本だと感じる。

その逆に最近、私がとても悲しいと思ったことは、ある地方教会では、
日曜礼拝で「成約時代の摂理的同時性」をベースに説教を行ったり、
また他の地方教会では、教会長が「成約時代の摂理的同時性」を訓読した、
などと報告していることだ。

そもそも、このような場面で「訓読」と言う用語を使用するのは不適切
である。私たちはかつて、真のお父様とその後継者のみ言葉以外に対して
「訓読」と言う用語を使ったことはない。これを信仰の混乱と言わずして、
何を信仰の混乱と言うことができるだろうか?

私たちはキリストのみ言葉、特に八大教材教本を基にして信仰生活を
送っていると思うが、もしこれ以外の言葉を付け加えるならば、教会は
分裂してしまう。つまり「成約時代の摂理的同時性」の問題の本質は、
これが「分派活動」だと言うことである。

私はここで多くの食口の皆様に呼びかけたい。鉄の杖フェスティバルに
向けた内的な備えは、二代王様のみ言葉に基づいて行われるべきである。

日曜礼拝では、二代王様のみ言葉を訓読するか、礼拝動画を視聴すべき
である。これはとても簡単で実践しやすく、自宅でも実行しやすい。
私たちが氏族メシア活動を行う際にベストな礼拝だと考える。
ぜひ皆様のご意見を頂戴したい。

----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
メールマガジン「バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

1 件のコメント:

  1. ありがごうございます。今まで気づかずにいた内容です。その通りだと思います。

    返信削除

Rod of Iron Freedom Festival 2020