2021年7月7日水曜日

バレーヒルリポート 2021年7月7日(水)

 ★★★────────────────────────────────

バレーヒルリポート Valley Hill Report
<保守派クリスチャンのための時事情報メールマガジン>
                        2021年7月7日(水)
────────────────────────────────★★★

バレーヒルリポートでは、毎日のニュースの中から、TV・新聞では報道
されない重要なトピックスをピックアップしていきます。
また日曜/水曜の礼拝の動画もお届けします。

本日のメニューはコチラになります。

★本日のトピックス(6件)
★(コラム)サタンに侵される聖殿、日本的キリスト教の教訓


───────────────────────────────────
本日のトピックス(6件)
───────────────────────────────────

■【焦点速達】米国国際宗教自由委員会は、4月の「2021年国際宗教
自由報告書」の中で、中共がキリスト教徒、チベット仏教徒、法輪功
などの信者を残虐な行為で迫害しているとし、信教の自由の状況が
悪化...
https://www.valleyhill.report/2021/07/42021.html

----------------------------------------------------------------------

■【文昭談古論今】中国共産党政権が直面する危機
https://www.valleyhill.report/2021/07/blog-post_32.html

----------------------------------------------------------------------

■松田学のニュース解説 ワクチン接種をめぐる”ハラスメント”が急増!
https://www.valleyhill.report/2021/07/blog-post_0.html

----------------------------------------------------------------------

■【中国】熱海土砂災害!!背後に中国の影!中国製太陽光パネル問題
と土地の買い占め!中国による土地の買収は今や日本全国で起きている!!
【及川幸久−BREAKING−】
https://www.valleyhill.report/2021/07/202176_7.html

----------------------------------------------------------------------

■【新聞看点】米国に潜む中共スパイ どれだけいるのか。米情報機関
が全面的に浸透されている。
https://www.valleyhill.report/2021/07/blog-post_30.html

----------------------------------------------------------------------

■【Fact Matters】思想自由はどこに?フェイスブックが選ぶ過激者とは。
https://www.valleyhill.report/2021/07/fact-matters.html


───────────────────────────────────
(コラム)サタンに侵される聖殿、日本的キリスト教の教訓
───────────────────────────────────

今日の最初のトピックスは、中国共産党の宗教政策に関する話題だ。
中国は5月1日に宗教聖職者管理条例を施行し、宗教聖職者に中国共産党
の指導を支持し、社会主義の核心価値を実践することを求めた。

また中国共産党に認められた宗教団体には、党・国・社会主義を愛する
三愛運動を行い、信者に対しては党の歴史を体系的に学び、党の100周年
を祝い、永遠に党に従うことを求めた。

中共政府は、聖書を中国文化と融合させる方針を示し、宗教活動に、
国旗・憲法・法令・社会主義の核心的価値観・中国の優れた伝統文化を
加えることを義務化している。

しかし賢明な読者は既にお気付きだろうが、実はこのような宗教の
世俗化政策は、中国共産党のお家芸なのではない。実はこのような政策
は共産政権統治下のみならず、多くの左派政権や全体主義政権によって
密かに推進されているのだ。

例えばアメリカでは、バイデン左派政権の下で、免税特権の剥奪を
ちらつかせながら、教会による政治的な発言を封印している。左派政権
による反キリストの政策が、本来の福音のメッセージを変容させ、政府
に従順なひ弱な教会に堕落させ、教会の使命を阻害しているのだ。

これは日本でも同じである。多くの読者は”日本的キリスト教”と言う
言葉を聞いたことがあるだろうか?これは戦前の日本で、皇国史観に
基づいたキリスト教の再構築を目指した神学である。神社参拝を強制し、
創造主ではなく、政府に仕えることを選んだキリスト教である。

かつて統一教会にもサタンは侵入した。清平が堕落し、どんどんご利益
宗教に陥った。礼拝から神様と言う単語が消え、絶対善霊と言う単語に
置き換わった。家系図を取って、霊能者に鑑定してもらうことが推奨された。
これらは全て偶像礼拝である。

しかし教会批判は悪とされ、あまりに”口がすぎる人”は祝福の候補者
から外された。これでも私たちは中国共産党の政策を”笑う”ことが
できるだろうか?

私は今、聖殿はサタンに侵されていると考える。もし感染防止のため
礼拝に来るなと教会が言い続けるならば。もしセミナーへの参加者は
マスクを着用せよと言い続けるならば・・・。

これらは中国共産党の政策と同じであり、バイデン左派政権と同じで
ある。教会から神の摂理を奪い、堕落させた日本的キリスト教と同じ
である。彼らは神ではなく、政府の政策に従う道を選んでいる。

私たちは、単に”保守”とか”キリスト教”、”クリスチャン”などの
名前によって騙されてはいけない。また世間の価値観によって、神への
忠誠心を歪めてはならない。あなたが創造主に従うのか、被造物に従う
のかが問われている。

----------------------------------------------------------------------


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また明日お会いしましょう。
───────────────────────────────────
メールマガジン「バレーヒルリポート」
ご意見・ご感想をお寄せください。
本メルマガにそのまま返信して頂ければ、発行元に届きます。

★発行責任者:西田 耕一
★公式サイト:https://www.valleyhill.report/
★発行システム:「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/
★配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0001694625.html
───────────────────────────────────

メルマガ詳細

0 件のコメント:

コメントを投稿

Rod of Iron Freedom Festival 2020